ハイライターでもう地味顔とは言わせない!使い方やおすすめアイテムを紹介!

Description
小顔効果を引き出して立体感を演出するハイライターの使い方や、プチプラ&デパコスで人気のおすすめハイライターランキングをまとめました。ハイライターはつける場所を工夫する事で立体感を出し、小顔に見せやすくなる人気のアイテム。デパコスやプチプラで人気を集めているおすすめハイライターランキングから効果的なハイライターを見つけませんか?基本的な使い方を学んだ上で小顔効果が出る場所にハイライターを入れて、立体感のある顔立ちを作りましょう。

地味顔脱出!おすすめの人気ハイライターを紹介

Woman Portrait Face · Free photo on Pixabay (164498)

「地味顔ではなく、パッと明るく華やかな顔になりたい!」という場合におすすめしたいのが、ハイライターを使ったメイク。ナチュラルな立体感やツヤ感を演出する事が出来るハイライターは、簡単な使い方で普段のメイクにプラス出来るおすすめアイテムです。ハイライターの効果的な使い方を取り入れていけば、立体感を出して小顔に見せやすくなるのが嬉しいポイント。華のあるツヤ感と立体感を目指している時は、ハイライターの効果的な使い方を活用して魅力的に仕上げていきませんか?
今回は、ハイライターの効果的な使い方と、プチプラ&デパコスでおすすめしたい人気ハイライターランキングをまとめました。ハイライターは使う場所によって違った雰囲気に仕上げられるので、どういったメイクにしたいのかを考えながら場所や使い方を決めていく事が大切になります。また、ハイライターには色々な種類があるので、どういったハイライターが自分にぴったりなのか、人気ランキングをチェックしておくのがおすすめ。人気デパコスランキングとプチプラランキングから、お気に入りのハイライターを見つけましょう。

ハイライターとは?

そもそも、ハイライターとはどういった物なのでしょうか。ハイライターとは、肌にツヤを与えるコスメの事です。肌よりもワントーン明るいカラーになっており、適切な場所にハイライターを仕込む使い方で顔に立体感を与え、小顔に見せやすくなるのが嬉しいポイント。肌のくすみが気になる時や、立体感を出したい時にはハイライターを使うと良いと言われています。ハイライターを使う事によってくすみがちな肌をパッと明るく見せられ、入れる場所によっては立体感も演出する事が出来るのが大きな魅力です。
ハイライターと合わせて知っておきたいのがシェーディングです。シェーディングとは、影を作る事で小顔に見せるメイクの事。ハイライターは肌よりも明るいトーンのカラーであるのに対して、シェーディングはトーンの暗いカラーになっているのが特徴。ハイライターで肌のトーンの上げ、シェーディングで影を作る事で更なる小顔効果を期待出来ます。その為、ハイライターとシェーディングを併用した使い方がおすすめ。くすみを取りたい時やナチュラルに立体感を出したい時は、ハイライターだけを用いる使い方でも大丈夫です。

地味顔脱出の秘訣!ハイライターの効果とは?

Woman Portrait Fashion · Free photo on Pixabay (164499)

メイクにこだわりたい時は、ハイライターを入れるのがおすすめです。ハイライターには色々な効果を期待する事が出来るので、そういった効果を最大限に発揮させていきましょう。ハイライターにはどのような効果があるのか具体的に把握しておけば、それを活かした使い方が出来ます。「こんな自分になりたい」というイメージに合わせた使い方でハイライターを活用してみませんか?人気を集めているハイライターの効果についてチェックして、効果を最大限に活かせる活用をしてみてください。

顔に立体感を出す

Two Girls Russian Model · Free photo on Pixabay (164500)

ハイライターの効果としてまず挙げられるのが、顔に立体感を出すという事です。ハイライターを適切な場所に入れる事によってその部分がワントーン明るくなるので、立体感が出やすくなるのがポイント。全体的にのっぺりとして見えがちな顔立ちの場合も、ハイライターの上手な使い方によって立体感のある魅力的な顔立ちに仕上げる事が出来ます。顔に立体感が出れば、全体的に小顔に見せられるのもハイライターの特徴。立体感のある小顔になりたい時はハイライターを活用してみてはいかがですか。

鼻を高く見せる

Woman Model Female · Free photo on Pixabay (164501)

