赤リップが似合うメイクのコツは?チークやアイシャドウなどメイク術を解説

Description
赤リップを素敵に仕上げるやり方のコツや赤リップと相性が良いチークやアイシャドウのやり方についてまとめました。可愛い赤リップメイクにするためにはやり方のコツを押さえ、チークやアイシャドウ、黒髪と合わせたメイク方法を工夫するのがおすすめ。黒髪に合わせると可愛い赤リップのやり方のコツなど、さまざまなポイントを押さえながら赤リップをメイクに取り入れる方法を取り入れてみてはいかがですか。

赤リップと相性のいいメイクのコツが知りたい!

トレンドメイクとして取り入れる人が多い赤リップですが、実際に赤リップのメイクをしてみると「思っていた感じと違う…」と思うことがあるのではないでしょうか。そんな場合は赤リップのやり方のコツがしっかりと押さえられていないのかもしれません。赤リップのメイク方法を把握しておけば大人可愛い赤リップメイクを楽しめるので、やり方のコツをチェックしていきましょう。

赤リップを塗るときは唇の輪郭から

赤リップメイクのやり方のコツとしてまず知っておきたいのが赤リップは唇の輪郭を描いたメイク方法を取り入れた方が綺麗に見えるということ。はっきりとした色味の赤リップメイクの場合、輪郭を描かない方法だとだらしない印象になってしまうため、普段は輪郭を描いていない方も赤リップメイクでは輪郭を描くやり方を取り入れていくのがコツです。
リップブラシで赤リップの輪郭を描くやり方を取り入れるだけで、大人の女性にふさわしい素敵な赤リップメイクに仕上げることができます。赤リップを塗るときはリップブラシも準備しておく方法がおすすめ。100均などでも気軽に手に入れることができるので、持っていない方も赤リップメイクをきっかけに活用してみてはいかがですか。

唇の輪郭⇒真ん中へ筆を使ってみて

リップブラシに赤リップをとったら、輪郭に合わせてメイクしていきましょう。唇の山の部分など、細かなところも丁寧に赤リップで輪郭を入れるやり方が綺麗なメイクに仕上げるコツです。輪郭を描くことができたら、赤リップを輪郭から真ん中の方向へ広げてください。この順番で赤リップを入れるやり方だとメイク初心者でも綺麗に赤リップを仕上げることができます。

ムラが出ないように注意!

赤リップメイクをするときに気をつけておきたいのがムラができないようにすることです。いい加減なやり方で赤リップメイクをしていると、ムラができやすくなるため注意しましょう。赤リップにムラができると綺麗な発色に仕上げることができず、全体的にチグハグな印象になってしまいます。また、だらしない雰囲気にもなってしまうので赤リップメイクをするときは気をつけてください。
輪郭から真ん中の方へ赤リップを広げることによって、簡単にムラなくメイクを仕上げることができます。塗りやすいリップブラシを使って赤リップメイクをしていくのもメイク方法のコツ。自分が使いやすいリップブラシを試して、赤リップを綺麗に仕上げていきましょう。鏡をチェックしながらムラが出ていないかバランスを見るのも赤リップメイクのやり方のコツになります。

【チーク】赤リップと相性が良いメイクのやり方

綺麗に赤リップを塗ることができたら、次は他のメイク方法のコツも見ていきましょう。他のリップカラーよりも主張が強い赤リップの場合、チークやアイシャドウのメイク方法をこだわってバランスを取ることがコツになります。チークとアイシャドウ、赤リップのバランスを取る方法をチェックして素敵な赤リップメイクにしていきましょう。

色味はダークorマットなカラーがおすすめ

Blusher Makeup Cosmetics · Free photo on Pixabay (64055)

赤リップメイクの時は、ダーク系のカラーのチークを使うやり方がおすすめ。ブラウン寄りのチークだと赤リップの主張を和らげ、全体的にバランスのとれたメイクに仕上げることができます。発色が良すぎるチークだと赤リップと合わせて派手になりすぎるので気をつけましょう。質感はマット系のチークが赤リップにはぴったり。ツヤは抑えて、マット系チークにすることで落ち着いた大人可愛い赤リップメイクにしましょう。

