青のアイシャドウで透明感ある目元に!自然に仕上がる使い方とおすすめ20選!

Description
クールなイメージのある青のアイシャドウが今人気を集めていますが、塗り方が難しいとも言われています。しかし、上手く塗れればクリアな目元を表現できて透明感を感じさせる色味でもあります。ここでは、そんな透明感のある目元に仕上げる青アイシャドウの使い方や塗り方、青アイシャドウのおすすめ商品を紹介しています。この記事を見れば、青アイシャドウで透明感のあるメイクができるようになります。

青アイシャドウで透明感溢れる目元が作れる♡

メイクの中でも相手の印象に残りやすいアイメイク。アイメイクの中でも特に注目されるのがアイシャドウです。アイシャドウひとつで顔の印象はガラリと変わってしまいます。そんなアイシャドウですが、最近青のアイシャドウが人気を集めていることはご存知でしょうか?青のアイシャドウは凛としたイメージから透明感のあるメイクに感じられ、色白に見える効果が期待できると言われ、人気となっているようです。
ですが、青と言えば、人間の肌色とは程遠い色合いです。ピンクや赤、オレンジ、ブラウンと違って肌色になじみにくく、塗り方や使い方を間違えると顔色が悪く見えたり、クマのようにしか見えなくなったりと失敗した場合のリスクが高いアイシャドウカラーでもあります。しかし、透明感のあるメイクは女性の憧れでもあります。
ここからは、青のアイシャドウを使って透明感のあるメイクに仕上げる塗り方や、青アイシャドウの効果的な使い方、青アイシャドウのおすすめ製品を紹介していきましょう。まずは、青のアイシャドウが現在どうして人気を集めているのか、青アイシャドウメイクについて詳しく掘り下げていきましょう。

難しいイメージのある青アイシャドウが今人気!

青のアイシャドウと言えば、血色が悪く見えたり、バブル時代を思わせる濃いメイクのイメージがあります。日本人の目元には赤やオレンジ、イエロー、ブラウンと言ったアイシャドウカラーが似合います。ゆえに、自分の肌に似合わない青系のアイシャドウを使うことは滅多にありません。そのため、普段と違うメイクを求める女性たちが、青系のアイシャドウにチャレンジしていることが人気の根底にあると考えられます。

青アイシャドウが似合う人ってどんな人?

青のアイシャドウが似合う人とは、青味のある肌色の人に限られています。青味のある肌色とは、日焼けした際、肌が赤くなってしまう人のことを言います。この青味のある肌色は日本人では2割程度しかいないと言われており、これも青のアイシャドウが難しいと言われている所以となっています。

テクスチャごとの特徴は?

青のアイシャドウでも、テクスチャによっては発色に違いがあります。まず、パウダーはチップやブラシでほんのりと青く色づけます。クリームタイプはパウダーよりやや濃いめで、指かシリコン素材のチップで濃くはっきり色づきます。ペンシルタイプのアイシャドウはアイライナーとして使えます。

一重さんでもチャレンジできるおしゃれアイ

難しい印象の強い青のアイシャドウですが、実は、一重の人の方が青のアイシャドウが似合うとも言われています。特に青のペンシルアイシャドウでアイラインを入れるだけで、一重の印象がガラリと変わります。青のアイシャドウが似合う・似合わないの差は塗り方にあります。一重・二重にこだわらず、青のアイシャドウを綺麗に見せる塗り方と使い方で一重の人でも青のアイシャドウでお洒落な印象に仕上げられるのです。

青アイシャドウが映える正しい塗り方

青のアイシャドウを綺麗に見せるには、正しい塗り方と使い方が重要だと分かりました。では、実際にどのような塗り方や使い方で青アイシャドウが映えるのか、青アイシャドウを使ったメイクのやり方を紹介していきましょう。

ベースカラーをアイホール全体になじませる

青アイシャドウは青味の肌色に似合うといいますが、ブルーベースのベースメイクを使うことで、青アイシャドウがより似合う目元になります。ベースメイクで色白く仕上げたら、アイシャドウパレットにあるベースカラーを瞼全体に均一に伸ばしてなじませましょう。

青アイシャドウを二重幅にのせる

続いて、ミディアムカラーをアイホールではなく、二重幅にだけうっすらのせます。慣れない内から濃い青のアイシャドウを入れてしまうと他人だけでなく、自分自身にも違和感を与える仕上がりになってしまうので、慣れないうちは濃くせず、あくまでも薄っすらと伸ばす塗り方を意識しましょう。

