アイシャドウチップのおすすめランキング15選!使い方やお手入れ方法

Description
皆さんが普段何気なく使っているアイシャドウチップには、ウレタンやシリコンなど素材の違いがあります。さらに、100均で安価に買えるものから、一本ずつ手作りされているようなアイシャドウチップまで種類も値段も様々なアイシャドウチップですが、使い方次第で綺麗なアイメイクができるのをご存知ですか?また、アイシャドウチップのお手入れはどうしていますか?実はアイシャドウチップにも洗い方があるのをご存知ですか?ここでは、アイシャドウチップのおすすめ商品と基本的な使い方、洗い方について紹介しています。

メイクに違いが出るアイシャドウチップ選び方

メイクの中でもアイメイクは相手の印象に残りやすい重要なメイクとなります。アイメイクの中でも目の印象を大きく左右するのが、アイシャドウですが、そのアイシャドウをのせるとき、皆さんは何を使っていますか?アイシャドウをのせるメイクアイテムには、アイシャドウチップかアイシャドウブラシを用いる方が多いのではないでしょうか?
中には指でなじませると言う方もいるかもしれません。基本的に何を使うかはあなたの好みの問題ですが、アイシャドウチップの使い方を間違えると、綺麗な発色が得られなかったり、肌に負担をかけてしまうと言います。ここでは、アイシャドウをのせるのに使うアイシャドウチップの選び方や基本的な使い方、お手入れの必要性とチップの洗い方を詳しく紹介していきます。まずは、アイシャドウチップについて、今一度おさらいしてみましょう。

アイシャドウチップとブラシの違いは?

Make Up Makeup Eyes · Free photo on Pixabay (79863)

アイシャドウをのせるのに使うアイシャドウブラシやアイシャドウチップ、指の違いは、「発色」と「色のつき方」です。アイシャドウブラシでもやわらかいものほどふんわりとやわらかく色づき、固めのアイシャドウブラシ、アイシャドウチップ、指の順に色が濃く、はっきりと色づいていきます。アイシャドウひとつのせるにも様々なメイクアイテムがありますが、今回はアイシャドウチップについて紹介していきましょう。

アイシャドウチップの選び方①:素材の違い

アイシャドウチップには現在ウレタンとシリコンを素材にしたアイシャドウチップが販売されています。ふわふわとした手触りのウレタンアイシャドウチップは、パウダータイプのアイシャドウをふんわりとのせたいときに使えます。難点は洗うと乾くまで時間がかかってしまう点ですが、100均で10本入りのものなどが販売されているので、使い捨てにする使い方がおすすめです。
シリコン素材のアイシャドウチップはクリームタイプやジュエルタイプのアイシャドウに使えるチップで、ラメ入りのアイシャドウでも均一に発色よく仕上げられる特徴があります。使用後に水洗いで汚れが落とせて、ティッシュなどでしっかり拭き取れば、すぐに仕様できるメリットがあります。パウダータイプのアイシャドウやコンシーラーなどのメイクにも使える利点があります。

アイシャドウチップの選び方②:ケースに入る柄の長さ

Maybelline Beauty Makeup Eye · Free photo on Pixabay (79864)

アイシャドウチップを選ぶとき、長さも基準に入れましょう。持ち運びに便利なのは、ケースの中に収まるサイズがおすすめです。カラーごとに分けて使うにしろ、小さく柄の短いチップの方が便利です。ただし、自宅でメイクをするときは柄の長いチップの方がペンのように持ててメイクもやりやすくなるので、シーンによって使い分けできるよう、複数持っておくのもおすすめです。

アイシャドウチップの選び方③:タイプで選ぶ

アイシャドウチップには様々なタイプがあるのはご存知でしょうか?アイシャドウチップは、短い柄で両端にアイシャドウチップが付いているもの、その内一端が細くなっているものは濃いアイシャドウを細かくのせるのに便利です。また、チップの一端がブラシ状になっているものは、アイシャドウの濃淡を1本のチップで表現するのにおすすめです。
また、持ち運びできるアイシャドウチップの中には、キャップが付いていてポーチの中が汚れるのを防いだり、アイシャドウチップ自体に雑菌が付着するのを防げるキャップ付きアイシャドウチップもあります。さらに、たくさんのアイシャドウチップを持ちたい人にはジョイントタイプのアイシャドウチップがおすすめです。

100均で買えるおすすめのアイシャドウチップ

ここまで、アイシャドウチップの素材による違いや、アイシャドウチップのタイプについて紹介してきました。シリコンタイプのアイシャドウチップは一見すると、利点だらけのように見えますが、濃くはっきり色づくのが苦手な人にはおすすめできないアイシャドウチップです。ここからは、実際にアイシャドウチップのおすすめ商品をランキング形式で紹介していきましょう。まず紹介するのは、100均で買えるプチプラでお得なアイシャドウチップです。

