赤リップが似合わない人必見!似合う人の特徴や選び方・メイクのコツを伝授

Description
赤リップが似合わない人の特徴や選び方や塗り方のコツについてまとめました。顔の肌の色や髪の色によって似合わない赤リップの特徴を押さえておけば、自分にぴったりな赤リップの選び方のコツを取り入れることができるのではないでしょうか。顔の肌の色別のおすすめの赤リップの選び方のコツを把握しておくことで、赤リップが似合わない問題を解決できるかもしれません。赤リップが似合わない方におすすめの塗り方や選び方のコツをチェックしていきましょう。

赤リップが似合う人・似合わない人の顔の特徴は?

「赤リップをしてみたいけど、自分には似合わないなあ…」と感じる人は多いのではないでしょうか。トレンドの赤リップですが、闇雲に取り入れたとしても顔に似合わないためにイマイチな印象になってしまうことがよくあります。そんな赤リップが似合わない人でも赤リップの選び方や塗り方のコツを把握しておけば大丈夫。赤リップが似合わないと感じる場合に知っておきたい特徴やおすすめの選び方&塗り方をチェックしていきましょう。

赤リップが似合う人と似合わない人の違いは?

自分には赤リップが似合わないと感じていたとしても、他の人が赤リップをしているのを見ると「赤リップが似合って素敵だな」と思うこともよくあるのではないでしょうか。赤リップが似合う人と似合わない人にはさまざまな違いがありますが、赤リップが似合わない人は自分の顔の色や髪の色、メイクのバランスなど色々な原因が挙げられます。そういった違いを把握して、赤リップが似合わない状態を抜け出してみてはいかがですか。

似合わない人の原因①肌の色に合ってない

赤リップが似合わないと感じる人の特徴として挙げらるのが、自分の顔の色に合った赤リップの選び方を取り入れていないということです。顔の色はイエローベースとブルーベースの大きく二つに分けることができ、この顔の色に合わせた赤リップの選び方を取り入れることで赤リップが似合わない状態から抜け出すことができるのではないでしょうか。
赤リップと一口に言っても、その色の種類はバリエーション豊か。鮮明な赤リップから青みを帯びた赤リップ、ブラウン系の赤リップ、ボルドー系の赤リップといったようにさまざまな種類の赤リップがあります。自分の顔の色を把握しておくことによって自分にぴったりな赤リップの色の選び方を把握することができるため、赤リップが似合わないと感じる場合は顔の色に合っていない赤リップである可能性が高いのではないでしょうか。

似合わない人の原因②メイクとのバランスが悪い

赤リップが似合わない人の原因として続いて挙げられるのが、全体のメイクのバランスが取れていないということです。赤リップはそれだけで主役級の魅力を発揮してくれますが、それ以外のメイクも主張の強い色や質感を選んでいくと、赤リップが浮いてしまう可能性があるのではないでしょうか。赤リップが似合わない時は他のメイクも見直してみましょう。
赤リップに似合わないメイクの特徴としては、ラメ感が多すぎるアイシャドウや濃すぎるチークなどが挙げられます。ラメ感が強く、色の発色も鮮やかなアイシャドウの場合は赤リップと喧嘩してバランスが悪くなるのではないでしょうか。また、濃すぎるチークと赤リップの組み合わせは全体的に派手な印象を与えるため、赤リップが似合わない状態になってしまいます。

似合わない人の原因③唇の形が薄く口が小さめ

赤リップが似合わない人の特徴としては、唇の形が薄く小さいということも考えられます。はっきりとした色味の赤リップは、唇の形を強調する色でもあるのがポイント。このため、唇の形が薄く小さい人の場合は赤リップによって唇の形が強調され、バランスが悪く見えてしまう可能性が高くなります。赤リップが似合う人の唇の特徴としては、ぽってりとした厚めの唇が挙げられるのではないでしょうか。
ぽってりとした厚みのある唇であれば赤リップがのりやすく、全体的に華やかな印象に仕上げられます。一方で唇が薄く小さいのが特徴的な人は唇の薄さが強調されて貧相に見えてしまうかもしれません。そんな方の場合は、リッププランパーを使って唇をふっくらと見せたり、オーバーリップ気味に赤リップを取り入れると良いのではないでしょうか。

似合わない人の原因④童顔・年齢が若い人

赤リップと言えば、大人っぽい印象を与えるメイク方法でもあります。そんな赤リップを取り入れる場合、年齢が若すぎると年不相応に見えて赤リップが似合わない、ということになってしまうのではないでしょうか。年齢が若いだけでなく童顔の人の場合も赤リップが浮いて見えてチグハグな印象になってしまう可能性があります。
年齢が若かったり、童顔が特徴的な人の場合は赤リップと合わせて大人っぽいメイクやファッション、髪型を取り入れていくと良いかもしれません。全体的に大人っぽく見せることで赤リップとのバランスが取れます。逆に子供っぽいファッションや幼く見えるアイメイクなどをしていると赤リップとのバランスが取れなくなるため気をつけましょう。

似合わない人の原因⑤髪色が明るい

赤リップが似合わない人の場合、髪の色が明るいという特徴もあります。赤リップは主張が強いため、明るい髪色と合わせると全体的に派手な印象になってしまうのではないでしょうか。特に日本人女性の場合は元々が黒髪なので明るい髪色と赤リップの組み合わせではバランスが悪くなってしまいます。黒髪のようなダークトーンの方が赤リップとの相性が良いかもしれません。

赤リップが似合わないと悩む人におすすめの選び方

赤リップが似合わないと感じていたとしても赤リップの選び方のコツを把握しておくことによって、赤リップが似合う女性に変わることができます。赤リップは闇雲に選ぶだけでなく、色味や質感など全体的なバランスを考えながら取り入れる選び方がおすすめ。そんな赤リップの選び方のおすすめのコツについてチェックしていきましょう。

モードになりすぎないようにセミマットを選んで

赤リップの選び方のコツとしておすすめしたいのが、セミマットの赤リップを選ぶということです。マット系の赤リップはツヤ感がないため大人っぽいモード系を楽しみたいときに最適。しかし、マット系の赤リップにすることでモードになりすぎてしまうことがあります。バランスを取りたいときのコツとしてはセミマットの赤リップがおすすめ。ほど良いツヤとマットな質感で赤リップ初心者でもおしゃれに仕上がります。

クールになりすぎないピンクよりの赤がおすすめ

赤リップの選び方のコツとしては、ピンク寄りの赤リップを選ぶのもおすすめです。はっきりとした鮮明な赤リップはかっこいい印象も与えられますが、人によってはクールになりすぎてあまり似合わないということになってしまうかもしれません。ピンク寄りの赤リップの選び方を取り入れれば、ほど良い甘さも咥えられるのでクールになりすぎない赤リップメイクを楽しめます。
68 件
着用アイテム