まつ毛パーマのもちはお手入れ次第で良くなる!長持ちさせる方法を紹介

Description
まつ毛パーマのカールのもちが良くなるお手入れ方法についてまとめました。長持ちするお手入れ方法を取り入れれば、まつ毛パーマのカールのもちは格段に良くなると言われています。まつ毛パーマのメリットとデメリットも把握して、もちが良い綺麗なカールを楽しんでみませんか?もちが良いまつ毛パーマを実現するために取り入れておきたいカールが長持ちするお手入れ方法を学んでいきましょう。

まつ毛パーマはお手入れ次第で長持ちする!

目元をパッチリと見せることができるまつ毛パーマは、なるべくもちが良くなるようにお手入れをするのがおすすめです。長持ちするお手入れ方法を取り入れていけばまつ毛パーマのもちが良くなるので、頻繁にまつ毛パーマをしなくてもOKなのが嬉しいポイント。ついついまつ毛パーマのもちが悪くなる行動も把握しておけば、さらにまつ毛パーマを長持ちさせることができるのではないでしょうか。今回はまつ毛パーマのもちが良くなる方法だけでなくメリット&デメリットも学んで効果的に活用できるようにしましょう。

まつげパーマとは?

そもそもまつ毛パーマとはどういったものなのでしょうか。まつ毛パーマとは、専用のロッドと薬剤を使ってまつ毛をカールさせる方法のことをさします。サロンによってはロッドではなくビューラーを使ってまつ毛パーマをする場合もありますが、カールする仕組みに関しては大きく変わりません。
まず薬剤1を使いまつ毛の繊維を柔らかくします。まつ毛パーマ専用ロッドやビューラーでまつ毛にカールをつけてたら薬剤2で柔らかくしたまつ毛の繊維を元に戻すのが特徴。こうすることでまつ毛が綺麗にカールします。この工程でまつ毛パーマが行われ、クルンとした上向きまつ毛を手に入れることができるのが魅力。簡単に綺麗なカールに仕上げることから、まつ毛パーマを取り入れる人が増えています。

カールをキープして美しい目元をメイク

まつ毛パーマをしたらなるべくもちを長くしたいのが本音です。長持ちする方法を取り入れていけば、まつ毛パーマをしたての綺麗なカールをキープすることができるのでぜひ工夫していきましょう。美しいまつ毛パーマのカールを維持できれば、それだけで魅力的な目元に見せることができるのではないでしょうか。
逆にまつ毛パーマのお手入れを怠るともちが悪くなってしまうので気をつけましょう。まつ毛パーマを長持ちさせることができればカールさせるのに使うお金を浮かせることができるので経済的。まつ毛パーマを長持ちさせる方法について学んでいきましょう。

まつ毛パーマのメリットとデメリット

まつ毛パーマを長持ちさせる方法の前に、まつ毛パーマのメリットとデメリットについて見ていきましょう。とても便利なまつ毛パーマにはメリットがある一方でデメリットもあります。まつ毛パーマをする前にメリットとデメリットを把握して、自分にとってまつ毛パーマがふさわしいのかどうか考えておきましょう。メリットとデメリットを知っておけばまつ毛パーマをした後に「思っていたのと違った…」と思うことも少なくなるのではないでしょうか。

まつ毛パーマのメリット

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (102858)

まつ毛パーマのメリットとしてまず挙げられるのがメイク時間を短縮することができるという点です。通常、アイメイクをする場合はビューラーでまつ毛をカールさせてからマスカラをつけるのが一般的。しかし、ビューラーでまつ毛をカールさせるのは意外と時間がかかるので、朝の忙しい時には面倒になってしまうのではないでしょうか。まつ毛パーマをしておけばビューラーを使ってまつ毛をカールさせる工程を減らすことができるので、とても便利です。
また、すっぴんの状態でもまつ毛がカールしていれば目元をパッチリと見せられるのも大きなメリット。アイメイクをしなくても魅力的な目元をキープしたいという場合にまつ毛パーマは良いかもしれません。まつ毛パーマは自まつ毛を使っているのでナチュラルなカールに仕上がるのも嬉しいポイント。まぶたに違和感がなく、見た目も自然なのでわざとらしい雰囲気になりません。こうしたところがまつ毛パーマのメリットと言えるでしょう。

まつ毛パーマのデメリット

まつ毛パーマにはデメリットもあります。まずデメリットとして知っておきたいのが必ずしも理想のカールに仕上がるわけではないということ。自まつ毛が少ない方の場合、まつ毛パーマを行なっても物足りない雰囲気になってしまいます。まつ毛の量が少なければカールさせても印象が薄く「まつ毛パーマしているのかしていないのかよくわからないな」ということになってしまう可能性があるのがデメリット。
また、まつ毛パーマは薬剤を使うのでアレルギーを起こす可能性もあるということがデメリットとして挙げられます。肌が敏感な方やアレルギー体質の方は、このデメリットを把握した上で肌に不具合が起きないかどうか確認しておきましょう。このようにまつ毛パーマにはデメリットも存在します。デメリットを知った上でまつ毛パーマをするかどうか決めてみてください。

まつ毛パーマのもちを良くする方法

メリットとデメリットを知った上でまつ毛パーマを行なったら、もちが良くなる方法を取り入れていきましょう。せっかくまつ毛パーマをしたのにすぐにカールが取れてしまっては勿体無いのではないでしょうか。そのような残念な状態にならないためにも長持ちする方法を活用していくことは大切になります。とても簡単な方法でまつ毛パーマのもちは良くなるので、日々の生活の中で気をつけてみてください。

もちを良くする方法①:濡れたまま放置しない

Eye Eyelashes White Black · Free photo on Pixabay (102861)

まつ毛パーマのもちを良くするためには、水に濡らしっぱなしにしなことが大切になります。特にまつ毛パーマをした日はプールや温泉などに行く予定入れないようにしましょう。まつ毛パーマをした直後に水に濡れるとカールのもちが悪くなってしまいます。カールが定着した後も濡らしっぱなしにすることでまつ毛に負担がかかり、カールが取れやすくなるので注意が必要。洗顔などで濡れた場合はタオルで優しく水気を取ると長持ちしやすくなります。

もちを良くする方法②:オイル系洗顔はNG

Massage Therapy Essential Oils · Free photo on Pixabay (102863)

もちの良いまつ毛パーマを実現するためには、オイル系洗顔を使わないことをおすすめします。オイル系洗顔は洗浄力が高い一方でまつ毛に負担をかけやすいので、まつ毛パーマが取れやすくなるのが特徴。そのため、まつ毛パーマを長持ちさせるにはマイルドな洗顔料が最適とされています。クレンジングや洗顔料は肌に優しいタイプを選んでいきましょう。また、洗顔をする時にゴシゴシこすることもまつ毛パーマのもちを悪くするので気をつけてください。

もちを良くする方法③:ビューラーはNG

72 件
着用アイテム