足のむくみを取る方法!辛いむくみを軽くして美脚に生まれ変わろう!

Description
足のむくみを取る方法を、ふくらはぎや足裏のマッサージ・簡単にできるツボ押し・食べ物などあらゆる視点からご紹介!色んなアプローチ法があるので、どんな方でも実践できます。毎日夕方になると足がダルくて辛い、朝になってもむくみが解消しない、美脚を手に入れたい、水を飲まなくてもむくむ、セルライトを無くしたい、ふくらはぎの太さが嫌。そんな女性は即効で簡単にむくみを取る方法を知って生活に取り入れてみてください。続けていけば必ずむくみは改善します。今日からさっそく始めてみましょう!

足のむくみが辛い!即効で解消できる方法はないの?

美脚になりたい女性にとって、むくみは最大の敵です。毎日立ち仕事をしている人や、1日中同じ姿勢でデスクワークをしている人は、帰宅後に足のダルさを感じたり、ふくらはぎがパンパンになり太く見えたりすることに、悩んでいるのではないでしょうか?むくみは、横になって眠ることで翌朝にはある程度解消しますが、ひどくなると朝起きたときからむくんでいるという状態になることもあります。
Body People Lifestyle · Free photo on Pixabay (57483)

そんなやっかいなむくみは、ケアをせず放置していると、足が太くなったりセルライトを増やしたりする原因になります。そうならないためにも、その日のむくみはその日のうちに解消したいものですよね。そこで、むくみの原因と即効で解消できる方法はあるのかを見てみましょう。

むくみは水や老廃物の蓄積が原因?

Bottle Mineral Water Of · Free photo on Pixabay (57513)

むくみには色々ありますが、私たちを一番悩ませているのが足のむくみです。このむくみの大きな原因は、足から心臓へ上手く循環されなかった余分な水と老廃物です。通常、私たちの体は全身に水分や血液、リンパ液などを循環させて、その量を一定に保っています。足を巡る水分などは、ふくらはぎの筋肉によって心臓へ戻されますが、それが上手く機能しない場合、余分な水分や老廃物が足に滞ってしまいむくみになります。
他にも、塩分の取りすぎ、運動不足、ふくらはぎの筋力低下、生活習慣の乱れなどがむくみの原因になります。また、誤解されがちですが、水をあまり飲まない人もむくみやすくなるので注意しましょう。よく女優やモデルが水を頻繁に飲んでいますが、あれはむくみを取る方法のひとつです。むくみを取る方法を理解するには、むくみの原因を良く知り日頃から食べ物や調味料まで意識することが必要です。

自分でできるむくみを取る方法はある?

自分で、しかも自宅で即効できるむくみを取る方法はあります!ここでご紹介する方法は、ふくらはぎのマッサージや、足裏などにあるむくみに効くツボ押し、食べ物など色んなアプローチ法になります。あらゆる角度からむくみにアプローチできるので、あなたのライフスタイルに合うものがきっと見つかるはずです。
Shoes Woman Girl · Free photo on Pixabay (57679)

むくみを取る方法には、即効性のあるものもありますが、継続することが大切です。簡単なものでも継続できれば、その日のむくみ解消ができるだけでなく、むくみにくい体になりますし美脚にもつながります。無理なことをたくさん取り入れるより、今のライフスタイルを崩さずにできるものを選んでください。

むくみを取る方法①マッサージ

むくみを取る方法の中でも、即効性のあるものがマッサージです。むくみの原因にダイレクトにアプローチするので、一度やっただけでも翌朝効果を実感できるはずです。今からご紹介するマッサージをすべて行っても、10分かからないのでお風呂上りなどに、テレビでも見ながらやってみてください。

