アイライナーの引き方!初心者でもキレイにできるアイラインのコツ!

Description
アイライナーを使ったアイラインのキレイな引き方をまとめました。初心者でもナチュラルでキレイなアイラインにする為には、アイライナーの引き方が大切。リキッドアイライナーやペンシルアイライナーなど、種類に合わせたアイラインの引き方を覚えておけば初心者でもキレイに仕上がります。一重や奥二重といった目の形に合わせた引き方、ナチュラルな目尻のアイラインの引き方など基本を押さえてアイライナーを使いこなしましょう。

アイライナーの引き方!キレイにできるアイラインのコツを紹介♡

Girl Portrait Beauty - Free photo on Pixabay (196097)

「パッチリとしたキレイな目元になりたい!」という場合に大切になってくるのがアイラインの引き方。アイラインの引き方によって目元の印象は変わってくるので、アイライナーを使いこなせるようになる事がメイクのポイントになります。初心者の場合、アイラインの引き方が分からずにアイライナーを使いこなせない場合も多いかもしれません。アイラインの引き方のコツを覚えておけば、初心者でもアイライナーを使ってキレイな目元に仕上げる事が出来るので、ナチュラルな仕上がりを目指していきましょう。
今回は、ナチュラルでキレイなアイラインの引き方やアイライナーの選び方についてまとめました。リキッドアイライナーやクリームアイライナー、ジェルアイライナーなどアイライナーの種類によってアイラインの引き方は微妙に異なるので、それぞれに合わせた方法でキレイに仕上げていきましょう。一重や奥二重といった目の形に合わせたアイラインの引き方にする事も重要。一重や奥二重でもキレイな目元になるようにアイラインの引き方にこだわってみてください。初心者でもアイライナーを使いこなせるようになります。

アイライナーの役割は?

メイクにはアイシャドウやチークなど色々なコスメが必要になりますが、アイライナーの役割はどういった所にあるのでしょうか。アイライナーは、目元を大きくキレイに見せる役割があります。瞼のキワに沿ってアイラインを引く事によって目元を強調し、すっぴんの時よりも大きく見せられるのがアイライナーの特徴。アイラインを引いているか引いていないかでは目元の印象が大きく変わります。一重や奥二重だったとしても、アイラインを描く事で目を大きく見せる事が出来るのでアイライナーは必須のアイテムです。
初心者の場合、瞼のキワにアイラインを引くのは難しいと感じるかもしれません。アイライナーの引き方のコツを覚えていないと、アイラインがよれたり、思ったよりも太くなってしまったりといった事が起きやすくなります。ナチュラルでキレイなアイラインにしたい時は、アイライナーの種類に合わせたアイラインの引き方を覚えておくのがポイント。慣れてくれば初心者でもナチュラルなアイラインを引く事が出来るようになるので、アイライナーの使い方の基本を学んでいきましょう。

タイプ別!アイライナーの引き方の基本【ペンシル・クリームペンシル編】

Woman Girl Makeup - Free photo on Pixabay (196098)

初心者でも使いやすいアイライナーの種類としておすすめなのがペンシルタイプのアイライナー。ペンシルタイプのアイライナーは瞼のキワに塗りやすく、目尻にかけてキレイに描く事が出来るのでアイライナー初心者の方にぴったりです。ペンシルアイライナーはナチュラルな仕上がりになるのも魅力。自然に目元をパッチリと見せたい時にペンシルタイプのアイライナーが役立ちます。
ペンシルタイプに近いのがクリームアイライナー。どちらも初心者が使いこなしやすいアイライナーなので、基本的なアイラインの引き方をチェックしていきましょう。

点を繋いでいくイメージで引いていくのがコツ

ペンシルアイライナーの場合、点と点を結ぶようなイメージでアイラインを描くのが引き方のコツ。ペンシルアイライナーで一気にアイラインを描こうとせず、ポイントを決めてそこを繋ぐようにアイラインを引くようにしましょう。初心者がペンシルアイライナーでアイラインを一気に引こうとするとアイラインがよれたり、はみ出たりといった仕上がりになる可能性が高いので、気をつけてください。点と点を結ぶように丁寧にペンシルアイライナーを使っていけばナチュラルな目元に仕上げられます。

クリームタイプは長く出しすぎないことがコツ

ペンシルアイライナーと似たような見た目のクリームアイライナーですが、ペンシルタイプと比べて芯が柔らかくなっています。滑らかなテクスチャーで初心者でも描きやすいアイライナーになっていますが、芯が柔らかいので折れやすいという特徴もあるので注意が必要。クリームアイライナーを繰り出し過ぎるとすぐに折れてしまうので、長く出しすぎないようにしましょう。
頭の部分が少し見えるくらいの長さで大丈夫です。アイラインを引いているうちに短くなってきたら再び繰り出すようにして、初めから長く出さないようにしてください。

アイラインの引き方①目の中央から目尻までラインを描く

ペンシルアイライナーの引き方で大切になるのが点と点を結ぶようにするという事です。まずは、目の中央から目尻にかけての点を決めましょう。目の中央から目尻にかけてのアイラインはよれやすいので、初心者の方は注意してアイラインを描くようにするのが引き方のコツになります。最初に目尻にかけてのアイラインを描いておけばキレイに仕上げる事が出来るので、この順番を意識してみてください。瞼を少し持ち上げたら、まつ毛の合間を埋めるようにペンシルアイライナーで目尻にかけてアイラインを引きます。

アイラインの引き方②目頭から目の中央までラインを描く

ペンシルアイライナーで目尻までアイラインを引く事が出来たら、続いて目頭から目の中央にかけてアイラインを引いていきましょう。このように目の中央から目尻、目頭から目の中央といったように分けてペンシルアイライナーを使う事で初心者でもナチュラルな仕上がりになります。瞼を軽く持ち上げてペンシルアイライナーでアイラインを描いてください。目の中央までアイラインを描く事が出来たらOKです。

アイラインの引き方③2つのラインを自然につなぐ

目の中央から目尻、目頭から目の中央と2つのラインを描く事が出来たら、それぞれを繋ぐようにアイラインを足していきます。2つのラインをナチュラルに繋ぐように意識してアイラインを描きましょう。ペンシルアイライナーなら肌に馴染みやすいので初心者でも自然に繋ぐ事が出来るのではないでしょうか。2つのラインを繋いだら、OKです。鏡で見ながらキレイに仕上がるようにアイラインを引くようにしていきましょう。

アイラインの引き方④綿棒でぼかす

141 件
着用アイテム