肩こりストレッチでひどい痛みを改善!肩こり解消だけでなく血行もUP!

Description
仕事の姿勢などからくる肩こりに悩む人は多くいますよね。そんな辛い肩こりには、肩こりストレッチがおすすめ。肩こりストレッチをすると、肩こりのひどい痛みを改善することが出来ます。それに加えて、血行もUPしますので肩こりに悩んでいる人も、それ以外の人も健康、のために肩こりストレッチをするのがおすすめです。では、肩こりストレッチのやり方から、おすすめのアイテムに至るまで詳しく紹介します。

ひどい肩こりは肩こりストレッチで改善しよう

Sad Depressed Depression · Free photo on Pixabay (69060)

オフィスでのデスクワークや育児、家事などが原因で肩こりが悪化しひどい肩こりになってしまった、なんて人は意外に多いですよね。肩こりは男女問わず悩んでいる人が多くいながらも、毎日の仕事や習慣が原因でなってしまいますので中々改善するのが難しい悩みの1つです。ひどい人だと肩こりが原因で頭痛に繋がってしまうこともありますので、悪化させずに改善したいですよね。そんな人には、肩こりストレッチがおすすめです。
マッサージをしても中々解消されにくい肩こりですが、肩こりストレッチをすることで、ひどい肩こりが軽くなったり肩のひどい重みが取れますので、肩こりに悩んでいる人はもちろんのこと、肩こりを予防するのにも効果的です。では、そもそも肩こりストレッチとはどのような効果があるのでしょうか。

肩こりストレッチって本当に効果あるの?

肩こりストレッチの気になる効果ですが、肩こりはひどく悪化し慢性的になってしまうと、頭痛や背中の痛みなど他の部分にも影響が出てしまうやっかいなこりです。そもそも肩こりになってしまう原因としては、猫背などの姿勢の悪さやずっと座ったままのデスクワーク、スマホなどを長時間見ていることでこれらは全て、肩こりになってしまう危険があります。肩こりは肩だけでなく肩甲骨にも密接に関係しており、肩こりを治すために肩甲骨もしっかりとほぐすことが必要になります。
Massage Move Therapy · Free photo on Pixabay (69107)

肩こりストレッチは、肩こりに即効性があることに加えて肩甲骨へのアプローチもしっかりとありますので、効果的に肩こりを改善することが出来ます。また、血流もUPし、こりを予防したり改善することが出来ますので、肩こりストレッチはとてもおすすめのストレッチです。ちょっとした時間や仕事場でも簡単に肩こりストレッチをすることが出来るのも、魅力の1つです。

改善したいならしっかりマッサージも大切

Wellness Massage Relax · Free photo on Pixabay (69106)

肩こりを改善するために、マッサージに通っている人も多いでしょう。しかし、マッサージで肩こりを改善するにはかなりしっかり目のマッサージをしなければなりません。簡単なマッサージなどでは、当日は肩こりに即効性があり改善されていても翌日には肩こりが復活していることが多くなります。肩こりを改善するためのマッサージとなると、しっかりマッサージがおすすめです。しっかりマッサージと肩こりストレッチを組み合わせるとさらに、効果がUPしますので是非チャレンジしてみて下さい。

肩こりストレッチをおすすめしたい人

Workspace Place Of Work · Free photo on Pixabay (69105)

肩こりストレッチは肩こりや肩甲骨周りの血流をUPしますので、効果的に肩こりを改善することが出来る上に、毎日続けることで肩こりの予防をすることも出来ます。肩こりストレッチは即効性もあるので、肩こりが原因でひどい頭痛など辛い思いをしている人がいたら肩こりストレッチはおすすめです。

普段から座って作業している人

Student Typing Keyboard · Free photo on Pixabay (69102)

肩こりに最もなりやすいのが、普段から座って作業をしている人です。仕事がデスクワークであったり、読書、手仕事など座ったまま作業をしている人は、首を前に出してしまう姿勢になり両肩を前にかがめる形になってしまいます。そうすると、筋肉が緊張してしまい血流が悪くなってしまいます。肩こりは血流が悪くなると起こってしまいますので、座って長時間作業している人は肩こりのリスクが高くなります。
Computer Pc Workplace Home · Free photo on Pixabay (69103)

また、パソコン作業やスマホを長時間座って触っている人の場合目を酷使していることが多くなり、目の周りの筋肉も緊張してしまいます。そうすると首や肩の筋肉も緊張してしまいますので、肩こりに繋がってしまいます。座って作業をしている人は長時間同じ格好や姿勢でいることが多いので、筋肉が緊張しやすく肩こりになりやすいです。ひどい場合にはどんどん悪化してしまいますので、是非肩こりストレッチをして改善するのがおすすめです。

