アイクリームで目元やまぶたのたるみに効果的なのは?おすすめの商品を紹介

Description
年齢を重ねてゆくと最初に気になってくるのが、目元のたるみやシワ等でしょう。どうしても目元は他の部分に比べて皮膚が薄く、外的な刺激からくるダメージも受けやすくなります。更にスマホやパソコン等で目元には毎日疲れがたまり、その結果たるみやシワの原因になります。一番の解消方法は、アイクリームを使い目元を保湿や美容成分で補うことが必要です。しかし、アイクリームもどんな物が良いのか分からない方も多いでょう。「アイクリームで目元やまぶたのたるみに効果的なのは?おすすめの商品を紹介」を紹介します。

目元は年齢が出やすい!たるみやシワの原因は?

年齢と共にたるみやシワが気になり始めるでしょう。顔の中でも目元やまぶたの皮膚は薄いので、ちょっとした刺激で目元のシワやたるみの原因になります。眼輪筋・真皮・皮下組織・皮下脂肪の衰えと、乾燥、紫外線ダメージ等外的な刺激によるものと、更に眼精疲労、頭皮のたるみ等も関係して目元のシワやたるみが起こりやす。目元は人間の顔の中でも目立つ場所のため、そこにたるみやシワ等があると年齢より老けた印象になるので気をつけましょう。

原因①真皮のコラーゲン減少

コラーゲンは皮膚や弾力や潤い生むタンパク質です。皮膚では真皮層の70%を占めると言われています。しかし年齢と共に女性ホルモンの減少やストレスなどが原因で、コラーゲンは減少してしまいます。更に紫外線によってコラーゲンが破壊されてしまいます。それによって特に目元の弾力や潤いやハリを失ってしまい、たるみやシワの原因になってしまいます。毎日のケアや日焼け止めを季節に関わらず塗ることでも防ぐ事ができるので気をつけましょう。

原因②乾燥によるたるみ

目元は元々皮脂量が少ないため、人間の顔の中でも乾燥しやすい部分の一つです。肌は乾燥すると表面が縮み、キメが荒くなることでシワができやすくなります。更に、加齢によりターンオーバーや保湿力も衰えてしまう事も考えられます。また紫外線や洗顔の時の刺激で、ダメージが蓄積されハリが失われていきます。毎日のお手入れで保湿をしっかりと行うと、乾燥は防ぐことはできます。しっかりと保湿効果の高いアイクリームを使う事をおすすめします。

原因③筋力の低下

まぶた等の目元周りの皮膚は筋力で支えています。加齢により目の周りの筋力の眼輪筋が衰えてしまい、支えられなくなった脂肪が下へ垂れてしまうことが目元のたるみの原因にもなります。また、普段から顔の表情が乏しい人は表情筋の筋力が衰えることが、目元のたるみ・シワの原因となっていることもあげられます。眼輪筋は顔のちょっとしたエクサスサイズで鍛える事ができますし、毎日続けると改善されます。日常生活の中でエクサスサイズを取り入れた生活を心がけましょう。

原因④脂肪によるたるみ

目元の脂肪は体質的に多い人と少ない人がいます。目の下の脂肪の多い人はたるみができやすい傾向にあります。眼球を支えるクッションとなる脂肪は目の下の内側・真ん中・外側と3箇所あり、その内の内側と真ん中は眼輪筋の低下で支えられなくなってしまった脂肪が重力に従い、下へ垂れていってしまいます。結果目元のたるみやシワに繋がってしまいます。その部分がクマとなったりすることで、老け顔の原因になります。

原因⑤むくみによるたるみ

目元の皮膚は他の部分より薄い為、溜まってしまった老廃物などで膨らんでしまうと薄い皮膚は伸びてしまうのでたるみへと繋がります。むくみが起こる原因は、血行不良などによって代謝が正常に行われない事が挙げられます。目元に老廃物や脂肪が溜まりむくみ、目元のたるみに繋がります。これを助けるのがリンパ液です。マッサージ等でリンパ液の流れを良くし、むくみを改善する事も必要です。更に目元を温める事だけでも血行が良くなり、むくみも取れます。

シワができる原因は?

シワができる原因は加齢等によるコラーゲンの低下や肌の乾燥、目元の筋力の低下によるものや、目の周りに脂肪が溜まりやすい体質や、目元の血行不良によるむくみが原因等の複合的な要因が考えられます。目が大きい方も、瞬きの時の動きが大きくなるのでシワの原因になります。更に、目元の皮膚が薄いことや目の疲れなどでも引き起こします。これらを改善するには、効果的なアイクリームを使う事がより有効的でおすすめです。

目元のたるみに効果的なアイクリームの選び方

目元のたるみやシワなどの悩みを抱えている方も多いでしょう。この悩みを改善するには乾燥からくる物には保湿成分や肌のハリを与えてくれる成分が入ったアイクリーム、血行を良くさせる成分が入ったアイクリームや、クマ等には美白効果が入ったアイクリームを使う事で、少しでもシワやたるみを改善させる方法があります。それだけアイクリームには種類も多いので、自分の悩みにあった物を使う事で目元の悩みを改善してくれます。

アイクリームが出来ることと出来ないこと

アイクリームは目元の乾燥による小ジワには大変よく効きます。しかし肌の奥深くからできてしまったシワにはあまり効果はないかもしれません。ですから早い年代からアイクリームを使って、乾燥などから守り、目元は常に潤いのある状態にしておく方が良いでしょう。

選び方①乾燥によるシワには保湿成分が効果的

肌が乾燥することでできるシワは、保湿成分を十分に補うと効果があります。肌が乾燥すると肌表面の角質が剥がれてしまい、肌のバリア機能が低下してしまいます。そのために肌の水分や潤い成分が少なくなり、シワができやすくなります。乾燥によるシワが気になる方には、保湿成分や美容成分を補うアイクリームをおすすめします。乾燥は若い方にも起こるのでたとえ20代の方だとしても、アイクリームでケアしましょう。
144 件
着用アイテム