セルフでジェルネイルのやり方!キットの選び方やポイント長持ちさせる下準備

Description
ネイルを気にする女性は沢山いますが、やはり毎回サロンに通ってネイルしてもらうとなるとお財布の負担になってしまいます。そこで最近、セルフでジェルネイルを楽しむ人が増えて来ています。セルフでジェルネイルと聞くと難しそうに感じますが、最近ではキットやセット販売がされているので始めるのは簡単です。そこで、セルフのジェルネイルのやり方やおすすめのキット、長持ちさせる方法など詳しくご紹介していきましょう。

セルフでジェルネイルを楽しむ女子が急増中!

お洒落女子の間で人気を高めているのが、セルフのジェルネイルです。ジェルネイルと言うとサロンのイメージが定着していますが、実は最近ではセルフでジェルネイルが完成するキットやセット販売などが多く販売されており、やり方も簡単なので今では誰でもセルフでジェルネイルを楽しむ時代になっているのです。

セルフジェルネイルの魅力は?

なぜセルフのジェルネイルが人気を高めているのでしょうか。その魅力は、やはりセルフならではのコストです。サロンでジェルネイルを楽しむとなると、セルフと違って毎回それなりのコストがかかるだけでなく、ジェルネイルのケアの為に定期的に通う必要があります。そうなると、ジェルネイルするだけでお財布への負担は加算されていってしまいます。
しかし、セルフのジェルネイルならサロンのジェルネイル1回辺りの値段でキットが手に入れる事が出来ます。後はジェルネイルに必要な材料を買い足す程度なので、サロンのジェルネイルよりもセルフのジェルネイルの方が格段にお財布には優しくなります。また、手の込んだデザインのジェルネイルはサロンだと値段が上がりますが、セルフのジェルネイルは買い足した材料費だけです。
また、最近では爪が割れやすいなどの主婦層からもジェルネイルの支持が高まっています。ジェルネイルは爪先の保護の役割もあるので、爪が割れやすいと言った悩みも解消してくれます。保護する目的だけなら、尚更セルフで済ませれれば嬉しいものです。そんな魅力があるからこそ、最近セルフでジェルネイルを楽しむ人が急増しているのです。

基本のセルフジェルネイルのやり方

しかし、いきなりセルフでジェルネイルを楽しもうと言われても、どうしたらいいのか分からなくなってしまいます。まずは、初心者でも分かりやすいようにセルフでジェルネイルをする基本のやり方を見ていきましょう。意外とセルフでもジェルネイルのやり方は簡単なので、やり方を見れば尚更キットが欲しくなってしまうかも知れません。

セルフジェルネイルを塗るときに必要なもの

まずは、やり方の前にセルフでジェルネイルをする際に必要な物を見ていきましょう。基本的に、初心者はキットを購入してからスタートすると思うので最初は全てキットに含まれています。しかし、どんな物がセルフでジェルネイルをする際に必要になるのか知識として付けておきましょう。
セルフでジェルネイルをする際に必要な物は、基本は「ベースジェル」「カラージェル」「トップジェル」「LEDライト」です。これはセルフでジェルネイルをする際に必要な基本的な物で、さらにセルフでジェルネイルをする際にデザインを入れる場合にはストーンなどのネイルグッズが必要になります。

手順①指先と甘皮の処理

さて、いよいよセルフでジェルネイルをしていきましょう。まずは、下準備として甘皮や爪の処理をしておきます。下準備のやり方は、指先から爪までをお湯に浸して柔らかくし、甘皮がめくれてきたら綿棒などを使って落としていきます。この時、ささくれは根元からカットし乾燥が気になるようであれば事前に保湿をしておきましょう。

手順②ベースジェルを塗る

下準備が済んだら、いよいよジェルネイルを乗せて行きます。まずは、ベースジェルを爪全体にまんべんなく塗っていきます。なるべくムラがないように均一に塗ると、セルフでも綺麗に仕上がります。セルフのジェルネイルをより長持ちさせたいのであれば、ベースジェルも何度か塗り直す事をおすすめします。

手順③LEDライトでベースジェルを硬化

ベースジェルが塗り終わったら、LEDライトでベースジェルを硬化させましょう。しっかりと乾いたか確認しながら、完全に乾くまで硬化を繰り返します。乾燥が甘いと、セルフのジェルネイルの仕上がりに左右します。

手順④カラージェルを塗る

ベースジェルがしっかりと乾いたら、好きな色のカラージェルを乗せて行きましょう。こちらもムラがないように均一に塗るようにします。ムラがあると、サロンのような仕上がりのジェルネイルには仕上がりません。セルフだからこそ、毎回のジェルネイルの塗り方を丁寧にしてみましょう。

手順⑤LEDライトでカラージェルを硬化(④~⑤を繰り返す)

カラージェルを乗せたら、再び硬化させます。カラージェルはベースジェルよりも乾きにくいので、よりしっかりと硬化させます。初心者の場合は、乾いたか確認しながら硬化を繰り返しましょう。しっかりと乾いたら④の工程に戻り重ね塗りして再び硬化させる事をおすすめします。繰り返す事で、セルフでも綺麗なジェルネイルに仕上がります。

手順⑥トップジェルを塗る

カラージェルがしっかりと乾いたら、最後にトップジェルを塗りましょう。よりサロンのようなジェルネイルっぽく厚みのある仕上がりにしたい場合には、少し多めにトップジェルを乗せるとセルフでもぽってりとしたサロンのようなジェルネイルの仕上がりになります。

手順⑦LEDライトでトップジェルを硬化

トップジェルが塗り終わったら、トップジェルも硬化させます。トップジェルも乾きにくいので、しっかりと硬化させるようにしましょう。最終の硬化作業なので、セルフのジェルネイルの仕上がりに大きく影響してきます。しっかりとジェルネイルが乾くまで確認しましょう。
79 件
着用アイテム