浴衣の着方で女性は右前と左前どっち?男女での違いを理解しよう!

Description
女性が浴衣の着付けをする際、一番悩みがちなのは「衿が右前なのか左前なのか」という点です。他にも、男女で着付けの違いがあるのか不安に思う方も多いはず。間違った着付けをしてしまうと、せっかくの浴衣が台無しになってしまいます。そこで、今回は女性が浴衣を着る際の正しい衿の合わせ方や、男女での違いをご紹介します。他にも、女性に人気の柄や素材もチェックしていきましょう。この機会に、是非正しい着付けを覚えてみて下さい。

男女での違いを理解して浴衣の着方をマスターしよう!

花火大会やお祭りなどで浴衣の着付けをしようと思った時、浴衣の合わせ方が左前なのか右前なのか悩んでしまった、という女性も多いのではないでしょうか。一般的に浴衣は着る機会がそこまで多くありませんが、いざ着ようと思った時にすんなり着付けが出来た方が良いでしょう。お子さんが居る女性は子供の着付けをする機会も出てきますので、正しい着付けを知っておく事をおすすめします。
着方で多くの方を悩ませている浴衣ですが、実は男性と女性で着付けの細かいやり方が異なります。間違った着方をしてしまうと恥ずかしい思いをしてしまいますので、浴衣の着付けをしっかり理解しておく必要があります。今回は、女性の正しい浴衣の着付けをご紹介します。男性との違いを理解し、浴衣の着付けをマスターしましょう。

浴衣の右前と左前とは?

女性が浴衣の着付けをする際に右前と左前で迷ってしまいがちな最大の理由は、普段着ている洋服やジャケット類と浴衣の着方が左右逆だからです。他に、男性と女性とで浴衣の着方が違うのか疑問に感じる方も多いようです。そこで、まずは浴衣と洋服の「右前」と「左前」について詳しくご紹介します。

そもそも「右前」と「左前」とは

浴衣など和服の着付けの際に耳にする「右前」と「左前」には、「前」という言葉が共通しています。「前」とは「手前」の事を指しており、衿を先に合わせる方を「前」と呼びます。着る本人から見て右側の衿を先に合わせて、後から左側の衿を合わせる場合「右が先」になり、「右前」となります。反対に、着る本人から見て左側の襟を先に合わせる場合は「左前」です。

浴衣は「右前」が正解!

右前と左前で悩みやすい浴衣の着付けですが、正解は「右前」です。これは浴衣に限った話ではなく、和服全般に当てはまります。「和服は右前」と覚えておくと、浴衣や和服の着付けをする際に悩まなくて済みます。

和服の左前は縁起が悪いとされている

合わせが「右前」と決まっている和服ですが、反対の左前は「死人前(しにんまえ)」と呼ばれ、縁起が悪いと言われています。死人前とは、亡くなった方が「左前」で着物を着ているところからきています。この為、浴衣などの和服を誤って左前で着てしまうと、死人と同じ着方をしている事になってしまうのです。浴衣を左前で着てしまうと周囲の人から視線を集めてしまいますので、和服は必ず「右前」で着ましょう。

浴衣の着方は男女で違うの?

浴衣や和服の左前が死人前と呼ばれ、縁起が悪いのは男女共通です。この為、浴衣の基本的な着方は男女で変わる事はなく、男性も女性も「右前」で着ます。右前で浴衣を着ても実際には左側の衿が前に来ているので、「左前なのでは?」と混乱してしまいがちですが、上の画像のように衿の部分がアルファベットの「y」の形に他人から見えていれば、「右前」で合っています。

洋服は男女で着方の違いがある

浴衣など和服の着方は男女共通ですが、洋服やジャケットの着方は男女で異なります。男性の洋服やジャケットのボタンは左側が上に来るようになっていますので、和服と同じ「右前」です。そして、女性の洋服やジャケットのボタンは右側が上に来るようになっていますので、「左前」です。このように、女性だけが和服と洋服で前に来る方が逆になりますので、浴衣の着付けの際に混乱してしまいがちなのです。とにかく、「和服は右が先で右前」と覚えておきましょう。

男女で浴衣の細かい着方が違う!

衿合わせは男女とも「右前」と決まっている浴衣ですが、男女で細かい着方が異なります。そこで、続いては男性と違う細かい部分をご紹介します。着方一つで女性らしさを演出出来る大事なポイントですので、男性との違いを理解しておきましょう。

男女の違い①おはしょり

女性はおはしょりをして浴衣を着ますが、男性はおはしょりをしません。「おはしょり」とは、女性が浴衣を着る際に着丈を合わせるために腰の辺りで折り返した部分を指し、着丈を調整する機能の他にも胴部分のシワを隠したり、衿が緩みにくくなるといった利点があります。おはしょりは帯より下に約5~6cmほど出すのが理想とされており、長すぎると見栄えが悪くなってしまいます。
男性はおはしょりをせず、腰の位置で帯を固定します。一方の女性は胸の下あたりの位置で結ぶと綺麗だとされています。おはしょりが長い時は、腰骨のあたりに巻いている腰紐をウエストもしくは高めの位置で締めます。こうすることで、おはしょりの長さを調節出来て見栄えも良くなります。この時、背中にタオルなどを詰めて腰紐が落ちてこないように工夫しましょう。
61 件
着用アイテム