コートを着る気温の目安は?時期や温度別のおすすめコーデを紹介

Description
気温が変化しやすい季節の変わり目は、服装選びにも迷ったり失敗してしまうことが多いですよね。外出してから、思っていたより寒かったり暑かったりする場合も多いです。そんな時期には、気温を目安にして着る服装やコートを変えるのがベストです。今回は温度別のコートとのコーデや、春夏秋冬それぞれの時期に応じたおすすめコーデ、凍えるような寒さの時にコートと一緒に活用したいアイテムなどをご紹介します。

コートを着る気温や目安は?おすすめの服装を覚えよう

店頭にも秋冬のファッションアイテムが並ぶようになり、そろそろ寒くなった時の服装を用意しなければならない時期になりました。ですが、気温が何℃くらいまで下がったら、実際にコートを着ればよいのでしょうか。コートを着る時の気温や時期の目安、おすすめの服装についてご紹介します。

コートは着るタイミングが難しい

新作コートもゲットしたし、11月ならそろそろコートを着ても大丈夫かなと思っても、目安が難しい時がありますよね。11月でも暑かったり寒かったり、感じる気温は年ごとに異なり、また住む地域によっても大きく変わります。そのため、一概にこの月からコート着用スタートといえない難しい部分があります。指標のひとつとして目安になるのが平均気温です。平均気温が11℃を下回るようならコートを着てもOKです。

最高気温に合わせる?最低気温に合わせる?

コートを着始める目安のひとつとして、最高気温が15℃まで下がってきたらOKというのがあります。まずは薄手のコートからスタートしましょう。最高気温が15℃前後は、東京だと大体11月頃の気温となります。日中でも外だと肌寒いと感じる気温です。最低気温との差が激しい地域や天気などによっても変わってきますので、朝晩の冷え込みや日中の外出など考慮して、気温を目安にコートを着るようにしましょう。

服装指数を気にしてみる

日本気象協会が発表している服装指数というものがあります。この服装指数を目安に、コートを着るかどうかを判断するのもひとつの方法です。服装指数とは、朝晩や日中の予想気温からどんな服装が適しているか提案する指数です。指数80以上は半袖で十分で、指数30になると冬物の出番となります。服装指数が30以下ならば、コートやダウンを着るのがおすすめです。インナーにもニット系を着るようにしましょう。

温度別!コートのおすすめコーデ集

同じコートでも素材は色々あります。何を羽織っていけばよいのか迷いがちですよね。今日の服装はどうしようとなった時に目安にするとよい温度が、その日の最高気温です。テレビやアプリの天気予報でその日の気温をチェックしてから、コートとのコーデを考えてみると服装選びが楽になりますよ。

温度別コートコーデ①最高気温15℃以下

最高気温が15℃というと、徐々に暖かくなっていく春先か、あるいは寒い冬へ向かっていく秋に多い温度です。厚地の長袖トップスに、ジャケットやブルゾンを重ね着するとちょうど良い感じになります。また春先ならばアウターにスプリングコートを羽織ればGOOD。秋なら厚手のニットやトレンチコートなどの薄手のコートの出番です。軽くて薄いコートを重ね合わせれば、コロコロと変わる気温の変化にも対応できます。

温度別コートコーデ②最高気温10℃以下

最高気温が10℃前後になると、朝晩の最低気温が0℃を下回る冬日も出てきます。このくらい冷えてくると、コートやダウンは勿論のこと、ブーツを履く人も増えてきます。トップスには厚手のニットやチェスターコート、Pコートなどを着て、インナーには温かい冬着やタイツを履き冬の寒さに備えましょう。雪が降らなくても底冷えする可能性があるので、防寒対策は忘れないように気を付けましょう。

温度別コートコーデ③最高気温5℃以下

最高気温が5℃前後になる年末から2月頃までは、真冬日の地域もある厳寒の時期です。アウターにはダウンコートやウールコート、モッズコートなど防寒用コートを着てしっかりと寒さ対策をして出掛けましょう。移動が多い日や朝晩も外出する日なら温かいインナーを着て、裏起毛のタイツや靴下で足元から来る冷えをシャットアウト。出来るだけ肌を隠し、体温を逃がさないように心掛けるのがポイントです。

季節別!時期や気温に合わせたおすすめのコート

季節の変わり目は、日ごとに気温が変わって暑くなったり寒くなったりして気候が安定しませんよね。温度をチェックしてコーデを決めたはずなのに、寒くて楽しめなかったり、暑くて汗をかいてしまったり。春夏秋冬それぞれの時期や気温に合わせたコートとおすすめコーデをご紹介します。

春はデニムジャッケットがおすすめ

春はデニムジャッケットやチェスターコート、薄手のトレンチコートがおすすめです。その日の天気によっても気温の差が激しい時期なので、脱ぎ着して体温調節が簡単にできるアウターがおすすめです。明るい色のスプリングコートなら顔周りも明るい印象になり、華やかさをアピールします。デニムジャケットはカジュアルになり、パンツスタイルでもミニスカートでもアクティブなイメージに仕上がります。

夏は薄手のカーディガンがおすすめ

夏は基本的にアウターは必要ありませんが、冷房が効いている屋内や車内など少し肌寒さを感じる時には薄手のカーディガンやデニムジャケットで調整しましょう。カーディガンなら小さく畳んでバッグに忍ばせておくことも可能なので、オフィスや室内のエアコンが効いている場所では、さっと取り出し羽織るようにするとGOOD。日本の夏は外と中の気温差が激しいので、1枚着るものを入れて出掛けるようにしましょう。

秋は薄手のトレンチコートがおすすめ

49 件
着用アイテム