パウダーファンデーションの塗り方や使い方は?正しい手順やコツでムラや崩れを防ぐ

Description
最近はナチュラルメイクが流行していますが、そんなナチュラルメイクをするのに最適なのがパウダーファンデーションです。パウダーファンデーションは粉っぽくなる、ムラになったり崩れやすいイメージがあるという人もいるかもしれませんが、正しい塗り方とツールの正しい使い方をすれば、化粧崩れせずムラのないきれいな肌を作り上げることができるのです。そこで、パウダーファンデーションの塗り方やおすすめのツールとその使い方などを中心に紹介していきましょう。

パウダーファンデーションの塗り方(使い方)のコツを紹介

パウダーファンデーションは手軽に使える便利なものですが、ムラになったり粉っぽくなったりするなどの悩みを抱えながら使っている人も少なくありません。キレイに仕上げるためのコツとはどのようなものなのでしょうか。

パウダーファンデーションの魅力は?

ファンデーションというと、リキッドタイプを使っている人が圧倒的に多いようです。しかし、パウダーファンデーションにも魅力があります。理由の1つとしては、最近のメイクのトレンドが「ナチュラルメイク」であることが挙げられます。リキッドだとどうしても素肌にべったり付いてしまいますが、パウダーファンデーションはとても軽く、それでいてカバー力もあり、ナチュラルメイクにはぴったりなのです。

ムラなく崩れないパウダーファンデーションの塗り方(使い方)のコツ

では実際に、パウダーファンデーションを使う時のコツを見ていきましょう。普段やっているパウダーファンデーションの塗り方と見比べて、どこが決定的に違うのかを見つけましょう。

塗り方(使い方)コツ①塗る順番を把握する

パウダーファンデーションを使う上でまず大事なのは、塗り方の順番です。順番を守らないと、塗りムラができたり化粧崩れがしやすい原因にもなってしまいます。ここからは、ムラにならず崩れないパウダーファンデーションの塗り方やその順番を詳しく書いていきますが、基本的な順番は化粧水などで肌を整えた後に化粧下地、コンシーラー、その次にパウダーファンデーションという順番になります。

塗り方(使い方)コツ②下地を塗る

まず下地の塗り方からです。下地はリキッドタイプのものが多いでしょう。顔の中心部分から外側という順番でファンデーションを広げるような塗り方をしていきます。下地の量は多く使いがちですが、使う量は少量にしましょう。多く下地を塗りすぎると、パウダーファンデーションを乗せた時に化粧崩れを起こす原因になってしまうのです。下地の色身はピンク色を選ぶのが良いでしょう。

塗り方(使い方)コツ③余分な油分を取り除く

次に、肌に付いている余分な皮脂を取ることも、肌をきれいに仕上げるコツです。皮脂の取り方は色々あり、ティッシュで押さえたりあぶら取り紙などを使うのも良いでしょう。しかしおすすめなのは、パウダーファンデーションを乗せるときにも使うメイクスポンジなどで、肌を軽く押さえて皮脂を取る方法です。顔を軽くトントンするだけなので、肌への負担もほとんどありません。

塗り方(使い方)コツ④パウダーファンデーションを塗る

準備が整ったらようやくパウダーファンデーションを塗っていきます。下地と同様、顔の内側から外側という順番でパウダーファンデーションを広げていくイメージの塗り方をしましょう。気になるところにはどうしても重ね付けしてしまいがちですが、これもムラや崩れの原因になってしまうので、全体的に薄く付けるように気を付けましょう。

塗り方(使い方)コツ⑤シミ・そばかすなどをカバーする

パウダーファンデーションを肌に付けたら、次に気になるシミなどを消していきます。おすすめの消し方は、アイシャドウチップなどの細いブラシを使って、気になる箇所にパウダーファンデーションを部分的に乗せる塗り方です。パウダーファンデーションを付けた後は、指で付けた箇所を軽く馴染ませるのがきれいに仕上げるコツです。コンシーラーを使う場合は、パウダーファンデーションを塗る前に使いましょう。

塗り方(使い方)コツ⑥ファンデーションを密着させる

次に、肌に塗ったパウダーファンデーションを肌に密着させる方法です。リキッドファンデーションと違い、パウダーファンデーションの場合は粉っぽさや浮いた感じが気になる人も多いでしょう。ですから、パウダーファンデーションを塗った後は、肌に密着させるために手のひらで肌をプレスしてみましょう。プレスする前に、手のひらをこすり合わせて温めておくのがコツです。

塗り方(使い方)コツ⑦仕上げ

最後に仕上げです。ハンドプレスをして終わりでも勿論美しい仕上がりになるのですが、さらにワンランク上の仕上がりにするためには、もうひと手間かけましょう。フェイスブラシなどの大きめブラシを使って、顔に付いたパウダーファンデーションを馴染ませるように撫でていきます。この時も内側から外側という順番で、ブラシでパウダーを肌に馴染ませしょう。これをすることでふんわりとした印象になります。

