CCクリームおすすめ人気ランキング17選!1本ですっぴん風ナチュラル美人に!

Description
韓国コスメで人気を集めたBBクリームはご存知の方も多いと思いますが、その後に発売されたCCクリームを知っていますか?CCクリームは、BBクリームのようにベースメイクに使うアイテムですが、まるですっぴんのようなナチュラルなメイクに仕上がるとして人気となっています。そこで今回は、おすすめのCCクリームのランキングをご紹介します。また、ランキングと併せて、CCクリームの選び方や使い方も解説したいと思います。

すっぴん風に!おすすめの人気CCクリームをご紹介

ナチュラルなすっぴん風のメイクをしたいなら、CCクリームがおすすめです。CCクリームは、韓国生まれの新しいベースメイクアイテムで、素肌を綺麗に見せてくれるのに薄付きでナチュラルに仕上がると話題になっています。また、敏感肌の方でも安心して使えるアイテムも多い商品です。今回は、そんなCCクリームの人気商品をランキングにしてご紹介したいと思います。

CCクリームとは?

まず初めに、CCクリームとはどのようなメイクアイテムなのかについてご紹介します。CCクリームのCCとは、CareとControlの頭文字を取ったものです。つまり、CCクリームは、スキンケアをしながら肌の色をカラーコントロールする使い方が出来るベースメイクアイテムと言うことになります。スキンケアには敏感肌の人でも使える保湿成分やUVケア成分も含まれますので、これ1本でベースメイクが完成する優秀なアイテムです。

CCクリームの魅力は

化粧下地の中には、CCクリームのように1本でベースメイクOKと謳っているアイテムは多いのですが、それらの商品とCCクリームとはどこが異なるのでしょうか。CCクリームの魅力とはどんなところなのでしょうか。CCクリームが他の化粧下地と異なるのは、欠点を隠すのではなく、肌を均一に整えて美しい素肌を演出する使い方をすると言う点です。欠点を隠すタイプの下地は、どうしても厚塗り感があります。すっぴん風のナチュラルメイクをしたいなら、CCクリームで素肌の色をコントロールする方が向いていると言えます。

BBクリームとの違いは?

CCクリームは、お隣の韓国で生まれたコスメです。韓国生まれのコスメで有名になったものと言えば、BBクリームがあります。同じ韓国生まれで名前も似ているCCクリームとBBクリームは、どこが違うのでしょうか。BBクリームは、カバー力の高いアイテムであり、元々は傷跡を隠すために生まれたものでした。BBクリームには、肌の凹凸をカバーする効果やファンデーション下地、日焼け止め、コンシーラーの役割があり、これ1本でファンデーション代わりに使うと言う人も少なくありません。
カバー力重視のBBクリームに対して、CCクリームは主な役割として、肌色補正やスキンケア、日焼け止めの役目を果たします。CCクリームはカバー力と言うよりも素肌を整えてスキンケアをしながら、肌の色ムラを整える機能が大きいため、仕上がりはナチュラルめのものが多くなります。選び方としては、しっかりカバー力のあるメイクならBBクリーム、ナチュラルメイクならCCクリームと覚えておきましょう。

CCクリームの選び方

カバー力よりナチュラルな仕上がりを得意とするCCクリームですが、元々は韓国のコスメメーカーでしか作っていませんでした。しかし、ここ数年は国産の化粧品メーカーもCCクリームを製造販売しており、様々な種類のCCクリームが売られていますが、どんな選び方をすれば良いのでしょうか。沢山のCCクリームの中から、どのようにして自分に合ったCCクリームを選べば良いのでしょうか。ここでは、CCクリームの選び方について詳しく解説したいと思います。

自分の肌に馴染む色で選ぶ

まずはCCクリームの色味で選ぶ選び方を解説します。CCクリームは、色付きのものがほとんどです。ナチュラルな色味のものが多いのですが、素肌に綺麗に馴染むためには、出来るだけ自分の肌色に近い色味を選ぶ選び方をすることが大切です。出来れば、コスメカウンターで美容部員の方に合う色を選んでもらうのがおすすめです。また、サンプルをもらっていくつか試してみると良いでしょう。自分の肌色に合わない色だと、せっかくCCクリームを使ってもナチュラルなメイクに仕上がらないこともあります。色の選び方に注意しましょう。

効果で選ぶ①保湿効果

CCクリームの選び方として、CCクリームの効果で選ぶ方法もあります。CCクリームは、その定義が曖昧であるためメーカーによって期待出来る効果や配合されている成分は異なります。そこでCCクリームの効果で選ぶと言う選び方も有効です。まずは、CCクリームの保湿効果で選ぶ方法です。多くのCCクリームには、保湿効果のある成分が含まれています。オイル系の成分やヒアルロン酸などがありますので、自分に合った保湿成分の含まれているCCクリームを選びましょう。

効果で選ぶ②UV効果

続いてはCCクリームを、UV効果で選ぶ選び方です。CCクリームは化粧下地代わりに使用するのがほとんどですので、UV効果のあるタイプのものを選びましょう。どれくらいの紫外線カット効果があるのかは、パッケージに記載されているのでしっかり確認しましょう。あまりSPFの高すぎるものは肌荒れの原因になることもありますので、もし外に長時間居るような時には、別途日焼け止めを使用す使い方にした方が良いでしょう。

効果で選ぶ③美容効果

CCクリームにはスキンケア効果も兼ねているものが多いため、美容液成分が含まれているCCクリームも少なくありません。商品によっては、美白ケアとしての使い方が出来るCCクリームであったり、ニキビケアが出来るCCクリームであったり、それぞれのCCクリームには個性があります。自分が欲しい効果を期待出来る成分で出来たCCクリームを選ぶと良いでしょう。

原産国で選ぶ①日本産

139 件
着用アイテム