目のキワに濃いめに青アイシャドウを追加

最後にメインカラーを目のキワにのせれば、上瞼のアイシャドウメイクは完成です。目のキワでも、目尻にだけ濃くはっきりのせることで、違和感もなく自然な仕上がりに見せられます。アイラインは控えめにしておくと、青のアイシャドウが際立つので、アイラインは引かないか、目尻のオーバーラインのみで仕上げるのがおすすめです。

涙袋にラメをのせる

仕上げに、涙袋にラメの入った白系のアイシャドウを入れると、目元の透明感がアップし、顔全体の印象も透明感を与える仕上がりになります。白系のラメアイシャドウはのせすぎると、目が小さく見えてしまうので、薄っすらとのせる塗り方を意識しましょう。

簡単な濃い青アイシャドウの使い方

青アイシャドウは濃い色になるほど、メイクの難易度が上がっていく傾向があります。そんな濃い青アイシャドウだからこそ、一色で仕上げるのにも向いています。濃い青アイシャドウの使い方は簡単で、目のキワの目尻に濃くのせるだけで完成です。これだけで、普段とは違う透明感のある目元になります。瞼全体に青をのせるのに躊躇してしまう人におすすめの使い方と言えます。

青アイシャドウのおすすめアイテム10選

難しいと言われる青アイシャドウの基本的な塗り方や使い方が分かったところで、どんな青アイシャドウを選べばいいのか、青アイシャドウの製品とその具体的な使い方と共におすすめ商品を紹介していきましょう。

青アイシャドウのおすすめアイテム①ルナソス・カラフルスカイアイズ 02 Blue Ocean

青アイシャドウと言えばルナソスが定番と言われています。4色セットの青系パレットで値段は5,000円ながら、確かな品質と発色がウリのアイシャドウです。ベースとなる白、白に近い色味の青2色、濃いグレーブルーのメインカラーで自然な青アイシャドウに仕上がると話題になっています。青が強くないので、青アイシャドウ初心者の人でも気軽に使えるカラーとなっています。

青アイシャドウのおすすめアイテム②コスメデコルテ・アイグロウ ジェム BL982

コスメデコルテの『アイグロウ ジェム BL982』は、透明感を演出するブルー&シルバーパールのパステルブルーが基調で一重にもおすすめの単色アイシャドウです。青アイシャドウを濃い印象にしないラメ入りのアイシャドウなので、青系の色味ながら不自然さを感じさせず、透明感のある目元に仕上がります。金額は2,700円ですが確かな品質と、ラメの効果で見る角度による発色の違いが楽しめる商品となっています。

青アイシャドウのおすすめアイテム③イヴ・サンローラン・クチュール クルール パレット 10 ルミエルマジョレル

イヴ・サンローランのクチュール クルール パレットシリーズの中でも10のルミエルマジョレルは、幅広い楽しみ方をコンセプトに作られたアイシャドウパレットとなっています。金額は7,800円と高めながら、イエロー、スカイブルー、グリーン、ラメ入りのスカイブルー、濃いグレーの空バリエーションで様々なアイメイクができる遊び心万歳の商品となっています。

青アイシャドウのおすすめアイテム④RMK・インジーニアス パウダーアイズ N13

RMKが販売している『インジーニアス パウダーアイズ N13』はアイスブルーの発色とパール調のラメが特徴のアイシャドウです。基本的に青のアイシャドウは難しいと言われていますが、淡い色合いのラメ入りアイシャドウであれば、変に目立ったりせず、自然な仕上がりになります。その点、この商品は淡い青のラメ入りアイシャドウなので、青アイシャドウ初心者にも使いやすいアイシャドウとしておすすめです。金額は2,200円ながら、確かな品質とラメが非常に人気を集める商品となっています。

青アイシャドウのおすすめアイテム⑤ジルスチュアート・ジェリーアイカラー 08 Cinderella gem

ジルスチュアートの『ジェリーアイカラー 08 Cinderella gem』は、その名の通りジェルタイプのアイシャドウとなっています。ジュエルタイプなので、みずみずしい質感に仕上がります。アイシャドウの中にはラメが入っており、カラーもアイスブルーなので瞼にしっかり塗布しても差ほど目立たず、透明感のある目元になります。内容量は6gで2,376円の価格設定で一重にもおすすめの単色アイシャドウです。

