ノンケミカル日焼け止め21選!敏感肌にも優しいおすすめアイテムは?

Description
話題のノンケミカルの日焼け止めがどのような日焼け止めかご存知ですか?敏感肌でも使える・肌に優しい・子供にも使えると言う事は知っていても、ノンケミカルの意味を知らない人は多いのではないでしょうか。ここでは、ノンケミカルの日焼け止めについてや、選び方、正しい日焼け止めの塗り方、ノンケミカルの日焼け止めの人気商品を市販・プチプラ・クレンジング・子供でも使えるの4つの観点から紹介しています。

おすすめの人気ノンケミカルの日焼け止めをご紹介!

Young Woman Sea · Free photo on Pixabay (166620)

ノンケミカルの日焼け止めがどのような日焼け止めかはご存知ですか?また、日焼け止めに記載されている数値SPF/PAの数値が高ければ良いと思っていませんか?日焼け止めについて詳しく知っておかないと、UVケア所か返って肌にダメージとなってしまう日焼け止めもあります。そんな中でノンケミカルは敏感肌でも使える程、肌に優しいと言われているのです。
Legs Window Car Dirt · Free photo on Pixabay (166621)

そんな敏感肌でも使えるノンケミカルの日焼け止めの人気商品を、様々なジャンルに分けて紹介して行きます。また、ノンケミカルが敏感肌でも使える優しい日焼け止めと言われる理由や、ノンケミカルの日焼け止めの選び方、正しい日焼け止めの使い方も紹介しています。まずは、今話題のノンケミカルの日焼け止めがどのようなものなのか説明しましょう。

ノンケミカルとは?

Hygiene Bottle Container Hand · Free photo on Pixabay (166835)

ノンケミカルの日焼け止めとは、紫外線吸収剤を使用せず、紫外線産卵剤を使用した日焼け止めの事で、代表的な成分として、酸化チタンや酸化亜鉛などが挙げられます。肌の上で紫外線を反射させる事で肌を紫外線から守り、刺激が少ない成分でもあるため、敏感肌の人や子供でも安心して使える日焼け止めと言われています。
Cosmetics Gift Deco · Free photo on Pixabay (166834)

反対にケミカルの日焼け止めとは、紫外線吸収剤を使用した日焼け止めの事で、こちらは、紫外線を吸収し別のエネルギーに置換する事で、肌を紫外線から守ります。主な成分にメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、パラアミノ安息香酸などがあり、透明性が高く白く残らない、伸びが良い、汗で崩れないなどたくさんのメリットがあります。

敏感肌の人にはノンケミカルの日焼け止めがいい理由

Young Asia Cambodia · Free photo on Pixabay (166628)

先程紹介した通り、ケミカルの日焼け止めは紫外線を吸収して別のエネルギーに置換する事で、肌を紫外線から守る日焼け止めですが、紫外線エネルギーを吸収する時に刺激を感じる人が居ます。ちょっとした刺激でも感じてしまう敏感肌の人や肌の弱い子供に使う日焼け止めは、紫外線吸収剤を使用していないノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

ノンケミカルの日焼け止めの正しい選び方

Portrait Woman Girl · Free photo on Pixabay (166630)

ノンケミカルの日焼け止めと、ケミカルの日焼け止めについて紹介しましたが、紫外線吸収剤として用いられる成分は数多くあり、どれが紫外線吸収剤であるかを見分けるのは難しいものがあります。そこで、ノンケミカルの日焼け止めを選べるように、ノンケミカルの日焼け止めの選び方を紹介しましょう。日焼け止めの正しい選び方をしっかり覚えて、肌に優しい日焼け止めでUVケアをしましょう。

紫外線吸収剤不使用のものを選ぶ

Fluorite Fluorspar Glass Gloss · Free photo on Pixabay (166827)

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選ぶ事がこの記事の目的ですが、残念ながら紫外線吸収剤(ケミカル)と紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)を明確に分ける事は出来ません。と言うのも、ノンケミカルの日焼け止めに使われる成分である金属成分には、励起作用によって紫外線を吸収してしまう成分があるため、明確に分けられないのが現状です。ただ、紫外線吸収剤使用の物よりは刺激が少ないので、紫外線吸収剤不使用もしくは、無機系素材と明記されている物を選ぶと良いでしょう。

保湿成分が配合されたものを選ぶ

Toner Skin Skincare · Free photo on Pixabay (166824)

紫外線は肌に直接当たると、20~30分で肌の水分が蒸発すると言われており、肌の乾燥がより進行してしまいます。日焼け止めを塗る事で、肌の水分が蒸発するのを防げるのは当然ですが、保湿成分が配合されている日焼け止めを塗れば、保湿をしながら水分の蒸発を防いでくれるので、一石二鳥です。日焼け止めの選び方に保湿成分のチェックも入れておきましょう。

使う時のシーンに合わせてSPFとPAを選ぶ

Fashion Sun Hat Protection · Free photo on Pixabay (166623)

生活スタイルに合わせた日焼け止めの選び方が非常に重要となってきます。基本的にSPFとPAの数値が高ければ、日焼け止めの効果も高くなりますが、その分刺激も高くなります。一種の目安として日常生活程度であればSPF15/PA+の日焼け止め、屋外での軽いスポーツやレジャー活動をする時はSPF15~30/PA++、炎天下でのレジャー・リゾート地でのマリンスポーツ等を楽しむ場合はSPF30~50+/PA+++の日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めのタイプの特徴で選ぶ

Mask Facial Mud Water Of · Free photo on Pixabay (166818)

日焼け止めの選び方にタイプでの選び方があります。日焼け止めはタイプによって効果や使用目的が異なるので、目的やシーンに合わせて選びましょう。乾燥肌で高い効果の日焼け止めが欲しいならクリームタイプ、敏感肌のためのより低刺激な日焼け止めならミルクタイプ、付け心地抜群なのはジェルタイプ、メイクの上から使えるのがパウダータイプ、メイクの上からも髪にも使えるのがスプレータイプとなります。目的に応じて選び方も変えましょう。

石けんで落とせるものを選ぶ

Soap Horsetail Salt · Free photo on Pixabay (166813)

142 件
着用アイテム