ハイライターには鼻を高く見せる効果も期待する事が出来ます。ハイライターで鼻筋をワントーン明るく見せる事によって、鼻が高く見えやすくなるので、鼻の高さが気になる時に取り入れてみましょう。ハイライターと一緒にシェーディングも使えば、鼻が高くなる効果を更に高める事が出来ます。それぞれ適切な場所にハイライターとシェーディングを入れる事が大切。間違った場所にハイライターやシェーディングを入れると逆効果になる場合もあるので、正しい使い方でハイライターの効果を出していきましょう。

クマが目立たなくなる

Portrait Woman Girl Beautiful · Free photo on Pixabay (164502)

ハイライターには立体感を出すだけでなく、クマを目立たなくさせる効果も期待する事が出来ます。ハイライターは肌よりもワントーン明るいカラーになっているので、目元が暗くなりがちなクマをナチュラルにカバー出来るのが嬉しいポイント。クマが気になる時はハイライターを使って、目元を明るく見せてみてはいかがですか。目元のクマがハイライトでカバーされるだけでも、一気に若々しい印象に仕上げる事が出来るようになります。クマのカバーにハイライターを活用してみてください。
ハイライターはクマをカバーするだけでなく、くすみを隠すのにも役立ちます。ハイライターを使ってワントーン肌を明るくする事によってくすみが自然にカバー出来るので、目元をパッと明るく見せる事が出来るのがハイライターの魅力。クマがあったり、くすみが出ていたりすると全体的に老けた印象になってしまいますが、ハイライターを使えば若々しい雰囲気を取り戻す事が出来ます。「今日は肌がくすみがちだな」という場合もハイライターを使ってみてはどうでしょうか。

肌のツヤ感を演出

Beautiful Woman Face Young · Free photo on Pixabay (164503)

ハイライターは入れる場所によって、肌にツヤ感を出す事も出来ます。ファンデーションだけでは出す事が出来ないツヤ感を、ハイライターによって演出してみましょう。適切な場所にハイライターを入れてツヤを出す事で、みずみずしく魅力的な肌に仕上げる事が出来ます。肌にツヤが足りない時や、乾燥して見えてしまうような時はハイライターでツヤ感を出してみてはいかがですか。ハイライターを使ってツヤを出すだけでも顔の印象が大きく変わってきます。普段よりメイクにこだわりたい場合にハイライターを使ってみましょう。

小顔に見せる

Young Woman Flowers Bouquet · Free photo on Pixabay (164504)

鼻を高く見せたり、立体感を出したりする事によって全体的に小顔に見せやすくなります。ハイライターを使って小顔メイクを楽しんでみるのもおすすめ。正しい使い方によって、ハイライターが小顔になりたい願いを叶えてくれます。「今日はちょっと顔がむくんで大きく見えるな」という場合もハイライターが大活躍。小顔効果をアップさせたい時は、ハイライターと共にシェーディングも使うと良いでしょう。ハイライターで明るさを出し、シェーディングで影を作る事で立体感が増して小顔効果を上げる事が出来ます。
ハイライターで小顔になりたい時に気をつけておきたいのが、ハイライターをつける量と場所です。ハイライターは肌よりもワントーン明るいカラーになっているので、使い方を間違えると顔が膨張して見えてしまう可能性がある為、注意が必要。ハイライターの量が多すぎると不自然になりますし、顔も膨張して見えやすくなります。また、本来シェーディングを入れるべき場所にハイライターを入れるなど、間違った使い方をする事でも小顔効果が薄れてしまうので気をつけてください。

種類別!ハイライターの使い方

Make Up Beauty Products Cosmetics · Free photo on Pixabay (164505)

ハイライターには様々な種類があり、種類によって使い方や効果が異なります。ハイライターを効果的に使いたい時は、それぞれの種類にどういった使い方が適しているのか把握しておきましょう。ハイライターの種類と使い方を把握しておけば、なりたい自分に合わせてぴったりのハイライターを選ぶ事が出来るようになります。デパコスにもプチプラにも色々なタイプのハイライターが揃っているので、「ツヤを出したい」「立体感を増したい」といった目的に合わせてハイライターを選んでいきましょう。

