おすすめプチプラCCクリーム17選!肌がキレイに見える素肌美人に!【2019】

Description
ナチュラルな素肌を作ってくれる化粧下地を探しているなら、CCクリームがおすすめです。CCクリームは、欠点を隠すのではなく、肌本来の美しさを引き出してくれるアイテムとして人気があります。CCクリームは様々なメーカーから販売されていますが、プチプラのCCクリームもかなり優秀なものが揃っているようです。そこで今回は、気軽に使えるプチプラのCCクリームについて、おすすめのアイテムを17選ご紹介したいと思います。

素肌美人に!おすすめのプチプラCCクリームをご紹介

しっかりメイクではなく、まるですっぴんのような素肌感のあるナチュラルメイクを目指すなら、CCクリームがおすすめです。中でもリーズナブルな価格なのにクオリティが高いとして人気なのが、プチプラ価格で買える肌に優しいCCクリームです。今回はそんなプチプラが魅力のおすすめCCクリームやCCクリームの選び方、CCクリームの使い方のコツなどをご紹介したいと思います。

CCクリームとは?

そもそもCCクリームとはどのようなアイテムなのでしょうか。CCクリームは、Color Controlの頭文字を取ったクリームで、主に化粧下地として使用されるものです。テクスチャは軽めで肌馴染みの良いものが多く、薄付きなのでナチュラルなすっぴんに近い仕上がりになります。スキンケア効果のある美容成分がたっぷり入っているものが多く、メイクしながら美肌に近づける効果もあります。中には日焼け止め効果のあるものもあり、選び方によってはベースメイクがCCクリームだけで完了出来るメリットもあります。

BBクリームとの違いは?

CCクリームは、美容大国韓国生まれのコスメです。韓国から入ってきて爆発的にヒットしたコスメと言えば、BBクリームがあります。CCクリームとBBクリーム、名前も似ていますがどのような違いがあるのでしょうか。BBクリームは、Blemish Balmの頭文字を取ったものです。Blemish Balmを翻訳すると傷を修復する軟膏、と言う意味です。BBクリームは、傷跡を隠せるくらいカバー力のあるアイテムであるとして、ヒットしたコスメです。
CCクリームがすっぴんのようなナチュラルな仕上がりになるのに対し、BBクリームはしっかりと肌の欠点をカバーして美しく見せるアイテムです。BBクリームを使うと比較的しっかりメイクのイメージになります。BBクリームかCCクリームかどちらを使うかと言う選び方は、メイクの仕上がりのイメージで選びます。しっかりメイクに見せるならBBクリーム、すっぴん風ナチュラルメイクに見せるならCCクリームを選ぶのがなりたい顔になれるコツです。

プチプラCCクリームの魅力

CCクリームの魅力と言えば、厚塗り感のないすっぴん風の美肌を作ることが出来るということです。また、肌に低刺激で敏感肌の女性にも安心して使えるアイテムも多いと言うのも、魅力となっています。更にプチプラであれば、コスト面でのメリットもあります。メイク下地はほとんど毎日使用するものですので、出来るだけコストの安いものを選びたいと言う方も多いでしょう。プチプラCCクリームの魅力は、選び方によって低コストでナチュラルな美肌を作ることが出来るという点にあります。

プチプラCCクリームの選び方

プチプラで購入出来るCCクリームは、日本製のものや外国製のものなど現在様々なメーカーから発売されていますが、自分に合ったCCクリームの選び方はどのようにすれば良いのでしょうか。CCクリームの選び方には、色々な方法がありますのでここではプチプラCCクリームの選び方のコツやポイントについて、詳しく解説していきたいと思います。

肌の色や悩みに合わせて選ぶ

CCクリームの選び方には、肌の色や悩みに合わせて選ぶ方法があります。CCクリームは、素肌の色をコントロールする効果があり、ほとんどのCCクリームは色付きになっています。選び方のコツとしては、自分の素肌の肌色に近い色のCCクリームを選びましょう。また、肌の色の悩みに応じて選ぶ選び方もあります。肌の色がくすみがちなら、光を反射するパール効果のあるCCクリームを選んだり、肌がブルーベースで青白く不健康に見えがちなら、ピンク系のCCクリームを選ぶのがコツとなります。