オフィスばかりで運動不足な人

Paper Desk Table · Free photo on Pixabay (69101)

肩こりは運動不足でもなってしまいますので、日頃から運動不足気味の人は肩こりになりやすく肩こりストレッチがおすすめです。オフィスでいるとどうしても座っているので運動をする機会は減ってしまいますよね。意識して運動をしないと、オフィスでは中々体を動かすことがなくなってしまいますので、肩こりがどんどん悪化していってしまいます。
Desktop Laptop Crafts Still · Free photo on Pixabay (69100)

オフィスにいて運動不足になっていると筋肉が凝り固まってしまい、血流が悪くなってしまいます。そうなると、肩こりが悪化してしまいますので、筋肉を肩こりストレッチで改善してあげることが大切です。運動不足による肩こりの場合、1番の改善方法はおふぃの外では運動をしたりオフィス内でもストレッチをするなど動の動作が効果的です。

力を入れる作業が多い人

Construction Worker Safety · Free photo on Pixabay (69099)

引っ越し屋や現場仕事など、力仕事も肩こりに悩んでいる人が多い職業で肩こりストレッチがとても効果的です。力を入れる作業が多い人は、一部分にのみ力が加わりますのでそこの筋肉が緊張してしまい血流が悪くなってしまいます。そうなると肩こりに発展してしまいますので、肩こりストレッチをして悪化しないように注意しましょう。

即効性あり!肩こりストレッチのやり方

Morning Exercise Physical · Free photo on Pixabay (69109)

慢性的な肩こりはもちろんのこと、長時間座っていたためや仕事で肩こりを感じた場合には、即効性がある肩こりストレッチをするのがおすすめです。やり方もとても簡単ですので、肩こりを感じた時以外でも肩こりの予防にもとても効果があります。肩こりストレッチは即効性がありますので、肩こりを改善することが出来ますし、継続的に行えば肩こり自体改善することが出来ます。では、肩こりストレッチのやり方を詳しく紹介します。

首を両手で支えてうなずくように首を動かす

Iphone Business Email · Free photo on Pixabay (69122)

オフィスなどでずっと座っていることが原因で起きる肩こりの場合には、この肩こりストレッチのやり方がおすすめ。座っていると首が前に出てきてしまっているので、首周りの筋肉が緊張してしまったり、肩の筋肉をほぐすやり方がとても効果があります。
やり方としては、まず両手を首の後ろに回して首の骨の部分をしっかりと支えます。その後、首を上下にうなずくように5回動かしましょう。その後は左右にも同じように5回うなずきます。これを1セットとして、5セットします。オフィスで座っているまま出来る肩こりストレッチですので、疲れてきたらすぐにすることで即効性も感じられますよ。

手をクロスして横に首を動かす

運動不足などが原因で、肩周りの血行が悪くなっている場合には、即効性があり血行を促進する肩こりストレッチのやり方をするのがおすすめです。まず手をクロスして、鎖骨の辺りに持っていきしっかりと押さえます。そして、首をゆっくりと左右に20回程度傾けましょう。この肩こりストレッチだと、リンパを改善し血行促進することも出来ます。筋肉のストレッチにもなりますが、痛みがある場合には無理に傾けないようにしましょう。

片手を下ろして手を揺らす

肩甲骨や背骨の辺りの筋肉が凝っていたり緊張していることで起きてしまう肩こりの場合には、これから紹介する肩こりストレッチがとても効果的です。やり方としては、オフィスなどで椅子に座って片手をだらんと下ろします。もう片手で、反対側の肩をつかみながら下ろした腕を20回程度振り子のように揺らします。振り幅はそれほど大きくなくてかまいませんが、回数はしっかりと守りましょう。肩甲骨の位置を戻し肩こりを改善する肩こりストレッチです。

肩こりストレッチの必要性があるかチェック

ひどい慢性的な肩こりで悩んでいる人や、肩こりが原因でひどい頭痛になっている人など顕著に肩こりが原因の影響がある人は肩こりストレッチをすぐにするのがおすすめです。しかし、あまり自覚症状がないのにも関わらず肩こりをしている人もいます。では、自分は肩こりになっているのか、肩こりストレッチが必要かをチェックしてみましょう。

背中で両手が触れるか

肩こりかどうかを判断するチェック方法として、背中で両手を触れることが出来るかということです。片手を上からおろし、もう片手は下から背中にまわして両手同士が触れるかどうかを試してみましょう。両手を触ることが出来れば肩こりのリスクは減ります。もしも、手が触れなければ筋肉が硬くなっており緊張状態になっていますので、肩こりストレッチをするようにしましょう。

首を横に動かせるか

Neck Black And White Beauty · Free photo on Pixabay (69092)

