浴衣に肌着や下着の必要性やキャミソールでも代用可?必要な小物も紹介

Description
浴衣の場合に必要な肌着やおすすめの代用品をまとめました。浴衣を着る時はブラなどが透けないように肌着を着用するのがおすすめ。肌着なしで浴衣を着るとブラが見える可能性があるため、しっかりと肌着を使うようにしましょう。浴衣用の肌着がなくてもキャミソールなどで代用できるのでブラなどが透けない上品な着方をする為に取り入れていきましょう。肌着を浴衣に合わせる時のおすすめ品と正しい着方をチェックしてみてください。

浴衣を着る時に悩む肌着問題…

お気に入りの浴衣でお出かけをする時、万全の状態にしておきたいのが本音です。普段着ない浴衣だからこそ、浴衣以外のところで気になるところが多く出てくるのではないでしょうか。その中でも気をつけておきたいのが肌着。洋服を着るときに肌着が必要になるように、浴衣にはどういった肌着が必要なのか、そもそも肌着を着た方が良いのかなど浴衣に関する肌着問題の悩みはたくさんあります。今回は、そんな浴衣の肌着についてまとめました。肌着で悩んだ時に参考になる浴衣の情報についてチェックしていきましょう。

浴衣は着たいけど肌着は何を着れば良いの?

好みの浴衣を見つけたら、それ以外の準備もしっかりと行なっていきましょう。浴衣を着用する時に悩みがちなのだ肌着です。浴衣に合わせる肌着にはどんなものが良いのか迷うことはよくあるのではないでしょうか。特に浴衣を普段着ていない人にとっては浴衣に合わせた肌着のタイプを選ぶのは一苦労です。浴衣と肌着の組み合わせをしっかりと把握しておくことによって上品な浴衣の着こなしになるので、浴衣を着る前に肌着の着方についてもチェックしておきましょう。

浴衣によってはブラや下着が見える…

薄い生地の浴衣の場合、肌着を着ない状態だとブラを始めとした下着が透けて見える可能性があります。せっかく可愛い浴衣を着て出かけてもブラが透けて見えるような状態では台なしではないでしょうか。浴衣を着た時に恥ずかしい思いをしない為にもブラが見えるようなことは避けておきましょう。浴衣を着ている場合、透けているか透けないかは自分では分かりにくいためあらかじめブラが透けない肌着を準備しておくと安心ではないでしょうか。

和風のものは着方が難しそう

ブラなどの下着が透けないように肌着を着用することが大切ですが、浴衣のような和装の肌着は着方が難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。着慣れていない浴衣だからこそ、肌着に関しても初心者には難しい着方を取り入れなければならないと考える人もいるかもしれません。そうなると、浴衣に下着を合わせることに対してハードルを感じてしまいますが、ブラが透けないようにする為にもしっかりと肌着にこだわることが大切。実は意外と簡単な着方で浴衣の肌着は取り入れられます。

そもそも浴衣の中に肌着は必要?

そもそも、浴衣を着る場合は肌着が必要なのでしょうか。浴衣のような和装をする時は、どのような組み合わせでベースを作っていくのかわからない方も多いため、肌着なしが良いのか、有りが良いのか悩む場合がたくさんあるかもしれません。浴衣を購入する時に肌着のコーナーがある場合が多いので、「買おうかな?」と悩むことも多いのではないでしょうか。浴衣に肌着は必要なのかどうかをまずはチェックしておきましょう。

必ずではないが当然着た方が良い

浴衣を着用する時の肌着問題に関して、結論から言うと必ず肌着をつけなければならない訳ではありませんがマナーとして肌着と着用するのがおすすめ。普段の洋服でも肌着を着用するように、浴衣を着る時も肌着を着るのが一般的です。肌着を着ずに浴衣を着用することでさまざまなトラブルがおきてしまう可能性があるため、やはり肌着は浴衣を着る前に取り入れておきましょう。肌着を着ていれば、浴衣を着た日も1日をかけて快適に過ごすことができます。

肌着を着れば下着が透けない

浴衣の前に肌着を着ておくこともメリットとして挙げられるのが、ブラなどの下着が透けないということです。肌着を着ずに浴衣を着用した場合、薄い生地だとブラを始めとした下着が見える可能性が高くなるため気をつけましょう。「浴衣だし肌着なしでも大丈夫かな?」と思ってしまう方がいるかもしれませんが、知らないうちにブラが見えるようになっていた、ということになったら大恥をかいてしまいます。ブラが透けないように上品に浴衣を着こなす為にも肌着を取り入れていきましょう。

