結婚式の羽織の着こなし術!選び方のコツやマナーやNGポイントも紹介

Description
結婚式は普段よりも肌を露出させた格好をしますので、羽織のようなアイテムを1つ持っておくのがおすすめです。しかし、実際ドレスに合わせる羽織がどのような物が良いのかと迷ってしまう人もいるでしょう。そこで、結婚式の着こなしにおすすめの羽織についてまとめてみました。羽織を選ぶ際のポイントや気になる結婚式でのマナーや、さらには羽織を取り入れた結婚式のおしゃれな着こなしについても見てみましょう。

知っておきたい結婚式の羽織のマナー

結婚式には、ワンピースドレスや着物などの華やかな服装で出席するものですが、ワンピースドレスなどを着る際はノースリーブタイプのものや半袖の物を着ることが多いため、羽織が欠かせません。結婚式の服装には色々なマナーがあるわけですが、当然服の上に着る羽織に関しても当然のごとくマナーがあります。結婚式に出席する際には、羽織物のマナーについても押さえておくべきでしょう。

常識なしなんて言われたくない…

結婚式に関するマナーはかなり多くあるので、すべてを把握するのは大変なことです。しかし、結婚式はおめでたい席ですから、大変であってもそれらのマナーについてはしっかり把握しておく必要があるでしょう。特に、服装に関しては多くの人の目に触れるものですから、マナーをしっかり守っておきたいところです。マナー違反をしてしまうと、新郎新婦に恥をかかせてしまったり、非常識などと思われかねません。

結婚式の羽織でおしゃれ度もアップ

結婚式に着るドレスなどは、それ1枚だけでも十分におしゃれで華やかな雰囲気ではありますが、そこに羽織物をプラスさせることによって、また違う印象のコーデになりますし、それだけではなく、よりおしゃれで上品な雰囲気を作ることができます。実際、羽織物があらかじめドレスにセットされているようなワンピースもあるくらいですから、それくらい羽織ものの存在は大きいということです。

羽織は色んな役割がある

また、結婚式に着る羽織物には色々な役割もあります。結婚式に着るドレスなどは普段着ている服に比べると露出が高いものばかりです。そんな露出を抑える役割が羽織にはあります。だいたいその目的で羽織を着る人が多いのではないでしょうか。あとは結婚式が行われる季節が冬の場合です。袖のないワンピースなどではかなり肌寒かったりしますから、防寒のために羽織を着る場合もあるでしょう。

結婚式の羽織の選び方

では実際に、結婚式に着る羽織はどのように選ぶのが良いのかということについて具体的に見ていくことにしましょう。結婚式のマナーを踏まえて選ぶのはもちろんのことですが、これからの季節は、特に防寒具として羽織を着ることもあるでしょうから、それも踏まえた上手な羽織の選び方をしたいところです。

ジャケットやカーディガンは長すぎないものを

結婚式に着る羽織物といえば、カーディガンやジャケットなどが代表的なものでしょう。カーディガンであれば、脱ぎたい時には脱いで小さく畳んで置けば荷物の邪魔にはなりません。カーディガンもジャケットも、普段感が強く出ているようなものはNGです。あくまで、結婚式に羽織る用のカーディガンやジャケットを選ぶようにしましょう。そうでないと、結婚式用のドレスと相性が悪くなってしまいます。
分かりやすいところで言うなら、ジャケットやカーディガンの丈の長さです。普段の服装で考えると、最近ではロングカーディガンが流行っていますし、丈の長めのジャケットでコーデするのもおしゃれです。しかし、結婚式で長めの物を着てしまうとカジュアル感が出てしまいます。ですから、結婚式では腰よりも短い丈のジャケットやカーディガンを羽織るようにしましょう。そうすることで一気にフォーマル感が出ます。

ドレスとの相性も大切

次にドレスとの相性です。結婚式に着て行くコーデでは、やはりドレスが主役になりますから、あくまでそれを引き立てるようなカーディガンやジャケットなどを羽織る必要があります。まずは自分が着たいドレスがどのようなものなのかということです。特にドレスと羽織物との色味のバランスはとても大事で、濃い色のドレスを着た場合は淡い色の羽織を合わせるなど、バランスを取った方がよりおしゃれです。
ドレスと羽織の色味を真逆の物にすることでメリハリのあるコーデになりますし、コーデが引き締まって見えたりするものです。しかし、だからと言ってドレスと羽織を同系色にしてはいけないということではありません。ドレスも羽織も同系色でまとめた場合は、全体的に落ち着いた柔らかい印象の着こなしになりますから、そのようなイメージに仕上げたい場合にはおすすめです。

派手すぎない色を選ぶこと

上でご紹介したように、羽織を選ぶ時にはドレスとの相性を考えたりして選ぶものですが、具体的にはどのような色味が良いのでしょうか。避けた方が良い色味としては、羽織だけ見ても派手目な色やデザインの物です。あくまでドレスがメインなわけですから、それよりも羽織が目立ってしまうようなものだと、ドレスが全く引き立ちません。主張しすぎるデザインや色の羽織は選ばないようにしましょう。
無難な羽織の色は、ベージュや紺や黒などのベーシックカラーと言われるものです。黒や紺の羽織は使い回しが効きますから、あえてそれを選ぶ人も多いかもしれません。しかし、結婚式に黒色のドレスを着る人がかなり多いように見受けられますから、同じ暗い色味を選んでしまうと、暗い着こなしになってしまいます。迷ったときは、比較的どんな色のドレスにも合うベージュ系の色味を選ぶのがおすすめです。

結婚式の羽織でNGなもの

次に、結婚式で着る羽織のマナーについても触れていきましょう。結婚式に着て行くのにNGなドレスなどがあるように、羽織に関してもNGのアイテムなどがあります。いくらドレスや小物類のマナーを守っていても、一番上に着る羽織のマナーが守られていないと、せっかくの着こなしが台無しになってしまいます。NGマナーをしっかりと押さえた上で羽織選びをするようにしましょう。

黒いドレス×黒い羽織

72 件
着用アイテム