青アイシャドウのおすすめアイテム⑥アディクション・ザ アイシャドウ 96 Blue Moon

アディクションの『ザ アイシャドウ 96 Blue Moon』は、名前の通り夜空を思わせる濃い青アイシャドウとなっています。質感はパールとなっており、二重幅に極少量のせる使い方がおすすめです。単色なので一重にも使えます。ミステリアスなカラーで大人の女性にぴったりのカラーとなっています。金額は2,000円ながら、パレットの色の発色になる確かな品質を兼ね備えた商品です。

青アイシャドウのおすすめアイテム⑦ディオール・サンククルール 357 エレクトリファイ

本格的に青アイシャドウをのせたいなら、ディオールの『サンククルール 357 エレクトリファイ』がおすすめです。ピンク、白、青3色の5色パレットとなっており、白でアイホール全体、濃い青で二重幅を仕上げる使い方がおすすめです。もちろん、気分や好みによって様々な配色を楽しんでも構いません。金額は7,600円ですが、バリエーションに富んだアイシャドウと言えるでしょう。

青アイシャドウのおすすめアイテム⑧シャネル・オンブル プルミエール プードゥル 16 ブルージーン

シャネルの『ンブル プルミエール プードゥル 16 ブルージーン』は、濃い青1色のアイシャドウで、1色で仕上げたい人におすすめのアイシャドウと言えます。金額は3,900円ながら、薄く塗布すると光の加減次第でテールグリーンにも見える不思議な色味をしています。濃く塗布すればしっかりプルシャンブルーの発色になる遊び心満載のアイシャドウと言えます。単色なので、一重でも使いやすいアイテムと言えます。

青アイシャドウのおすすめアイテム⑨ジバンシイ・プリズム・アイズ・カルテット No.2 エキューム

ジパンシイの『プリズム・アイズ・カルテット No.2 エキューム』は、パープル、ブルー、ベージュホワイト、ネイビーの4色からなる本格的な青アイシャドウにおすすめの商品です。ベージュホワイトをベースにブルーを二重幅に、ネイビーを目のキワにのせる使い方がおすすめです。パープルはややグレーに見える発色になるので、ネイビーと変えても違和感なく仕上がります。金額は7,700円で、全てのカラーにパールが入った色味となっており、青アイシャドウとしては使いやすい商品と言えでしょう。

青アイシャドウのおすすめアイテム⑩クレ・ド・ポー ボーテ・オンブルクルールクアドリn 312

クレ・ド・ポー ボーテの『オンブルクルールクアドリn 312』は、ブラウンと青3色からなる4色パレットとなっており、様々なバリエーションが楽しめる配色となっています。グレーのような色味ながら、青味のある色合いで、濃い青アイシャドウが苦手と言う人でも使いやすいカラーとなっています。金額は5,000円で、大小様々なチップに加え、ブラシが付属しているため、どんなアイメイクも施せる商品となっています。

青アイシャドウのプチプラおすすめアイテム10選

ここまで、青アイシャドウのおすすめ商品を紹介してきましたが、中にはかなり高い値段のアイシャドウもありました。メイクにかける金額は人それぞれ。ここからは、プチプラでおすすめの青アイシャドウを紹介していきましょう。

青アイシャドウのプチプラアイテム①ヴィセ・リシェ シマーリッチ アイズ BL-8

ヴィセの『リシェ シマーリッチ アイズ BL-8』は濃いグラデーションをコンセプトに開発されたアイシャドウです。金額は1,400円ですが、箱の裏にメイクの仕方が記載されているので、その通りにのせるとデカ目効果があると高評価を得ているようです。

青アイシャドウのプチプラアイテム②ケイト・フォルミングエッジアイズ BU-1

目頭と目尻のエッジに重点を置いたケイトの『フォルミングエッジアイズ BU-1』は、1,400円ながら立体的で、透明感のある仕上がりになると評価されています。パールが配合されているので、初心者でも扱いやすい青アイシャドウと言えるでしょう。

青アイシャドウのプチプラアイテム③キャンメイク・アイニュアンス 21ロイヤルブルー

プチプラと言えば、キャンメイクのメイクアイテムですが、キャンメイクの『アイニュアンス 21ロイヤルブルー』は540円とプチプラなのに、しっかりしたグラデーションができると評判のアイテムとなっています。特に、ホワイトカラーは涙袋に使えると口コミで話題になっています。

青アイシャドウのプチプラアイテム④エスプリーク・セレクト アイカラー BL900

エスプリークの『セレクト アイカラー BL900』はアイスブルーの発色で、濃い青アイシャドウに抵抗がある人におすすめのメイクアイテムです。価格は800円とプチプラながら、ラメ入りで発色も良いアイシャドウです。単色なので、一重でも使えます。プチプラなのでチャレンジしてみるのにうってつけです。

