【髪色一覧】ヘアカラーの種類や色見本を紹介!選び方のポイントは?

Description
美容院でヘアカラーをオーダーする時は、髪色が一覧になった色見本を見ることになります。美容院で髪色の一覧を見ても種類が多すぎてどれにしようか悩んでしまうこともあるかもしれません。こちらでは、ヘアカラーの種類や色見本をご紹介します。髪色の選び方や注意点、女性に人気のヘアカラーもチェックしましょう。自分に似合う色を見つけることで、より魅力的な女性になれるはずです。

ヘアカラーって何種類あるの?髪色一覧を紹介♡

ヘアカラーを変えると全体の雰囲気が変わります。暖色系のヘアカラーは柔らかな印象、寒色系のヘアカラーは大人っぽい印象などヘアカラーによってイメージがあります。こちらでは、ヘアカラーをする時の髪色一覧の種類、美容院でヘアカラーをオーダーをする時はどのように髪色を選べばいいかをご紹介します。

ヘアカラーはどうやってオーダーしてる?

美容院でヘアカラーをオーダーする時は、髪色が一覧になった色見本を見ながら髪色を決めます。色見本は小さな毛束がずらっと並んでいて、明るめの髪色、暖色系や寒色系などの色味などでそれぞれ分けられています。色見本を見ても、髪色の違いがあまり分からない時は美容師さんにどんなイメージのヘアカラーにしたいかを伝えて、どんな髪色がおすすめなのか聞くといいでしょう。
美容師さんに優しい雰囲気の髪色、大人っぽい印象に見える髪色などのイメージで伝えると、どんな色がいいのかをアドバイスしてくれるはずです。ヘアカラー後に色味が抜けてくるかどうか、どんな色に変わってくるかなどを聞くのも大切です。女性に人気のピンクブラウンは時間が経つとピンクの色が抜けてくることもあります。色見本を見ながら、髪色のメリット・デメリットも聞いてみましょう。

色見本と実際の仕上がりにギャップはある?

美容院で色見本をみてヘアカラーをオーダーしたにも関わらず、仕上がりがイメージと違うことがあります。これは、美容師さんとの相性の問題、もしくは自分がイメージしていた色味にギャップがあったということが理由です。ヘアカラーは髪の傷み具合や状態、元々の髪質などで色味の出方が変わります。
美容師さんはお客さんの意見を聞きながら髪色を提案しますが、このカウンセリングの段階で美容師さんとお客さんのイメージにズレが生じてしまっている場合があります。そうすると、髪色の仕上がりがイメージと違う結果になることもあるので、自分のイメージを正確に伝えるようにしましょう。
色見本通りのヘアカラーをしたにも関わらず、思っていた髪色のイメージとギャップがある場合は、色見本の髪色の毛束だけで判断してオーダーしてしまったからかもしれません。色見本は小さな毛束だけなので、自分の髪全体がその色になった時のイメージがしにくいです。仕上がりにギャップを感じることが多い方は、ヘアカタログで髪色を決めるとイメージが伝えやすいかもしれません。

一覧から似合う髪色を見つけて理想のヘアに

美容院でヘアカラーをオーダーする時は、色見本を参考に自分に似合う色を見つけましょう。この時、色見本の色でヘアカラーすると実際はどんなイメージになるかをヘアカタログでも確認すると失敗しにくいです。また、ヘアカラーの選び方で重要なのは、自分の先入観だけで決めるのではなく、プロである美容師さんの意見に耳を傾けることです。髪色によってどんなイメージに仕上がるのかのアドバイスをもらいましょう。

【基本】髪色の選び方

美容院でヘアカラーをする時、自分のなりたいイメージや髪色がはっきり決まっているのであれば問題なくオーダーできますが、フワッとしかイメージがなく、とりあえずヘアカラーしたいという気持ちなのであれば、正しいヘアカラーの選び方を知っておきましょう。こちらでは、ヘアカラーの選び方の順番をチェックしましょう。

明るくしたいか?暗くしたいか?

まず、今の自分の髪色よりも明るくしたいか暗くしたいかを決めます。髪は明るくすると雰囲気も柔らかく見えます。暗めの髪色は落ち着いた印象で上品な仕上がりになりやすいです。髪色は明るさだけではなく、色味などでもイメージが変わってきますが、まずはどれくらいの明るさにするかを決めましょう。

カラーレベルを決める

髪色を明るくしたいか、暗くしたいかを決めたら、どれくらいのカラーレベルにするかを決めます。美容師さんに髪色を明るくしたいか暗くしたいかを伝えれば、色見本で今の髪色がどのくらいのトーンかを教えてくれるはずです。そこから、どれくらいまで明るくするか、暗くするかを決めていきましょう。自分の似合う髪色がどれくらいの明るさなのかを考えることも大切です。

色身を決める

髪色の明るさが決まったら、色味を決めます。色味は、ブラウン、ピンク、レッド、オレンジ、ブルーなど種類がたくさんあります。髪色は明るさだけではなく、色味の種類によってイメージが変わります。色味の選び方は、自分のなりたいイメージを伝えるのがいいでしょう。柔らかい雰囲気にしたい、大人っぽい印象にしたいなど、自分のイメージを美容師さんに伝えて、色味を選びましょう。

デザインを決める

ヘアカラーの明るさと色味が決まったら、最後はデザインを決めましょう。デザインとは髪型のことではなく、ハイライトやローライト、グラデーションなどのことです。ヘアカラーは何種類かの色を使ってつくることもできます。一段明るい色を部分的にいれるハイライトは立体的なヘアスタイルに、一段暗い色を部分的にいれるローライトは深みのある髪色に仕上げてくれます。
97 件
着用アイテム