コントロールカラーの人気おすすめ &プチプラアイテム!なりたい肌別に紹介

Description
おすすめの人気コントロールカラー下地についてまとめました。なりたい肌に近づくためにはコントロールカラーでトーンアップするのがおすすめ。プチプラコントロールカラー下地にも優秀なアイテムはたくさんあるので、なりたい肌へ導いてくれます。オレンジを始めとした人気のおすすめプチプラコントロールカラー下地でトーンアップした美肌を目指しませんか?プチプラの人気アイテムの中からおすすめのコントロール下地を選んでいきましょう。

なりたい肌別のおすすめコントロールカラーを紹介

「くすみを消してトーンアップさせたい」「クマやシミを上手に消したい」といったようになりたい肌がある場合はコントロールカラーを使うのがおすすめ。肌の調子を整え、なりたい肌へと導いてくれるコントロールカラーはとても便利なアイテムです。コントロールカラーがあるのとないのとではメイクの仕上がりが全く変わるので、なりたい肌に近づきたい時は活用してみませんか?コントロールカラーと一口に言っても、オレンジやピンク、グリーンなど様々な色があります。その中から自分にぴったりな色を見つける事も大切。
今回は、人気を集めているおすすめコントロールカラーをまとめました。プチプラコントロールカラーでも優秀な人気アイテムは沢山あるので、ぜひ活用してみませんか?プチプラ価格でも十分に優秀なコントロールカラー下地として使えるため、日常のメイクに役立てる事が出来ます。オレンジやピンクを始めとした自分にぴったりなコントロールカラーを見つけるのも重要なポイント。なりたい肌になるために人気のコントロールカラーを探してみましょう。

コントロールカラーとは?

Cosmetics Brush Compact · Free photo on Pixabay (115570)

そもそも、コントロールカラーとはどういったものなのでしょうか。コントロールカラーとは、肌の色を調整する下地の事です。肌にはくすみやクマ、赤みといった気になる箇所が色々出てくる場合があるのが悩み所。そんな肌の悩みを解消してくれるのがコントロールカラーです。自分の肌の悩みにぴったりなコントロールカラーを使う事によってくすみなどを消し、トーンアップ出来るのが嬉しいポイント。コントロールカラーを下地として使うだけでなりたい肌へ近づけます。
普段のメイクは下地とファンデーションのみ、という方もコントロールカラーを取り入れる事でワンランク上の肌質になれるのではないでしょうか。「今の肌の悩みを解消して、なりたい肌に近づきたい!」という場合はコントロールカラーを下地に使ってみましょう。

肌質にあったアイテムを選ぶのが大事

コントロールカラーと使う場合、自分の肌質を事前に知っておくのがおすすめです。人によって様々なタイプの肌質があり、それに合うコントロールカラーを使わないと逆効果になってしまうかもしれません。青白い肌色の人がブルー系のコントロールカラーを使うとさらに青白さを強調してしまう、といったように合わないコントロールカラーは肌の悩みを助長する可能性があります。そうならないためにも自分の肌質がどういったものなのか、その悩みを解決するおすすめのコントロールカラーはどれなのか把握しておきましょう。
基本的なポイントさえ押さえておけば、コントロールカラーは下地として簡単に使う事が出来ます。オレンジやブルー、パープルといった多種多様なコントロールカラーの中から自分の肌の悩みを解消し、なりたい肌へ導いてくれるアイテムを見つけていきましょう。プチプラのコントロールカラーも優秀な商品が多いので、気軽にコントロールカラーを使いたい時におすすめ。なりたい肌に近づくために、コントロールカラーについてさらに詳しく学んでいきましょう。

コントロールカラーの正しい塗り方

コントロールカラーを上手に使って肌をトーンアップさせるためには塗り方が大切になります。コントロールカラーの塗り方が間違っていると、トーンアップ効果を十分に引き出す事が出来ないかもしれません。コントロールカラーはどの順番で塗るのか、どのような塗り方が最適なのか事前に把握しておくと安心です。基本的なコントロールカラーの塗り方をチェックして、なりたい肌に変わっていきましょう。

下地の後に塗る

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (115578)

コントロールカラーは基本的に下地の後に塗ります。下地は、肌の表面を滑らかにするために欠かせないアイテム。下地を塗っておく事によって後に使うベースコスメが塗りやすくなるので、活用しておきましょう。ただし、コントロールカラーの中には下地としての機能を併せ持ったアイテムもあります。そういった場合は他の下地は塗らず、コントロールカラーのみでOK。コントロールカラーの種類を見て、使い方を決めてみてください。
もし、使用する下地やコントロールカラーにUVカット機能がないのであれば、下地を塗った後、コントロールカラーを塗る前に日焼け止めを塗っておきましょう。日焼け止めを塗っておかないと、肌に紫外線の影響を与える可能性が高くなります。こうして肌を整えた上でコントロールカラーを塗ると、綺麗に仕上げられるので順番にはこだわってみましょう。

顔全体に塗らない

コントロールカラーは基本的に顔全体には塗りません。下地を全体に塗ってからコントロールカラーも全体に塗ると厚塗りになる可能性があるからです。厚塗り感が出るとナチュラルな仕上がりではなくなってしまうため、気をつけてください。シミやくすみなどが気になるポイントごとにコントロールカラーを塗るようにしましょう。こうする事で、ナチュラルに気になる箇所の色ムラを調整し、トーンアップする事が出来るようになります。
ただし、コントロールカラーに下地の機能があり、他の下地を使用する必要がない場合は全体に塗り広げてもOK。コントロールカラーのタイプによって使い分けるようにしてみましょう。

悩みに合わせて色を変え部分塗りをする

Cosmetics Brush Makeup · Free photo on Pixabay (115585)

コントロールカラーには様々な色があります。オレンジやピンク、イエロー、ブルーなどのコントロールカラーがあるので、自分の悩みを解消出来るアイテムを見つけるのが重要なポイント。自分の肌の悩みにそぐわないコントロールカラーを使っても意味がありません。悩みに合わせてコントロールカラーの色を変えて、ポイントごとに塗るようにしましょう。最初は一色のコントロールカラーからスタートし、慣れてきたら自分の肌に合わせて色を混ぜてみるのもおすすめ。そうする事で効果がさらにアップすると言われています。
「ここは赤味が気になるからグリーン、ここはたるみが気になるからオレンジ」といったように部分によって色を使い分けるのもおすすめ。こうする事で、厚塗りにならずナチュラルにベースメイクを仕上げる事が出来ます。このようにコントロールカラーを使い分けながら、なりたい肌へと近づいていきましょう。

【血色のいい健康的な美肌】コントロールカラー

まずは血色を良くしてトーンアップが出来るおすすめコントロールカラーからチェックしていきましょう。血色を良くしたい場合におすすめなのがピンクとイエロー系のコントロールカラー。これらのコントロールカラーを使うと、ナチュラルな血色感を演出する事が出来るようになります。

ピンクは青ざめた肌を血色のいい肌に

「青白い肌色をトーンアップさせたい!」という場合におすすめなのがピンクのコントロールカラー。ピンクのコントロールカラーを使う事で青白い肌色に血色感がプラスされ、生き生きとした印象になる事が出来ます。明るく元気な雰囲気に仕上げたい場合にもピンクのコントロールカラーが人気。自然な血色感で魅力的に変身してみましょう。
77 件
着用アイテム