美肌になれるパウダーファンデーションを紹介

パウダーファンデーションは色々なメーカーからかなりの数が出ているので、どのようなパウダーファンデーションを選べば良いのか迷ってしまいます。そこで、美肌になれるおすすめ・人気のパウダーファンデーションをご紹介します。

①キャンメイク:マシュマロフィニッシュファンデーション

まずはプチプラメイクの王道・キャンメイクのパウダーファンデーションです。商品名にもあるように、マシュマロのようなふんわりとした肌に仕上がるのが最大の特徴です。それでいてしっとりとしていて保湿力もあるということですから、乾燥肌の人にはぴったりのようです。カバー力も勿論ありますが、ナチュラルな美肌に仕上げてくれます。

②セフィーヌ:シルクウェットパウダー

次に紹介するのがセフィーヌのパウダーファンデーションです。このパウダーファンデーションにはシルクパウダーとヒアルロン酸が入っており、しっとりとしながらもサラサラな仕上がりになるそうです。また、ムラになったり化粧崩れを起こしたりすることも少ないので、夜遅くまで付けていても安心だということです。

③コスメデコルテ:ザ・パウダーファンデーション

次におすすめなのが、コスメデコルテのパウダーファンデーションです。パウダーファンデーションは時間の経過とともにムラになったり崩れたりするのが悩みですが、こちらのパウダーファンデーションは時間の経過とともに肌に馴染むそうです。また、光を放つパウダーファンデーションですので、ツヤのある肌にも仕上がり、肌に華やかさをプラスしてくれます。

④インテグレート:プロフィニッシュファンデーション

インテグレートのパウダーファンデーションもおすすめであり人気商品です。メイクが苦手な方でもまるでプロのような仕上がりになると話題のようです。一塗りするだけできめ細かい肌になり、それでいて素肌のようなナチュラルさはそのままです。しかしカバー力はしっかりあるようで、毛穴やニキビ跡の肌の悩みもこのパウダーファンデーション1つで解決できます。

⑤マキアージュ:ドラマティックパウダリー UV

最後に紹介するのは、マキアージュのパウダーファンデーションです。ランキングサイトでも1位を獲得するほど、多くの人から愛されているパウダーファンデーションのようです。一塗りすれば、しっかり肌をカバーしながらも素肌のようなナチュラルさに仕上がります。一度塗っただけで13時間もメイクがもつというデータもあるそうです。

パウダーファンデーション用ツールの使い方

ファンデーションを塗る時に欠かせないのが、ファンデーションを塗るためのツールです。スポンジ、パフ、ブラシなどがありますが、それぞれ用途や使い方が異なります。パウダーファンデーション用ツールについて詳しく見ていくことにしましょう。

パフとスポンジの違いは?

最近では、スポンジやパフといったツールを使う人が多く見受けられますが、そもそもスポンジとパフのツールの違いとは何でしょう。見た目は似たツールなのですが、使い方はそれぞれのツールで違うのです。
簡単にツールの違いを言ってしまえば、パフはパウダーファンデーションの中でも、ルースパウダーやプレストパウダーに使うツールのことを指します。よくこれらのパウダーファンデーションを買うと一緒に付いてくることが多いでしょう。そしてスポンジは、ファンデーション全般に使える物のようです。今回紹介しているパウダーファンデーションだけでなく、リキッドファンデーションでも使えるのでツールとして万能です。

ブラシの正しい使い方

パウダーファンデーション用ツールとしてはブラシも挙げられます。そんな、ファンデーションツールであるブラシの正しい使い方も押さえておきましょう。先ほど、基本的な塗り方のところでは仕上げ用にブラシを使っていましたが、普通にファンデーションを顔に乗せるために使うこともできます。まずブラシにパウダーファンデーションを取ります。必ず余計な粉を落とすように気を付けましょう。
そして顔の内側から外側という順番で、ブラシを寝かせながら滑らせていきます。その次に、今度はブラシを縦気味にして、顔の余計な粉を払い落とすイメージで馴染ませます。最後に、ブラシをくるくると肌に押し当てながら、ファンデーションを密着させれば完成です。

パフの正しい使い方

続いてパフの使い方についてです。ファンデーション用ツールとしては、一番多くの人に使われているツールではないでしょうか。パフは肌を滑らせるような使い方ではなく、肌を押さえつけるような使い方をします。少しずつパフにファンデーションを取って肌に乗せていくと、ムラなくきれいに仕上がるでしょう。
フェイスパウダーの場合は、パフにとったファンデーションをすべて顔に持っていくのではなく、余分な粉をしっかり落としてから肌に付けるようにしましょう。フェイスパウダーをそのまま肌に付けてしまうと、粉っぽさが目立ちますし、ムラができるだけでなく化粧崩れも起こしやすくなってしまうのです。

