付き合って1ヶ月で訪れる最初の試練とは?カップルが長続きするセオリー

Description
付き合って1ヶ月のカップルに訪れるトラブルや不安などの最初の試練についてまとめました。付き合って1ヶ月のカップルが別れることなく長続きさせるためにはトラブルによる不安を回避し、楽しくデートをしたり、連絡を取り合うことが大切になります。付き合って1ヶ月経過したカップルのキス事情も含めて、付き合って1ヶ月で起きがちなトラブルやカップルの不安についてチェックし、別れることなく長続きさせましょう。

付き合って1ヶ月目が最初の試練

お互いの性格がわかり始める期間

Men Women Apparel · Free photo on Pixabay (58133)

カップルにとって付き合って1ヶ月は最初のターニングポイントになります。付き合いたてはとてもラブラブだったのに付き合って1ヶ月が経過すると「おかしいな?」と感じるようなトラブルや不安がカップルの間で出てくるようになるのではないでしょうか。こうした不安やトラブルが出てくる要因としてあげられるのが付き合って1ヶ月はお互いの本当の性格がわかり始める時期であるということです。
付き合う前は相手に気に入られたいという気持ちが勝るため、なかなか自分の本当の性格を見せないことがあるかもしれません。しかし、付き合って1ヶ月が経過するとカップルで過ごす時間も多くなり、徐々に見えていなかったお互いの性格が分かり始めてくるのではないでしょうか。「思っていた性格と違う!」という気持ちがカップル間に出てくるとトラブルや不安の元になります。

本音や素が出やすくなりがち

付き合って間もない頃はカップルが成立したとしても相手に遠慮してなかなか本音を言えない関係性かもしれません。付き合って1ヶ月が経過するとお互いにさまざまなことを話す機会が多くなるため、本音も多くなります。ここでそれまで抱えていた不安や不満があったとすると本音となって出てきてしまい、付き合って1ヶ月のトラブルが起きやすくなるのではないでしょうか。
こうした本音や素がお互いに出てくることによって徐々に険悪な仲になってしまうことがあるかもしれません。お互いに本音が出てきた時に冷静に対処できれば良いですが、それが喧嘩の種になってしまっては付き合って1ヶ月で別れの危機が訪れる可能性が高くなります。付き合って1ヶ月で最初に訪れる試練によって別れに至ってしまうというカップルもいるのではないでしょうか。

付き合って1ヶ月で起こるトラブル

デートのバリエーションが減る

Man Woman Couple · Free photo on Pixabay (58138)

付き合って1ヶ月のカップルには、他にもさまざまなトラブルが起きやすくなります。トラブルの原因としてまずあげられるのがデートです。付き合い始めの頃はカップルで行きたいデート場所がたくさん出てくるかもしれません。しかし、付き合って1ヶ月も経過すると徐々にデートのマンネリ化が起きやすくなります。デートのバリエーションが減り、徐々にデートに新鮮味がなくなるのではないでしょうか。
デートのバリエーションが減ってくると、カップルでデートに出かけても面白みがなくなってしまいます。デートが面白くないと感じられると無言の時間が多くなり、それが不満や不安となってトラブルが起きやすくなるのではないでしょうか。カップルでのデートが楽しくなくなると一緒にいることも面倒になり、付き合って1ヶ月目にして別れの雰囲気が出てきてしまいます。

連絡が少なくなる

付き合って1ヶ月目のトラブルとして続いてあげられるのが連絡が少なくなるということです。付き合いたての頃はお互いに連絡を取り合いたいという気持ちが強く、頻繁に連絡を取ることが多くなるのではないでしょうか。電話やメールなどで連絡を取り合い、さまざまなことで盛り上がりながら連絡を取ることを楽しいと感じるシーンもたくさんあるかもしれません。
付き合いたては頻繁だった連絡も、付き合って1ヶ月も経過すると徐々に減ってきます。相手からの連絡が少なくなることで「何かおかしなことを連絡してしまったかな?」という不安が増していき、他のトラブルも誘発しやすくなるのではないでしょうか。連絡を取り合う頻度はお互いにぴったりの頻度を見つけることも付き合って1ヶ月のカップルには大切なのかもしれません。

嫌な部分も見えてくる

Sad Depressed Depression · Free photo on Pixabay (58178)

付き合って1ヶ月が経過する頃は、相手の本音や素も出てきやすくなります。良い面が見えてくる分には良いですが、付き合って1ヶ月頃には相手の嫌な部分が目立つようになるかもしれません。相手の言動の不安や不満を感じたり、思いも寄らないような言葉を投げかけられたりといったようにそれまで見えていなかった嫌な部分が不意にあらわになる瞬間は付き合って1ヶ月経過するとたくさん出てきます。
相手の嫌な部分が目立てば目立つほど、付き合いたての気持ちが薄れていってしまいます。「思っていた人と違う…」という気持ちが強まり、付き合って1ヶ月で別れの予感がカップル間に漂いやすくなってしまうのでしょうか。自分でも思っても見ないようなところが相手が「嫌だな」と感じている可能性もあるので、付き合って1ヶ月目のトラブルを回避するためにも相手の様子を見ておくことが大切になります。

関係性に慣れが出始める

付き合って1ヶ月が経過すると、徐々に関係性に慣れが出てきますが、これもトラブルの元となりやすくなります。カップルに慣れが出てくるのは良いですが、慣れによって相手に対する配慮が足りなくなるのは NG。相手が嫌に思うことや不快に思うことを「付き合っているんだから大丈夫だろう」と甘い気持ちで続けているとトラブルが起きやすくなり、別れに繋がってしまいます。

付き合って1ヶ月で別れるカップルの特徴

毎日の電話やライン

Cup Drink Girl · Free photo on Pixabay (58151)

それでは、付き合って1ヶ月で別れるカップルの特徴にはどういったものがあるのでしょうか。付き合って1ヶ月で別れるカップルの特徴としてあげられるのが、毎日電話やラインで連絡を取り合っているということです。一見すると毎日連絡を取り合って仲良さそうに見えますが、こうした毎日の連絡がどちらかの負担となり付き合って1ヶ月で別れる原因となってしまうかもしれません。
もともとそこまで頻繁に連絡を取るタイプでない人が相手に合わせて毎日連絡を取るようにしていると徐々に無理が重なってきます。毎日の連絡が途絶えると相手に怒られる、といったことが続くと連絡が大きな負担となり面倒になるのではないでしょうか。毎日連絡を取り合うのはお互いの許容範囲でなければ付き合って1ヶ月目で別れる原因となってしまいます。

決め事を作りすぎる

付き合って1ヶ月目で別れやすいカップルは決め事を作りすぎていることもあります。良い関係を続けたいからといったお互いに決め事を作りすぎると、その決め事に束縛されてだんだんとしんどくなってくるのではないでしょうか。決め事にがんじがらめになってカップルで楽しく付き合うということを忘れてしまうことが別れに繋がるのかもしれません。
決め事を守らなかった相手に対して激しく非難をするなど、強い束縛を見せることも付き合って1ヶ月で別れを選択するカップルにありがちです。「こっちは決め事を守っているのにどうして守れないの?」といったように押し付けることで、相手の負担になるのではないでしょうか。決め事を作りすぎないことも付き合って1ヶ月目を別れずに乗り切るためには大切です。
61 件
着用アイテム