軟骨ピアスを早く安定させるコツや期間は?傷みや腫れの対処法も紹介

Description
軟骨ピアスを安定させるコツや痛みや腫れが出る期間、完成の目安についてまとめました。軟骨ピアスが安定するまではある程度の期間が必要となる為、痛みや腫れが出ないように適切な対処法を取り入れる事が大切になります。軟骨ピアスが安定するまでの期間を把握しておけば完成の目安がつきやすいのではないでしょうか。腫れや痛みの対処法や安定させるコツを活用して、軟骨ピアスが安定して完成するまでの期間を乗り越えていきましょう。

軟骨ピアスを早く安定させるコツを徹底解説!

ピアスホールと言えば耳たぶに開けるのが一般的ですが、「他とは違う個性を楽しみたい!」という場合におすすめなのが軟骨ピアス。軟骨ピアスは男性からも女性からも人気のピアスとして注目されているので、トレンド感のあるおしゃれを楽しみたい時におすすめです。ただし、軟骨ピアスは耳たぶに開けるピアスとは違うので、軟骨ピアスを開ける前に基本的な情報を把握しておく事が大切。軟骨ピアスを開けた後にどういった事が起き得るのかを知ってから、軟骨ピアスを開けるか否かを決めてみてください。
今回は、軟骨ピアスを安定させるコツや、軟骨ピアスが完成するまでの期間についてまとめました。軟骨ピアスが安定するまでの期間は痛みや腫れが出てくる事があるので、対処法を学んでおくのが重要なポイント。適切な対処法で痛みや腫れをケアしておかないと、軟骨ピアス自体が悪影響を与えてしまうかもしれません。軟骨ピアスが安定すれば、色々なタイプのピアスのおしゃれを楽しめるようになります。個性的なおしゃれを満喫したい時にぴったりな軟骨ピアスを安定させる為のコツをチェックしていきましょう。

軟骨ピアスとは?

そもそも、軟骨ピアスとはどういった物なのでしょうか。通常、ピアスは耳たぶに開ける事が多いです。耳たぶの部分は骨が入っていないのでピアスの穴が開けやすく、気軽にピアスのおしゃれを楽しみたい人たちの間で人気。「もっと違うピアスのおしゃれを楽しみたい!」と感じている人達から注目を集めているのが軟骨ピアスです。軟骨ピアスとは、耳の部位の中で軟骨が入った部位に穴を開けたピアスの事。軟骨のない耳たぶと比較すると、軟骨がある部分は痛みや腫れが出やすくなると言われています。
軟骨と言えども骨である事は変わらないので、ピアスホールを開ける事で軽い骨折やひび割れが起きたような状態になるとイメージしておくと良いでしょう。耳たぶにピアスホールを開けるような感覚で軟骨ピアスを開けると、後から来る痛みや腫れに驚いてしまう事があるかもしれないので、軟骨ピアスを開ける時はそういった事を十分に理解してから開けるようにしてください。軟骨ピアスが安定すれば腫れや痛みもなくなるので、色々なタイプのピアスのおしゃれを楽しめるようになります。

女性に人気な軟骨ピアスの場所は?

軟骨ピアスと一口に言っても、部位毎によって色々な名称が付けられています。軟骨ピアスは開ける部位によって印象が変わってくるので、どう言った雰囲気の軟骨ピアスにしたのかを考えてから開けるようにしましょう。女性から人気を集めている軟骨ピアスの場所は、ヘリックスと呼ばれている部位です。ヘリックスとは耳の中央部分から外側にかけての部位で、耳の外側のラインに沿ってピアスホールを開ける場合がほとんど。軟骨ピアスと言うと、ヘリックスにピアスを開けているのをイメージする方も多いのではないでしょうか。
ヘリックスに軟骨ピアスを開ける場合、1箇所だけでなく2〜3箇所を続けて開けるパターンも多くあります。ヘリックスに連続してピアスホールを開ける事で1箇所だけとは違った印象になるので、お好みでピアスホールを開ける数を決めてみてください。ヘリックスの次に人気なのがアウターコンク。軟骨が平らに広がった耳の上の部分の箇所を指します。軟骨が平らになっているので、アウターコンクにもピアスホールを複数開けやすいのが人気の理由。初めて軟骨ピアスを開ける場合は、ヘリックスやアウターコンクが多いようです。

軟骨ピアスが安定する目安となる期間は?