肌に優しいものを選ぶ

Harvest Tomato Pumpkin · Free photo on Pixabay (145282)

CCクリームの選び方のコツとしては、肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。CCクリームの中には、オーガニック成分で出来ているものや、敏感肌の方にも刺激の少ない成分だけで出来ているものも多数あります。せっかく使うのであれば、そのような肌に優しいCCクリームを使って、肌に負担を出来るだけ掛けずに美しい素肌を目指しましょう。

CCクリームの効果で選ぶ

CCクリームの選び方のコツには、CCクリームのもたらしてくれる効果で選ぶ方法があります。CCクリームには保湿効果の高いオイル成分や美白効果のある成分といった、美容成分をたっぷり含んだものも多くありますので、メイクをしながらスキンケアを行うことも出来ます。では、具体的にCCクリームにはどのような効果を期待出来るのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

効果①保湿効果

Olive Oil Salad Dressing Cooking · Free photo on Pixabay (145284)

乾燥肌が気になる女性には、保湿効果のあるCCクリームを選ぶのが肌に負担を掛けないコツです。CCクリームの中には、高保湿のものも多いですので、そのような保湿タイプのCCクリームを選んでみましょう。保湿力の高いCCクリームの選び方としては、CCクリームの成分表記を確認します。成分表記にオイル系の成分やヒアルロン酸などの成分が含まれていると、高い保湿効果を期待出来ます。

効果②UV効果

CCクリームの中には日焼け止め効果のあるアイテムも沢山あります。CCクリームは化粧下地として使用出来ますが、日焼け止め効果のあるCCクリームであれば、別途日焼け止めをメイク前に使用しなくても良いので、毎日のメイクがとても楽になります。CCクリームのパッケージに、UVカット効果を表すSPFやPAの表記があるものを選ぶと良いでしょう。ただし、日焼け止め効果の高いCCクリームは、肌に負担を掛けやすいため自分の肌質と相談しながら選んでください。

効果③美容効果

CCクリームはメイク下地としてだけでなく、スキンケアアイテムとしても使うことが出来ます。CCクリームによって含まれる成分は大きく異なりますが、同時に美白ケアが出来るアイテムであったり、肌のハリが出る効果のあるアイテム、小じわを改善してくれるアイテムなど、色々な効果を期待出来ます。自分の肌の悩みに合った、美容成分が含まれるCCクリームを選んでみると良いでしょう。

原産国で選ぶ

CCクリームは先ほど申し上げた通り、元々は韓国生まれのコスメアイテムです。最近では国産のCCクリームも沢山作られていますが、選び方として原産国で選ぶ方法もあります。では、国産のCCクリームと韓国製のCCクリームではどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリットやデメリットを確認してみました。

原産国①日本産

まず日本産のCCクリームの特徴を見ていきましょう。日本産のCCクリームのメリットとしては、まず安全性が高いということが挙げられます。日本の安全基準に則って製造されていますので、とても安心感があります。また、日本人の肌質に合わせて作られているというのもメリットでしょう。日本製のCCクリームのデメリットとしては、価格が高めのものも多いと言うものがあります。ただし最近ではプチプラの国産CCクリームも増えていますので、コスト面を気にするのであればプチプラのCCクリームがおすすめです。

原産国①韓国産

続いて韓国産のCCクリームですが、日本製のCCクリームと比較して値段がリーズナブルであることが多いようです。特に本場韓国で購入すれば、かなり安い価格で購入することが出来ます。また、日本ではあまり使われない美容成分も配合されており、肌に合えば高い美容効果も期待出来ます。反面、成分表記がハングル文字で書かれているとどんな成分が入っているのかを把握しにくいため、敏感肌やアレルギー体質の方は注意が必要です。