やり方①頬骨に軽く載せる

それでは、チークのやり方を具体的にチェックしていきましょう。チークをチークブラシにとったら、頬骨に軽くのせていきます。笑ったときに一番頬骨が高くなる位置にすることがメイクのコツ。最初はふんわりと軽くのせることで、濃くなりすぎず赤リップと相性が良いチークメイクに仕上げることができます。

やり方②縁を描くように伸ばす

頬骨の高い位置にチークを軽くのせたら、メイクブラシをくるくると回しながら縁を描くようにしてチークを広げていきましょう。こうすることによって肌にチークがなじみやすくなり、ナチュラルな血色感を出すのがメイク方法のコツです。ふんわりと優しくチークブラシを回して血色感を出していきましょう。

赤リップと相性の良いおすすめチーク

赤リップにおすすめのチークは、NARSのブラッシュです。超微細パウダーを配合することによってチークが肌にぴったりと密着し、ナチュラルな血色感を出せるのが人気の理由。ふんわりとした血色感でおしゃれな印象に仕上がります。マットな質感で落ち着いたカラーも多いので赤リップとも相性が良いのではないでしょうか。

【アイシャドウ】赤リップと相性が良いメイクのやり方

チークの次はアイシャドウのメイク方法について見ていきましょう。赤リップとアイシャドウの相性も赤リップメイクでは大切なポイントです。アイシャドウが主張しすぎるメイクのやり方だと赤リップと喧嘩してしまうため気をつけましょう。赤リップをメインとしたメイクの場合はアイシャドウで引き算をするやり方がコツになります。

色味はブラウン・ゴールド系のカラーがおすすめ

赤リップメイクをするときにおすすめのアイシャドウカラーは、ブラウンやゴールド系です。ブラウンやゴールド系のアイシャドウは肌馴染みが良いので赤リップメイクをした時もバランスを取りやすいのが嬉しいポイント。しっとりとした大人の雰囲気にしたい時はブラウン、可愛い華やかさも加えたい時はゴールド系でアイシャドウをまとめて赤リップメイクを楽しんでみましょう。

やり方①アイホール全体にベースを馴染ませる

まずはアイシャドウパレットからベースとなるカラーをアイホール全体にのせていきましょう。ベースのアイシャドウを最初にのせることでその後に入れるアイシャドウの発色が良くなるので、最初にベースを入れておくのがアイシャドウメイク方法のコツ。明るめのカラーで目元をパッと明るく見せることができるのもポイントです。

やり方②中間色を二重幅に載せる

続いて、アイシャドウパレットの中から中間色を選んでいきましょう。中間色のアイシャドウは二重幅の部分にのせていきます。二重ではなく一重の方の場合は、まぶたの半分くらいを目安に中間色のアイシャドウでメイクをしてください。ベースの色とグラデーションになるようにアイシャドウを馴染ませていくのが綺麗なメイクに仕上げるやり方のコツです。

やり方③一番濃い色を目尻から1/3の範囲に載せる

最後に一番濃い色のアイシャドウを目尻から1/3の範囲に入れていきましょう。一番濃いアイシャドウはまぶたのキワにアイラインを引くような感覚で入れていくのがメイク方法のコツです。目尻から少しはみ出すようにアイシャドウを入れると目元をパッチリと見せやすいので、バランスを見ながらアイシャドウを入れてみてください。

赤リップと相性の良いおすすめアイシャドウ

赤リップメイクにおすすめしたいアイシャドウは、ルナソルのシャインフォールアイズ。ゴールドの色味の中にカーキを入れることによって、バランスのとれたアイメイクに仕上げやすくなります。ゴールドの華やかさが大人可愛い雰囲気を演出しながら、カーキの色味が赤リップの主張をほど良い加減に抑えてくれるのが魅力ではないでしょうか。

今年おすすめ!可愛い赤リップTOP3

Lipstick Make Up · Free photo on Pixabay (64089)

それでは、大人可愛い赤リップメイクにおすすめしたい赤リップをチェックしていきましょう。トレンドを押さえた赤リップでメイクするだけで、大人可愛い素敵な雰囲気を纏えるのが嬉しいポイントです。赤リップにも色々な種類があるので、自分のメイク方法に合った赤リップをトレンドメイクアイテムの中から見つけてみてはいかがですか。