100均のおすすめアイシャドウチップ第3位:ダイソー・アイシャドウチップ(ジョイントタイプ)

ロケット鉛筆のように、使ったアイシャドウチップを抜くと新しいアイシャドウチップが出てくるアイシャドウチップになっています。本数は4本入りとなっています。外出時にかさばりたくない、1本あれば十分と言う人は1本だけ抜き取って持ち歩ける便利なアイテムでもあります。1本の長さはケースの中に余裕で収まるサイズなので、アイシャドウのカラーごとに分けてケースに入れておくこともできます。

100均のおすすめアイシャドウチップ第2位:ダイソー・アイシャドウチップシングル

100均の醍醐味と言えば、安くて入り数が多いプチプラな点ですが、ダイソーのアイシャドウチップシングルは、大きめのアイシャドウチップが一端にだけ付けられた非常にシンプルなアイシャドウチップです。シングルタイプのため、ケースの中にも収まりますし、化粧ポーチの中に忍ばせておいても邪魔になりません。10本入りなので、もしものときに使えるように、鞄の中に忍ばせておけます。

100均のおすすめアイシャドウチップ第1位:セリア・アイシャドウWチップ

セリアのアイシャドウWチップは長さが5.6cmと小さく、ケースの中に収まるサイズながら、両端にチップが付けられています。一端は大きめのチップ、もう一端は小さめのチップが付いているので、大きいサイズのチップで広い範囲のアイシャドウを、小さいチップで濃い色のアイシャドウをぬるのに適しています。本数も5本入っているので、色ごとの使い分けにも便利です。また、洗うのが面倒と言う場合の使い捨てチップとしてもおすすめです。

ラメ入りにもおすすめ!シリコン製アイシャドウチップ

シリコンタイプのアイシャドウチップは、しっかりと色づくアイシャドウチップや、ラメ入りのアイシャドウをのせる場合におすすめのアイシャドウチップになります。プチプラの代表格100均のアイシャドウチップに続いて、色づき重視のアイシャドウチップ、シリコンタイプのアイシャドウチップのおすすめ商品をランキングで紹介していきましょう。

シリコンチップのおすすめ第6位:チャスティ・シリコンチップ シングル

やわらかい触感が特徴のチャスティのシリコンチップシングルは、口コミでも想像以上のやわらかさと言われています。やわらかいため、力を入れるとすぐに曲がってしまう難点はあるものの、その分優しいタッチでメイクができるとも言われています。柄の部分が短く、ケースに入りやすい大きさながら、チップ部分は大きめに作られているので、幅広く塗り広げられます。先端を使えば細かいメイクもできるので便利なアイシャドウチップです。値段は2本で378円とプチプラな価格設定となっています。

シリコンチップのおすすめ第5位:志々田清心堂・シリコンチップ ダブル

志々田清心堂のアイシャドウチップは両端にアイシャドウチップが付属しており、一端はシリコンチップ、一端はウレタン素材のチップが付属しています。シリコン素材のチップで濃いアイシャドウを、ウレタン素材のチップでぼかしてグラデーションアイシャドウを作れるダブルタイプのアイシャドウチップになります。志々田清心堂らしい、肌に優しい素材で高品質ながら2本で399円とプチプラなものもおすすめの理由です。柄の短いタイプなので、ケースに入れて持ち運びにも便利です。

シリコンチップのおすすめ第4位:マリークヮント・タイニー ツインチップ

細かいメイクにおすすめなのが、マリークヮントのアイシャドウチップです。シリコン素材の一端とウレタン素材の一端に2種類の素材が両端に付けられており、どちらも先端が細く、アイラインを引ける便利なアイシャドウチップです。アイラインをアイシャドウで済ませてしまいたい人におすすめのアイシャドウチップですが、広い面には使いにくい難点があります。値段は1本で540円ですが、短い柄なのでケースに入れて持ち運べるようデザインされています。

シリコンチップのおすすめ第3位:志々田清心堂・シリコンチップ ロング

志々田清心堂のロングタイプのシリコンアイシャドウチップが人気を集めているようです。やはり、柄の長いタイプは持ちやすく、細かいメイクがしやすい点が人気の理由となるのでしょう。口コミでは、長いネイルをしている人からの支持が高く、程よい弾力性が高評価を得ているようです。値段も2本で399円とプチプラなので、柄の長いシリコンチップに挑戦してみたい人におすすめのアイシャドウチップです。