おすすめのプチプラCCクリーム【年齢別】

CCクリームの魅力や選び方が分かったところで、ここからはおすすめのプチプラCCクリームについてご紹介していきたいと思います。まずは、20代、30代、40代の年齢別におすすめのCCクリームをご紹介します。女性の肌は20代、30代、40代と年齢によってどんどん変化していきます。年齢によって必要とされる成分や効果も異なりますので、選び方の基準として年齢を考慮するのがおすすめです。では早速、年齢別のおすすめプチプラCCクリームをご紹介します。

20代におすすめ:ナチュグラッセ/メイクアップクリームN

20代の女性におすすめのプチプラCCクリームは、ナチュグラッセのメイクアップクリームNです。こちらのアイテムは、化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、保湿美容液、ブルーライトカットという5つの効果を発揮してくれるCCクリームで、カバー力も高いため20代の肌ならファンデーション代わりにも使えます。また、石油系の成分は使用していない国産のCCクリームなので低刺激で、敏感肌の20代女性でも安心して使うことが出来ます。販売価格は、30g入りで2,800円です。

20代におすすめ:雪肌精/ホワイトCCクリーム

20代の女性におすすめのCCクリームをもう一つご紹介します。雪肌精のホワイトCCクリームは、20代に人気の美白化粧品メーカーが発売しているCCクリームです。この1本で、美容液、乳液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションと6つの機能を兼ね備えています。20代の若々しい肌であれば、これだけですっぴん風のナチュラルメイクを完成させることが出来ます。国産メーカーらしい和漢成分が配合されているので、肌にも優しいCCクリームです。販売価格は、30gで2,600円です。

30代におすすめ:ドクターシーラボ/CCパーフェクトクリームベース

続いては、30代女性におすすめのプチプラCCクリームをご紹介します。ドクターシーラボのCCパーフェクトクリームベースは、ドクターズコスメとして知られるドクターシーラボの開発した国産CCクリームで、美容成分がたっぷり入っており、軽い付け心地ですので肌がデリケートになっている時期でも安心して使用出来ます。敏感肌の方はもちろん、30代になってから何となく肌が疲れているという女性にも肌を休めたい時におすすめです。ドクターシーラボのCCパーフェクトクリームベースの販売価格は、25g入りで3,314円です。

30代におすすめ:トランシーノ/薬用ホワイトニングCCクリーム

20代女性の肌の悩みはべたつきやニキビが多いのですが、30代になると圧倒的に増えるのがシミの悩みです。そんなシミに30代の悩む女性には、トランシーノの薬用ホワイトニングCCクリームが人気です。トランシーノは美白化粧品で有名な日本のメーカーですが、こちらのCCクリームにもしっかり、シミ予防に効果のある美白有効成分であるトラネキサム酸が配合されています。さらに高い保湿効果を期待出来る角質層リファイン成分も入っており、乾燥肌や敏感肌の女性も安心です。販売価格は、30g入り2,808円です。

40代におすすめ:24h cosme/24ミネラルCCバーム

続いては40代女性におすすめのプチプラCCクリームです。20代や30代とは違い、コスメもブランドのものを使っている方も多いですが、40代でも使えるプチプラCCクリームを集めました。まずは、24h cosmeの24ミネラルCCバームをご紹介します。こちらはよくあるチューブタイプではなくバーム状のCCクリームで、天然由来成分で作られた敏感肌でも安心の国産CCクリームです。くすみをカバーして透明感のあるすっぴん風の肌を作ることが出来ます。10gで1,800円と、かなりプチプラで購入出来ます。

40代におすすめ:リンメル/CCクリームエアリーフィニッシュ

40代におすすめのCCクリーム、続いてはリンメルのCCクリームエアリーフィニッシュをご紹介します。こちらのCCクリームは、国産のCCクリームの中ではかなりカバー力のあるCCクリームです。毛穴やシミ、くまをしっかりとカバーしてくれるので20代30代の頃よりも素肌に自信がなくなったと言う女性も満足出来るアイテムです。40代女性には嬉しいヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分も配合されているので、使っているうちに素肌に自信が持てます。販売価格は、30g入りで1,300円となっています。

