ドラッグストアで買えるシミ消し化粧品!美白効果が期待できるのはコレ!

Description
女性は年齢を重ねてくるとシミやそばかすが目立つようになってしまうものです。それを簡単に消すことはなかなか難しいですが、ドラッグストアで買える市販化粧品を使い続けることでシミを改善したり消すことが出来ることがあるようです。そこで、シミの改善や消すことに効果が期待出来ると言われているドラッグストアで人気の化粧品を紹介していきます。ドラッグストアで人気の市販化粧品からプチプラな化粧品、さらには低刺激タイプの物まで幅広くチェックし、自分に合う市販化粧品を見つけましょう。

ドラックストアで買える!シミを消す化粧品をご紹介!

女性にとって肌の悩みはいくつになっても尽きない物です。そんな肌の悩みとして多いのがシミに関することではないでしょうか。若いころにはシミ知らずの美肌だったと自信があった人も、加齢とともにシミが気になるようになって来てしまうものです。シミを何とか消そうと試してみてもなかなかうまく行かないということもあるでしょう。そこで、ドラッグストアで買えるシミを消す効果のある人気化粧品を見て行きましょう!

シミ・そばかすの原因は?

女性がシミやそばかすを気にしだすのは、だいたい30代に入ったころからでしょう。そもそもシミやそばかすが出来る原因についてですが、メラニン色素が体に残ってしまうことで、肌に黒く沈着してしまいシミやそばかすとなってしまいます。実はメラニン色素というのはそもそも私たちの体に備わっているもので、紫外線などから肌を守ってくれる役割を持つものなのです。
肌を守るためのメラニンは、肌が生まれ変わるタイミングで自然と剥がれ落ちるのですが、肌がうまくターンオーバーしないとメラニンを作る細胞が機能しなくなることによって、メラニンが大量に作られてしまい、上手に排出されなくなってしまうのです。その結果メラニン色素が肌に残ってしまい、シミやそばかすとなってしまうというわけです。

ドラックストアで買える!シミを消す化粧品の選び方

そんな憎きシミやそばかすを消すために、色々な方法を試してみようと思った人も多いでしょう。シミやそばかすは外科的な処置で消すという方法もあるのですが、お金がかかることですし、なかなかそこまで踏み切ることが出来ないという人が多いのが現実です。一番手軽なのは市販化粧品を使ってシミやそばかすを消すという方法です。シミを消す効果のある化粧品をドラッグストアで選ぶ際は、何に気を付けるべきでしょう。

厚生労働省認可の美白成分で選ぶ

ドラッグストアは市販化粧品を買うのにはとても便利です。プチプラな市販化粧品から有名ブランドの市販化粧品まで幅広く揃えてあるので、ドラッグストアに行くのが楽しい人も多いでしょう。そんなドラッグストアでシミを改善したり消すことが出来る化粧品を買う時には、まずシミを消す美白成分に着目した買い方があります。しっかりとした美白成分が化粧品に入っていれば、シミを消す効果が高いと感じられます。

美白成分①ハイドロキノン

シミを消すのに有効な美白成分を1つずつ見て行きましょう。まずはハイドロキノンです。美白・シミを消す効果のあるものと言えばハイドロキノンというほど、よく耳にする美白成分です。ハイドロキノンは「漂白剤」ともいわれるほど、肌の美白やシミを消すことに効果を表してくれる美白成分なのです。メラニンを作り出す酵素に作用してシミやそばかすを消す効果があるのが、ハイドロキノンです。
ただ、ハイドロキノンを使う場合は注意が必要です。ハイドロキノンは即効性がある成分ではあるのですが、熱や光に弱いので紫外線対策をする必要があります。ハイドロキノンの入った化粧品を使った後は必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。また、ハイドロキノンを塗る時ではなく、ハイドロキノンが配合された化粧品の保管も重要です。ハイドロキノンが光に当たらないように冷蔵庫などで保管しましょう。
また、ハイドロキノンは即効性がありシミを消す効果が高い分、副作用なども心配される場合があります。皮膚に塗るわけですから、ハイドロキノンを塗って肌に支障が出ないかどうか見るためにも、ハイドロキノンを使う前に必ずパッチテストをするようにしましょう。ハイドロキノンを上手に使うことが美肌への近道になるのです。

美白成分②アルブチン

アルブチンもまたシミを消す化粧品や美白化粧品に入っている定番の美白成分です。実はアルブチンはハイドロキノンの中まで、ハイドロキンの一部が変化したものがアルブチンなのです。ハイドロキノンよりも刺激が低めで、安全性の高い美白成分だと言われており、シミを消すのに有効だと言われている化粧品には必ずと言って良いほどのものです。まだアルブチンは厚生労働省から医薬部外品として認められています。

美白成分③ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体問成分が入っていることを大きく謳った化粧品はドラッグストアなどでも多くみられるでしょう。ビタミンはそのままでは肌に浸透させることが出来ないのですが、ビタミンC誘導体というものに合成することによって、肌にビタミンを浸透させることが出来るようになるのです。しかも、誘導体になることによって、肌に浸透させるだけではなく、肌への吸収率も上がるというメリットもあります。

美白成分④カモミラET

カモミラETとは、カモミールから抽出された成分のことです。カモミールは良く知られているハーブですが、ハーブは薬だともいわれているように、カモミールにも様々な効果があります。カモミラETの効果としては、シミ・そばかすの予防やニキビ予防、そしてシミ・そばかすの改善です。シミやそばかすに直接カモミラETが働きかけるとということではなく、肌のターンオーバーを促すことによってシミを消すのです。

美白成分⑤トラネキサム酸

トラネキサム酸は、シミやそばかすに直接働きかけるタイプの成分です。具体的な効果としては、メラニンを生成するメラノサイトを抑制したり、さらには肌荒れを抑えたりという効果があります。肝斑というシミがありますが、このトラネキサム酸は肝斑を改善した実績もあるほどですから、シミやそぼかすを消すのにはかなり有効な成分であることが言えるでしょう。

美白成分⑥プラセンタエキス

112 件
着用アイテム