クリームタイプ

ハイライターの種類として挙げられるのが、クリームタイプ。その名前の通り、クリーム状のハイライターになります。クリーム状になっているのでフィット感が高く、しっかりとハイライトを入れる事が出来るのが特徴。長時間ハイライターの効果が持続しやすいのもクリームタイプの魅力になります。ただし、フィット感が高い故につけすぎるとムラが出て不自然になってしまうので使い方には気をつけてください。クリームハイライターの場合は、肌の上にトントンっと軽く叩き込むようにして馴染ませる使い方がおすすめです。
また、クリームハイライターはアイシャドウのベースとして活用する使い方もあります。瞼にクリームハイライターを軽く塗ってからアイシャドウを使う事でフィット感が増し、メイク崩れを予防。瞼がハイライターによって明るくなる事でアイシャドウの発色も良くなります。ハイライター以外での使い方も楽しみたい時にも最適な種類と言えるでしょう。

パウダータイプ

初心者でも使いやすいおすすめのハイライターの種類は、パウダータイプ。サラサラとしたパウダータイプのハイライターは広範囲に使いやすく、ナチュラルに仕上がるのが魅力です。「クリームタイプのハイライターだと、どうしても不自然になってしまう」という方は、パウダータイプでハイライターの使い方に慣れてみると良いかもしれません。メイクブラシに取って、ツヤや立体感を出したい場所にさっと塗るだけの簡単な使い方なので、クリームタイプよりも使い方のハードルが低くなります。
簡単な使い方で活用する事が出来るパウダータイプのハイライターですが、粉落ちしやすいというデメリットもあります。その為、しっかりとハイライターを入れたい方には向いていないかもしれません。ハイライターの効果が薄れてきたら、メイク直しの時に塗り直しましょう。コンパクトタイプのパウダーハイライターが多いので、外出先でもメイク直しに使えます。メリットとデメリットを把握した上でハイライターを選ぶようにしましょう。

リキッドタイプ

色々な使い方が出来るおすすめのハイライターとしては、リキッドタイプもあります。リキッドタイプのハイライターは滑らかなテクスチャーで伸ばしやすいのが魅力。クリームタイプのようなフィット感もあります。肌に叩き込むようにして馴染ませ、少しずつ伸ばす使い方をする事で自然な立体感とツヤ感を出していきましょう。
ハイライター単体でも使えますが、リキッドファンデーションに混ぜる使い方もおすすめ。リキッドファンデーションに少量混ぜる事で、ツヤが出てパッと明るい肌に仕上がります。また、ベースメイク用の下地としても活用可能。全体的に明るく生き生きとした印象にになれます。ハイライターとしてだけでなく、他の用途でも使いたいという場合はリキッドタイプにしてみてはいかがですか。

スティックタイプ

Cosmetics Makeover Foundation · Free photo on Pixabay (164507)

最後にご紹介するのがスティックタイプのハイライターです。スティック状になっており、繰り出す事で使えるのが特徴。スティックタイプのハイライターは、ポイント毎にツヤや立体感を出したい時におすすめです。ブラシを使う必要はなく、肌に直接つける事が出来るのが特徴。目元のクマを隠したり、鼻筋に立体感を出したり、細かな部分の調整に役立ちます。
広範囲で入れるハイライターとしては使いづらいので、そういった時はパウダータイプと併用すると良いかもしれません。スティックタイプなので持ち運びしやすく、ツヤ感が足りないと感じた時にすぐ使えるのも魅力です。このようにハイライターは種類によって使い方や効果が微妙に異なるので、自分に合ったタイプを選んでみてください。

ハイライターの入れる場所・入れ方

Woman Blond Portrait · Free photo on Pixabay (164508)

それでは、ハイライターを入れるのに適した場所や使い方について具体的にチェックしていきましょう。ハイライターは入れる場所によって、色々な効果を期待する事が出来ます。自分がどういった印象のメイクに仕上げたいのかを考えて、適切な場所にハイライターを入れていきましょう。ハイライターを入れる場所が間違っていると、思ったような効果が得られない可能性もあるので気をつけてください。立体感を出したいのか、ツヤを出したいのかなど、メイクの方法に合わせてハイライターを取り入れていきましょう。

Tゾーンに入れる

Fashion Woman Portrait · Free photo on Pixabay (164509)