おすすめのプチプラCCクリーム【敏感肌】

20代、30代、40代と年齢別におすすめのプチプラCCクリームをご紹介してきましたが、続いては敏感肌の方におすすめしたいCCクリームのおすすめをご紹介します。敏感肌の方は、化粧品選びにもとても神経を使っている人が多く、高価な化粧品を使う人も少なくありません。しかし美容成分がたっぷり入った肌に優しいCCクリームなら、プチプラでも敏感肌の人におすすめ出来るアイテムも沢山あります。ここでは、敏感肌の人に使ってほしいおすすめプチプラCCクリームをご紹介します。

資生堂/dプログラム薬用スキンケアベースCC

まずご紹介する敏感肌向けのCCクリームは、資生堂のdプログラム薬用スキンケアベースCCです。こちらは国内でも有名なスキンケアブランドのCCクリームで、シミやニキビ跡、くすみをカバーしながら肌の透明感を引き出してくれる肌に優しい敏感肌向けCCクリームです。ニキビや肌荒れに効果的な成分を配合しているので、メイクしながらスキンケア出来、20代から30代女性に人気です。コントロールカラーとしての使い方も出来る3色展開です。販売価格は、25gで2,700円となっています。

メイベリンニューヨーク/ピュアミネラルCCブライトアップ

敏感肌の中でも特に乾燥が気になる女性におすすめしたいのが、アメリカのコスメブランドメイベリンニューヨークのピュアミネラルCCブライトアップです。このCCクリームは、コントロールカラーとしての使い方も出来る、肌色を明るく整えて透明感のあるすっぴんのような素肌に補正してくれるアイテムです。テクスチャが柔らかいので、しっとりと肌に馴染みます。敏感肌の女性も安心のミネラル成分で出来たCCクリームですので、肌に優しいです。価格は30ml入りで1,500円というプチプラ価格になっています。

エテュセ/プレミアムCCアミノクリーム

敏感肌の女性におすすめの肌に優しいCCクリームなら、エテュセのプレミアムCCアミノクリームも人気です。国産ブランドのエテュセのこちらのCCクリームには、アミノ酸を配合していてエイジングケアにも効果があります。更に保湿効果やメイク崩れを防止する成分も配合されているので、敏感肌の女性やメイクが崩れやすい女性にもおすすめです。口コミではすっぴんのような肌が作れるのに、肌色がワントーンアップしたと言う声もありました。こちらのCCクリームの販売価格は、35gサイズで2,484円となっています。

おすすめのプチプラCCクリーム【カバー力】

CCクリームはBBクリームとは異なり、肌の欠点を隠すのではなく肌色を補正してすっぴんのような美肌を作るアイテムです。しかし、CCクリームの中には毛穴やシミなどをカバーする効果もある商品もあります。特に、20代や30代の女性に人気のカバー力の高いCCクリームですが、どんなものが人気があるのでしょうか。ここでは、カバー力もあるCCクリームのおすすめ商品をご紹介します。

毛穴パテ職人/ミネラルCCクリーム

特に20代の若い女性に人気のカバー力が高いCCクリームは、毛穴パテ職人のミネラルCCクリームです。ネーミングの通り、一塗りですっぴんのような毛穴レスな肌になることが出来るCCクリームです。テクスチャはとても軽くマットタイプで、一日中塗っていても肌に優しい国産のアイテムです。メイク崩れもしにくいので、皮脂のテカりが気になる方にもおすすめ出来ます。SPF50+、PA++++と紫外線カット効果もとても高いので、日焼け止め要らずのCCクリームです。

トニーモリー/ルミナスピュアアウラCCクリーム

続いてご紹介するプチプラCCクリームは、本場韓国生まれのトニーモリーのルミナスピュアアウラCCクリームです。このCCクリームは、長時間水分感が持続する高保湿タイプのCCクリームで、メイクするたびに明るくハリとツヤのある肌へ導いてくれるアイテムです。紫外線をカットする効果もあるので、日焼け止めとしての使い方も出来ます。20代から30代の女性に人気のアイテムで、本場韓国で大量購入して帰る女性も多いそうです。販売価格は、50mlで2,480円です。