汗をかいてもべたつかない

肌着はブラが透けないようにする以外に浴衣が汚れないようにするためにもおすすめしたいアイテムです。浴衣は涼しそうに見えて夏の日はかなり暑く感じるため、浴衣の内部は汗で蒸れやすくなるのが特徴。肌着なしの場合、かいた汗で体がベトベトになってしまうのではないでしょうか。汗でベトベトになったら浴衣を着ていても不快に感じ、その日を楽しく過ごすことができないかもしれません。肌着を着用していれば汗を吸収してくれるので、ベトベトとした状態になるのを防いでくれます。

なにより浴衣を中から汚さない

ブラが透けないなどのメリットがある肌着ですが、肌着を着用する最大のメリットとして挙げることが出来るのが浴衣を汚さないということです。一見すると綺麗に見える浴衣でも、内部から汗がつくことによって徐々にシミが広がる可能性があるため気をつけましょう。肌着を着用しておけば汗をかいた時に浴衣にシミがつきにくくなり、清潔で綺麗な状態をキープできます。肌着なしの場合は汗が直接浴衣について後から汗ジミとなって現れるので注意が必要。浴衣を綺麗にしておくためにも肌着はおすすめしたいアイテムです。

浴衣の肌着はキャミソールでも代用できる?

Dress White Wardrobe · Free photo on Pixabay (90599)

ブラが透けないようにすることができ、汗ジミなども防ぎやすくなる肌着ですが、もともと浴衣用の肌着を持っていないと他の物で代用したいと感じるのではないでしょうか。年に数回しか着用しない浴衣のために肌着を購入するのはもったいない、という場合は代用できるアイテムを取り入れるのがおすすめ。浴衣専用の肌着でなくても代用できるおすすめのアイテムはいろいろあるので、自分の手持ちの肌着を活用して快適に浴衣を着るようにしてみてはいかがですか。

キャミソールでも代用可能

浴衣の肌着の代用品としておすすめなのがキャミソールです。キャミソールは浴衣の肌着の代用として活用できるので、お手持ちのキャミソールを活用してみてはいかがですか。派手な色のキャミソールやいろいろなデザインが入ったキャミソールだと浴衣から見える可能性があるため、肌色や白色など浴衣のデザインに響かないタイプが代用品としておすすめです。下着が透けないようにするためにも、普段使っているキャミソールを代用して綺麗に着こなしていきましょう。

下にはペチコートがおすすめ

浴衣に肌着を取り入れる場合、キャミソールだけだと他の下着が見える可能性があります。下の部分も透けないようにするために、ペチコートで代用するのがおすすめ。ペチコートを一枚つけておけば、下着が透けないようにすることが出来るので上品に浴衣を着こなすためにもペチコートを取り入れておきましょう。ペチコートであれば他の洋服で使うことも多いので持っている場合が多いのではないでしょうか。

選ぶときは綿のものを選ぼう

浴衣の肌着として代用するのにはキャミソールやペチコートがおすすめですが、素材にもこだわっておきましょう。代用品の素材としておすすめなのが綿です。綿は吸水性が高く、すぐに乾燥しやすい性質を持っているので、汗をかきやすい浴衣を着ている場合も安心。さらっとした着心地を長時間楽しむことが出来るおすすめの素材です。浴衣の代用品としてキャミソールやペチコートを取り入れる場合は、素材が綿になっているかどうかを確認してみてはいかがですか。

キャミソールよりも和装用肌着の方がおすすめ

キャミソールやペチコートなどおすすめの代用品がありますが、やはり可能であれば浴衣専用の肌着があると安心です。浴衣を着用しやすい工夫が加えられてあるので、浴衣専用の肌着を取り入れた着方で快適に着こなしてみてはいかがですか。浴衣専用の肌着は大きく二種類に分けることができます。それぞれに良い特徴があるので、お好みの方を選んでいきましょう。着方も簡単なので、下着が透けない浴衣の肌着として活用してみてください。

