結婚式のドレスで30代女子におすすめのブランドは?人と差がつく特徴や選び方

Description
結婚式にお呼ばれして悩むのが、ドレスです。結婚式には、NGとされているドレスもあるのでしっかりと選ばなければなりません。しかし、そこにばかり気を遣っているとありきたりなドレスになってしまいます。他の人と差をつけるのであれば、おすすめのブランドから探してみましょう。選び方さえしっかりしていれば、ブランドのドレスも結婚式に着ていく事が出来ます。選び方やおすすめのブランドを詳しくご紹介していきます。

結婚式のお呼ばれドレスの選び方

まずは、お呼ばれで結婚式に向かう際のドレスの選び方について見ていきましょう。お呼ばれで結婚式に向かう際には、いくつかNGとされている服装があります。ドレスの選び方のポイントは、NGとされているドレスを選ばずに楽しむと言う事です。

素材

まずは、素材についてです。お呼ばれで結婚式に向かう際には、ブランドや色、デザインに気を付けている人も多いようですが意外と素材も重要なのです。結婚式にお呼ばれで着ていくドレスでNGとされている素材は、毛皮や動物柄です。これらのドレスは、一般的にもよく流通している素材で様々なブランドでも取り扱いがあるので注意です。
これらの素材を使ったドレスが結婚式にNGとされている理由は、殺生をイメージさせてしまいおめでたい結婚式に不向きだからです。20代ではありがちな失敗と笑って許されるかも知れませんが、これが30代、40代となるにつれて結婚式の参列者も年齢が上がるにつれて常識知らずと見られてしまう場合もあるので注意しましょう。

次に、お呼ばれで結婚式に向かう際にドレスの選び方として注意して欲しいのが色についてです。色で真っ白のドレスを着るのはNGとされているのは一般的になりつつありますが、これは花嫁のドレスと重なってしまい引き立てるはずの主役の花嫁が目立たなくなってしまうからです。
しかし、だからと言って黒で統一されたドレスや暗めの色で統一されたドレスで結婚式に向かう人もいるようですがこれも注意が必要です。と言うのも、黒やあまりにも暗い色ばかりで統一させてしまうと結婚式ではなくお葬式をイメージさせてしまうからです。結婚式に着ていくのであれば、差し色を加えるなどのドレス以外への配慮も必要になってきます。

デザイン

そして、お呼ばれで結婚式に向かう際に気を付けて欲しい最後のドレスの選び方は、デザインです。様々なデザインのドレスがありますが、そのデザインはブランドなどによって異なります。しかし、統一してどのブランドのドレスにも言える事は結婚式に着ていくのであれば露出の少ないものを選ぶのが正しい選び方と言う事です。
色の選び方でもご紹介しましたが、結婚式はそもそも花嫁、花婿が主役の式です。露出のあるドレスで注目を集めてはいけません。結婚式に着ていくドレスは、ミニスカートのドレスやスリットの深いドレスだけでなく、ノースリーブのドレスは羽織ものを羽織る、胸元の空いたドレスはインナーを着るなどの配慮が必要です

20代の結婚式におすすめのドレスブランド:チープブランドで安いのにかわいい

さて、結婚式でお呼ばれした際のドレスの選び方のポイントが分かった所でいよいよおすすめのブランドに移りましょう。ここでは、年代によって結婚式におすすめのドレスブランドを分けてご紹介していきます。まずは、かわいくても安い20代におすすめのドレスブランドをご紹介していきます。安いドレスであれば、何着か準備しておく事も出来ます。

JILL STUART

20代におすすめのドレスブランドが、女性のトータルビューティーを手ごろな安い値段でプロデュースしているJILL STUARTです。色使いも淡い物がたくさんあるので、未婚女性の多い20代にはおすすめです。値段も安い方で、気取らないで結婚式に向かうドレスを購入出来るブランドでもありおすすめです。

L'EST ROSE

フェミニンなデザインがブランドの特徴で、ドレスにも反映されているのがL'EST ROSEです。20代であれば、フェミニンなデザインのドレスを着ていても結婚式で浮く事もなく人との差を付ける事まで出来ます。10000円前後と安いのに様々なデザインから選べるので、20代の女性でもドレス選びから楽しむ事も出来ます。

30代の結婚式におすすめのドレスブランド:トレンドを取り入れて

さて、いよいよ今回の本題である30代におすすめのドレスブランドについて見ていきましょう。ある程度落ち着いてきた30代は、お呼ばれの結婚式でもトレンドを取り入れたブランドのドレスを着て他の人との差をつけましょう。20代でおすすめした安いドレスよりも、少しワンランク上のドレスがきっとお似合いになっているはずです。

AIMER

58 件
着用アイテム