Organizer Calendar Schedule · Free photo on Pixabay (154439)

軟骨ピアスの基本的な情報について見ていきましたが、冒頭でご紹介した通り軟骨ピアスを開ける場合は、軟骨部分は軽いひび割れや骨折をしているというイメージを持っておいた方が良いでしょう。軟骨部分が修復されて安定するまでには、それなりの時間がかかります。
耳たぶに開けるピアスホールの場合は、2〜3ヶ月くらいを目安に安定すると言われている一方で、軟骨ピアスはそれ以上の期間がかかるので、軟骨ピアスを開ける時は安定するまでに長期間かかると目安をつけて開けるようにしてください。それでは、軟骨ピアスが安定するまでの期間の目安について具体的に見ていきましょう。

ヘリックスの部位で半年から1年

Time Calendar Saturday · Free photo on Pixabay (154440)

ヘリックスの部分に軟骨ピアスを開けた場合、安定するまでには半年から1年くらいを目安に期間がかかると言われています。耳たぶに開けるピアスホールが安定するまでに2〜3ヶ月かかるのと比べると、軟骨ピアスが安定するまでにはかなりの長期間がかかる事が分かるのではないでしょうか。半年で安定するのは治癒力が高いタイプの人なので、普通は1年を目安にかかると考えておいた方が良いでしょう。ヘリックス以外の軟骨ピアスも半年〜1年を目安に期間がかかります。
珍しい部位の場合は更に長い期間を目安に安定するまでかかる場合があるので、しっかりと対処していく事が大切。軟骨ピアスが安定するまでの期間に適切な対処法を取り入れておかないと、痛みや腫れが出てきてしまうかもしれません。軟骨ピアスを開けた事を後悔しないように、安定するまでの期間は慎重に過ごすようにしてください。

軟骨ピアス安定の見極め術

軟骨ピアスは開けてから半年〜1年を目安に完成しますが「そろそろ軟骨ピアスが安定してきたかな?」と思えるようになってきたら、軟骨ピアスが安定したかどうかのチェックをしていきましょう。軟骨ピアスが安定したかどうか見極めるコツを把握しておけば、簡単に安定具合を確認する事が出来ます。まず、軟骨ピアスを開けた部分に腫れや痛みがないかどうか確認してください。腫れや痛みがある時はまだ軟骨ピアスを開けた部分が治癒していないので、もうしばらく期間の目安を置いて軟骨ピアスが安定するまで待ちます。
続いて、軟骨ピアスを開けた部分から分泌液が出ていたり、血が滲んでいたりしていないか見てみましょう。軟骨ピアスを開けた直後は分泌液や血が出やすい状態になっていますが、期間が経過しても安定していないと分泌液や血液が出る場合があります。腫れや痛みがなく、分泌液や血液も出ていなかったら軟骨ピアスを回してみてください。何の引っ掛かりもなく、スムーズに軟骨ピアスを回す事が出来たら安定しているサイン。もし、軟骨ピアスを回して血が出るなどの異変があったら安定していないという事になります。

安定する期間は個人差がある

Calendar Date Time · Free photo on Pixabay (154441)

軟骨ピアスが安定するまでには半年から1年の期間がかかるという事をになっていますが、安定するまでの期間に関しては個人差があります。安定しにくいタイプの方は1年以上かかる場合がありますし、治癒しやすいタイプであれば半年程で軟骨ピアスが完成するパターンもあるので、判断のコツを取り入れて確認してみてください。
見た目は安定したように見えても、分泌液などが出てきたら軟骨ピアスは未完成の状態なので、無理にファーストピアスを外さないようにしましょう。未完成の状態でファーストピアスを外すと細菌の増殖や腫れ、痛みといったトラブルの繋がります。しっかり完成した状態で軟骨ピアスを安定させ、ファーストピアスを外すようにしてください。軟骨ピアスが完成した後は、お気に入りのピアスでおしゃれに決めていきましょう。

軟骨ピアスは何故安定しにくいの?

Sad Depressed Depression · Free photo on Pixabay (154442)

86 件
着用アイテム