オフィスなどの仕事をしており首周りの筋肉が緊張していることで、血流が悪くなり肩こりに発展してしまいますので、首周りは肩こりに大きく関係しています。鏡の前で首をゆっくりと片方に向けて倒していき肩に近づけていきます。そこで耳と肩の距離がりんご1個程度開けば、肩の筋肉はほぐれていますがそれ以上開いてしまえば、首周りの筋肉は凝り固まっている可能性が高くなります。肩こりストレッチをして筋肉をほぐしましょう。

鼻と首のラインが合わせられるか

首を後ろに回した時に鼻と肩が一直線になるかどうかも、肩こりかどうかを調べるのにおすすめのやり方です。鼻と首のラインが一直線上にならない場合には、首の周りの筋肉が凝り固まっていたり緊張しているために出来ないと考えられます。肩こりストレッチをして、しっかりとコリをほぐしてあげることが大切です。

肩こりストレッチで使いたいアイテム

即効性が高く肩こりを改善することが出来る肩こりストレッチですが、アイテムを使うともっと効果的にひどい肩こりを解消することが出来ます。また、他の部位のコリをほぐすことが出来たり、ストレッチにもなりますので、おすすめです。やり方もとても簡単ですし、家にあるものでも十分効果を発揮しますので、是非アイテムを加えて肩こりストレッチをしてみましょう。

タオル

どの家庭にもあるタオルですが、タオルを使うことで肩こりに加えて背中のコリもしっかりと改善することが出来ます。やり方としては簡単で、タオルを両手で持ち高く上に手を上げます。そして、頭の後ろへ下ろしていき限界まで来たら腕はまた上へ戻しましょう。これを3セットした後、ゆっくりと右へ体を倒して深呼吸をします。そのまま斜め下へ目線を送り語らをねじりましょう。このやり方を左右3セットすると、肩こりや背中のこり、痛みを改善することが出来ます。

ストレッチゴム

ストレッチゴムは多くのストレッチや運動に使うことが出来るので、こちらも肩こりストレッチにはおすすめのアイテムです。ストレッチゴムは今は100円均一でもありますので、1つ持っていると便利ですよ。ストレッチゴムを両手で持ち上へ上げます。そのまま両手を広げるようにストレッチゴムを3回引っ張りましょう。その後、体の後ろへ持っていき、斜めになるようにストレッチゴムを持ちそこでも3回引っ張ります。これを3セットすると肩こりを改善することが出来ますよ。
またストレッチゴムは即効性もあり、肩こり以外でも足のむくみとりのストレッチや、姿勢を正すためのストレッチなど、実に様々なストレッチに効果的です。筋肉のコリをほぐしたり血行を促進することが出来ます。肩こりストレッチにストレッチゴムを使ったストレッチをするととても、肩が軽くなるのが実感出来ますよ。

解毒玉

あまり聞き慣れない解毒玉ですが、吸い玉とも言われエステやマッサージではおなじみのアイテムです。マッサージで解毒玉を使いひどいむくみを解消したり、自律神経を正しくしたり血行促進にも即効性があり効果が高くセレブの間でもメジャーなマッサージのアイテムの1つです。あまり目にする機会は少ないですが、解毒玉はネット通販やスポーツ用品店で購入することが出来ます。
解毒玉で肩こりを改善するやり方ですが、解毒玉を肩こりが辛い場所へ貼っておくだけです。そうすると自然と血行促進し肩こりを解消することが出来ます。また、解毒玉は肩こり以外にもふくらはぎに貼って足をすっきりさせたり、首筋に貼って顔のむくみにも効果があります。

肩こりストレッチで肩を軽くしよう♡

Window Woman Morning · Free photo on Pixabay (69069)

オフィスでのデスクワークが多い時代で女性だけでなく男性も辛い肩こり。頭痛などの辛い症状も併発してしまうために、されど肩こりを思っていても実は重要でしっかりと改善しておく必要があります。肩こりを放置してしまうと、ひどい慢性的なガチガチの肩になってしまいます。肩こりストレッチは即効性もあり、肩こりを効果的に改善してくれるストレッチになっていますので、オフィスでも自宅で座って行えるのも魅力です。
People Woman Girl · Free photo on Pixabay (69070)

肩こりストレッチのやり方は簡単で即効性があり、オフィスなどで座っていても誰でもすぐにすることが出来ます。肩こりは痛みやだるさと辛いことずくしですので、肩こりストレッチをして肩を軽くしましょう。慢性的な肩こりに悩む人やマッサージに言っても肩こりが解消されにくい人、ちょっと肩こりを感じる人も肩こりストレッチをして気持ちい軽さを実感して下さい。
75 件
着用アイテム