チェック柄にはどんな種類があるの?特徴と名称を画像で徹底解説

Description
ファッションの中でも定番のチェック柄。コートやインナー、バッグや帽子と言った様々なアイテムにチェック柄は使われています。しかし、チェック柄には実はたくさんの種類がある事をご存知でしょうか。チェック柄とひとまとめに読んでいる柄でも、様々な柄が存在しているのです。ファッションアイテムを選ぶ時に役立つので、ぜひチェック柄の種類や名称を確認していましょう。特徴や違いについてもご紹介していきます。

チェック柄にも種類がある!

ファッションを楽む中で、チェック柄は意外と外せません。定番のシャツだけでなく、カーディガンやコート、帽子やバッグなど様々なアイテムに用いられるチェック柄は、定番のシンプルなファッションからアクセントの聞いたおしゃれなファッションまで活用する事が出来ます。
しかし、そんなチェック柄と言う名称は総称である事を知っている人は少ないようです。実は、チェック柄には細かな違いがあってたくさんの種類が存在しています。その種類の数は、なんと20種類です。これだけの種類のチェック柄を、全て名称から特徴まで知っている人と言うのは意外と少ないようです。
例えば、○○柄と普段呼んでいるような柄も意外とチェック柄に含まれている場合もあります。となると、案外いつもチェック柄を身につけていると言う人も出てくるかも知れません。服やファッションアイテムを選ぶ際にも使えるので、ここでチェック柄について種類をしっかりと確認してみましょう。

それぞれの名称や特徴の違いを画像で確認して分かりやすく確認

そこで今回は、チェック柄の様々な種類の名称や特徴、違いについてご紹介していきます。チェック柄の種類は、その名称を聞いてもパッとその柄を連想する事が出来ないものがほとんどです。そこで、こちらでは名称に加えて特徴や違いなどを文章でご紹介する他にも、画像を加えてご紹介していきます。
画像でしっかりとその特徴を理解すれば、今後のおしゃれにもどんどん活用していく事が出来るでしょう。こんな柄のアイテムが欲しいと言った場合、画像をいちいち確認しなくても名称で検索出来るようになるので、これからのおしゃれに参考になる事は間違いありません。

定番のチェック柄の種類

まずは、定番のチェック柄を詳しく分類していきます。定番の同じだと思っていたチェック柄でも、実は何種類かに分けられる事ができ、しかもそれぞれ微妙に違いがあるのです。こちらは分かりにくいので、特に画像を参考にしてみてください。

ギンガムチェック柄(小格子柄)

まずは、チェック柄の基本で定番のギンガムチェックです。このチェック柄は、格子状に白と様々な色の中から選ばれた1色が組み合わされています。名称もチェック柄の中では一番有名なので、画像を見なくても分かると言った人は多いでしょう。

タータンチェック柄

こちらも、ギンガムチェック同様に定番のチェック柄なので画像を見なくても分かると言った人は多いでしょう。スコットランドの民族衣装によく見られるチェック柄です。

マドラスチェック柄(大格子柄)

複雑な色の組み合わせから構成されているチェック柄が、画像のマドラスチェック柄です。このチェック柄は、インド地方が原産と言われているチェック柄です。複雑な色だけでなく、格子柄も不規則に入っているのが特徴です。

トーンオントーンチェック柄

聞きなれないチェック柄の名称ですが、画像を見れば分かると言った人が多いのがトーンオントーンチェック柄です。一見すると、ギンガムチェックにも見えますが違いがあります。縦の配色は同系色で構成され、横に異なる配色が置かれているのが特徴です。

ブロックチェック柄(元禄格子)

画像のように、チェック柄で有名なネルシャツはブロックチェック柄と言うチェック柄がほとんどです。一定の規則に従って様々な色が高配されているのが特徴です。
84 件
着用アイテム