ピディット/クリアスムースCCクリーム

まるでコンシーラーのようなカバー力がある日本製のCCクリームとして知られているのが、ピディットのクリアスムースCCクリームです。カバー力はとても高いのに肌に優しいので、肌にストレスの少ないCCクリームとして人気があります。テクスチャは軽めなので、長時間付けたままでも気になりません。4種のパウダーが配合されていて、くすみや毛穴、シワをカバーしてくれます。気になる部分には重ね付けするのが使い方のコツです。販売価格は、35gで1,400円です。

ヒロインメイク/ビューティーチャージ CCクリーム

肌のくすみが気になりだした30代女性に人気があるのが、ヒロインメイクのビューティーチャージ CCクリームです。光の力で肌のくすみを飛ばしてくれるこちらのCCクリームは、カバー力が高いにも関わらず美容液成分配合で、肌に優しい日本製のCCクリームでもあります。肌の凹凸を補正してくれる効果のあるパウダーが配合されているので、つるんとしたすっぴん肌のような仕上がりになります。皮脂や汗にも強いので、長時間綺麗な肌をキープします。こちらの販売価格は、30g入りで1,200円となります。

ファシオ/CCリキッドタッチプルーフ

CCクリームの選び方として、ウォータープルーフタイプのCCクリームを選ぶ方法もあります。ファシオのCCリキッドタッチプルーフは、ウォータープルーフマスカラに着想を得たCCクリームで、触れても落ちにくいのが特徴です。この1本で美容液、乳液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの効果がありますので、毛穴や肌の色ムラをしっかりカバーして、すっぴんのようなナチュラルなメイクに仕上げてくれます。販売価格は、30mlサイズで1,500円です。

おすすめのプチプラCCクリーム【美容成分入り】

CCクリームの魅力は、肌に優しい化粧下地であることやすっぴん風のナチュラルメイクが作れると言うこと以外にも、美容成分がたっぷり入っているため、メイクをしながらスキンケアが出来るという点にもあります。美容成分の入ったCCクリームは、特に30代や40代の女性から人気が高いようです。そこでここからは、美容成分入りの人気プチプラCCクリームをご紹介します。

エチュードハウス/CCクリーム

まずご紹介するのは、韓国のコスメブランドであるエチュードハウスのCCクリームです。パッケージが可愛いことでも知られるエチュードハウスは、20代から30代の女性に人気のコスメブランドです。まるですっぴんのような自然な仕上がりにも拘らず、透明感のある輝く肌に仕上がると人気のこちらのCCクリームには、カラー補正効果とスキンケア効果が期待出来ます。テクスチャは柔らか目で伸びも良いので、使い方も簡単です。仕上がりのイメージによって選べる2タイプで、販売価格は35gで1,709円です。

SANA/カラーキーCCクリーム

続いてご紹介する美容成分入りの肌に優しいおすすめCCクリームは、国産メーカーSANAのカラーキーCCクリームです。このCCクリームには厳選した8種類の美容液成分が含まれていますので、メイクしながら美しい肌を作ることの出来るアイテムです。もちろん美肌効果もあり、3種類のパウダーが塗るだけで毛穴やくすみをカバーして、すっぴん風の輝く素肌を作ってくれます。ナチュラルメイクにしたいなら、このCCクリームとパウダーだけという使い方も出来ます。販売価格は、30gで1,620円となっています。

バニラコ/イットラディアントCCクリーム

美容成分入りのCCクリームは、やはり本場韓国のコスメブランドのものが人気です。バニラコのイットラディアントCCクリームは、エコハーブウォーターを使用しているCCクリームで、しっかり水分ケアをしてくれる肌に優しいCCクリームです。マイクロパウダーが入っているので、肌のキメを整えて光反射効果で輝く透明感のある肌に仕上げてくれます。伸びが良いので使い方も簡単で、30代から40代の女性に特に人気のようです。イットラディアントCCクリームの価格は、30mlで2,314円です。

プチプラCCクリームの効果的な使い方とコツ

ここまで、年代別や効果別におすすめのプチプラCCクリームをご紹介してきました。CCクリームには肌に優しいもの、カバー力のあるもの、スキンケア効果のあるものなど様々な種類がありますが、正しい使い方をしていないとその効果をしっかり発揮することが出来ません。CCクリームの正しい使い方とは、どのようなものなのでしょうか。ここからは、プチプラCCクリームを効果的に使う使い方やコツをご紹介します。

プチプラCCクリームを塗る順番は?