高い鼻に見せたい時は、Tゾーンにハイライターを入れるのがおすすめです。鼻筋にハイライターを入れたら、そのラインに合わせるように額にも細くハイライターを入れましょう。鼻筋と額でT字を作る事で、鼻を高く見せる効果を期待する事が出来ます。ハイライターだけでは物足りない時はシェーディングも使ってみてください。鼻筋の脇や眉間の窪みに軽くシェーディングを入れます。シェーディングとハイライターの効果で陰影がつき、立体感もアップ。華やかな顔立ちに仕上げる事が出来ます。

目のまわり・頬に入れる

Woman Girl Blonde Hair · Free photo on Pixabay (164510)

ツヤ感を出してくすみを取りたい時におすすめしたいのが、ハイライターを目の周りや頰に入れる方法です。目尻の部分のCラインにハイライターを入れてみましょう。こうする事で目元にツヤが出て、くすみもカバーしやすくなります。また、クマも綺麗に隠す事が出来るので目元が気になる時に活用してみましょう。
目頭にハイライターを入れる使い方もおすすめ。こうする事で暗く見えがちな目の窪みをパッと明るく見せやすくなります。立体感を増したい時は頬骨の高い場所にハイライターを入れます。ハイライターの効果によって立体感が生まれるので、試してみましょう。頰にもツヤ感が出るので、チークと合わせる事で若々しい印象になります。

顎に入れる

Smile Laugh Girl · Free photo on Pixabay (164511)

輪郭を細く見せて小顔効果を引き出したい時におすすめなのが、顎にハイライターを入れる使い方です。顎の中心部分に軽くハイライターを入れましょう。こうする事で顎周りが引き締まって見えて、小顔効果を出す事が出来ます。顎の大きさが気になる方にもこの使い方がおすすめ。顎が小さく見えやすくなります。顎にハイライターを入れる場合は、ごく薄く塗るのが使い方のポイント。しっかりと顎にハイライターを入れると不自然な印象になってしまうので、分からないぐらいの濃さで入れるようにしてみてください。

口元に入れる

Lips Red Woman · Free photo on Pixabay (164512)

口元がくすんでいる時もハイライターの出番です。ハイライターを入れる事で口元のくすみを飛ばし、明るく若々しい印象に仕上げられるのが嬉しいポイント。口角を上げて見せたい時は、口角の下辺りにハイライターを入れましょう。口角の下に少しハイライターを入れる事によって、キュッと引き締まった口角に見せやすくなります。
唇をぷっくりと見せたい時は、唇の山の窪みの部分にハイライターを入れてください。唇にツヤ感が出て、ぷっくり感も増します。これに合わせてグロスを使うと、更に立体感のある魅力的な唇になるのではないでしょうか。

ハイライターの選び方

Makeup Brush Cosmetics Make · Free photo on Pixabay (164513)

「ハイライターが欲しい」と思ってドラッグストアやデパコスのハイライターを見てみると、色々な種類があってどれを選んで良いのか分からなくなる事はありませんか?プチプラにもデパコスにも人気のハイライターは沢山あるので、どれが自分に合っているのか悩んでしまう事はよくあります。そんな時はハイライターの選び方の基準を決めておきましょう。どういった基準でハイライターを選ぶのか決めておけば、人気のハイライターの中からぴったりのタイプを見つけられます。ハイライターの選び方のポイントを見ていきましょう。

肌質で種類を選ぶ

Blonde Brown Hair Girls · Free photo on Pixabay (164514)

ハイライターの選び方として、まず押さえておきたいのが肌質です。肌質によってハイライターの選び方が変わってくるので、自分の肌質がどうなっているのかを把握しておきましょう。乾燥肌の方の場合は、保湿成分が含まれているハイライターがおすすめです。乾燥してカサカサした肌の状態だとハイライターも浮きやすくなるので、しっとりとした質感でフィットしやすいタイプを選んでください。
オイリー肌の場合は、サラサラとした質感でベタつかないタイプのハイライターがおすすめです。敏感肌の方はなるべく刺激の少ない成分を含んだハイライターを選びましょう。最近は人気のオーガニックコスメなどでもハイライターが出ているので、肌に優しく魅力的な立体感を出せるハイライターを選ぶのがおすすめです。

目的に合わせて色を選ぶ

Concrete Wall Loft Girl · Free photo on Pixabay (164515)