シリコンチップのおすすめ第2位:マリークヮント・ニュアンス コントロール チップ

アイシャドウのシリコンチップと言えば、マリークヮントのニュアンス コントロール チップと言う人も少なくないようです。このアイシャドウチップは持てば化粧がうまくなると言われるほどの評価を得ています。その秘密は、持ち手の部分を手になじむ形状に加工、チップの先端が細くとがっているため、細かいメイクにも最適なアイシャドウチップとなっています。
特に、リキッドタイプのアイシャドウを使っている女性からの人気が高く、2位となりました。値段は1,080円とチップの中では高めながら、使い勝手の良さは引けを取らないでしょう。自宅用に1本だけ購入するのもいいかもしれません。

シリコンチップのおすすめ第1位:チャスティ・シリコンチップ ロング

一度使うとやめられないと評価を得ている、チャスティのシリコンチップロングタイプが1位となりました。シリコンの使い勝手の良さは当然ながら、柄が他の製品に比べて太く設計されており、力をいれてもしっかり指になじむアイシャドウチップとして人気を集めているようです。チップの形状は広めに設計されているので、クリームタイプのアイシャドウでも均一になじませられます。値段は2本入りながら432円とプチプラなのも人気の秘密と言えるでしょう。

ふんわりメイクに!ウレタン製アイシャドウチップ

シリコン製のアイシャドウチップに比べて、ふんわりとアイシャドウがのせられるウレタン製アイシャドウチップは、グラデーションアイシャドウを作るのに便利なアイシャドウチップです。はっきり濃いアイシャドウを入れるのに便利なシリコン製アイシャドウチップに続いて、ふんわりとアイシャドウをのせるのに便利なウレタン製アイシャドウチップをおすすめランキング順に紹介していきましょう。

ウレタンチップのおすすめ第6位:Crevi・スポンジチップ&ブラシ

Creviのスポンジチップ&ブラシは全長115mmと短めながら、一端にはウレタン製のチップ、もう一端にはブラシが付属した、ケースに入れられるアイシャドウチップとなっています。小さなサイズながら、ブラシとセットになったアイシャドウチップの販売数が少ないため愛用者が多いようです。

ウレタンチップのおすすめ第5位:Studio Line・スポンジ アプリケーター

プロが愛用していると噂されるスポンジ アプリケーターは、パウダー、リキッド、クリームなど全てのメイクに使える非常に優れた性能を持つアイシャドウチップです。先端はヤギ毛と馬毛を合成したやわらかい素材となっており、肌への負担も少なく、化粧なじみが良いのも特徴としてあげられています。ひとつずつ手作りされているため、金額は1,480円と高めながら品質の良さは折り紙付きです。

ウレタンチップのおすすめ第4位:アジュバン・NEWプリンシェル アイメイクアップ用ブラシ&チップ

アイシャドウをのせるチップとブラシがセットで販売されているアイシャドウチップ&ブラシです。ブラシの方は擬似二重を作るのに必要な角切りブラシとふんわり全体にやわらかくのせられるブラシが両端に付属しています。チップの方は広い面にふんわりとのせられる大きなチップと先端が細くなった、細かい部分にアイシャドウをのせられるチップが付属しています。金額は2,450円と高めですが、ブラシとセットになることで、どんなアイシャドウメイクもこなせるアイテムとなるでしょう。

ウレタンチップのおすすめ第3位:コスメアップ・アイシャドーチップ

コスメアップが販売しているアイシャドーチップは、ロングでもコンパクトでもない柄の長さのため、持ち運ぶにも自宅用にするにもなかなか難しいアイシャドウチップと言えます。ただ、ケースに入らない点をカバーするため、アイシャドウ専用のケースが付属しており、どちらかと言えば、持ち運びに特化した製品となっているようです。
持ち運び用のアイシャドウチップでもある程度長さが欲しい方におすすめのアイシャドウチップと言えるでしょう。金額は378円ながら品質もよく、大きなチップと小さなチップが両端に付属しており、アイシャドウののせ方にも幅が出せます。

ウレタンチップのおすすめ第2位:資生堂・アイカラーチップ・細 201

資生堂が販売しているアイカラーチップ・細 201は、ロングタイプのウレタン製アイシャドウチップとなっており、金額は605円と比較的高めですが、品質が良く長く愛用できると評価されています。100均のアイシャドウチップとは違い、何度洗ってもボロボロにならない点が人気を集めているようです。ウレタン製の素材なので、やわらかくなじんで肌に負担をかけないのもおすすめのポイントとなります。

ウレタンチップのおすすめ第1位:ロージーローザ・ミニアイシャドウチップ(ダブル)