3位:CANMAKE「リップ&チークジェル」#06ダークプラムシュガー

プチプラで手に入れやすいことで人気を集めているのがCANMAKEのリップ&チークジェル。リップにのせるとマットな質感に仕上がり、大人可愛いメイクを楽しめると人気です。落ち着いた風合いのダークプラムシュガーが赤リップメイクにおすすめ。チークとしても使えるので、簡単に赤リップメイクを取り入れたいときにぴったりではないでしょうか。

2位:ルナソル「フルグラマーリップス」#ソフトブラウンレッド46

続いて赤リップメイクにおすすめしたいのがルナソルのフルグラマーリップス。ブラウン寄りの色味が可愛いソフトブラウンレッドが赤リップメイクにぴったりです。ブラウン寄りなので派手なメイクにならず、大人の女性らしい可愛い雰囲気に仕上げるのが嬉しいポイント。ブラウン寄りの赤リップの場合は、オレンジ系のチークでメイクをするのが相性が良いと言われています。

1位:シャネル「ルージュアリュークインク」#148

シャネルのルージュアリュークインクは、自然な血色感でメイクをすることができる人気のアイテム。赤リップは肌から浮いてしまうことがありますが、シャネルの赤リップであればナチュラルにメイクすることができるので赤リップ初心者にもおすすめです。#148はオレンジ寄りの赤リップで明るく可愛い印象を作りたいときに最適ではないでしょうか。

赤リップをうまく馴染ませる方法!メイクの注意点は?

Lipstick Cosmetics Face · Free photo on Pixabay (64091)

可愛い赤リップを手に入れたとしても、メイク方法が間違っているとイマイチな印象になってしまいます。赤リップのメイクで失敗しないように注意点を把握しておくのがおすすめ。メイク方法の注意をチェックして赤リップを綺麗に仕上げていきましょう。

悪目立ちする場合は軽くティッシュでオフ

赤リップを塗ったときに気になるのが悪目立ちをしてしまうということです。赤リップでメイクをして鏡を見たら「唇だけ浮いている…」と感じることはありませんか?そんな時は赤リップだけが悪目立ちしているので気をつけましょう。

浮いてしまうときは指でポンポン馴染ませる

赤リップが悪目立ちしてしまった時は、ティッシュオフしてみましょう。赤リップメイクをした後にティッシュを唇で挟んで軽くティッシュオフします。こするのではなく、唇でティッシュを挟むのがやり方のコツ。赤リップが悪目立ちする時は取り入れていきましょう。

ベタ塗りは老けメイクになるから注意!

赤リップメイクをする時はベタ塗りはやめておきましょう。赤リップの色を際立たせたいからといってベタ塗りをしていると老けているような印象になってしまうため、赤リップを塗る時は適度な抜け感を作ることが大切になります。
リップブラシで輪郭を描いたら、内側に向かって赤リップを馴染ませていくようにするとベタ塗りになりにくくなります。リップブラシに一度赤リップをのせたら、あまり足さずに馴染ませることで抜け感が出るのではないでしょうか。

黒髪の場合はツヤを意識して!

黒髪の場合、マット系の赤リップでメイクをするとモードになり過ぎてしまう場合があります。黒髪は赤リップと相性が良いですが、黒髪でモードになり過ぎると全体的に浮いた印象になるため気をつけましょう。黒髪で赤リップメイクをする場合は、黒髪と相性ぴったりなツヤ感のある赤リップがメイクにおすすめです。
黒髪とツヤ感のある赤リップを合わせてメイクをすると、大人の女性にふさわしいセクシーな印象になります。黒髪もツヤが出るようにヘアスタイリングして、魅力的な黒髪×赤リップの組み合わせを楽しんでみてはいかがですか。女性らしさを出したいときや、パーティーなどの華やかなシーンで黒髪と赤リップの組み合わせがおすすめです。

赤リップメイクを攻略してセクシーな口元を作ろう

赤リップでメイクをしたのにイマイチ良い感じに仕上がらない、という場合は赤リップメイクのコツを見直してみましょう。赤リップの輪郭を描くこと、リップブラシで中央に向かって馴染ませていくことなどやり方の順番を把握しておけば、簡単に綺麗な赤リップメイクに仕上げることができます。
赤リップメイクをする場合は、チークとアイシャドウの組み合わせもとても大切。チークやアイシャドウは落ち着いた色味で赤リップとバランスを取ります。黒髪の場合はツヤ感を意識するなど、他のポイントをもしっかり押さえたやり方で赤リップメイクを楽しみましょう。
73 件
着用アイテム