結婚式でピアスはマナー違反って本当?アクセサリーのOK・NGはどこまで?

Description
「そもそもピアスはNG」「大ぶりで揺れる・キラキラ光るピアスはダメ」「ピアスは付けてもOK」など、様々な情報が飛び交っているので、結婚式や二次会、パーティーに出席する際、ピアスやイヤリングなどを付けて良いのか悩む事があるでしょう。そこで、今回は結婚式でのピアスに関するマナーにスポットを当て、OKとNGの線引きやおすすめのブランドなどをご紹介します。アクセサリーに関するマナーをしっかり守り、お洒落なコーディネートで結婚式に参加しましょう。

結婚式でピアスはマナー違反なの?

結婚式に出席する際、ドレスやバッグ・靴といったコーディネートの他に、ピアスやイヤリングを付けるかどうかで悩んだ事がある女性は多いはず。結婚式に出席する時は、しっかりとマナーを守りたいですよね。ピアスは小ぶりな物や大ぶりな物、ゆらゆらと揺れるデザインの物など様々な種類がありますが、そもそも結婚式にピアスやイヤリングは付けて行っても良いのでしょうか?

マナー違反ではないが注意は必要

結婚式やパーティーにゲストとして出席する際は服装にマナーはありますが、ピアスなどのアクセサリー類に関する絶対的な決まりごとは無いとされています。しかし、いくらマナー違反でないからといって、どんなピアスでも付けて良いという訳ではありません。

和装の時は付けないのが基本

一般的にドレスで出席する事が多い結婚式ですが、和装で出席する場合はピアスは付けない方が良いとされています。和装で出席する時はピアスだけでなく、ネックレスなどアクセサリー類全般を避けた方が無難です。これにより、周囲にマナー違反と思われる事も無いでしょう。ゲストとして出席する時は、自分だけでなく周囲の人や主役である花嫁の事も考える事が大切です。

結婚式でピアスのNGはどこまで?

結婚式にピアスやイヤリングを付けていく事自体はマナー違反ではありませんが、結婚式や披露宴などといったフォーマルな場では、自分だけではなく花嫁や他のゲスト、会場の雰囲気のバランスなど、周囲の事も考えた装いが大切です。結婚式に合わない、NGなピアスやイヤリングを知っておきましょう。

派手すぎる大ぶりなピアス

派手すぎたり大ぶりすぎるピアスやイヤリングは、結婚式でNGとされています。マナー違反では無いといえども、ピアスが大ぶりな事で目立ちすぎてしまってはいけません。結婚式の主役はあくまでも花嫁ですので、花嫁より悪目立ちしてしまう派手で大ぶりなピアスやイヤリングは避けましょう。

鼻ピアスやたくさんのピアス

普段はお洒落なピアスの複数付けですが、フォーマルな場である結婚式にはNGです。結婚式には様々な年齢層の方が出席します。年配の方の中には、ピアスやイヤリングに良い印象を持たない方も居るかもしれません。鼻ピアスなど、耳以外の箇所のピアスも大ぶりなピアス同様、良い印象を持たれない可能性が高いので、結婚式に出席する時は外しておきましょう。

カジュアルすぎるピアス

大ぶりすぎるピアスや鼻ピアスなどの他に、カジュアルすぎるピアスやイヤリングも結婚式にNGです。二次会やカジュアルなパーティーではOKと言われていますが、結婚式といったフォーマルな場にカジュアルなピアスはそぐいません。カジュアルなピアスはあくまでも普段使いに留めておきましょう。

結婚式でOKなピアスってどんなの?

結婚式にピアスやイヤリングを付けていく時は、「上品さ」と「自分のコーディネートに合っているか」「結婚式の時間帯」に気をつける必要があります。では、結婚式にOKなピアスとは一体どのような物なのでしょうか。

パールのピアスは本物でも模造品でもOK

結婚式に付けていくピアスの定番と言えば、パールピアスです。しかし、販売されているパールピアスはプラスチックパールやコットンパールといった、「イミテーションパール(模造真珠)」の物も多くなっています。本物のパールピアスは高価で持っていない、という方も多いでしょう。
そんな方も心配無用です。結婚式に付けていくパールピアスは、本物のパールでなくともOKとされています。ただし、「黒パール」は「黒」が不祝儀を連想させる為、おめでたい場の結婚式ではNGです。結婚式にパールピアスを付けて行く時は、必ず白いパールを選びましょう。

揺れるイヤリングも問題なし

83 件
着用アイテム