ふくらはぎのマッサージ方法

ふくらはぎのマッサージで、即効むくみを取る方法は簡単です。しっかり筋肉をほぐして、ふくらはぎのポンプ機能を活性化させましょう。マッサージを始める前に、リンパ管が集中している膝の裏を、指の腹で3秒くらい押し、パッと離すを10回程度繰り返しリンパの流れを良くしておきます。マッサージ自体は簡単で、足首から膝裏に向かってふくらはぎを適度に力を入れて擦り上げます。これを5~10回繰り返します。すねも同様に下から上に摺り上げてください。
ふくらはぎマッサージをするときは、クリームやオイルを使うと皮膚への負担も減りますし保湿も一緒にできるので肌がキレイになります。むくみを取る方法を実践しながら肌がツルツルになれば一石二鳥ですね。いい香りのものを選ぶと気分も上がるので、楽しくむくみを取る方法が継続できます。

足裏のマッサージ方法

足裏には神経が集中しているので、毎日ほぐすことでむくみ以外にも冷え性改善や疲労回復の効果があります。足がだるくて帰宅後は歩きたくないという人には、即効性があるのでおすすめのむくみを取る方法です。この足裏マッサージも、テレビを見ながらできるような簡単なものばかりなので、ぜひ毎日やってみてください。
足裏を使ったむくみを取る方法を実践する前に、まずは足の指の間を広げてほぐしていきます。親指と人差し指を握って、縦や横に動かし指の間を開きます。これをすべての指の間で行ってください。力を入れすぎて、指を傷めないように注意しましょう。次に足の指の間に手の指を組みグリグリと動かします。固まっている足裏や足の指をほぐすような気持ちでゆっくり行ってください。痛い場合は、無理をせずできる範囲でほぐしていけば、徐々に指の股が開くようになります。
指がほぐれたら、かかとの中央からそれぞれの指に向かって、手の親指で押しながら足裏を移動します。その後、両手の親指を足の中央に揃えて当て、内側から外側に向かって広げます。かかとから指の付け根まで足裏の3~4か所で行います。最期に、足の指と手の指を組み、足首をゆっくり大きく回してください。左右それぞれ10回程度でOKです。温まっている方が足裏をほぐしやすいので、マッサージはお風呂上がりに行うのがベストです。クリームやオイルを塗ると滑りが良く皮膚への負担が少なくなるので試してみてください。

足全体のマッサージ方法

太ももの付け根にもリンパ節があるので、足全体のリンパの流れを良くするマッサージでむくみを取る方法も覚えておきましょう。まずは、手の滑りを良くするためにクリームやオイルを塗って始めます。片方の足を開いて座り、足の内側を足首から太ももまで、手のひらで押しながら擦り上げます。反対も同じようにマッサージしてリンパの流れを促します。それぞれ10回程度でじゅうぶんです。
マッサージをする所以外にも、固くなっている所や気になる部分があれば「揉む」「さする」などしてほぐすだけでも有効なむくみを取る方法になります。また、足の付け根を手の指で指圧してあげるだけで、下半身全体がスッキリするのを即効で実感できます。

むくみを取る方法②ツボ押し

ツボ押しもむくみ解消には効果的です。湯船につかりながら、テレビを見ながらでもできるので、むくみに効くツボを知っておくと便利です。

ツボ押しの方法や最適なタイミング

ツボ押しをする際は、どのツボでも1回5秒程度、親指で強く押しツボを刺激します。それを10~15回繰り返してください。強く押しすぎると効果が出なかったり、あざになったりと別のトラブルを引き起こす場合があります。少し痛いけど気持ちいい、と感じる範囲で刺激してください。力を入れるのが苦手なら、ツボ押しグッズもたくさん出ているので、使いやすいものを購入してもいいでしょう。
Bathtub Tub Bathroom · Free photo on Pixabay (57581)

ツボ押しのタイミングは、湯船の中やお風呂の洗い場、またはお風呂上がりがベストです。体が温まっているときに時間を作って挑戦してみてください。ツボ押しは、大げさな動きが必要ないので、仕事中や移動中でも気が付いたときに刺激してあげてもいいですね。