ワンピースタイプの肌着

一つ目の肌着の種類として挙げられるのがワンピースタイプです。ワンピースタイプはその名前の通り、上から下までひと繋ぎになっており、簡単な着方で取り入れられるのが魅力。襟ぐりが広めに開いているワンピースタイプの肌着の場合は足から入れることもできます。ワンピースタイプの肌着が最近の浴衣では合わせるパターンが多いようなので、下着が透けないようにするためにぜひチェックしてみてはいかがですか。

セパレートタイプの肌着

続いて挙げられる肌着のタイプはセパレートタイプです。上と下で分かれているタイプの肌着になっているのが特徴。上と下で分かれている方が良いか、ワンピースタイプの肌着が良いかは個人のお好みによるので着方がやりやすい方を選んでみてはいかがですか。どちらの肌着も着やすさや快適さをしっかりと考えられたデザインになっているので、浴衣の肌着としての役割を果たしてくれます。

浴衣の肌着で必要なアイテム

浴衣を着るときは肌着以外にも必要となるものがあります。浴衣の肌着と一緒に取り入れておきたいおすすめのアイテムについてもチェックしておきましょう。事前に準備をしておけば浴衣を着る時に快適に着こなすことができ、体のラインも綺麗に見せることが出来るので選び方にもこだわってみてはいかがですか。

ワイヤーなしのブラ

浴衣を着用する時に必要になるのがワイヤーなしのブラです。浴衣を綺麗に見せるための着方として大切になるのが、なるべく体を寸胴に見せるようにするということ。洋服の場合は体のラインにメリハリが合った方が綺麗に見せられますが、浴衣の場合は寸胴の方が素敵な雰囲気に仕上げられます。胸が帯に乗っかるような形になっていると老けて見えるため注意が必要。特に胸が大きめの方はワイヤーなしブラを活用してなるべく胸の形を見せないようにすることが大切になります。
浴衣専用のブラの場合、なるべく胸の形を出さないような仕様になっているので簡単な着方で綺麗なラインを出すことができるようになります。浴衣を着る時はワイヤーなしのブラにすることも大切なポイント。ワイヤーなしであれば圧迫感がなく、快適に浴衣を着ることができます。浴衣は帯などで体を締め上げることが多いのでワイヤーなしのブラでないと着心地が悪くなる可能性があるため注意が必要。ワイヤーなしの快適なブラを手に入れて、浴衣を綺麗に着こなしてみてはいかがですか。

肌に接するものは綿のものを選ぶ

見える部分だけでなく、見えない部分にもこだわるのが浴衣を綺麗に着こなすためのポイント。浴衣と合わせる下着類は棉の素材を使うのがおすすめです。肌に直接触れる肌着や下着だからこそ、肌に優しい素材を使うのが大切になります。綿は吸水性が高いため、汗をかきやすい浴衣だったとしても快適に着こなすことができるのが特徴。敏感肌の方でも綿であれば安心して着用することができるのではないでしょうか。
汗をかいて浴衣の内部が蒸れると、汗疹などの原因になる可能性があります。せっかく可愛い浴衣を着たのに夜になったら汗疹ができていた、ということになったら残念ではないでしょうか。そうした肌のトラブルを防ぐためにも肌着や下着の素材は綿を使うのがおすすめ。肌に優しい綿であれば長時間着用していても蒸れにくいので、1日を通して浴衣で過ごしたい場合に取り入れてみてはいかがですか。

足の汗が気になる人はステテコを

足の部分が汗をかきやすく、浴衣と伝ってしまうという場合もあるのではないでしょうか。そうしたタイプの方はペチコートや普通の浴衣専用の肌着だと汗にしっかりと対処することができない可能性があります。足に汗をかきやすい場合におすすめしたいのがステテコ。ステテコを浴衣の下に着用しておくことで足にたくさん汗をかいても吸着し、快適な状態を保つことができます。綿タイプのステテコを取り入れて、汗をかきやすい時期も楽しく浴衣を着てみてはいかがですか。

肌着選びで浴衣姿でも快適に

浴衣を着る時も普段の洋服と同じように肌着を着用することが大切です。肌着を着ていないと下着が透けて見えるようになったり、汗ジミができやすくなるため気をつけましょう。下着が透けないタイプの肌着を着ていれば、どのようなデザインの浴衣でも安心ではないでしょうか。キャミソールやペチコートで代用することができますし、普段の洋服と同じような着方で取り入れられるので浴衣に肌着は欠かさないようにしましょう。
55 件
着用アイテム