ロージーローザが販売しているミニアイシャドウチップは金額が302円で6本入りとかなりプチプラな商品です。サイズは全長38mmと短めながら、大きなチップと小さなチップが両端に付けられており、瞼全体に満遍なくアイシャドウをのせ、細かい部分へ濃いアイシャドウをのせるのにも役立つアイシャドウチップです。コンパクトサイズなので、ケースにも入れられて持ち運びにも便利なのと、使い捨てにできるリーズナブルな点が人気を集めているようです。

アイシャドウチップの正しい使い方

アイシャドウチップは正しい使い方をすれば、100均のチップであっても綺麗にアイシャドウをのせられるメイクアイテムです。アイシャドウチップの基本的な使い方は、幅の広いアイシャドウチップで瞼全体のアイホールにアイシャドウをのせれば綺麗なベースメイクに仕上がります。さらに、綺麗に仕上げる使い方は、未使用の面でぼかすようにすると、肌になじんで見栄えが良くなります。
長細い形状のチップは目の上下の際にアイシャドウを乗せる使い方がおすすめです。瞼の際に濃いアイシャドウを塗って、未仕様の面でぼかすようにする使い方で自然な印象に仕上がります。これら基本的な使い方を覚えることでアイシャドウの色ムラを防ぎ、自然な仕上がりにできます。未使用の面でなじませる使い方で、手を洗う手間も省けます。
Cosmetics Eye Shadow Rouge · Free photo on Pixabay (79748)

使い方次第で綺麗にアイメイクができるアイシャドウチップですが、汚れたままではアイシャドウが綺麗にのらなくなってしまったり、未使用の面が無くなってしまったりなどのデメリットが発生してしまいます。アイシャドウチップの基本的な使い方が分かったところで、ここからは、アイシャドウチップのお手入れ方法や、洗い方を紹介していきましょう。

アイシャドウチップの日頃のお手入れ方法

アイシャドウチップはシリコン素材でない限り毎日洗う必要はありません。シリコン素材チップなら、使用後に洗ってティッシュなどで拭く手入れの仕方でも構いませんが、ウレタン素材のチップは、洗うと乾くまで時間がかかってしまいます。日頃のお手入れは、使用後乾いたティッシュで軽く拭き取るだけにとどめておきましょう。

アイシャドウチップの洗い方

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (79730)

続いて、アイシャドウチップの洗い方を紹介しましょう。アイシャドウチップを洗う理想の期間は1週間に1回ペースが好ましいでしょう。アイシャドウチップの洗い方は、まず、中性洗剤をチップ先端に付けて汚れを浮かせます。ぬるま湯を洗面器などに溜めて、先端を揉むように汚れを落としていきます。チップの奥まで汚れが浸透していることもあるので、ゆっくり時間をかけて丁寧な洗い方を心がけましょう。

その他の注意点

日頃簡単にできるお手入れと週に一度の洗い方が分かったところで、その他の注意点について紹介しておきましょう。まず、アイシャドウパレットですが、アイシャドウチップを置く部分も汚れています。洗ったアイシャドウチップを、何もせずに入れるとまた汚れてしまうので、チップをケースに入れる前に、パレットもティッシュで拭いておきましょう。
また、適切な洗い方でチップを洗っても、カビなどが繁殖しては意味がありません。上記の洗い方でチップを洗った後はドライヤーで乾燥させたり、日影に1週間ほど干してしっかり乾燥させるようにしてください。洗い方の前に紹介した日頃のお手入れでも、濡れたティッシュで拭いてしまうと、チップが湿ってしまいカビが繁殖する原因となってしまうので、必ず乾いたティッシュで拭き取るようにしてください。
また、アイシャドウチップの洗い方についてですが、ゴシゴシと擦ってしまうと、ウレタン素材やスポンジ素材のチップが痛んでボロボロになってしまいます。必ず、指で優しく揉む洗い方で洗浄してください。さらに、ウレタンの中には芯があるので、先端に負荷を掛けると芯が折れて使えなくなってしまいます。洗い方もそうですが、チップ先端の扱いは丁寧にしてください。

自分にあったアイシャドウチップでアイメイクを楽しもう

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (79729)

ここまで、100均のチップや、素材ごとのアイシャドウチップのおすすめ商品、アイシャドウチップの基本的な使い方、日頃のお手入れ、洗い方について紹介してきました。それらは全て、美しいメイクをするために欠かせない知識です。アイシャドウチップの特徴や、使い方、お手入れ、洗い方をしっかり覚えて、綺麗なアイメイクを施しましょう。
88 件
着用アイテム