むくみに効く3つのツボ

むくみに効くツボはいくつもありますが、ここでは代表的なものを3つご紹介します。1つ目は湧泉(ゆうせん)で、疲労回復、代謝アップ、血流アップに効果があります。場所は足裏の中央よりやや指側にあり、足の指を曲げるとくぼむ場所です。腎臓の機能をアップする効果もあるので、むくみには効果的です。足裏マッサージをするときに、一緒に済ませてしまうと効率的です。
2つ目は三陰交(さんいんこう)で、冷え性改善、便秘の解消、生理痛、生理不順、更年期にも効きます。ツボは、内側のくるぶしの頂点から指4本分上にあります。三陰交は分かり辛い場所なので、マッサージを兼ねて、お風呂で内くるぶしのラインを下から上へ、親指でグリグリと刺激するのもおすすめです。
3つ目は委中(いちゅう)で足の血流アップと老廃物の蓄積防止に効果があります。膝裏の中央にあるので、仕事の途中でも気分転換にツボ押しできます。他にも、むくみに効くツボはたくさんあるので、興味がある人はフカボリしても面白いですよ。特に足裏にはむくみ以外にも重要なツボがたくさんあるので、椅子に座っている状態でゴルフボールの上に足裏を置き、ゴロゴロと動かしてツボを刺激する方法もおすすめです。

いつでもできるツボ押しでむくみを取る方法

むくみが気になったときにすぐむくみを取る方法があれば、夕方のむくみを今より軽減できます。むくみに効くツボの中でも、デスクワーク中や立っている状態で刺激できるものも知っておくと便利です。
デスクワーク中に刺激しやすいのは、「無名穴(むめいけつ)」というツボです。太ももの内側の中央にあるツボなので、気が付いたときに親指でグリグリと刺激しましょう。はっきりとツボの場所が分からない場合は、内ももの一番細くなっているところの周辺を5か所ほど刺激するといいでしょう。
立ち仕事や通勤中でも押しやすいツボは、おへそから指一本分上にある「水分(すいぶん)」というツボです。このツボは体内の水分調節や、新陳代謝アップの効果があります。利尿作用があるので、足のむくみ以外にも顔のむくみを取る方法でもあります。通勤中や休憩時間に気が付いたら指でグッと押してください。

むくみを取る方法③食べ物

Fruit Smiley Face Food · Free photo on Pixabay (42325)

むくみを取る方法のひとつとして、むくみを解消する栄養素を食べ物から摂る方法があります。代表的なものでは「ビタミンE」「カリウム」「クエン酸」などがあるので、これらの栄養素を含む食べ物は積極的に食べたいですね。食べ物での対処法は即効性はありませんが、食習慣に取り入れると体の中から変化が出てきます。栄養素だけでは分かりにくいので、むくみを解消してくれる優秀な食べ物をいくつか挙げてみましょう。

アボガド

Avocado Salad Fresh · Free photo on Pixabay (42323)

アボガドはカリウムを多く含む食べ物です。むくみの原因になる塩分を、カリウムが体外に排出してくれるので、むくみが解消しやすくなります。カリウムを含む食材には、バナナ・リンゴ・キウイ・ほうれん草・かぼちゃ・枝豆などがあります。カリウムは水に溶けやすい性質があるので、煮たり温めたりする場合は煮汁やスープまで飲むようにしましょう。

プルーン

Dried Apricots Prunes Fruits · Free photo on Pixabay (42322)

プルーンは、最初に挙げたビタミンE・カリウム・クエン酸がすべて含まれている優秀な食べ物です。また、食物繊維も豊富なので腸内をキレイにしてくれますし便秘改善の効果もあります。食べ物でむくみを取る方法を試すなら、ぜひ取り入れてください。注意して欲しいのは、どんなに体に良い食べ物でも食べ過ぎると太りますし、下痢などの症状を引き起こします。食べ過ぎにはじゅうぶん注意して、1日3~5個程度に抑えておきましょう。

グレープフルーツ

Grapefruit Pink Breakfast · Free photo on Pixabay (42321)

グレープフルーツはクエン酸が多く含んでおり、代謝をアップし老廃物の分解と排出をサポートする働きがあります。クエン酸と言えばレモンを想像する人が多いとおもいますが、レモンは大量には食べられないので、食べやすいグレープフルーツがオススメです。クエン酸には抗酸化作用もあるので、美肌などのアンチエイジングにも効果的です。女性はたくさん摂りたい栄養素のひとつで、他にはキウイやイチゴなどの食べ物にも含まれています。

