化粧水の効果的な使用方法は?プチプラでおすすめのアイテムを紹介!

Description
化粧水の効果的な使用方法は、意外と知らずに使用してしまっている人が多いと言われています。プチプラでおすすめの人気化粧水でも、ニキビ対策や肌への効果を実感できるアイテムも増えているようです。化粧水を効果的に使用するには、肌への栄養素を浸透させる時間にもポイントがあると言われています。そんな気になる化粧水の効果的な使用方法を始め、人気化粧水やプチプラでも効果を実感できると人気のおすすめの化粧水などたっぷりとご紹介して参ります。

化粧水を効果的に使ってますか?

化粧水の効果が実感できないとお悩みの人は、化粧水を効果的に使っていない場合があると言われています。デパコスからプチプラまで人気ブランドの化粧水を使用していても、効果が実感できないのには使用方法や肌質に合った選び方をしていない場合も少なくないです。そんな化粧水の効果を実感できる使用方法や選び方など、おすすめ化粧水もたっぷりとご紹介して参ります。

そもそも化粧水とは

そもそも化粧水とは一体どんなスキンケア商品なのか、普段何気なく使用している化粧水でも効果的に使うとなると化粧水の事をもっと知りたいという人も多いです。化粧水は、保湿や肌の状態をコントロールして触れたくなるような肌の触感へと導くアイテムと言われています。化粧水は、角質層などを保湿してくれる効果もあり、化粧水は水が70%で出来ていて、残りは商品に寄って化粧水の目的に適した成分が含まれているようです。

化粧水の効果は?ニキビ対策にもいい?

化粧水の効果は、ニキビ対策にもいいという声もあります。ニキビにも乾燥肌が原因のニキビもあれば、脂性肌が原因で起こるニキビもあるため、それぞれ化粧水もニキビに特化した化粧水を選ぶ事も大切なポイントとなってくるでしょう。大人ニキビに効果的な化粧水も多く発売しており、大人ニキビ対策には、保湿を意識した化粧水でのニキビ対策も大切なポイントとなってくるようです。
10代のニキビは、皮脂などが原因で起こるニキビ肌が多いですが、大人ニキビとなると乾燥が原因のニキビが多いので、保湿もニキビの炎症を抑える作用もあるような化粧水を使用する事で、ニキビ対策にも繋がると言われています。

化粧水の効果を引き出す使い方と選び方

化粧水の効果を引き出す使い方には、化粧水の種類を変えてみたりメンタル面も意識する事で化粧水の効果UPに繋がる意外な使い方もあるようです。また、化粧水の選び方ポイントも知っておくことで、肌質に合った化粧水との出会いが期待出来るでしょう。

肌質にあった化粧水を選ぼう

化粧水の効果を得る為には、肌質にあった化粧水を選ぶのが何よりも大切と言われています。ニキビにお悩みの人で脂性肌タイプは、化粧水を選ぶ時に保湿成分とビタミンC誘導体を配合している化粧水を選ぶのがポイントと言われています。テカりやすいけど、乾燥ぎみというインナードライ肌タイプには、保湿重視で化粧水を選ぶのが鍵となるでしょう。
また、肌質が混合肌タイプは2種類の化粧水を使用している人も多いです。拭き取りタイプのニキビ肌や毛穴対策におすすめの化粧水は、乾燥しやすい化粧水が多いため、ニキビが気になる部分だけに使用して、その他は高保湿な化粧水を使用して行くのも大切と言われています。いずれにしても、化粧水の効果を実感するには保湿が鍵となってくるのが分かります。

適量を守った方がより効果的

化粧水の効果を実感するのに効果的な化粧水の使い方は、使用量も関係してくると言われています。化粧水それぞれにも、使い方や適量がどの位か説明書きしてあるものが殆どですが、化粧水は基本的に500円玉ほどを取って使用するのが適量と言われています。化粧水の適量を守った方がより効果的であり、勿体無いからといって少ししか使用しない場合は化粧水の効果が中々実感出来ないという人も稀にいらっしゃるようです。

回数と浸透させる時間にも注意

意外と見落としぎみなのが、化粧水を浸透させる時間です。回数と浸透させる時間は、化粧水を効果的に使う方法として大切なポイントであり、化粧水を手で浸透させる使い方とコットンを使用して浸透させる使い方に分かれています。人気ブランドのおすすめ化粧水に寄っても、コットンを使用と説明に書かれている場合もあります。
コットンを使用して化粧水を効果的に使用する場合には、洗顔後に顔についた水分を優しく拭き取り、コットンの裏側まで化粧水が浸透する位の量を取り、顔の真ん中から外側へと意識して化粧水を馴染ませて行きます。デリケートな目元など部分的にソフトなタッチで浸透させて、皮脂や毛穴などが気になる鼻や額部分は拭き取るように化粧水を使うのもコツと言われています。
そして、最後に15秒ほどハンドプレスを丁寧に優しくしてあげるのも効果的です。更に、年齢が出やすい首元や鎖骨辺りまでも化粧水の残りを手で伸ばしてあげるのも更なる効果が実感出来ると言われています。手で化粧水を効果的に使用する場合には、洗顔後タオルなどで優しく顔についている水分を拭き取り、化粧水を2回にわけてつけて行きます。最初の適量半分は手の平に乗せて温めながら顔の真ん中から外方向へと優しく浸透させて行きます。
87 件
着用アイテム