パウダーファンデーションの塗り方や使い方は?正しい手順やコツでムラや崩れを防ぐ

Description
最近はナチュラルメイクが流行していますが、そんなナチュラルメイクをするのに最適なのがパウダーファンデーションです。パウダーファンデーションは粉っぽくなる、ムラになったり崩れやすいイメージがあるという人もいるかもしれませんが、正しい塗り方とツールの正しい使い方をすれば、化粧崩れせずムラのないきれいな肌を作り上げることができるのです。そこで、パウダーファンデーションの塗り方やおすすめのツールとその使い方などを中心に紹介していきましょう。

パウダーファンデーションの塗り方(使い方)のコツを紹介

パウダーファンデーションは手軽に使える便利なものですが、ムラになったり粉っぽくなったりするなどの悩みを抱えながら使っている人も少なくありません。キレイに仕上げるためのコツとはどのようなものなのでしょうか。

パウダーファンデーションの魅力は?

ファンデーションというと、リキッドタイプを使っている人が圧倒的に多いようです。しかし、パウダーファンデーションにも魅力があります。理由の1つとしては、最近のメイクのトレンドが「ナチュラルメイク」であることが挙げられます。リキッドだとどうしても素肌にべったり付いてしまいますが、パウダーファンデーションはとても軽く、それでいてカバー力もあり、ナチュラルメイクにはぴったりなのです。

ムラなく崩れないパウダーファンデーションの塗り方(使い方)のコツ

では実際に、パウダーファンデーションを使う時のコツを見ていきましょう。普段やっているパウダーファンデーションの塗り方と見比べて、どこが決定的に違うのかを見つけましょう。

塗り方(使い方)コツ①塗る順番を把握する

パウダーファンデーションを使う上でまず大事なのは、塗り方の順番です。順番を守らないと、塗りムラができたり化粧崩れがしやすい原因にもなってしまいます。ここからは、ムラにならず崩れないパウダーファンデーションの塗り方やその順番を詳しく書いていきますが、基本的な順番は化粧水などで肌を整えた後に化粧下地、コンシーラー、その次にパウダーファンデーションという順番になります。

塗り方(使い方)コツ②下地を塗る

まず下地の塗り方からです。下地はリキッドタイプのものが多いでしょう。顔の中心部分から外側という順番でファンデーションを広げるような塗り方をしていきます。下地の量は多く使いがちですが、使う量は少量にしましょう。多く下地を塗りすぎると、パウダーファンデーションを乗せた時に化粧崩れを起こす原因になってしまうのです。下地の色身はピンク色を選ぶのが良いでしょう。

塗り方(使い方)コツ③余分な油分を取り除く

次に、肌に付いている余分な皮脂を取ることも、肌をきれいに仕上げるコツです。皮脂の取り方は色々あり、ティッシュで押さえたりあぶら取り紙などを使うのも良いでしょう。しかしおすすめなのは、パウダーファンデーションを乗せるときにも使うメイクスポンジなどで、肌を軽く押さえて皮脂を取る方法です。顔を軽くトントンするだけなので、肌への負担もほとんどありません。

塗り方(使い方)コツ④パウダーファンデーションを塗る

準備が整ったらようやくパウダーファンデーションを塗っていきます。下地と同様、顔の内側から外側という順番でパウダーファンデーションを広げていくイメージの塗り方をしましょう。気になるところにはどうしても重ね付けしてしまいがちですが、これもムラや崩れの原因になってしまうので、全体的に薄く付けるように気を付けましょう。

塗り方(使い方)コツ⑤シミ・そばかすなどをカバーする

パウダーファンデーションを肌に付けたら、次に気になるシミなどを消していきます。おすすめの消し方は、アイシャドウチップなどの細いブラシを使って、気になる箇所にパウダーファンデーションを部分的に乗せる塗り方です。パウダーファンデーションを付けた後は、指で付けた箇所を軽く馴染ませるのがきれいに仕上げるコツです。コンシーラーを使う場合は、パウダーファンデーションを塗る前に使いましょう。

塗り方(使い方)コツ⑥ファンデーションを密着させる

次に、肌に塗ったパウダーファンデーションを肌に密着させる方法です。リキッドファンデーションと違い、パウダーファンデーションの場合は粉っぽさや浮いた感じが気になる人も多いでしょう。ですから、パウダーファンデーションを塗った後は、肌に密着させるために手のひらで肌をプレスしてみましょう。プレスする前に、手のひらをこすり合わせて温めておくのがコツです。

塗り方(使い方)コツ⑦仕上げ

最後に仕上げです。ハンドプレスをして終わりでも勿論美しい仕上がりになるのですが、さらにワンランク上の仕上がりにするためには、もうひと手間かけましょう。フェイスブラシなどの大きめブラシを使って、顔に付いたパウダーファンデーションを馴染ませるように撫でていきます。この時も内側から外側という順番で、ブラシでパウダーを肌に馴染ませしょう。これをすることでふんわりとした印象になります。

美肌になれるパウダーファンデーションを紹介

パウダーファンデーションは色々なメーカーからかなりの数が出ているので、どのようなパウダーファンデーションを選べば良いのか迷ってしまいます。そこで、美肌になれるおすすめ・人気のパウダーファンデーションをご紹介します。

①キャンメイク:マシュマロフィニッシュファンデーション

まずはプチプラメイクの王道・キャンメイクのパウダーファンデーションです。商品名にもあるように、マシュマロのようなふんわりとした肌に仕上がるのが最大の特徴です。それでいてしっとりとしていて保湿力もあるということですから、乾燥肌の人にはぴったりのようです。カバー力も勿論ありますが、ナチュラルな美肌に仕上げてくれます。
91 件
着用アイテム