ストレートアイロン人気おすすめ19選!憧れのさらツヤ髪を手に入れよう!

Description
くせ毛やまとまりの無い髪に悩む女性から人気のストレートアイロンですが、各メーカーから様々な種類が販売されている事で、「どのストレートアイロンを購入すれば良いのか分からない」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。ストレートアイロンを購入する時に失敗しない為には、メリットとデメリットを押さえておく事が重要です。そこで、今回はストレートアイロンのメリットとデメリット、おすすめの選び方や人気のストレートアイロン19選、ストレートアイロンの使い方とコツをご紹介します。

サラ艶髪に!おすすめの人気ストレートアイロンを紹介!

ストレートアイロンは、くせ毛に悩む女性やまとまりの無い髪の毛に悩む女性の強い味方です。ストレートヘアに憧れる女性や、ヘアアレンジの幅を広げたいと考える女性ならば、一度はストレートアイロンを使用した事はあるのではないでしょうか。新たにストレートアイロンを購入しようと考えても、電気屋やネットショップなどでは数多くのストレートアイロンが販売されていて、一体どのストレートアイロンを選べば良いのか分からない、と悩む女性も多いはず。
そんな時は、ストレートアイロンのメリットとデメリットを押さえた上で、自分の髪の毛や目的に合ったストレートアイロンを選ぶ事が重要です。そこで、今回は人気を集めているストレートアイロンにスポットを当て、ストレートアイロンのメリットとデメリット、ストレートアイロンの選び方やストレートアイロンの使い方とコツをご紹介します。他に、モデルやプロが愛用しているなど、カテゴリ別に人気のストレートアイロンを厳選して19個ご紹介しますので、ストレートアイロン選びに役立てて下さい。

ストレートヘアの魅力

ふんわりと女性らしい巻き髪やお団子ヘア、パーマヘアなど様々な髪型がありますが、ストレートヘアは女性らしさ溢れる髪型として男性ウケも抜群です。しかし、思わず触れたくなってしまうサラ艶なストレートヘアは、髪が傷んでいない女性だけの特権だと思い込んでいる方も多いかもしれません。
勿論、髪は傷んでいないに越した事はありませんが、ストレートアイロンを使えばサラ艶なストレートヘアになる事は可能です。いつもどこか髪にまとまりが無い女性にもストレートアイロンはおすすめ。ストレートアイロンを使って、誰もが憧れるサラ艶なストレートヘアになりましょう。

ストレートアイロンのメリットとデメリット

サラ艶なストレートヘアにしてくれるストレートアイロンですが、使用する上でメリットとデメリットの両方がある事を押さえておく必要があります。メリットだけに惹かれてストレートアイロンを使うと、想像していなかったダメージを負ってしまう可能性も。そうならないように、ストレートアイロンの選び方や人気のストレートアイロンを見ていく前に、まずはストレートアイロンのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

ストレートアイロンのメリット1つ目は、「くせ毛の人でも短時間でストレートヘアになれる」というもの。言うまでもありませんが、ストレートアイロンは髪の毛を真っ直ぐにしてくれるアイテムですので、くせ毛やまとまりの無い髪の毛に悩む女性にピッタリです。殆どのストレートアイロンは電源を入れるとすぐに温まるので、短時間でストレートヘアになれるのもメリットと言えるでしょう。
続いて、ストレートアイロンのメリット2つ目は、「ストレートヘアだけでなく内巻きなどのヘアアレンジも出来る」というもの。ストレートアイロンは基本的にストレートヘアにするアイテムですが、内巻きや外巻きも簡単に作ることが可能。しかも、技術が不要なのでヘアアレンジ初心者でも簡単に出来るのも嬉しいポイントです。
ストレートアイロンのメリット3つ目は、「ドライヤーよりもヘアスタイルが長持ちする」というもの。朝のセット時にドライヤーを使用している方も多いかもしれませんが、ドライヤーでセットしたヘアスタイルは崩れやすいというデメリットがあります。一方、高温で髪をセットするストレートアイロンならば、長時間ヘアスタイルをキープする事が可能です。他に、雨の日や梅雨の時に髪の毛が広がってしまうというお悩みを抱えている女性にも、ストレートアイロンはおすすめ。
最後に、ストレートアイロンのメリット4つ目は、「ストレートパーマや縮毛矯正よりもコスパが良い」というもの。ストレートヘアにしたい時に美容院でストレートパーマや縮毛矯正をすると、5,000円~2万円、高いと3万円近くする場合もあります。髪のくせが強い女性の場合はストレートパーマや縮毛矯正をする事をおすすめしますが、くせがそこまで強くない方、日によってストレートヘアや巻き髪を楽しみたいという女性の場合は、壊れるまで何度でも使えるストレートアイロンの方がお財布にも優しいでしょう。

デメリット

Girl Woman Model - Free photo on Pixabay (253325)

続いて、ストレートアイロンのデメリットも見ていきましょう。まず、ストレートアイロンのデメリット1つ目は、「毎日ヘアアレンジをする事が面倒」というもの。ストレートパーマや縮毛矯正は一度施術すると数ヶ月間効果が持続しますが、くせ毛の女性がストレートアイロンを使う場合は毎日へアセット・アレンジをしなければいけません。朝の身支度に時間が掛けられるか、毎日ストレートアイロンを使うのを面倒に感じないのか、自分に聞いてみましょう。
続いて、ストレートアイロンのデメリット2つ目は「火傷をする可能性がある」というもの。ストレートアイロンは100度以上の高温で髪の毛をセットしますので、熱を持っているプレート部分に手やおでこ、皮膚が当たると火傷をしてしまいます。特に、細かい作業が必要になる前髪のセットは火傷をしやすいと言われています。ストレートアイロン初心者の方は間違ってプレート部分に触れないよう、特に注意が必要です。
Beautiful Woman Hair - Free photo on Pixabay (253286)

最後に、ストレートアイロンのデメリット3つ目は、「髪の毛が傷んでしまう」というもの。髪の毛はたんぱく質で出来ていますが、たんぱく質は熱に弱いという特徴があります。この為、100度以上の熱で髪の毛をセットするストレートアイロンを使用し続けると、どうしても髪の毛が傷んでしまいます。ストレートアイロンを使用する上で、髪の毛の傷みは避けられないので、最大のデメリットと言えるかもしれません。しかし、ストレートアイロンを使用する際にしっかりケアをしていけば、髪の傷みを最小限に抑える事は出来るでしょう。

ストレートアイロンの選び方

ストレートアイロンは各メーカーから販売されていて、InstagramなどのSNS上では人気モデルや人気インスタグラマーが様々なストレートアイロンをおすすめしています。その為、ネットでストレートアイロンを見ていると、”どれを購入すれば良いのか分からなくなってきた”と感じるアイロン初心者の方も多いのではないでしょうか。
そんな時は、自分の憧れのモデルと同じストレートアイロンを購入するよりも、自分に合った選び方をした上でストレートアイロンを購入する事をおすすめします。そこで、続いてはストレートアイロンの購入前に知っておきたい、ストレートアイロンの選び方を幾つかご紹介します。

①髪の長さに合わせてプレートのサイズを選ぶ

133 件
着用アイテム