奥二重さんのアイラインの引き方!目の大きさが1.5倍に見えるコツ!

Description
奥二重さんにおすすめのアイラインの引き方をまとめました。奥二重でも目を大きく見せるにはアイラインの引き方のテクニックを取り入れる事が大切。初心者でもアイラインの引き方を工夫すれば目を大きく見せる事が出来るようになります。奥二重さんのアイラインにおすすめのコスメもチェックして、大きく見せる引き方を活用してみませんか?簡単な奥二重のアイラインのテクニックと初心者にもおすすめコスメを役立てていきましょう。

奥二重のアイラインテクニック公開!

「奥二重だからメイクをしても目が小さく見える…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。奥二重のメイクが上手く出来ない時はアイラインの引き方が間違っているのかもしれません。メイクで大切になるのが目の形に合わせたアイラインの引き方。目の形に合わないアイラインの引き方をすると、目が小さく見えてしまうので注意が必要。奥二重にぴったりなアイラインの引き方にしていけば、自然と目を大きく見せる事が出来るようになります。
今回は、奥二重におすすめしたいアイラインの引き方やテクニックについてまとめました。メイク初心者だったとしてもアイラインの引き方のテクニックを押さえておけば簡単に目を大きく見せる事が出来るようになります。奥二重のアイラインにおすすめのアイライナーもご紹介するので、日々のメイクに役立ててみてはいかがですか。大きくて魅力的な奥二重にしていきましょう。

アイラインで目の大きさが変わる

奥二重は普通の二重と違って二重幅が瞼に隠れている部分があるので目が小さく見えてしまう事があります。そんな奥二重をコンプレックスに感じている方も多いのではないでしょうか。奥二重でも大きく見せたい時はアイラインの引き方を工夫していきましょう。アイラインの引き方次第で奥二重の目を大きく見せる事が出来るようになります。「メイクをしたのに目が大きく見えない」という場合はアイラインの引き方を見直してみるのがおすすめ。簡単なテクニックを取り入れる事で今まで以上に魅力を引き出す事が出来ます。
どういった太さのアイラインを引けば良いのか、アイライナーのカラーは何が良いのかなど、基本的なポイントを押さえておきましょう。それだけで初心者でも奥二重を大きくする事が出来るようになります。奥二重の良さを生かしながら目を大きく見せられるようなテクニックを役立ててみてください。

奥二重のアイラインNG例

アイラインは目を大きく見せる事が出来る一方で、引き方を間違えると逆に目が小さく見えてしまう事があります。奥二重さんは「目を大きく見せたい!」という気持ちが強くてついつい間違ったアイラインの引き方をしてしまいがち。自分では良いと思っていたとしても客観的に見ると目が小さく見えてしまっている可能性があるので気をつけましょう。まずは、奥二重さんがやってしまいがちなアイラインの引き方の失敗例をご紹介します。失敗例をチェックして、自分が間違った引き方をしていないかメイク方法を見直してみましょう。
アイメイクは徐々に自己流になってくるので、いつの間にか間違ったアイラインの引き方になっている事もよくあります。「ここが間違っていたから目が大きくならないんだ!」と失敗から気づく点もあるはずなので、自分のアイメイクの方法を振り返ってみてください。

太いラインを引く

Blindfolded Blind Hair - Free photo on Pixabay (263191)

メイク初心者の奥二重さんがやってしまいがちなNG例として挙げられるのがアイラインを太く描くという事です。目を大きく見せる為にはアイラインを太く引くのが良いと思う事が多いですが、実はこれは間違い。奥二重さんの場合、アイラインを太く引くと二重幅が潰れてしまいます。二重幅が潰れると目が小さく見えてしまうので要注意。奥二重を大きく見せる為には、二重幅が潰れないようにアイラインを引くのが重要なテクニック。二重幅を潰さないようにすれば自然と目を大きく見せる事が出来るようになります。
普段のアイメイクを振り返ってみて、必要以上にアイラインを太く引いているという事はありませんか?もし、アイラインを太く引いているのであれば細く引くように切り替えてみてください。そうするだけでも目を大きく見せやすくなります。

全体を囲っている

Woman Head Hair - Free photo on Pixabay (263192)

上瞼に加えて下瞼にもしっかりアイラインを入れるのもNG。アイラインは下瞼にも入れると目が強調されて大きく見えるようになると勘違いする事も多いですが、これも逆効果になってしまいます。アイラインで目を囲むと、全体にフレームがかかったようになり目が小さく見えてしまうので気をつけましょう。奥二重さんのアイラインの引き方では、囲みメイクを取り入れるのはやめておきましょう。囲みメイクをする事によって抜け感もなくなり、余裕のないアイメイクに仕上がってしまいます。
メイク初心者の場合は、目を強調したいという気持ちが強くて囲みメイクをやってしまいがちです。下瞼にはアイラインを入れず、上瞼のみに入れて目元を強調するようにするのが奥二重メイクでは重要なテクニック。下瞼はアイシャドウで軽くカラーを乗せるとナチュラルに目を大きく見せる事が出来るようになるので、そういったアイメイクのやり方を取り入れてみてください。

長さが極端になっている

Girl Sad Desperate - Free photo on Pixabay (263193)

アイラインで目を大きく見せる為のテクニックとして、目尻からアイラインをはみ出して描くという方法があります。このテクニックを使う時に気をつけておきたいのが目尻からはみ出すアイラインの長さ。目尻からはみ出すアイラインは長ければ長いほど目を強調する事が出来ると思いがちですが、長いと不自然な印象になってしまいます。メイク初心者の場合もこの間違いをしてしまいがちなので、気をつけてください。アイラインを目尻からはみ出す場合は、5mm程度にしておくのがおすすめです。
5mmくらいであればナチュラルに目を大きく見せる事が出来るようになるので、そのくらいの長さを意識しながらアイラインを描いていきましょう。アイラインは短過ぎても不自然になるので、奥二重を大きく見せたい時は目尻から適度にはみ出すようにするのがテクニックです。

まつ毛の隙間が見えている

Beautiful Close-Up Eye - Free photo on Pixabay (263195)

奥二重さんがアイラインを引く時にやってしまいがちなのがまつ毛の隙間が見えるようにアイラインを引いてしまうという事。メイク初心者もこうした失敗をしてしまうので注意しましょう。アイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋めるように描くのがテクニック。まつ毛の上の部分にアイラインを入れると隙間が見えて不自然な印象になります。
ナチュラルに目を大きく見せるようにする為には、まつ毛とまつ毛の間を意識してアイラインを引くようにしてみてください。そうするだけで簡単に奥二重の目元を大きく見せられるようになります。メイク初心者の場合は、目を開いた時にアイラインが浮いていないか確認しながらアイラインを引いていくのもおすすめの方法。確認をしつつ、どのようにアイラインを描いたらナチュラルに見せられるのかをチェックしてみてください。そうしていると徐々にアイラインを引くのに慣れて、魅力的な奥二重メイクにする事が出来ます。

奥二重のアイラインの選び方

114 件
着用アイテム