骨格診断でタイプがわからない時に診断するコツは?自分に合う服のコーデは?

Description
自分に合う服やコーデが分かるとされ、人気を集めている骨格診断。しかし、骨格診断のセルフチェックをしてみても完全に当てはまるタイプが無くて、自分のタイプがわからないという女性も多いようです。そんな時は、骨格診断のコツを理解する必要があります。そこで、今回は骨格診断が難しい理由や自分のタイプがわからない時のコツ、タイプ別に合う服やコーデをご紹介します。自分の骨格タイプを知り、合う服とコーデを見付けましょう。

骨格診断が難しい理由やコツ・タイプ別に合う服をご紹介

Business Window Music · Free photo on Pixabay (69888)

お店で一目惚れした洋服を購入して、いざ実際に着てみたら思っていたイメージと違ったという方や、自分に合う服がなかなか分からないといった方におすすめなのが、骨格診断です。合う服は人によって異なり、パーソナルカラー診断や骨格診断が大いに役立つとされています。
骨格によって合う服は異なりますので、自分の骨格タイプに合う服を着る事でより一層おしゃれになる事は間違いありません。そして骨格診断をすることで合う服を選びやすくなり、日々のコーデも楽になることでしょう。そこで今回は、骨格診断をする際のコツやタイプ別の合う服、おすすめのコーデをご紹介します。

骨格診断のセルフチェックは難しい?

People Adult Two · Free photo on Pixabay (69969)

骨格診断をした事がある方は、セルフチェックが難しいと感じる事があるようです。難しいと感じる理由は、骨格診断の結果が3種類しか無い事も挙げられます。セルフチェックの結果に納得がいかないと感じる方は半数を超えるともいわれていて、自分の骨格タイプがわからないと悩む女性も多いようです。
骨格診断のセルフチェックが難しい理由は4つほど挙げられます。難しい理由を理解した上で骨格診断のセルフチェックを行うと、より正確な骨格タイプに辿り着けるはずです。今回は骨格診断のセルフチェックが難しい理由も解説しますので、参考にして下さい。

「骨格診断」とは?メリットとデメリット

Window View Sitting Indoors · Free photo on Pixabay (70022)

自分に合う服がわからないと悩んでいる方におすすめされている骨格診断ですが、メリットとデメリットが存在しているとされています。そこで、まずは骨格診断に関する基本情報と、骨格診断のメリットとデメリットについてご紹介します。

そもそも「骨格診断」とは?

「骨格診断」とは、“骨格診断ファッションアナリスト認定協会”が検定試験を行っているスキルのことを指し、その人が持って生まれた身体の質感やラインの特徴から、自分自身の体型を最も美しく見せるデザインと素材を知ることが出来るとされています。骨格診断には年齢や体型は勿論のこと、身長や体重も一切関係ありません。骨格診断の資格を取得した人は「骨格診断アナリスト」と呼ばれ、骨格診断の講座やセミナー、サロン開業などを行っています。

骨格診断のメリット

骨格診断のメリットは5つほど挙げられています。まず一つ目は、自分に合った素材やデザインを知る事で、今までよりも垢抜けた印象を周囲に与える事が出来ます。二つ目は、骨格診断でわかったタイプに合う服を着る事で、着痩せ効果があるとされています。三つ目は、合う服を着る事によって得られる脚長効果や着痩せ効果によって、全身がスタイルアップして見えます。
四つ目は、自分の骨格タイプに合う服を着る事で、本来の女性らしさが最大限にアピール出来る様になります。骨格タイプに合う服はその人にフィットしますので、ナチュラルに着こなす事も出来るとされています。そして五つ目は、自分に合う服がわからないという悩みから解放されるという事です。更に、今まであまり似合っていなかった洋服も、骨格タイプを知ることで新たなコーデに取り入れられる可能性を秘めています。

骨格診断のデメリット

Girls Portrait Sexual Excitement · Free photo on Pixabay (70028)

次に、骨格診断のデメリットは4つほど挙げられます。まず一つ目は、セルフチェックで誤った診断をしてしまいやすい、ということです。二つ目は、誤った診断を元に洋服を購入してしまうと、結果的に洋服が似合わず散財してしまいがちになってしまいます。これらは、骨格診断のセルフチェックが難しい理由に直結してきます。
三つ目は、骨格タイプに合う服だけを考えて洋服を購入すると、どうしても似たようなデザインの洋服ばかりになってしまいがち、といった点です。そして四つ目は、骨格診断アナリストの方に骨格診断をしてもらうと、5000円以上の費用がかかってしまうという点です。しかし、これらは骨格診断のセルフチェックを正しく行い、自分の骨格タイプに合う服を元に様々なコーデを考えれば良いだけの話です。

骨格診断でわかる骨格タイプ

その人の生まれ持った身体の特徴から判断される骨格診断では、3つの骨格タイプに分類されます。骨格タイプによって合う服が異なってきますので、自分の骨格タイプを知ることは大切です。そこで、続いては骨格診断で分かる3つの骨格タイプをご紹介します。

骨格診断で分かる骨格タイプ①ストレートタイプ

ストレートタイプの女性は身体に厚みがあり、メリハリボディの持ち主とされています。立体感のある骨格をしており、身体の重心が上に来ているのが特徴です。身体のハリがあるので、筋肉質とも言えるでしょう。

骨格診断で分かる骨格タイプ②ウェーブタイプ

ウェーブタイプの女性はストレートタイプとは真逆で、身体に厚みがなく薄いという特徴があります。身体のラインが柔らかく見え、3つの骨格タイプの中で最も華奢なイメージが強くなっています。
105 件
着用アイテム