【顔型別】シェーディングの入れ方!面長さんやエラ張りさんも小顔に!

Description
面長さんやエラ張りさんなど輪郭や骨格に合わせたシェーディングの入れ方や使い方についてまとめました。メリハリのある小顔に見せる為には、シェーディングの入れ方&使い方のコツを掴む事が大切です。シェーディングの入れ方や使い方のコツを把握しておけば、輪郭や骨格をカバーして小顔に見せやすくなります。面長やエラ張りが気になる場合は輪郭や骨格をカモフラージュするシェーディングの入れ方でメリハリ小顔に仕上げましょう。

小顔効果あり!シェーディングの上手な入れ方

「メリハリのある小顔になりたい!」という場合におすすめなのがシェーディング。面長やエラ張りなど、顔の輪郭に合わせたシェーディングの入れ方ならナチュラルに骨格をカバーする事が出来るようになります。輪郭や骨格のコンプレックスをカバーしつつ、陰影を付ける事でメリハリのある仕上がりに。全体的に輪郭が引き締まって見えるので、シェーディングを入れた後は小顔に見せやすくなります。もっと小顔になりたい時はシェーディングでメリハリのある骨格・輪郭を作っていきましょう。
今回は、シェーディングの入れ方や使い方についてまとめました。面長やエラ張りなど、顔の輪郭&骨格に合わせた使い方なら、効果的にシェーディングを取り入れる事が出来ます。顔の輪郭に合わないシェーディングの使い方だと、逆効果になってしまう事もあるので気をつけましょう。間違ったシェーディングの使い方をする事で顔のメリハリが失われ、大きく見えてしまう事のないように正しい使い方を学んでおく事が大切です。効果的なシェーディングの入れ方でメリハリのある小顔を目指してみてください。

シェーディングとは?

そもそも、シェーディングとはどのようなメイクなのでしょうか。シェーディングとは、顔に陰影を入れる事によって輪郭や骨格にメリハリを与えるメイク方法の事を指します。顔が大きく見えてしまいがちな人もシェーディングでメリハリを付ける事で小顔に見せやすくなるのが嬉しいポイント。シェーディングを入れるのと入れないのとでは顔の輪郭や骨格の印象が大きく変わり、立体感も出せます。「顔に立体感が足りない…」という方もシェーディングでメリハリを付けてみませんか?
シェーディングの効果的な使い方を取り入れれば、面長やエラ張りなどの顔の輪郭を上手にカバーする事が出来るようになります。面長がコンプレックスだったり、エラ張りが気になる場合はシェーディングでナチュラルにカバーしてみましょう。シェーディングが気になる箇所を隠してくれるので、面長やエラ張りが気にならなくなり、小顔に見せやすくなります。自分の輪郭に合わせた使い方でシェーディングを活用していきましょう。

ハイライトとの違いは?

シェーディングと同じようなメイク方法としてハイライトの名前が挙がる事もよくあります。ハイライトとシェーディングの違いはどこにあるのでしょうか。ハイライトは、肌にツヤと光を与えるメイク方法になります。ハイライトを入れる事でツヤ感がアップ。陰影を付けるシェーディングとツヤを与えるハイライトを併用すれば、よりメリハリのある仕上がりになります。「とにかく小顔に見せたい!」という場合は、輪郭や骨格に合った使い方でシェーディングとハイライトを取り入れてみてください。
ただし、ハイライトとシェーディングの使い方を間違えると効果が無くなってしまうので気をつけましょう。ハイライトを入れる部分にシェーディングを入れるなど、本来とは逆の使い方にすると小顔ではなく顔が大きく見えてしまう可能性があります。仕上がりも不自然になるので、シェーディングとハイライトを使う場合は、どちらをどのように入れれば良いのかしっかりと把握してから役立てていきましょう。

