アイクリームに期待できる効果とは?有効成分や注意点も徹底解説

Description
年齢を重ねるごとに、お肌のケアには入念になっていきます。そんな中でも注目されているのが、アイクリームです。ダメージを受けやすい目元のケアに使われるアイクリームは、しわや様々な悩みに効果があるとされていて注目されています。しかし、実はアイクリームの効果を得るには正しい使い方や注意点を抑えておかなければなりません。アイクリームの効果についてや、正しい使い方を詳しく知って効果を実感しましょう。

アイクリームの効果は?実は間違った使い方をしているかも

年齢を重ねるにつれて気になってくる、様々な肌トラブル。しわやくすみ、シミなど気になる問題はたくさん出てきます。しかし、最近では様々な肌トラブルへの化粧品なども多く出ているので、毎日のケアで改善出来るようになって来ています。
そんな数多ある基礎ケアの中でも最近注目を集めているのが、アイクリームです。アイクリームは、その名の通り目元のケアを目的とされ作られている基礎化粧品です。乾燥やしわなどの肌トラブルが起こりやすい目元は、実はダメージを受けやすいデリケートな部分でもあります。
そんな目元のケアを目的として作られているアイクリームは、しわなどの改善が期待出来ると注目を集めているのです。しかし、現在ご使用中のアイクリームを実は正しく使えているのでしょうか。実は、アイクリームには正しい使い方があり注意点なども存在します。効果をしっかりと実感するには、まず正しい使い方を理解する事が必要なのです。
そもそも、アイクリームは様々な商品が販売されていますが、しわだけでなくたるみやくまなどにも効果が期待出来るのです。しかし、その効果を実感するにはそれぞれに効果がある有効成分が含まれているアイクリームを選ぶ必要があるのです。自分が求めている効果が得られていないのであれば、アイクリーム選びから間違っているのかも知れません。
そこで今回は、アイクリームの様々なトラブルに効果が期待出来る有効成分についてや正しい使い方など詳しくご紹介していきます。しっかりとトラブルに合ったアイクリームを選び、正しい使い方で注意点を踏まえた上で使用して効果を実感しましょう。

目元トラブルに必要なアイクリームに含まれている有効成分と効果

まずは、アイクリームに含まれている有効成分について見ていきましょう。目元のトラブルには様々なものがありますが、効果を実感するにはそれぞれに合った有効成分が含まれているアイクリームを使用する必要があります。

気になる目元のしわに効果がある有効成分

まずは、多くの人が悩む目元のしわについてです。まだ目元のしわは気になっていないと言う人でも、目元の乾燥が気になっているようであれば早めにケアしていく必要があります。と言うのも、しわ自体は元々乾燥が原因とされているからです。目元は皮脂の分泌も少ないので、特に保湿ケアが必要とされています。
では、目元のしわや乾燥に効果があるアイクリームはどんな物なのでしょうか。目元のしわや乾燥に効果を発揮する有効成分は、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」です。これらの有効成分は、保湿効果がある有効成分として有名ですが目元にも同様の効果を発揮してくれます。

目元のたるみの改善に期待出来る有効成分

次によく挙げられる目元のトラブルが、たるみです。年齢を重ねるにつれて、まぶたが重たく垂れさがってきたなどの悩みは、どんな女性も悩ませてしまいます。筋肉の老化が原因とされていますが、それ以外にもコラーゲン不足など様々な原因があり年齢を重ねれば多かれ少なかれどんな人にも現れて来ます。
たるみもアイクリームで改善出来るのでしょうか。実は、たるみの改善が期待されている有効成分が含まれているアイクリームもあるのです。その有効成分は、「ビタミンC誘導体」「成長因子」「レチノール(レチノール誘導体)」などのコラーゲンを増やす効果のある有効成分です。たるみには、コラーゲン不足が原因でもあるのでコラーゲンを補う必要があるからです。
「ビタミンC誘導体」はリン酸アスコルビルやAPPSと表示されているもので、「成長因子」はグロスファクターが挙げられます。これらの有効成分が含まれているものを選ぶ事で、アイクリームでもたるみの改善に期待が出来ます。

疲れや寝不足が原因のくまの改善に期待出来る有効成分

さて、目元のトラブルで若い世代の人も悩ますのがくまです。寝不足や疲れが原因のくまは、目元の血流が悪くなる事で黒く浮かび上がってきてしまいます。マッサージや温めたりなど、血流を直接良くする方法が改善に期待出来る有名ですが、アイクリームでも効果はあるのでしょうか。
54 件
着用アイテム