王道フレンチネイルをセルフで!簡単に出来るおしゃれなデザインを紹介

Description
シンプルで簡単に出来るフレンチネイルはセルフネイルの王道デザインの1つです。基本のフレンチネイルをマスターしておくと、さまざまなアレンジデザインを楽しむことができるようになります。今回は、マニキュアを使ったセルフネイルを中心に、おしゃれなフレンチネイルのデザインややり方をご紹介していきましょう。きれいなラインを描くために、100均でも購入できるフレンチネイル用のシールや特別なブラシもあります。ラメやスタッズなどを使うと簡単に表情を変えることができます。

フレンチネイルの魅力

さまざまなネイルデザインの中でも、フレンチネイルは定番の1つとして知られています。基本的なフレンチネイルとは、爪先にホワイトをのせたデザインですが、指が細く長く見える効果が期待できるうえ手元が美しく見える点が魅力です。

セルフでも簡単に出来るシンプルなデザイン

上述のように、基本的なフレンチネイルは爪先にホワイトを三日月状にのせるデザインです。スマイルラインと呼ばれるカーブしたラインがくっきりしていると美しく見えます。簡単に出来るシンプルなデザインなので、セルフネイルで挑戦される方も多いようです。

フレンチネイルにはさまざまなデザインアレンジが

簡単でシンプルなフレンチネイルには、さまざまなバリエーションが存在しています。爪先の色葉ホワイトだけではありません。また、 爪の根元から指先にかけてマニキュアをのせる逆フレンチや、フレンチに2色使ったダブルフレンチ、カーブだけでなくいろいろなラインの引き方などによって表情が変わる点も魅力です。

フレンチネイルの基本的なやり方

まずは、王道のフレンチネイルをセルフで作るやり方をマスターしましょう。用意するものは、ベースコートとホワイトのマニキュアの2つです。初心者の方やライン引きが苦手な方はフレンチネイル用のガイドシールを用意すると安心です。100均でも購入することができます。筆先が斜めにカットされているフレンチネイル用のブラシもおすすめです。

フレンチネイルの基本的なやり方①ベースコートを塗る

セルフネイルでフレンチネイルを作るために、まずはベースコートを塗っていきましょう。自爪が美しく見えるようにピンク色が入ったベースコートを使用してもいいでしょう。

フレンチネイルの基本的なやり方②ホワイトのマニキュアを塗る

ベースコートが乾いたら、爪の先端部分にホワイトのマニキュアを塗っていきます。この時、まずは右側から中央に向けて半分塗り、続いて左側から中央に向けて半分塗るというやり方がおすすめです。フレンチの幅はお好みですが、幅が細いほどエレガントな雰囲気が高まります。

セルフで作るフレンチネイルの簡単アレンジデザイン

基本的なフレンチネイルのやり方をマスターした後は、さまざまなアレンジデザインでセルフネイルを楽しみましょう。ここでは、フレンチ部分のマニキュアの色を変えたりラメをプラスしたりするシンプルで簡単なアレンジデザインから見ていくことにします。

①フレンチの色を変える

セルフで作るフレンチネイルの簡単なアレンジ方法としておすすめしたいのが、フレンチ部分のマニキュアの色を変えることです。トレンドは、ブラックのマニキュアを使った黒フレンチ。爪の形をシャープに整えておくと、よりミステリアスな表情の指先を作り出すことができます。

②ストーンやパーツをプラスする

セルフで作るフレンチネイルには、ストーンやスタッズなどのパーツをプラスするアレンジ方法も人気があります。やり方は簡単!こちらのフレンチネイルでは、フレンチ部分にレッド系のマニキュアを使っています。マニキュアに合わせたレッド系のストーンパーツを1粒置いて、できあがりです。

③複数の色を使う

フレンチ部分のマニキュアを、1色ではなく複数使ったフレンチネイルのアレンジデザインもセルフで簡単に出来るテクニックです。同系色の濃淡でグラデーションを作ったフレンチネイルは大人っぽい表情です。ゴールドのパーツをラインの境目にのせてアクセントにしています。
120 件
着用アイテム