シェーディングの選び方

シェーディングの基本情報について押さえる事が出来たら、シェーディングの選び方についてチェックしていきましょう。ナチュラルに骨格や輪郭をカバーする為にはシェーディングの選び方が大切になります。自分に合わないシェーディングを選んでしまうと、思ったような仕上がりにならないのではないでしょうか。そうしない為にもシェーディングの選び方にはこだわっておきましょう。シェーディングの選び方の基本的なポイントをまとめました。参考にしながら使いやすいシェーディングを選んでみてください。

シェーディングの種類で選ぶ

シェーディングと一口に言っても、その種類はバリエーション豊か。色々なタイプのシェーディングがあるので、初めてシェーディングを選ぶ時は戸惑ってしまう事もあるのではないでしょうか。シェーディングは種類によって仕上がりや使い方が変わってくるので、自分が使いやすいタイプを選ぶ事が重要になります。使いやすい種類のシェーディングであれば、初心者でも簡単にシェーディングを入れる事が出来るようになるので、どういった種類があるのかまずは把握しておきましょう。

種類①パウダーシェーディング

まず挙げられるのがパウダータイプのシェーディングです。その名前の通りパウダー状になったシェーディングで、メイクブラシを使って輪郭に入れていくのが特徴。パウダータイプのシェーディングは薄付きでナチュラルに仕上げやすい所が魅力です。ふんわりとシェーディングを入れれば、不自然にならず、自然に骨格をカバー。この為、シェーディング初心者の方にはシェーディングパウダーを使うのがおすすめです。初めてシェーディングを行う場合も濃くなり過ぎず、好みの仕上がりにする事が出来ます。
シェーディングパウダーはナチュラルに仕上げられるという利点がありますが、一方で粉落ちしやすいという欠点もあります。シェーディングパウダーによっては、時間が経過する毎に粉落ちしてしまう場合があるので、1日を通してメリハリのある小顔をキープしたい場合は粉落ちしにくいシェーディングパウダーを選びましょう。フィット感のあるシェーディングパウダーなら、メイク直しの手間を取る事なくシェーディングを入れられます。

種類②クリームシェーディング

続いて、クリームシェーディングについて見ていきましょう。クリームシェーディングは、クリーム状になったシェーディングの事。リキッドファンデーションのようなテクスチャーで、肌に伸ばすようにして使うのが特徴です。クリームシェーディングは、パウダータイプよりもしっかりと陰影をつけられる所がポイント。陰影が付けやすいので「メリハリをしっかりと出していきたい!」という場合はクリームタイプのシェーディングがおすすめです。肌にフィットし、落ちにくいのもクリームシェーディングの魅力。
クリームシェーディングは陰影をつけやすいというメリットがありますが、初心者だと扱いづらいというデメリットもあります。使い方を間違えると不自然にシェーディングが入ってしまう場合があるので、シェーディングの入れ方には十分に気をつけましょう。また、細かな箇所にシェーディングを入れるよりも輪郭などの大きな範囲で使うのに適しているので、そういった事も考えながらシェーディングを選んでみてください。

地肌よりも2トーン落とした色を選ぶ

シェーディングは顔に陰影を付けるのが主な目的です。その為、色選びも重要なポイント。自分の色に合わないシェーディングだと不自然な印象になってしまうので注意しましょう。シェーディングを選ぶ時は、肌よりも2トーン暗いタイプを選ぶのがおすすめです。肌よりも2トーンくらい暗いシェーディングであれば、ナチュラルにメリハリのある小顔に仕上げられるのではないでしょうか。

最初はマットなタイプを選ぶ

シェーディングにはツヤタイプなど色々なタイプがありますが、初めて使う場合はマット系のシェーディングがぴったりです。マット系のシェーディングならナチュラルに仕上げやすく、初心者でも気軽に活用出来るのが嬉しいポイント。シェーディングを選ぶ時は、マット系を中心にみて見てください。このように基本的な選び方を押さえて、最適なシェーディングを見つけましょう。

シェーディングの基本の使い方・入れ方

77 件
着用アイテム