オフィスカジュアルはブランド選びも重要!20代30代におすすめな通勤着!

Description
オフィスカジュアルコーデに悩んでいる働く女性は意外と多く、どのようなコーデをオフィスカジュアルとするのか、そしてどんなブランドの洋服を選べばいいのか迷ってしまうでしょう。カジュアルでありながらもきちんと感をしっかり出さなければいけないオフィスカジュアルコーデは、選ぶブランドによってもその雰囲気が変わってきます。そこで、20代・30代の女性におすすめのオフィスカジュアルコーデに使えるレディースブランドや着まわし方も見て行きましょう。

20代30代におすすめのオフィスカジュアルブランドを紹介

オフィスカジュアルがどのようなファッションのことを指すのかどれくらいの女性が把握しているのでしょうか。なんとなくのイメージでコーデをして行ってはいるけれど、ちゃんとした定義は把握していないという女性は意外にも多いかもしれません。また、オフィスカジュアルな服装と言われてしまうと、服装事態に規則が出てきますから、どのような格好をすれば良いのか悩んでしまう人もいるのです。

オフィスカジュアルのレディースコーデに悩む理由

オフィスカジュアルとは、その言葉の通りオフィスで仕事をするために着るカジュアルな服装のことを指します。ただ、「カジュアル」と指定されていると、果たしてどこまでカジュアルにして良いのかという判断が付きにくいものです。「オフィスにふさわしい」という定義もどこか曖昧だったりしてしまい、その点がオフィスカジュアルコーデで頭を抱える原因になっているようなのです。
オフィスカジュアルをイメージ的に言えば、見た目から上品さや清潔感が感じられるようなカジュアルファッションがオフィスカジュアルに当たると言われています。フォーマルコーデまではいかないけれど、きちんと感が出ているようなコーデのことです。そのようなイメージになるようなコーデにして行けば、まずオフィスカジュアルというジャンルから外れることは無いでしょう。

オフィスカジュアルのポイント

オフィスカジュアルのイメージは分かっても、オフィスカジュアルについて迷ってしまう人は多いでしょう。オフィスカジュアルに相応しい着こなしをする場合は、まずはしっかりオフィスカジュアルのポイントを押さえておくことです。さらに、オフィスカジュアルにおけるNGポイントもしっかり守っておけば、自信をもってオフィスカジュアルファッションを楽しむことが出来るでしょう。

ポイント①会社のルール・雰囲気に合わせる

まずは、会社の規則や雰囲気に合わせたコーデをするということがオフィスカジュアルのコーデをする大前提になります。オフィスカジュアルというドレスコードがあっても、細かい規則は会社によって異なるものです。特に最近は、もまるで普段着のような格好でもOKというルールの会社も出てきていますし、逆にまだまだ服装の規則が厳しい会社もあるでしょう。オフィスカジュアルの範囲をしっかり把握しましょう。

ポイント②ベーシックカラーでまとめる

オフィスカジュアルコーデのポイントとして外せないのは、ベーシックカラーをコーデに取り入れることです。黒・紺・ベージュ・白などのベーシックカラーはどのような服装とも合いますし、会社に相応しいようなきちんと感を出しやすいカラーです。ですから、オフィスカジュアルコーデを作る時に、それらのベーシックカラーを軸にして作れば、誰に見せても恥ずかしくない上品なオフィスカジュアルコーデになります。

ポイント②露出は控える

オフィスカジュアルのNGポイントの1つですが、過度な露出を控えるという物があります。あくまで会社で着る洋服ですから、必要以上に露出しているような服装は会社という場所には相応しくありません。例えば、最近はオフショルダーなどのアイテムが人気ですが、それもオフィスカジュアルを超えてしまっています。またミニスカートも露出が多めとして判断されてしまいますから、オフィスカジュアルには不向きです。

ポイント③ほどよいシルエットを作る

オフィスカジュアルを作る時にはどんなシルエットになるかを考えるのもとても大事なことです。きちんと感をより出したいという場合は、全体的にすっきりとしたシルエットになるようにオフィスカジュアルコーデを考えるのが良いでしょう。また、オフィスカジュアルでもおしゃれを楽しみたいという人は、シルエットにメリハリを付けるのがとても大事です。
最近はビッグシルエットのアイテムがトレンドだったりしますが、カジュアル過ぎるのでオフィスカジュアルには相応しくありません。基本的には体のラインに沿ったような物をオフィスカジュアルに選ぶのが無難です。メリハリを付けたい場合は、オフィスでも着やすいワイドパンツをアイテムに選び、トップスをフィット感のある物にするなどすると、バランスの取れたシルエットのオフィスカジュアルコーデになります。

ポイント④派手な色のものは避ける

先ほど、オフィスカジュアルはシンプルカラーでまとめると負いと書きましたが、おしゃれしたい場合はカラーを取り入れてファッションを楽しみたい物です。もちろんカラーを取り入れることはオフィスカジュアルでも問題ありませんが、あまり派手な色を取り入れるのは避けた方が良いでしょう。会社の中で悪目立ちしてしまう可能性があります。
派手な色味として赤やピンクと言った色が挙げられますが、それらの色をオフィスカジュアルコーデに使う場合は面積がなるべく小さく済むようにした方が良いです。また、派手な色も含めてカラーの多様もオフィスカジュアルとしてはNGです。ベーシックカラーに加えてプラス1、2色に留め、コーデ全体で2、3色でまとまるようにすると、オフィスカジュアルの色のバランス感もとても綺麗でしょう。
110 件
着用アイテム