むくみを取る方法④その他

Legs Window Car Dirt · Free photo on Pixabay (57596)

むくみを取る方法には他にもたくさんあるので、手間がかからず即効性のあるものをいくつかご紹介します。あなたのライフスタイルに合ったものがあれば、どんどん取り入れてくださいね。

着圧ソックス・タイツを使用する

着圧ソックスやタイツは、むくみに悩む女性にとってマストアイテムです。毎日忙しく、マッサージや運動をするのが難しい女性は、履くだけでむくみを取る方法になる着圧ソックスを試してみてください。血液や水分、老廃物を心臓に送り体外に排出するには、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割をしています。そのふくらはぎの筋肉の代わりをしてくれるのが着圧ソックスです。
着圧ソックスを購入するときは、サイズが合ったものを選びましょう。締め付け感を強くしたくて、ワンサイズ小さいものを買いたくなるかもしれませんが、締め付けすぎると本来の効果が得られません。また、できれば実際に肌触りを確かめて、あなたの肌に合うものを選びましょう。長時間履くものなので、皮膚に合わないとどんなに良いむくみを取る方法でも継続が難しくなります。自分に合ったお気に入りを2~3着もっておくと安心です。

足を高くして寝る

Girl Bed Hair · Free photo on Pixabay (57593)

簡単にできて効果があるもののひとつが、足を高くして寝る方法です。足専用の枕も販売されていますが、クッションやバスタオルを丸めたものでも代用できます。足を高くするときは、足首だけでなく膝下にもクッションなどを置き、足全体が安定して上がるようにしてください。膝が浮いた状態になると、疲れが思うように取れないことがありますし、寝ている間に敷いているものがずれてしまうこともあります。
Woman Asleep Girl · Free photo on Pixabay (57912)

寝返りをしても安心な方法は、敷布団の下に使っていない布団や大きめのクッションを敷き込み、敷布団全体を上げる方法です。敷いているものがずれる心配もないので、安心して眠れます。足を上げておくのはむくみにも効果がありますが、疲れて足がだるい人には即効で効くので試してみてください。

むくみを解消してくれる薬を内服する

むくみがどうしても改善しない場合は、病院に相談してみましょう。「ラシックス」などの市販の薬もありますが、常用するのはおすすめできません。どうしてもむくみが解消せず辛い場合は、病気なども考えられるので早めに受診してください。また即効性はありませんが、むくみに効く漢方薬やサプリもあるので、すぐに薬に頼らないようにしましょう。

適度な運動をする

Road Shoes Walking · Free photo on Pixabay (57613)

むくみにくい体作りのためには、適度な運動を習慣にするのが効果的です。特に、下半身を鍛えると余分な水分をスムーズに心臓へ送れるようになるので、むくみにくくなります。ふくらはぎの筋肉を鍛えるのもおすすめなので、時間を作って運動できない人は、日常生活の中でかかとの上げ下ろしをするだけでも変化があるはずです。

シャワーで済ませず湯船につかる

People Woman Girl · Free photo on Pixabay (57663)

お風呂に入るときは、シャワーだけで済ませずできるだけ湯船に浸かるようにしましょう。体をじゅうぶん温めることと、湯船の水圧によって血流やリンパの流れが良くなり、むくみを解消してくれます。リラックス効果もあるので、忙しい女性は特に10分でもいいので湯船に浸かってリラックスしてください。

早速むくみを取る方法を実践!ほっそり美脚になろう

むくみを取る方法は、実際やってみると簡単なものばかりなので、さっそく今日からでも始めてみましょう。あなたのライフスタイルを邪魔しない程度でいいので、ひとつでも取り入れてむくみを軽減させてください。むくみを取る方法を試していると、自分の足が思っているより細かったと実感できるでしょう。むくみに悩んでいる女性は、それほど慢性的にむくんだ状態の人が多いのです。これを機に、余分な水分や老廃物を外に出し、ほっそりした美脚を手に入れてください!
94 件
着用アイテム