チークの入れ方や塗り方!顔のタイプや年代別におすすめのメイク方法は?

Description
チークはメイクには欠かせないアイテムです。チークは入れる位置や、塗り方によっても印象がまったく変わってきます。自分の顔の形や、年齢なども考慮しながら適した位置に入れると、より美顔に近くことができます。しかし、いざ正しくチークを入れようとすると入れ方が分からず、自分に合った正解を見失いがちです。今回は、メイクの中で一番大切なアイテムであるチークの入れ方や、塗り方の基本をおさらいしましょう。

チークの入れ方・塗り方を完全攻略しよう♡

チークは顔の印象が大きく変わるアイテムです。チークを入れる位置や、塗り方によっても印象がまったく変わってきます。自分の顔の形や、年齢なども考慮しながら適した位置に入れると、チークの効果が高まり、より美顔に近くことができます。しかし、いざ正しくチークを入れようとすると何が正解なのか分からなくなってしまいます。今回は、メイクの中で一番大切なアイテムであるチークの入れ方や、塗り方の基本をおさらいしましょう。顔の形や、30代40代50代の年齢別による、おすすめのチークの塗り方をご紹介します。

チークを入れる意味って?

チークの効果は様々ありますが、一番は顔の血色をよく見せてくれます。ファンデーションなどを塗って、のっぺりとしがちな顔を立体的に見せたり、顔全体のまとまりを良くし、小顔などの効果も期待できます。チークの種類によってはキラキラするものなのがあり、気になる顔のシミやソバカスなどを目立たなくしてくれるというものもあります。頬がふんわりと色づいていることで、女性らしさもアップされますので、チークはメイクには欠かせないアイテムです。

チークの入れ方【基本の位置】

チークの入れ方は、面長や丸顔などの顔の形、年代によっても変わってきます。しかし、チークの基本的な入れ方としては、一番高く見せたい部分に色が乗るように塗ります。目安は、黒目の外側の位置と鼻と耳の中央部分が起点となります。耳から指2本分は塗らず、目の下は頬骨の位置まで塗ります。これが小顔も期待できる基本のチーク入れ方になり、ここからそれぞれ顔の形によって塗り方を変えて行きます。

流行りのカラーは?

チークは流行りのカラーというよりは、自分の肌の色に合った色を選ぶようにしましょう。流行りの色のチークを買ってきても肌に合っていないと、チークを塗った部分だけ浮いているように見えたりなど、せっかくのメイクのバランスが悪くなってしまします。流行りの色を選んでも、チークの効果も発揮できないので、流行りではなくチークは自分の肌に合った色を選ぶようにしましょう。
流行りの色は意識せず、まずは自分の肌色の傾向を認識しましょう。肌の色で一般的なのは、イエローベースとブルーベースに分かれますが、特に日本人にはイエローベースが多くなっています。自分の肌の色を認識するのはなかなか難しいですが、簡単な方法で自分がどちらの色味の肌なのかを確認することができます。確認する方法は、手首の内側です。手首の内側の血管の色が青く見えたら、イエローベース、緑に見えたらブルーベースとなります。
自分の肌の色がわかったら、次は肌に合う色のチークを選びましょう。イエローベースの肌に合うチークの色は、イエロー、オレンジ、コーラル、ブラウン系などです。オレンジや茶色系の色を選びましょう。ブルーベースの肌に合う色は、ピンク、レッド、パープル、ブルー系などです。白やピンク系の色を選びましょう。逆に似合わないのは、イエローベースの肌に合う色はブルーベースの肌には合いません。またその逆も同じです。

面長さん向けおすすめのチークとメイク方法

顔の形が面長の人は、顔が長く見えてしまわないよう小顔を意識する入れ方をして、面長を活かせるチークの塗り方をしましょう。正しい位置にチークを入れて、小顔を演出しメイクの仕上がりをより良くしましょう。ここからは、面長さん向けの小顔のチークの塗り方や、おすすめのチークカラーをご紹介していきます。

おすすめのチークカラー

面長さんにおすすめしたいチークカラーは、流行りのジルシチュアートのブルーミング・デューオイルインブラッシュです。面長さんに合う、赤ベージュや淡いブラウンやローズブラウンなどが一つに収まり、グラデーションになっているのがとても嬉しいアイテムです。なりたい雰囲気によって、取る色を選んだりもできる優れものです。
パウダータイプですが、オイルインなのでツヤ感を演出してくれます。さらに、透明感を出してくれる粉が配合されているので、内側からの血色感や透明感のある仕上がりになるので、自然な印象を与えてくれる優れものです。

チークの入れ方・塗り方

面長さんにおすすめのチークの入れ方は、目の下の位置から頬に対して楕円形にチークを塗ります。幅は、目頭から目尻までくらいの長さを取りましょう。さらに、頬骨の高い部分少し下くらいの長さまでチークを足します。横長の楕円だけにすると面長が強調されてしまうので、縦にもチークを塗ると立体的な形になります。小顔も期待できるチークの塗り方のイメージとしては、「きのこ」をイメージしながら塗りましょう。

丸顔さん向けおすすめのチークとメイク方法

顔の形が丸顔の人は、上手にチークの入れ方をすると顔をシャープに見せることも可能です。丸顔の明るいイメージをそのまま活かし、かっこいい雰囲気イメージしながらチークの塗り方をしましょう。丸顔に向いた正しい位置にチークを入れて、顔全体の仕上がりをより良くしましょう。ここからは、丸顔さん向けのチークの塗り方や、おすすめのチークカラーをご紹介していきます。
55 件
着用アイテム