ハイライターと言うと白というイメージがあるかもしれませんが、実は様々な色があります。目的に合わせてハイライターの色を選ぶのも重要なポイント。ハイライターの色によって使った時の効果が異なってくるので、自分がどういった肌にしたいのかを考えておきましょう。ハイライターの色を間違えると思ったような仕上がりにならない事もあるので気をつけてください。ぴったりの色のハイライターを使えば、魅力的な肌を作りやすくなるので色にもこだわってハイライターを選ぶ事が大切です。

目的①血色よく健康的に見せたい

Beautiful Young Girl · Free photo on Pixabay (164517)

血色の良い魅力的な肌に仕上げたい時におすすめなのが、ピンク系やベージュ系のハイライターです。ほんのりピンクやベージュのハイライターは、血色感を出してくれる優れ物。リキッドタイプのピンク系ハイライターであればファンデーションの下地として使ったり、ファンデーションに混ぜる事で血色感のある健康的な肌へと導いてくれます。青白い顔色の方の場合は、ピンク系&ベージュ系ハイライターを使って生き生きとした血色感を取り戻していきましょう。
ピンク系やベージュ系は肌馴染みが良いのも嬉しいポイント。初めてハイライターを使う場合でも白浮きしにくく、自然な仕上がりになります。ハイライターを使いこなせるか心配、と言う方もピンク系やベージュ系にすると良いかもしれません。

目的②透明感を出したい

Girl Portrait Beauty · Free photo on Pixabay (164518)

「肌がくすんでいる」「透明感を出したい」といった場合に人気なのがパープル系のハイライターです。パープル系のハイライターは、くすみをカバーして透明感をアップしたい時にぴったりのカラー。パープルの色味がナチュラルに透明感を引き出してくれます。クマが気になる時もパープル系のハイライターがぴったり。目元が暗く見えがちな時も、パープル系のハイライターが透明感とツヤ感を与えてくれます。

目的③華やかで明るい立体感が欲しい

Two People Grown Up · Free photo on Pixabay (164519)

パッと明るく華やかな印象の肌にしたい時は、ゴールド系のハイライターやパールが入ったハイライターを使ってみましょう。ゴールド系やパール系のハイライターは、キラキラとした繊細なツヤ感を肌に与えてくれるので顔が明るく見えると人気を集めています。顔が地味に見えがちな時や、垢抜けたい時はこういったタイプのハイライターを使ってみましょう。パーティーシーンなど華やかな場面でも、ゴールド系やパール系のハイライターが大活躍。おしゃれでエレガントな印象を与えてくれます。
ゴールド系やパール系のハイライターを使う時に気をつけておきたいのが量です。ゴールド系やパール系のハイライターを沢山使うと、キラキラ感が増しすぎて不自然になってしまうので注意しましょう。キラキラし過ぎると品がなくなってしまいます。そうならないように薄くハイライターを伸ばしてバランスを見ていく塗り方がおすすめ。また、ゴールド系やパール系のハイライターを選ぶ時は、なるべく微細なパールやラメが入っているタイプを選びましょう。大きめのラメやパールだと目立ち過ぎてしまいます。

目的④ツヤ感を出したい

Face Girl Close-Up · Free photo on Pixabay (164520)

肌にツヤ感を出したい時におすすめしたいのがホワイト系のハイライター。ハイライターと言うとホワイト系を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ホワイト系のハイライターを軽く入れる事によって、適度なツヤ感を出す事が出来ます。目元などツヤを出したい所にホワイトのハイライターを使ってみましょう。立体感を出す事も出来ます。ただし、ホワイト系のハイライターは白浮きをする場合があるので、つける量には注意が必要。薄く伸ばし、白浮きしないようにメイクをしてみてください。

目的⑤顔のトーンを一定にしたい

Woman Blonde Beautiful · Free photo on Pixabay (164521)

肌に赤みがあったり、ニキビ跡があったりする時はイエローのハイライターがおすすめです。イエロー系のハイライターは赤みを抑え、肌の色を均一に揃える効果があるのが魅力。赤みが目立つと、どうしても色ムラが出来てしまいますが、イエロー系のハイライターを使えばそういった心配もなくなるのではないでしょうか。赤みやニキビ跡が気になる所に、イエロー系のハイライターをポイント使いする使い方がおすすめです。

人気ハイライターランキング【プチプラ】

Piggy Bank Pig · Free photo on Pixabay (164522)