CCクリームはどの順番で塗れば良いのか知っていますか?正しい順序でCCクリームを使うことも、効果的な使い方のコツでもあります。CCクリームは、洗顔後スキンケアを行った後に使用します。日焼け止めを使う場合は、CCクリームの前に使いましょう。続いて、ファンデーションを重ね、最後にパウダーを付けて完了です。すっぴん風メイクにしたいなら、ファンデーションなしでもOKです。

手順①しっかり保湿をする

Drops Of Water Liquid · Free photo on Pixabay (145975)

CCクリームの正しい使い方のコツとしては、まずCCクリームを塗る前にしっかり保湿をしておくことが大切です。肌に優しい高保湿のCCクリームもありますが、ベースがしっかりしていないと化粧崩れやテカリの原因になります。まずは化粧水やクリームなどで、たっぷり保湿したベースを作っておきましょう。

手順②パールの粒くらいを手にとる

肌を保湿したら、CCクリームを手に取ります。CCクリームの適量は、パール粒大サイズです。使用量は多すぎても少なすぎてもNGです。適量をムラなく塗ることが、綺麗にメイクを仕上げるコツです。

手順③でこ・両ほほ・鼻・顎に乗せる

手にパール粒大のCCクリームを取ったら、おでこ、両頬、鼻、あごに分けて乗せます。これが、顔にムラなくCCクリームを塗るコツです。5か所に均等になるように乗せていきます。

手順④手早く顔の真ん中から外へ伸ばしていく

Girl Depression Sadness · Free photo on Pixabay (145979)

5か所に乗せたCCクリームを、手早く顔の真ん中から外へ向かって伸ばします。指を使って伸ばしても、スポンジを使って伸ばしてもOKです。手早く伸ばすのが、ムラにならずに綺麗に塗れる塗り方のコツです。小鼻や口元などの塗りにくい部分は、丁寧に指先や小さめのスポンジを使って塗っていきましょう。このような部分はメイクが特に崩れやすいため、薄く塗るのもポイントとなります。

パウダーを重ねると崩れ防止になる

CCクリームを使っているとメイク崩れが気になると言う人は、CCクリームを塗った後にパウダーを重ねることをおすすめします。パウダーを重ねることで、余分な肌の皮脂や汗を吸収してくれるので、メイク崩れの予防につながります。重ねるパウダーも肌に優しいミネラルタイプのものを使うと、敏感肌の方も安心です。パウダーは塗った後、軽くブラシで余分な粉を落とすのも、綺麗に仕上げるコツになります。

ハイライト代わりに部分使いもOK

CCクリームは、化粧下地として使用する使い方がメインですが、コントロールカラーの役目もありますので裏ワザ的な使い方として、ハイライトの代わりに部分使いするという使い方も出来ます。顔全体にCCクリームを使うのではなく、鼻や頬など高い部分にのみCCクリームを乗せると、光を反射して凹凸のある彫りの深い顔に見せることが出来ます。

プチプラCCクリームですっぴん風メイクを極めよう♡

今回は、すっぴん風ナチュラルメイクなのに綺麗な素肌に見せることが出来るCCクリームについて、特に人気のプチプラのものを集めてご紹介しました。CCクリームはプチプラでも肌に優しい成分で出来た美容効果のあるものや、カバー力のあるものなど色々な種類が販売されていますので、様々な選び方が出来ます。使い方のコツやポイントを押さえてCCクリームを使用して、すっぴんのようなナチュラルなメイクを楽しみましょう。
117 件
着用アイテム