イヤリングの痛くない付け方!正しい位置や落ちにくいコツは?

Description
イヤリングの痛くない付け方のコツやイヤリングをはさむ位置についてまとめました。イヤリングをはさむ位置や痛くない付け方のコツを把握しておけば、ネジや樹脂などさまざまなイヤリングを楽しむことができます。イヤリングの付け方だけでなく、自分にとって痛くない素材が樹脂なのかネジなのかなど知ることも大切。イヤリングの痛くない付け方やイヤリングの付け方に最適な位置をチェックしていきましょう。

イヤリングが痛いと感じる理由は?

イヤリングを長時間つけていると「イヤリングのせいで耳たぶが痛い…」と感じたことはありませんか?イヤリングが痛いと感じる場合は、イヤリングの付け方が間違っているのかもしれません。しっかりと痛くないイヤリングの付け方のコツをおさえて、イヤリングの位置にも気をつけてはさむことができればイヤリングを痛いと感じる可能性は低くなります。
Earrings Ring Fashion · Free photo on Pixabay (1298)

イヤリングが痛いと感じる理由としてまずあげられるのが、つけているイヤリングの種類ではないでしょうか。イヤリングにはネジネバ式やバネクリップ式、ネジ式など、さまざまなタイプのイヤリングがあるため自分にぴったりのイヤリングの種類を探す必要があります。自分に最適なイヤリングが見つかったら、付け方や位置についても工夫することが大切。
Rose Gold Jewellery Earring · Free photo on Pixabay (1299)

イヤリングの付け方で重要となるのが痛くない位置を知るということです。痛くない位置を知り、イヤリングの付け方のコツを把握しておくことで長時間経過してもイヤリングを痛いと感じにくくなるのではないでしょうか。イヤリングの位置と付け方、種類といったことが関係してイヤリングが痛いと感じる理由となるため、そういったところに気をつけていきましょう。

イヤリングの痛くない付け方のコツ

イヤリングの痛くない付け方にはどんなコツがある?

Girl Makeup Beautiful · Free photo on Pixabay (1305)

イヤリングが痛くなる理由としてイヤリングの付け方や位置、種類などがあげられますが具体的にどのような付け方をすればイヤリングが痛くないようになるのでしょうか。イヤリングが痛くないと感じるようになるためには、付け方のコツを把握することが重要なポイント。痛くないイヤリングの付け方のコツをチェックしていきましょう。

イヤリングの付け方のコツ1:はさむ位置に気を付ける

イヤリングの付け方のコツとしてまずあげられるのが、イヤリングをつける位置を気をつけるということです。耳たぶの位置によって、痛くない付け方と痛い付け方があるため、イヤリングをつけるときは自分にとってどのような位置が痛くないのか把握しておくことが重要なポイント。耳たぶの中でも特に痛くない位置と言われているのが耳たぶの中央部分です。
Portrait Woman Girl Beautiful · Free photo on Pixabay (1306)

耳たぶの中央は皮膚が厚く、痛みを感じにくい位置になるのでイヤリングの痛くない付け方を取り入れたい時にぴったりの位置。イヤリングを痛くないように付けたい場合は、耳たぶの中央の位置にイヤリングをつける付け方がおすすめです。イヤリングをつけているときに耳たぶが痛くなる場合は、付け方の位置が間違っているかもしれません。
Earring Ear Woman · Free photo on Pixabay (1315)

痛くないイヤリングの付け方の位置がある一方で、痛い位置もあるので注意が必要。イヤリングを長時間つけている時に痛いと感じやすい位置は、耳たぶの下の部分になります。この位置は痛みを感じやすいため、イヤリングの付け方としてはおすすめできません。耳たぶの下の位置の方がイヤリングがきれいに見えるかもしれませんが、イヤリングを快適につけるためには位置に気をつけるのが付け方のコツです。

イヤリングの付け方のコツ2:カバーを使う

樹脂などのイヤリングの付け方のコツとして続いてあげられるのが、痛くないようにカバーを付ける方法です。イヤリングで耳たぶをはさむとき、痛いと感じるのはイヤリングが耳たぶを圧迫している可能性があるのではないでしょうか。イヤリングではさむ箇所をカバーで保護しておけば、イヤリングで長時間はさむ場合も痛くないようにすることができます。
Jewellery Earring Golden Jewelry · Free photo on Pixabay (1308)

イヤリングの中でも耳たぶが痛くなりやすいのがネジネバやバネクリップ式のイヤリングと言われています。こうしたイヤリングが痛くなるのは、耳たぶにはさむときの圧迫感が強いからとされているのが付け方のポイント。はさむときの圧迫感さえ抑えることができれば、ネジネバやバネクリップでもイヤリングを快適につけることができるため、カバーを活用したイヤリングの付け方がおすすめです。
樹脂製のカバーなどをイヤリングに装着した付け方であれば、ネジネバ式やバネクリップ式だったとしてもはさむときの圧迫感が少なくなります。カバーが耳たぶを保護してくれるため、強い力ではさむことがあったとしてもイヤリングが痛くないと感じられるのではないでしょうか。イヤリングの付け方のポイントとして取り入れていきましょう。

イヤリングの付け方のコツ3:髪の毛に注意

Beauty Woman Portrait · Free photo on Pixabay (1326)

イヤリングの付け方で気をつけておきたいのが髪の毛。イヤリングをつけるときに髪の毛も一緒にはさむとイヤリングをつけている間中に痛いと感じるようになってしまいます。ロングヘアの方の場合は特にイヤリングをつける時は髪型に気を使うのが痛くない付け方のコツ。この付け方を取り入れるだけでもイヤリングが痛くないようになります。
Styling Wedding Hairstyle · Free photo on Pixabay (1327)

イヤリングを髪の毛と一緒にはさむようにしないためには、アップスタイルにする付け方がおすすめ。髪の毛をアップスタイルにしておけばイヤリングを髪の毛と一緒にはさむこともなくなり、後から「痛い!」と思わずにすむのではないでしょうか。ロングヘアやセミロングの方はこうした付け方の工夫をしてイヤリングを耳にはさむようにしてみいましょう。

イヤリングの付け方のコツ4:接着させる

ネジネバ式やバネクリップ式のイヤリングが痛いと感じる時にゆるくはさむようにしていませんか?ゆるくはさむ方法であれば痛くない付け方になるかもしれませんが、ゆるくはさむことによってイヤリングが取れやすくなるというデメリットもあります。お気に入りのイヤリングがゆるくはさむことでなくなってしまったら悲しいのではないでしょうか。
92 件
着用アイテム