ハイライターには、プチプラからデパコスまで色々な種類の商品が出ています。どういったハイライターが良いのか分からなくなった時は、人気ランキングをチェックしてみましょう。プチプラやデパコスで人気を集めているランキングを見ておけば、自分にぴったりなハイライターも探しやすくなるのではないでしょうか。
まずは、プチプラで人気のハイライターランキングからご紹介します。プチプラなら、ハイライターを初めて使う方も気軽に取り入れやすいのが嬉しいポイント。数あるプチプラハイライターの中から特に人気の商品をランキングを参考にして見つけてみてください。

3位:パウダー感覚で使えてるクリームタイプのハイライター/キャンメイク/クリームハイライター/600円/2g/肌馴染みばっちりなルミナスベージュ

プチプラランキングで3位となったのが、キャンメイクのクリームハイライター。プチプラブランドとして人気を集めているキャンメイクという事もあり、プチプラなのに優秀なハイライターとして人気ランキング入りしました。クリームタイプなのに、パウダーのようにサラサラとしたテクスチャーで伸ばしやすいのが魅力。フィット感がありながらもナチュラルな仕上がりになるので、ハイライター初心者でも使いやすいのではないでしょうか。肌馴染みの良いルミナスベージュが使いやすくおすすめです。

2位:パールが自然なツヤ感を演出してくれる/セザンヌ/パールグロウハイライト/1,050円/2.4g/顔をパッと明るくするシャンパンベージュ

プチプラランキングの2位となったのが、セザンヌのパールグロウハイライトです。パールグロウハイライトで人気を集めているのがシャンパンベージュ。微細なパールが含まれ、顔色を明るく見せてくれると評判を集めてランキング入りを果たしました。ベージュベースなので、華やかさがありながらも悪目立ちしないのが魅力です。プチプラなのに上品な仕上がり。華やかさとツヤ感を少し足したい場合に活用してみてはいかがですか。

1位:伸びが良くムラになりにくく初心者にもおすすめ/ザセム/マルチグロウチップハイライター/540円/5g/ほんのり血色感が良くなるパールピンク

プチプラランキングの1位となったのが、ザセムのマルチグロウチップハイライター。伸びが良いので初心者でも使いやすく、ツヤや立体感を出す事が出来ます。パールピンクは、ほんのりと血色感を与えてくれる優秀カラー。プチプラでも十分に魅力的な肌に仕上げられると人気を集めてランキング1位となりました。

人気ハイライターランキング【デパコス】

Nantes Department Stores France · Free photo on Pixabay (164523)

続いて、デパコスで人気を集めているハイライターランキングをご紹介します。デパコスならではの上質な使い心地を楽しめるのが魅力。デパコスランキングをチェックして、ワンランク上のハイライターを見つけませんか?

3位:保湿成分を含みしっとりとした肌へ導く/コスメデコルテ/ディップイングロウ/肌の内側からツヤを演出するホワイトカラー/3,500円/5g

デパコスランキングの3位になったのが、コスメデコルテのハイライターです。保湿成分を配合し、しっとりとしたツヤ感を出してくれるハイライターとして人気。ナチュラルなホワイトカラーになっており、肌の内側から出てきたような自然なツヤを演出する事が出来るデパコスハイライターです。

2位:繊細な仕上がりで上品なツヤ感が出る/M・A・C/ミネラライズスキンフィニッシュ/ブルー・グリーン・ピンクが混ざったライトスカペード/4,200円/10g

人気デパコスブランドンのM・A・Cのハイライターがランキングの2位。ブルーとピンク、グリーンが混ざった特徴的なハイライターになっており、肌の色ムラをカバーして魅力的なツヤ感を出してくれるデパコスハイライターです。

1位:立体感を出しながら女性らしい雰囲気も演出/RMK/グロースティック/肌に馴染むピンクベージュ/2,000円/3.4g

デパコスランキングの1位となったのが、RMKのグロースティック。肌馴染みの良いピンクベージュのハイライターは、ナチュラルな血色感で女性らしさも引き出してくれます。デパコスランキング1位なのも納得の仕上がると評判です。

ハイライターで魅力的な顔になろう♡

Girls Firends Buddy · Free photo on Pixabay (164524)

ハイライターは使う場所次第で色々な効果を期待する事が出来ます。デパコスやプチプラからお気に入りのハイライターを見つけてみてください。
119 件
着用アイテム