ヘアブラシの掃除方法まとめ!簡単にできるお手入れの仕方とは?

Description
ヘアブラシの掃除方法やお手入れの仕方をまとめました。ヘアブラシ用のクリーナーを使う他、ガーゼやボンドなど100均でも購入出来るアイテムを使った掃除方法でもヘアブラシを綺麗に出来ます。ヘアブラシの寿命を延ばすためにも正しい掃除の仕方を学んでほこりなどを取り除く事が大切。ヘアブラシ用の掃除クリーナーやガーゼ、ボンドなどのおすすめアイテムもチェックしてヘアブラシを清潔にしましょう。

毎日使うヘアブラシのお掃除の仕方をご紹介!

Comb Hairbrush Hairdryer · Free photo on Pixabay (113588)

艶やかな髪と健やかな頭皮を保つためにヘアブラシは欠かせません。しかし、毎日使うヘアブラシの掃除はしっかり行なっていますか?ヘアブラシは掃除をしていないと汚れがどんどん溜まり、不潔な状態になってしまいます。頻繁に使うからこそヘアブラシを掃除して綺麗にしておく事が大切。掃除方法を把握してヘアブラシのお手入れをしていれば寿命を延ばす事が出来ます。ヘアブラシクリーナーやガーゼ、ボンドなど100均ても手に入るアイテムで掃除は可能です。
動物の毛を使ったヘアブラシや木製のヘアブラシなど、ヘアブラシの種類は様々。そのため、ヘアブラシの種類に合った掃除の仕方を取り入れる事も重要です。掃除方法が間違っているとヘアブラシにダメージを与え寿命が縮んでしまうかもしれません。そうしないためにヘアブラシの基本的な掃除の仕方や汚れを防止する方法についてまとめました。ヘアブラシが不潔だと頭皮や髪にも悪影響を与える可能性があります。正しい掃除方法を学んで、いつでも清潔なヘアブラシにしておきましょう。

ヘアブラシの汚れの原因はほこりと髪

Beautiful Woman Hair · Free photo on Pixabay (113589)

そもそもヘアブラシはどうして汚れるのでしょうか。ヘアブラシの主な汚れの原因と言われているのが髪の毛。ヘアブラシで髪をとかす時、自然に抜けた髪がヘアブラシに付きます。髪の毛には皮脂などが付いているため、ヘアブラシに髪が付いたまま放置しておくと汚れがどんどん溜まるのが問題。溜まった汚れが頭皮や髪に悪影響を与えるかもしれません。
また、ヘアブラシを保管しているとほこりが溜まる事もよくあります。ほこりには様々な汚れが含まれており、溜まれば溜まるほど不潔な状態になるため定期的なヘアブラシの掃除をすることは必要不可欠。汚れた状態のヘアブラシを使っていると、思わぬ頭皮トラブルを起こす可能性もあります。

洗えるブラシと洗えないブラシがある

Soap Horsetail Salt · Free photo on Pixabay (113590)

ヘアブラシは掃除する必要があることが分かりましたが、どんなヘアブラシでも洗えるというわけではありません。ヘアブラシの種類によっては掃除方法が異なる場合もあるため、どういったタイプなら洗えるのかも把握しておきましょう。
一般的に木製や動物の毛で作られたヘアブラシは水洗いはしない方が良いと言われています。木製のヘアブラシを水洗いすると湿気でカビが出来たり、ヘアブラシが傷む原因になると言われているため注意が必要。動物の毛はデリケートなので水洗いする事で毛が抜ける可能性があります。プラスチック製のヘアブラシであれば水洗いはOK。浸け置き洗いで掃除をする方法も可能なので、汚れの程度に合わせて掃除の仕方を変えてみてください。

ヘアブラシの掃除方法【基本的な洗い方】

Comb Hair Brush Pink · Free photo on Pixabay (113592)

それでは、ヘアブラシの基本的な掃除方法についてチェックしていきましょう。プラスチックのヘアブラシは身近なアイテムを使った簡単な掃除の仕方で汚れを取る事が出来るので定期的に掃除をしてください。1週間に1回くらいの頻度でヘアブラシを掃除すると良いと言われています。定期的に掃除をして清潔な状態を保っていればヘアブラシの寿命が延びるので、お気に入りのヘアブラシを長く使うためにも簡単な掃除方法を活用してみてください。

①手で髪の毛を取る

Hair Comb Detail · Free photo on Pixabay (113593)

まず、手で髪の毛を取ります。この段階でヘアブラシに付いた髪の毛や汚れをなるべく取っておくと後の掃除が楽になるので丁寧に行いましょう。髪の毛については髪をとかす度に取れた髪の毛を取っておけば、ヘアブラシの汚れも防止できるので意識して取り除くようにしてみてください。もしヘアブラシ用のクリーナーがある場合は、それを使うのがおすすめ。クリーナーを使う事で細かな部分の汚れもヘアブラシから落とす事が出来ます。髪の毛や汚れを取ったら、次に洗浄液を作る工程に入ります。

②洗浄液を作る

Drops Of Water Liquid · Free photo on Pixabay (113594)

洗浄液の作り方はとても簡単。まずは、洗面器に水を溜めます。続いてお手持ちのシャンプーを入れて混ぜましょう。シャンプーは5プッシュくらいでOKです。シャンプーには頭皮の皮脂汚れを落とす成分などが含まれているため、ヘアブラシに付いた汚れを取るのに最適。シャンプーを使う事で綺麗な状態に出来ます。シャンプーを全体に混ぜ合わせたら、ヘアブラシを掃除していきましょう。

③ヘアブラシを振り洗いする

Hairbrush Brush Comb · Free photo on Pixabay (113603)

ヘアブラシのヘッドの部分をシャンプー洗浄液に入れたら、振り洗いをします。洗浄液の中でヘアブラシを振りながら汚れを落とすようにするのが掃除方法のポイント。振る事によって汚れが落ちやすくなります。降っているとシャンプーがどんどん泡立ってくるので、シャンプーの泡で水面が見えなくなるくらい振り洗いをしてください。シャンプーの泡がヘアブラシの細かな所に入り込み、汚れをしっかり掃除出来るようになります。シャンプーが泡立ったら振り洗いは完了です。

可能な素材なら一晩漬けておくのもOK

Moon Full Sky · Free photo on Pixabay (113606)

しばらくヘアブラシの掃除をしていなかったり、汚れが大分溜まっている場合は浸け置きにする掃除の仕方がおすすめです。ただし、ヘアブラシの種類によっては浸け置きに適していない場合があるため、素材を確認して可能かどうかを判断してください。泡立った洗浄液の中にヘアブラシを入れ、一晩置いておけば大丈夫です。浸け置きにする事で振り洗いでは取る事が出来なかった汚れも掃除でき、さっぱりと清潔な状態にする事が可能。汚れがひどい時の掃除方法として活用してみましょ。

④しっかりすすぐ

Shower Douche Bathroom · Free photo on Pixabay (113706)

浸け置きを一晩したら、再び振り洗いをしてヘアブラシの汚れを落としていきましょう。ヘアブラシからどうしても落としにくい汚れがあったら手を使って取り除きます。一晩浸け置きにしているので、頑固な汚れも取れやすくなっているのではないでしょうか。ヘアブラシの汚れが取れたら洗浄液をすすぎ落とします。シャワーを使って洗浄液をすすいでください。洗浄液が残っているとヘアブラシの寿命を縮める原因となるので注意が必要です。ヘアブラシにぬめりが残っていないか確認し、全てすすぎ流す事が出来たらOK。
81 件
着用アイテム