ハイライトをメイクで使ってツヤ肌美人に!基本の選び方と入れ方を紹介

Description
普段のメイクでハイライトを使っていないという方は、ハイライトの効果がいまいちピンときていないのかもしれません。ベースメイクやアイメイクと違ってハイライトは入れ方が分かりづらかったり、ハイライトの色味の選び方が難しいと感じる場合もあります。こちらではハイライトの効果、基本の選び方と入れ方をご紹介します。ハイライトの正しい使い方を覚えて、ツヤ肌美人になりましょう。

ハイライトでいつものメイクをツヤ肌に♡

ハイライトはホワイトやパール、ピンク系など色味が沢山あります。クリームやパウダーなど種類も様々なので、どれを使えばいいか迷ってしまう方もいるかもしれません。ハイライトなしでもメイクは成り立ちますが、ハイライトを使うとツヤ肌に見せたり、立体感を出して小顔美人になることができます。こちらではハイライトとは何か、どんな効果があるかをチェックしましょう。

ハイライトって何?

まずは、ハイライトとはどんなコスメなのかを知りましょう。ハイライトは顔全体に塗るのではなく、部分的に使うことで顔に立体感を出すアイテムです。ハイライトで顔に凹凸をつくることで、小顔美人に見せることもできます。ハイライトの種類によってツヤ肌に見せたり、シミ、そばかす、クマ、くすみなどを目立たなくさせることもできます。
ハイライトは色味も様々で、元の肌のタイプやどんな肌に仕上げたいかで選び方を変えます。また、ハイライトにはクリームタイプ、パウダータイプ、リキッドタイプとファンデーションのように種類があり、使用感や仕上がりが異なります。自分に合ったハイライトを探してみましょう。

ハイライトには立体小顔の効果がある

ハイライトはツヤ肌になるだけでなく、小顔効果があります。鼻筋やおでこなど顔の中心にハイライトをのせることによって顔にメリハリが出るため、小顔美人に見えます。ハイライトだけでなく、シェーディングと合わせてメイクすることで、より立体感のある顔をつくることが出来ます。普段のメイクに少し足すだけで印象が変わるので、ハイライトを取り入れてみましょう。

メイクのポイント!ハイライトの種類とは?

ハイライトには様々な種類があります。ハイライトの種類によって、ツヤ肌効果が強いもの、肌馴染みがよく自然なものなど特徴があります。どんな仕上がりのメイクにしたいかによってハイライトの選び方を考えましょう。こちらでは、ハイライトの種類と特徴をご紹介します。

パウダータイプのハイライト

パウダータイプのハイライトは肌につきすぎることなく、自然な仕上がりになるので初心者におすすめのハイライトです。大きめのブラシを使ってハイライトをいれるといいでしょう。おでこや目の下などにハイライトをのせる時には、パウダータイプを使うとツヤ肌効果があって美人度が上がります。パウダータイプはムラになりづらいですが、粉飛びして顔全体についてしまうとメリハリがなくなるので注意しましょう。

クリームタイプのハイライト

クリームタイプのハイライトは肌馴染みがよく、密着性が高いです。マットな仕上がりのツヤ肌にしたい時はおすすすめのハイライトです。ただし、クリームタイプのハイライトはつけすぎてしまったり、上手にのばせないとムラになりやすいです。ヨレもできやすいので注意。指に少量とって肌にのせ、トントン優しく叩きながら伸ばすようにしましょう。スティック状になったクリームタイプのハイライトも人気です。

リキッドタイプのハイライト

リキッドタイプのハイライトは、伸びが良くスルスルと肌に馴染みます。リキッドタイプのハイライトは、化粧下地の上にのせます。その上からファンデーションを重ねると、自然なツヤ肌に仕上がります。ハイライトがテカテカと目立つのが嫌だという方はリキッドタイプを使うといいでしょう。ハイライトをリキッドファンデーションに少量混ぜて使うのもツヤ感がアップするのでおすすめです。

メイク術!ハイライトの選び方

基本のハイライトのタイプは分かりましたが、ハイライトの選び方にはまだポイントがあります。それは、色味の選び方です。ハイライトはお顔の立体感を出して小顔美人にするだけではなく、シミ、クマ、くすみなどをカバーする効果もあります。綺麗なツヤ肌美人に仕上げるには、自分の肌に合わせたハイライトの基本の選び方を覚えましょう。

血色感気になる人にはピンク系

肌を明るく見えたい、血色感を出したメイクをしたいという方は、ピンク系のハイライトでメイクしましょう。ピンク系のハイライトは肌に自然な赤みが出て、顔が明るくなります。同じピンクのハイライトでも、元の肌の色に合わせてハイライトの色を調整しましょう。色白の女性はピンク系、健康的な肌の色の女性はピンクベージュ系のハイライトを選ぶことで肌馴染みが良く、自然なツヤ肌美人になります。

くまやくすみが気になる人にはラベンダー系

クマやくすみが気になる方は、ラベンダー系のハイライトを使ってカバーしましょう。ラベンダー系のハイライトは肌に透明感をプラスしてくれる効果があります。クマやくすみが気になる方も綺麗にカバーしてくれます。ラベンダー系のハイライトは透明感と共に血色感も出してくれるので、自然な仕上がりで人気カラーです。白浮きしないのもポイントです。

華やかさを演出したい人にはパール系

結婚式やパーティーなど華やかなシーンでのメイクにおすすめなのが、パール系のハイライトです。キラキラした肌になるので、華やかな場に合う美人メイクになります。ただし、多めにつけすぎたり、ラメが派手過ぎると品がなくなってしまうので注意。パールの粒が小さく、上品な輝きになるハイライトを選ぶようにしましょう。
56 件
着用アイテム