結婚式のヒールやパンプスの基本的なマナーは?太さや高さはどのくらいがいいの?

Description
結婚式に洋装で参列する女性は圧倒的に多いです。結婚式のドレスに関するマナーは知っていても、意外とそれと合わせるヒールに関するマナーについては知らないという人もいるかもしれません。そこで、結婚式にふさわしいヒールについてまとめてみました。結婚式におすすめのヒールのデザインや色、そしてヒールの高さや太さに関するマナーを紹介します。結婚式というおめでたい場ですから、お呼ばれした際にはしっかりとマナーを守って参列しましょう!

結婚式にヒールはぴったり!

ヒールの魅力

結婚式に限らず、女性の足元を着飾るのにヒールの靴はとても便利なアイテムです。ヒールのないペタンコのパンプスも引き続き流行ってはいますが、やはりヒールのある靴は安定した人気を誇っています。ヒールのある靴は女性特有のファッションアイテムで、ヒールに高さがあることによって女性らしさを強く出してくれるという魅力があります。
ヒールのある靴を履くことで、かかとをあげたような状態になっていますから、脚がスラっと長く見えたり細く見えたりするなど、ヒールを履いていた方がスタイルがよく見えるそうです。また、上でも書いたように、ヒールのある靴が女性らしさを出しているということもあって、女性がより色っぽく見えたりという効果もあるようです。実際ヒールを履いた女性の方が男性に声を掛けられやすいといった統計もあるといいます。

結婚式にヒールを履いていく人は多い?

ヒールのある靴は様々なシーンで活躍します。オフィスでの服装にもヒールを合わせることによってカッチリ決まりますし、結婚式のようなドレッシーな服を着ていく場においてもヒールはとてもよく合います。パーディードレスのようなきらびやかな服装の時は、ヒールを合わせることでより女性らしくそして華やかに着飾ることができますから、結婚式に洋装で参列する女性のほとんどがヒールを履いています。

結婚式におすすめのヒールについて

ヒールのデザインや色

実際に結婚式にヒールを履いていく場合はどのようなヒールを履いて行くと良いのでしょうか。結婚式におすすめのヒールのデザインや高さ・太さについて詳しく見ていきましょう。
結婚式という華やかな場所に履いていくヒールですが、着ているドレスなどと合わせて、パーティーに向いた華やかなデザインのものがおすすめです。素材で言えば、エナメル生地のパンプスなどが無難でしょう。エナメル生地だと光沢があるので、結婚式にはぴったりです。また画像のようなシンプルなエナメル生地の靴であれば、結婚式だけでなく他のシーンでも幅広く活用できるので、使い勝手も良いはずです。
エナメルも光沢がありますが、こちらの画像のようにヒール全体にキラキラがあしらわれたヒールも結婚式にはおすすめです。ここまでキラキラして華やかだと、普段用には使いにくいかもしれませんが、パーティードレスとの相性は抜群です。着ているドレスのデザインや色味がシンプルな場合は、靴をキラキラのものにするなどしてバランスを取るのもいいでしょう。しかし、キラキラの靴は意外とどんなドレスにも合います。
そしてヒールの色についてですが、洋服などは白色が不向きだったり黒色は避けた方が無難などのマナーが存在します。靴に関しては色の縛りはこれと言ってありませんが、選ぶ際には無難な単色のヒールを選ぶのがいいでしょう。バイカラーになっているヒールはカジュアルな雰囲気が出てしまうので、結婚式などの場にはちょっと不釣り合いになってしまいます。

ヒールの高さ

次にヒールの高さについてです。ヒールと言ってもヒールのデザインによってその高さもまちまちです。結婚式にふさわしいとされるヒールの高さは3センチ以上のものということです。3センチより低いヒールやペタンコのパンプスだと、カジュアルさが出てしまうので結婚式には合わないのです。よりドレッシーに女性らしくしたいのであれば、5センチから10センチほどのヒールを選ぶといいでしょう。
ただし、妊娠中であったり足を怪我したりしている場合などはヒールの靴を履くことができません。そのような事情があってヒールを履けないのは問題ありませんから、その場合は高さが限りなく低いヒールかヒールのないペタンコの靴を履いていくようにしましょう。ただし、やはり結婚式という場のことを考えて、高さがなくてもきらびやかなデザインのパンプスにするといいかもしれません。

ヒールの太さ

ヒールの色や高さだけでなく太さにも結婚式のマナーがあるようです。結婚式には太いものではなくピンヒールのような細いものを選びましょう。細めのヒールの方がドレスとの相性も良いですし、女性らしいエレガントさもより出ることでしょう。太いヒールは歩きやすいなどのメリットもあるのですが、やはりカジュアル感がつよくでてしまうので結婚式には向いていません。普通の太さのヒールかピンヒールを選びましょう。

どれがマナー違反?結婚式に適さないヒール

オープントゥパンプス

次に、結婚式にはおすすめできないNGの靴について紹介しておきます。普段用にオープントゥのパンプスを持っている女性も多いでしょう。こちらは春から夏にかけて重宝するパンプスで、ヒールがあるものやエナメル生地のもの、キラキラしたデザインのものなど種類も豊富なので、結婚式にも履いていけそうなイメージがあるかもしれません。しかしつま先が露出しているので、この露出が結婚式という場にはおすすめできません。
66 件
着用アイテム