ネイビーに合う色は?紺色と相性の良い色やおすすめの配色コーデを紹介

Description
ネイビー(紺色)は、ファッションにおける定番色の1つです。カジュアルからフォーマルまで幅広いコーデで活躍するネイビーは、どんな色と相性が良いのでしょうか。今回は、ネイビーに注目し、紺色と合う色やおすすめの配色、ネイビーを取り入れたコーデ術などをご紹介していきます。春夏秋冬、季節を問わず一年中活躍してくれるネイビーに合う色を知っておくと、コーデの幅が広がるのではないでしょうか。さらに、紺色はマフラーや靴といった小物で取り入れる方法も人気があります。

ネイビー(紺色)に合う色ってどんな色?

一年を通じてファッションの定番色となっているネイビー(紺色)ですが、制服やリクルートスーツのイメージなどから地味な印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。定番色であるだけに合う色も多く、迷ってしまう事もあるでしょう。もともと日本では伝統的に藍染めが行われ、ネイビーは馴染み深い色です。知性や品格を感じるネイビーを上手に取り入れるコーデ術をご紹介していきます。

ネイビーってどんな色?

そもそもネイビーとはどのような色でしょうか。日本語では紺色とされる色ですが、上述の藍染めの中でも暗い色を指しています。寒色に分類されるネイビーは、真面目で堅実、厳格さや品格を感じさせる色と言われています。暗い色は重さや威厳を感じさせますが、明るい色と組み合わせるコーデを作る事で清潔感や知性を強調する事が出来るそうです。そんなネイビーに合う色はどんな色なのでしょう。

ネイビーは冬のマフラーや靴にもおすすめ

ネイビーのアイテムはマフラーや靴といった小物で取り入れる方法もおすすめです。ネイビーのボリューミーなマフラーを無造作に巻くだけで、冬のお洒落のアクセントになってくれます。ネイビーの靴は、あまり見かけないかもしれませんが、スニーカーやパンプス等で見つかります。気品のある足回りでコーデを格上げしてくれるでしょう。

ネイビーに合う色のおすすめコーデ【白色編】

まず初めにご紹介するネイビーに合う色は、白です。学校の制服やスーツコーデでもよく見かけるネイビー×白のコーデは、定番と言っても良い程合う色です。清潔感があり、きちんとした印象を演出する事が出来る配色です。ネイビー×白の配色でコーデを作る際は、トップスとボトムスのどちらをネイビーにしてどちらを白にするかで雰囲気が変わります。

白ノースリーブ×ネイビーロングスカート

白はネイビーと合う色ですが、上述のようにコーデの中の配分で印象が変わります。ボリュームのあるネイビーのシャーリングロングスカートに白ノースリーブを合わせたこちらのコーデでは、白の分量を抑えて重心が下に来るようなバランスです。顔周りに白が来ると顔色も明るく見えます。

白レースブラウス×ネイビーバックリボンパンツ

白×ネイビーの配色は、年齢を問わず似合う色です。こちらもトップスに白、ボトムスにネイビーを合わせたコーデですが、スカラップレースのブラウスがレディースライクな雰囲気を漂わせています。ネイビーのパンツはウエストのバック部分に共布のリボンが付いているので、よりキュートな印象を与えてくれるのではないでしょうか。

ネイビーニット×白ワイドパンツ

こちらはトップスにネイビーのハイネックニットチュニック、ボトムスに白のワイドパンツを組み合わせたコーデです。ネイビーと白の分量を同じにしてバランス良くまとめました。ネイビーに合う色の1つでもあるキャメルのバッグは、コーデのさし色にもなっています。ネイビーと白の配色の相性の良さを感じるコーデです。

ネイビーカーディガン×白シフォンプリーツスカート

トップスにネイビーのショートカーディガンをチョイスしてコンパクトに纏めたコーデです。ボトムスは白のシフォンプリーツスカートでボリュームを出しています。インナーはネイビー×白のボーダーカットソーで上下を繋いだ配色です。相性のいい2色で作る綺麗目カジュアルスタイルは、幅広い年代の方に似合う色の組み合わせになっています。

ネイビードットワンピース×白カーディガン

クラシカルな印象のネイビー×白ドット柄のワンピースに、白ニットのカーディガンを緩く纏った女性らしいモテコーデです。相性の良いネイビー×白の組み合わせは、素材によっても雰囲気が変わります。デートコーデには、ふんわり感のある白ニットがおすすめです。

ネイビーに合う色のおすすめコーデ【黒色編】

続いてご紹介するネイビーと合う色は、黒です。黒はシックな印象がある色です。上品さのあるネイビーと組み合わせる事で、より大人っぽい雰囲気の着こなしが楽しめるのではないでしょうか。単色コーデに比べると、こなれ感が出る配色です。マフラーでさし色を入れても良いでしょう。
102 件
着用アイテム