痩せる食べ物25選!カロリー消費・体重減少に効果的な食品

Description
ダイエットをして痩せるなら、いつも食べている食べ物を見直すことがとても大切です。ダイエットの基本は食べ物ですので、摂取する食べ物によっては太りやすくなったり、反対に痩せやすくなったりするものがあります。そこで今回は、ダイエット中に食べたほうが良い食べ物や痩せる効果のある食べ物、食べ物の適切な摂り方をご紹介していきますので、普段の食生活を見直してダイエットにつなげましょう。

ダイエットに効果的!痩せる食べ物紹介

Scale Weight - Free photo on Pixabay (248291)

ダイエットの基本は、食べ物です。ダイエットの効果は8割、食事にあると言われています。ダイエット中は出来るだけ食べずにカロリー制限をして痩せると言う人もいますが、無理なカロリー制限や間違った食事制限は痩せるためには逆効果になってしまいます。食べ物の中には、ダイエット中であってもむしろ積極的に摂取したほうが良い食べ物も沢山あります。そこで今回は、簡単に真似出来るダイエットに効果的な痩せるために摂取しておきたいおすすめの食べ物を25選ご紹介します。

食べ物を摂ることは悪いことではない

Cuisine Food Italian - Free photo on Pixabay (248292)

太ってしまう原因は簡単に言うと食べすぎですので、ダイエットをしていると食べることに罪悪感を感じてしまうこともあると思います。しかし、食べ物を摂取することは決して悪いことではありません。人間の体は食べ物を摂取して、その栄養素で生命活動を維持しています。食べ物を食べないと言うことは、最終的には生命活動の危機にもつながる行為なのです。大切なのは食べないことよりも、何を食べるかということです。身体にとってHappyな食べ物を摂って健康的にダイエットを行いましょう。

栄養管理で健康的に痩せよう

Salad Fruits Berries - Free photo on Pixabay (248293)

せっかく痩せるなら、健康的に綺麗に簡単に痩せたいと思いませんか?単に体重を落としたいだけなら、単純に食事をしなければ体重は減少します。しかし食べずにダイエットをするのは、非常に危険な方法です。食事をしなければ、生命活動を維持するための栄養素も不足してしまいます。倦怠感を感じたり、肌がぼろぼろに荒れたり、疲れやすかったりと体重が減っても体も心も不健康な痩せ方をしては意味がありません。カロリーや糖質を気にして栄養不足にならないよう、栄養管理をしながらダイエットを行うことが大切です。

痩せるための食べ物の摂り方

Healthy Salads Foods - Free photo on Pixabay (250204)

痩せるためには食べ物の摂り方がとても大切になります。例えば食べ物を食べる時間や順番は、ダイエットをする上でとても重要な様相になります。なぜ痩せるためには食べ物の摂り方が大切なのでしょうか?ここでは、食べ物の摂り方がダイエットに影響を及ぼす理由と、痩せるための具体的な食べ物の摂り方について解説していきます。

①食べる時間

Time Timer Clock - Free photo on Pixabay (250226)

どんな食べ物を食べたら痩せるのかに合わせて、食べ物を食べる時間はとても重要な要素です。痩せたいなら、特に夕食の時間をしっかりと考える必要があります。夜就寝前に夕食を摂ってお腹いっぱいのまま寝てしまうと、胃の中に残った食べ物は消化されずそのまま脂肪として蓄積されてしまいます。また、夕食の時間から翌朝の朝食の時間までを出来るだけ長くすると、ダイエットに効果的であるとされています。
Meal Food Dinner - Free photo on Pixabay (250227)

具体的には、夕食の時間は朝食から14時間以内に終わるようにしましょう。理想は、夕食は19時までに終えるのがおすすめです。また、この時夕食は出来るだけカロリーを控えめにしたほうが脂肪になりにくいとされています。夕食を終えてしっかり胃の中の食べ物が消化されてから就寝したほうが良いため、寝る時間の最低でも2時間、出来れば4時間前に食事を終えるようにすると、簡単かつ自然に痩せることが出来るでしょう。

②食べる順番

Soup Cream - Free photo on Pixabay (250239)

食べる時間と合わせて気を付けたいのが、食べ物を食べる順番です。食べる順番を変えるだけで、満腹感が得られるまでの時間に差が出るため食べ過ぎを予防してくれます。食事の時はまず、水分の多い味噌汁などの汁物を食べましょう。温かい汁物を先に食べることで体温を上げて、代謝をアップさせます。また、温かい汁物は満腹感を得られやすいと言われています。続いて食物繊維の多い食材である野菜や果物を食べます。噛み応えのある野菜なら、尚良しです。
Plain Cooked Rice Food Meter - Free photo on Pixabay (250241)

次に、肉や魚などのタンパク質を食べます。そして最後に、ご飯を頂きます。汁物と野菜でしっかりお腹を満たしてから、タンパク質を摂ることで消化力もアップします。さらに最も太りやすいと言われている炭水化物を最後に食べれば、ほんの少量でも満腹感を得られて自然に簡単に摂取カロリーを減らすことが可能です。

痩せる食べ物25選【野菜編】

Vegetables Vegetable Basket - Free photo on Pixabay (250248)

それではここからは、具体的に食べると痩せると言われている食べ物について、25選ご紹介していきます。ここからご紹介する食べ物は、しっかり栄養があるのにダイエットに役立つ食べ物が中心です。毎日の食生活に積極的に取り入れて、痩せる体を目指しましょう。まずは、痩せる食べ物として野菜をご紹介します。野菜は特に色の濃い緑黄色野菜が栄養価が高く、おすすめです。苦手な野菜でも調理法を工夫して、出来るだけ沢山の種類の野菜を摂取するようにしましょう。

1.ブロッコリー

Broccoli Vegetable Diet - Free photo on Pixabay (250250)

痩せる野菜としてまずご紹介するのは、ブロッコリーです。ブロッコリーにはビタミンCが豊富に含まれていますので、美容効果も得られる食材です。また、タンパク質の代謝を促すビタミンBも豊富ですので、肉料理の付け合せにおすすめです。繊維質でカロリーも低カロリーですので、便秘を解消してダイエットにも役立ちます。固めに茹でれば噛み応えもしっかりあるので、満腹感を得られるでしょう。ただしマヨネーズをたっぷりつけて食べるのは、カロリーの観点から禁物です。

2.トマト

Tomatoes Vegetables Red - Free photo on Pixabay (250251)

127 件
着用アイテム