【チークの色】自分に似合う・年齢別の選び方!小顔効果のある入れ方まで

Description
毎朝のメイクのチーク、最近ずっと同じ色を使っていませんか?チークの色は年代で変わってきます。いつまでも若い頃に使っていたままのチークでは逆に老け見えしてしまうので注意か必要です。そして自分に似合ったチークの色を選ぶだけで見た目の印象も随分も変わります。あなたの肌の色に合ったチークを診断し、人気のおすすめのチークをご紹介します。また、チークの持ちを良くする裏技もご紹介!自分に似合うチークを見つけて素敵に変身しましょう!

チークの役割は?どうやって色味は選べば正解?

どうしてチークを使うの?今までチークを使ったことが無い方や、チークを使う頻度が低い方はチークの役割を考えましょう。10代や若い頃は血色も良く、チークを使わなくても生き生きとした表情が保てます。しかし、年齢とともに肌は衰えます。寝不足やストレスでいくらメイクをしても顔色が悪く見えたり、メイクで頬が白浮きしてしまったりと問題が起こってきます。そこで肌の色に合ったチークや、ファンデーションの色に合ったチークを選んで明るい印象を取り戻しましょう!

役割①印象を変える

チークの色ひとつで随分と見た目の印象は変わります。ピンクのチークは初々しく見えますし、ブラウンのチークは大人っぽく落ち着いた雰囲気に見えます。もし、あなたが今までのメイクと違う印象を持たせたかったらチークの色を変えてみるのも良いですよ。

役割②小顔効果

チークで小顔効果?実はチークで頬に影を付けることで小顔効果を演出できます。チークを頬から斜めに入れることで頬がスッキリとしてシャープな大人小顔に見えますし、またチークを頬頭の上に乗せることであどけない小顔に見えたり、と色々な効果を出すことができます。小顔に憧れる方はチークで小顔効果を試しませんか?

役割③血色を良く見せる

チークの一番の利用法は血色を良く見せることです。ほんのりとピンクに浮かび上がる頬はとても若々しく、また女性らしい雰囲気になり見た目にも好印象です。肌のくすみや、最近の顔色に悩んでる方はチークでほんのりピンク頬を手に入れましょう!

選ぶべき色は肌の色によって変わる!

ただチークを入れたから生き生きとした印象になる訳ではありません。自分の肌の色に似合ったチークを選ばなければ逆効果になることもあります。ここからは肌の色の診断別であなたに似合うチークを選んでみましょう。肌の色を診断別にイエローベースとブルーベースでご紹介します。あなたの肌の色はどちらでしょう。

肌の色がイエローベースの人に似合うチークの選び方

ここからは肌の色診断でイエローベースの人に似合うチークの選び方をご紹介します。イエローベースの人は肌の色が明るめなので、肌の色に馴染みやすい黄色みよりのカラーのコーラルピンクやオレンジレッドなどががおすすめです。

自分の肌色診断:イエローベースの特徴

肌の色診断でイエローベースにあたる人の特徴は、肌のトーンが黄色味をおびた明るい色をしています。目の色も茶色に近く、日焼けすると黒くなる人が多いようです。腕の内側の静脈が緑に見える人もイエローベースに分類されます。

10代の選び方

肌の色診断でイエローベースの10代の方へのおすすめのチークの選び方をご紹介します。まだ若い10代の若々しい肌を持つイエローベースさんにはオレンジのチークを選ぶことがおすすです。明るめの肌の色にオレンジのチークがフレッシュな可愛らしさを引き立たせます。

20代・30代の選び方

肌の色診断でイエローベース20代・30代の方へのおすすめのチークの選び方をご紹介します。イエローベースの20代・30代の方は健康的な肌にコーラルピンクやサーモンピンクのチークがよく似合います。大人の女性の美しさを演出したい方は是非チャレンジして下さい。

40代・50代の選び方

肌の色診断でイエローベース40代・50代の方へのおすすめチークの選び方をご紹介します。肌のくすみが気になるイエローベースのこの年代にはコーラルをおすすめします。落ち着いたピンクが肌なじみが良く、ほんのりと色づく頬があなたの装いをとても上品な印象に仕上げます。
102 件
着用アイテム