スポンジの正しい使い方

スポンジにパウダーファンデーションを付けたら、それを顔の中心から外側という順番でファンデーションを広げていきます。化粧崩れしやすい目の周りや口の周りには、多くのファンデーションを付け過ぎないように注意しましょう。また、スポンジはとにかく使いやすいので、初心者の方におすすめのツールは断然スポンジです。
また、水ありでもなしでも使えるパウダーファンデーションの場合は、スポンジに水を含ませて使ってみましょう。そのような使い方をする場合は、水を含ませたスポンジにパウダーファンデーションを取り、それを顔に叩き込むようにして塗りこみます。こうすることで化粧崩れを起こしにくくなります。

ブラシ・パフ・スポンジのお手入れ方法

ファンデーションツールは直接肌に触れるものですから、清潔に保っておく必要があります。そこで、ツール別にお手入れ方法を紹介していきましょう。まずはブラシからです。毎日使った後は必ずティッシュでパウダーを拭き取るようにします。あとは1週間に1度くらいは水に溶かした石鹸などをブラシで泡立てるようにして洗い、ぬるま湯ですすぎ自然乾燥させてきれいに保ちましょう。
次にパフの洗い方についてですが、メイク落としを使ったり中性洗剤を使ったりという方法があります。ただ、一番洗いやすくて汚れを落としやすいのはやはり石鹸です。石鹸をパフに直接塗って揉み洗いするだけで、汚れがかなり取れます。あとはぬるま湯ですすいで乾かせばOKです。すすいだ後水気を切る時には、パフを痛めてしまう可能性があるのでパフを強く絞ったりなどしないように気を付けましょう。
スポンジの洗い方ですが、スポンジは水分を吸収しやすいので、まずはぬるま湯などにつけてもみ洗いをします。汚れがひどい場合は、中性洗剤や石鹸を付けてもみ洗いするとさらにきれいになります。その後はしっかりとぬるま湯ですすいで乾燥させます。ただし、もみ洗いするときには強くこすり過ぎたりしないように気を付けましょう。スポンジの繊維を痛める可能性があります。

パウダーファンデーション用ブラシ・パフ・スポンジを紹介

ファンデーションツールはどれも皆同じと決めつけて、こだわりなく使っている人も多いのではないでしょうか。しかし、ファンデーションのツールの選び方も大事です。ツールによってパウダーファンデーションのノリも仕上がりも変わってくるのです。そこで、おすすめのパウダーファンデーションツールを紹介します。

ブラシ①シュウ ウエムラ ペタル 55 ファンデーション ブラシ

まずブラシでおすすめしたいのが、シュウ ウエムラのブラシです。値段は5000円以上とかなり高いですが、少ない量のファンデーションをきれいに肌に伸ばすことができる優れモノです。ブラシが大きめなので、短時間できれいに肌にパウダーファンデーションを馴染ませることができるのも魅力的な点です。

ブラシ②資生堂 ファンデーション ブラシ 131

人気が特に高いのは、資生堂から出ているファンデーションブラシです。肌に当たる面が斜めになっているところがポイントで、これによってパウダーファンデーションがキレイに肌に付けられます。このブラシの使い方としては、パウダーファンデーションをブラシに取って、肌にポンポンとパウダーを乗せるイメージで使うと良いです。

パフ①チャコット フォー プロフェッショナルズ パウダーパフ

まず紹介したいのがチャコットのパフです。特徴的なのは厚めのパフであるという点です。持った時に手にフィットするのは勿論ですが、しっかりと肌に馴染みナチュラルな仕上がりになります。軽く肌に押し当てるだけでしっかりパウダーが付いてくれるのも魅力的です。

パフ②Canon エバーソフト

パフで人気なのはエバーソフトというパフです。パウダーを付けて肌に乗せる際、肌の上を滑らかに滑ってくれる感覚が人気のようで、さらにはメイク崩れもしにくいとの声が多いようです。

スポンジ①Six Plus 多機能メイク用スポンジパフ

見た目もかわいいSix Plusのスポンジも人気の商品です。このしずく型には理由があり、広範囲にパウダーファンデーションを付けたい場合は広い面で、細かいところを直したい時には小さい面を使えばきれいに仕上がります。もちもちっとした感触がとても気持ちよく、それが肌に馴染んでくれるようです。

スポンジ②TOFU LOVE プロフェッショナルメイクアップスポンジ

商品名にTOFUとあるように、まるで豆腐のような感触のスポンジです。こちらはぬるま湯に浸す使い方をするスポンジで、肌にパウダーファンデーションをきれいに密着させることができます。また、肌にも優しい素材を使っているのも魅力的です。

パウダーファンデーションで美肌メイクを手に入れよう♡

パウダーファンデーションは肌に馴染みやすく、ナチュラルにきれいに仕上げられるファンデーションです。パウダーファンデーションの正しい塗り方やその順番、そしてツールの正しい使い方をして、美肌に仕上げましょう!
91 件
着用アイテム