青アイシャドウのプチプラアイテム⑤メディア・グレデカラーアイシャドウ BU-01

Eye Shadow Make Up Color · Free photo on Pixabay (85747)

メディアの『グレデカラーアイシャドウ BU-01』は、950円とプチプラながら、パッケージの通りの発色が持ち味のアイシャドウとなっています。色持ちもよく、付属のチップも細かい部分へのメイクに使えるおすすめアイテムとなっています。

青アイシャドウのプチプラアイテム⑥ゼザンヌ・ツーカラーアイシャドウ ラメシリーズ 03

セザンヌの『ツーカラーアイシャドウ ラメシリーズ 03』はその名の通り、2色カラーのパレットで青アイシャドウ初心者にも扱い易い商品です。価格は400円とプチプラですが、シルバーに近いブルーとさわやかなブルーの2色をシーンによって使い分ける使い方がおすすめの商品です。

青アイシャドウのプチプラアイテム⑦チャコットフォープロフェッショナルズ・メイクアップカラーバリエーション 613

バレエ製品を扱っているチャコットフォープロフェッショナルズが販売する『メイクアップカラーバリエーション 613』は、パウダー系のアイシャドウとなっています。価格は1,200円ながら見たままの発色と、1色だけのアイシャドウで使い回しの利くアイテムです。単色なので一重でも使えるメイクアイテムです。

青アイシャドウのプチプラアイテム⑧エレガンス クルーズ・アイカラー プレイフル NV02

エレガンス クルーズの単色アイシャドウ『アイカラー プレイフル NV02』は、濃い目の青アイシャドウで、価格は1,800円となっています。単色で仕上げるなら、目のキワだけに色をおく使い方で自然な印象に仕上がりになります。

青アイシャドウのプチプラアイテム⑨インテグレート・ウォーターバームシャドウ BL275

インデグレートの『ウォーターバームシャドウ BL275』はパステルブルーで初心者にも使いやすい青アイシャドウです。薄付きで自然な透明感のある目元に仕上がる色味となっています。金額は1,200円ですが、アイシャドウには珍しいテクスチャーが話題となっているようです。

青アイシャドウのプチプラアイテム⑩エクセル・デュアルアイシャドウ N DU04

エクセルの『デュアルアイシャドウ N DU04』は、マリンブルーとシルバー色強めの淡いブルーの2色パレットで販売されています。価格は1,296円ですが淡い色合いで、青アイシャドウ初心者でも自然なメイクに仕上がりやすい特徴があります。

青アイシャドウと相性のいいメイクアイテムは?

Makeup Brush Cosmetics Make · Free photo on Pixabay (81239)

ここまで、青アイシャドウの塗り方や使い方、青アイシャドウのおすすめ商品を紹介してきました。しかし、青アイシャドウメイクの難易度が下がったわけではありません。ここからは、青アイシャドウを綺麗に見せるおすすめのメイクアイテムをいくつか紹介していきましょう。

ブルーベースのメイク下地

青アイシャドウの塗り方でも紹介下通り、ブルーベースのメイク下地で青アイシャドウが似合う色白な肌を作れます。しかし、黄味掛かった肌色の人がブルーベースの下地を使っても、違和感の残る仕上がりになってしまいます。黄味掛かった肌には、ラベンダー色のメイク下地を使うことで、色白の肌に見せられます。

ネイビーのアイライナー

青のアイシャドウに黒のアイライナーを合わせると、濃いメイクに見えてしまいます。本来アイライナーは不要なほど濃い青アイシャドウですが、どうしてもアイライナーを使いたいなら、同じ青系のアイライナーにした方がアイシャドウになじんで、自然な仕上がりになります。青のアイシャドウと一緒にネイビーカラーのアイライナーも揃えておくといいでしょう。

コーラル系のチーク

青アイシャドウによる透明感のあるメイクは、全体的に冷たい印象を与えてしまいます。そんな冷たい印象を和らげるのに効果的なのが、コーラルカラーのチークです。頬にうっすら朱を入れることで、透明感を感じさせつつも健康的でやわらかい印象を与えるメイクに仕上がります。

青アイシャドウを使いこなして女子力UPを目指そう

一般的に難しいと言われる青アイシャドウですが、一重でも塗り方や使い方次第で簡単に透明感のあるメイクに仕上がります。流行りには乗りたいけど、青アイシャドウに躊躇してしまう人は、ここで紹介した青アイシャドウと塗り方や使い方を参考に透明感のあるメイクにチャレンジしてみませんか?
107 件
着用アイテム