青のアイシャドウで透明感ある目元に!自然に仕上がる使い方とおすすめ20選!

Description
クールなイメージのある青のアイシャドウが今人気を集めていますが、塗り方が難しいとも言われています。しかし、上手く塗れればクリアな目元を表現できて透明感を感じさせる色味でもあります。ここでは、そんな透明感のある目元に仕上げる青アイシャドウの使い方や塗り方、青アイシャドウのおすすめ商品を紹介しています。この記事を見れば、青アイシャドウで透明感のあるメイクができるようになります。

青アイシャドウで透明感溢れる目元が作れる♡

メイクの中でも相手の印象に残りやすいアイメイク。アイメイクの中でも特に注目されるのがアイシャドウです。アイシャドウひとつで顔の印象はガラリと変わってしまいます。そんなアイシャドウですが、最近青のアイシャドウが人気を集めていることはご存知でしょうか?青のアイシャドウは凛としたイメージから透明感のあるメイクに感じられ、色白に見える効果が期待できると言われ、人気となっているようです。
ですが、青と言えば、人間の肌色とは程遠い色合いです。ピンクや赤、オレンジ、ブラウンと違って肌色になじみにくく、塗り方や使い方を間違えると顔色が悪く見えたり、クマのようにしか見えなくなったりと失敗した場合のリスクが高いアイシャドウカラーでもあります。しかし、透明感のあるメイクは女性の憧れでもあります。
ここからは、青のアイシャドウを使って透明感のあるメイクに仕上げる塗り方や、青アイシャドウの効果的な使い方、青アイシャドウのおすすめ製品を紹介していきましょう。まずは、青のアイシャドウが現在どうして人気を集めているのか、青アイシャドウメイクについて詳しく掘り下げていきましょう。

難しいイメージのある青アイシャドウが今人気!

青のアイシャドウと言えば、血色が悪く見えたり、バブル時代を思わせる濃いメイクのイメージがあります。日本人の目元には赤やオレンジ、イエロー、ブラウンと言ったアイシャドウカラーが似合います。ゆえに、自分の肌に似合わない青系のアイシャドウを使うことは滅多にありません。そのため、普段と違うメイクを求める女性たちが、青系のアイシャドウにチャレンジしていることが人気の根底にあると考えられます。

青アイシャドウが似合う人ってどんな人?

青のアイシャドウが似合う人とは、青味のある肌色の人に限られています。青味のある肌色とは、日焼けした際、肌が赤くなってしまう人のことを言います。この青味のある肌色は日本人では2割程度しかいないと言われており、これも青のアイシャドウが難しいと言われている所以となっています。

テクスチャごとの特徴は?

青のアイシャドウでも、テクスチャによっては発色に違いがあります。まず、パウダーはチップやブラシでほんのりと青く色づけます。クリームタイプはパウダーよりやや濃いめで、指かシリコン素材のチップで濃くはっきり色づきます。ペンシルタイプのアイシャドウはアイライナーとして使えます。

一重さんでもチャレンジできるおしゃれアイ

難しい印象の強い青のアイシャドウですが、実は、一重の人の方が青のアイシャドウが似合うとも言われています。特に青のペンシルアイシャドウでアイラインを入れるだけで、一重の印象がガラリと変わります。青のアイシャドウが似合う・似合わないの差は塗り方にあります。一重・二重にこだわらず、青のアイシャドウを綺麗に見せる塗り方と使い方で一重の人でも青のアイシャドウでお洒落な印象に仕上げられるのです。

青アイシャドウが映える正しい塗り方

青のアイシャドウを綺麗に見せるには、正しい塗り方と使い方が重要だと分かりました。では、実際にどのような塗り方や使い方で青アイシャドウが映えるのか、青アイシャドウを使ったメイクのやり方を紹介していきましょう。

ベースカラーをアイホール全体になじませる

青アイシャドウは青味の肌色に似合うといいますが、ブルーベースのベースメイクを使うことで、青アイシャドウがより似合う目元になります。ベースメイクで色白く仕上げたら、アイシャドウパレットにあるベースカラーを瞼全体に均一に伸ばしてなじませましょう。

青アイシャドウを二重幅にのせる

続いて、ミディアムカラーをアイホールではなく、二重幅にだけうっすらのせます。慣れない内から濃い青のアイシャドウを入れてしまうと他人だけでなく、自分自身にも違和感を与える仕上がりになってしまうので、慣れないうちは濃くせず、あくまでも薄っすらと伸ばす塗り方を意識しましょう。

目のキワに濃いめに青アイシャドウを追加

最後にメインカラーを目のキワにのせれば、上瞼のアイシャドウメイクは完成です。目のキワでも、目尻にだけ濃くはっきりのせることで、違和感もなく自然な仕上がりに見せられます。アイラインは控えめにしておくと、青のアイシャドウが際立つので、アイラインは引かないか、目尻のオーバーラインのみで仕上げるのがおすすめです。

涙袋にラメをのせる

仕上げに、涙袋にラメの入った白系のアイシャドウを入れると、目元の透明感がアップし、顔全体の印象も透明感を与える仕上がりになります。白系のラメアイシャドウはのせすぎると、目が小さく見えてしまうので、薄っすらとのせる塗り方を意識しましょう。

簡単な濃い青アイシャドウの使い方

青アイシャドウは濃い色になるほど、メイクの難易度が上がっていく傾向があります。そんな濃い青アイシャドウだからこそ、一色で仕上げるのにも向いています。濃い青アイシャドウの使い方は簡単で、目のキワの目尻に濃くのせるだけで完成です。これだけで、普段とは違う透明感のある目元になります。瞼全体に青をのせるのに躊躇してしまう人におすすめの使い方と言えます。
107 件
着用アイテム