シェーディングの正しい入れ方をおさらい!小顔を叶える方法まとめ

Description
シェーディングの正しい入れ方や小顔になるためのメイク方法をまとめました。正しいシェーディングのやり方や入れ方を把握しておけば、身近なコスメで小顔メイクを楽しむことができます。シェーディングの入れ方では、他のベースコスメにこだわることも大切なポイント。正しい小顔メイクの方法を学び、小顔に効果的なシェーディングの入れ方を取り入れていきましょう。とても簡単で小顔になれるシェーディングの入れ方をご紹介します。

シェーディングの入れ方で小顔になれる!

「小顔になれる方法を知りたい!」という場合におすすめなのがシェーディングです。シェーディングの正しい入れ方を知っておけば、小顔になるために効果的なメイクを取り入れることができるようになります。シェーディングを活用したメイクのやり方は意外と簡単。メイク初心者でも基本的なシェーディングの入れ方を学べば気軽に小顔メイクを楽しむことができるようになります。シェーディングの入れ方では他のコスメとの組み合わせも大切なポイント。シェーディングの正しい入れ方をチェックして魅力的になりましょう。

シェーディングって活用してる?

ファンデーションやフェイスパウダー、チークなど日常的に使うコスメは色々ありますが普段のメイクでシェーディングは活用していますか?ベースメイクやポイントメイクはやっていても、シェーディングまでは取り入れていないという方も多いのではないでしょうか。シェーディングと言うと難しイメージがあるからやっていないという場合も多くあります。しかし、シェーディングの入れ方は実は簡単。正しいシェーディングのやり方を知っておけば、さまざまなメイク効果を期待できます。

シェーディングする意味は?

Make Up Beauty Products Cosmetics · Free photo on Pixabay (99871)

シェーディングをする意味として挙げられるのが、小顔に見せられるということです。顔が大きく見えてしまうことにコンプレックスを感じている場合は、シェーディングで影を作るのがおすすめの方法。シェーディングは肌色よりも濃い色を顔のポイントに入れることによって陰影を作り、実際よりも小顔に見せるためのメイクのやり方を指します。シェーディングで陰影がついて立体感が出れば小顔に見せやすくなり、気になるコンプレックスも解消できるのではないでしょうか。
顔にメリハリをつけ、小顔に見せることができるシェーディングですが入れ方を間違うと不自然な印象になってしまいます。ナチュラルにメイクで小顔に見せるためにはシェーディングの正しい入れ方を知っておくことが大切。知らないうちに間違ったやり方でシェーディングを入れていた、ということにならないようにシェーディングに初めてチャレンジする場合は正しい入れ方を学んでおきましょう。一度学んでおけばとても簡単な方法でシェーディングを活用できるので、ぜひメイクに取り入れてみてください。

入れ方簡単!シェーディングの正しいやり方!

Cosmetics Powder Cosmetic Brush · Free photo on Pixabay (99873)

それでは、シェーディングの正しい入れ方について見ていきましょう。シェーディングは顔のポイントごとに入れることでメリハリと陰影を作り出し、小顔効果を期待できるようになります。小顔に見えるためには、どこにシェーディングを入れるか知っておくことが重要。どこにどのように入れれば良いのか学んでおけばシェーディングの入れ方はとても簡単になるので、メイクに活用してみてはいかがですか。
まずはシェーディングパウダーとブラシを準備します。メイクブラシは肌になじませやすいように大きめタイプを選んでください。普段ファンデーションやフェイスパウダーに使っているメイクブラシでOKです。コスメが揃ったら実際にシェーディングを入れていきましょう。

①あごにそってシェーディングパウダーをのせる

シェーディングパウダーをブラシに取ったら手の甲で少しなじませ、耳たぶのあたりのフェイスラインから入れていきます。あごに沿うように下に向けてブラシを動かしていきましょう。小顔に見せるためにはフェイスラインに沿わせてシェーディングパウダーをのせる入れ方がポイント。顔が大きく見える原因としてフェイスラインが膨張して見えるというものがあるので、シェーディングパウダーを入れることで輪郭がすっきりと見せることができるようになります。左右両方同じようにシェーディングパウダーを入れてください。

②あご先に向かってのばす

続いて、あごの先に向かってシェーディングパウダーを伸ばします。あごの先まで伸ばしたら、首に向かってシェーディングパウダーをぼかすようになじませてください。こうすることによって顔だけで浮き上がって見えるのを防ぐことができます。フェイスラインと首との境目がなくなるようにメイクブラシでシェーディングパウダーをなじませていったらOK。シェーディングパウダーは足すことなく、残ったパウダーをなじませるようにすれば大丈夫です。濃く入れすぎないように気をつけるのも入れ方のコツです。

③生え際は丸みを持たせながら

Make Up Brush Makeup · Free photo on Pixabay (99877)

フェイスラインにシェーディングパウダーをのせたら、次は生え際に入れていきましょう。生え際に入れることも小顔に見せるためには大切なやり方になります。フェイスラインだけでなく、生え際の部分にも陰影をつけておけばより小顔効果が出てくるため、シェーディングパウダーを生かすためにもこのやり方を取り入れてみてください。生え際の場合、シェーディングパウダーは丸みを持たせながらのせるのが入れ方のポイント。生え際に丸みを持たせてシェーディングパウダーを入れることで女性らしい雰囲気になります。
メイクブラシにシェーディングパウダーを取ったら、くるくると回すようにして生え際の周辺に入れていきましょう。シェーディングパウダーを直線的に入れると男性らしい印象になる場合があるため、そうならないように気をつけてメイクをしてみてください。生え際にもシェーディングパウダーを入れたら、最後にほお骨のあたりにもパウダーをのせていきましょう。

④ほお骨の下から目じりの下まで斜めにのばす

ほお骨の下から目尻に向かってシェーディングパウダーを入れていきましょう。この入れ方をすることによって、顔に立体感が生まれます。ほお骨のくぼみのあたりからシェーディングパウダーを入れる方法だと小顔に見せやすくなるので意識してみてください。このシェーディングにチークをプラスすることでさらに立体感がアップ。シェーディングを入れた後に同じような位置にチークをのせるやり方にすると、メリハリのある小顔に近づけます。このように他のコスメとの組み合わせも考えながらシェーディングを入れていきましょう。

顔の形別!シェーディングの入れ方

さらに効果的にシェーディングを活用するためには顔の形に合ったやり方を取り入れていくのがおすすめ。人にはさまざまな顔の形があり、それによってコンプレックスを感じることもあるのではないでしょうか。シェーディングを使ったメイク方法であれば、そういったコンプレックスもカバーしやすくなります。
今回は、丸顔と逆三角形、四角といった顔の形に合わせてシェーディングを入れるやり方をまとめました。丸顔はふっくらとしたフェイスラインを隠すように、逆三角形は丸みを出すように、四角形はエラをカバーするようにシェーディングを入れるやり方が良いとされています。これらのポイントを押さえて、シェーディングのやり方を学んでみてください。

丸顔の人用シェーディングの入れ方

フェイスラインがふっくらと見えやすい丸顔の場合は、縦のラインを強調することが大切になります。シェーディングで縦のラインを作っていけば、丸顔もすっきりとした小顔に見せやすくなるためこのやり方を取り入れていきましょう。こめかみのあたりからエラの下までシェーディングを縦に入れます。あごには入れず、エラの下で止めるのがシェーディングのやり方のコツ。あごまで入れると横のラインが強調されることになってしまいます。

逆三角形顔の人用シェーディングの入れ方

53 件
着用アイテム