サングラスの選び方で似合う形を見つける!紫外線対策や基礎知識のまとめ

Description
夏だけでなくファッションの1つとしてあるサングラス。おしゃれアイテムとしても人気の高いサングラスは実はとても形が豊富なアイテムで、自分に似合う形がきちんとあります。では、自分の顔に似合う形のサングラスとはどのような形なのでしょうか。今日はサングラスの選び方から、サングラスの基礎知識まで詳しく紹介します。サングラスの選び方をマスターし、ぴったりのサングラスをゲットしましょう。

【女性向け】正しいサングラスの選び方を知ろう

Girl Portrait Panel · Free photo on Pixabay (42337)

女性にとっても今はファッションの1部として活躍しているサングラス。サングラスは、目を紫外線から守ってくれることはもちろんの事、色々な活躍をしてくれます。また、サングラスは似合わないと思っている人はいませんか?実はサングラスは、かなり形が豊富なアイテムですので、自分の顔の形にとって似合う形が変わってきてしまいます。今日はサングラスの正しい選び方を紹介します。

サングラスの基礎知識

Flower Child Hippie People · Free photo on Pixabay (42338)

では、そもそもサングラスとはどのような物を指すのでしょうか。サングラスとは強い日差しや強い照明から目を保護するためのメガネを指します。夏は特にわかりやすいのですが、家の中から外に出た時に眩しいと感じることがありますよね。そんな、眩しさを減らしてくれるのがサングラスです。サングラスは元々、海外発症のアイテムで日光を通して受けてしまう健康被害をへらすために作られました。
Books Reading Beach · Free photo on Pixabay (42340)

ですので、今オーストラリアなどオゾン層の破壊が進み、紫外線が強くなっている場所では、子供もサングラスを着用することがあったりと、健康を守るためにサングラスを着用することも多いです。また、19世紀頃には、目が見えない人が他の人からの視線が集まる事を防ぐためにサングラスを着用していたことがわかっており、人から見えなくする、ということは今まで変わっていません。
Beach Beautiful Beetle Classic · Free photo on Pixabay (42343)

今は日本でも多くの種類のサングラスが発売されており、日差しから目を守るためやファッションのためだけでなく、溶接などの作業から目を守るタイプのサングラスもあり、使用用途は様々に分かれています。

紫外線について/おすすめはUV加工処理

Beautiful Face Fashion · Free photo on Pixabay (42345)

サングラス最大の効果である紫外線から目を守るという働きですが、そもそも紫外線は目に悪いのでしょうか。紫外線とは太陽から降り注がれる電磁波の事で、日焼けなどの原因となります。紫外線は、多く浴びてしまうと目や皮膚の細胞を壊してしまうため、皮膚がんのリスクを挙げてしまったり肌の老化を進めてしまいます。皮膚の場合は日焼け止めがあり、それによって紫外線から与えられるダメージを減らすことが出来ますが、目の場合はサングラスで紫外線予防をしなければなりません。
Bag Book Sunglasses · Free photo on Pixabay (42349)

ですので、おすすめのサングラスはUV加工処理をされているものが良いでしょう。UV加工処理とはサングラスのレンズに紫外線を阻止するための加工をされているサングラスで、どの程度紫外線をカット出来るか数値として表されています。サングラスに表記されているものとしては、紫外線カット率、紫外線透過率、UV400と書かれているものがありますが、それぞれきちんと意味があります。
Sunset Beach Sunglasses · Free photo on Pixabay (42354)

紫外線カット率とは、名前の遠い紫外線がどの程度カット出来るかということで紫外線カット率が100%とあれば、紫外線を完全にカットすることが出来ます。また、紫外線透過率とは、紫外線がサングラスをどの程度通り過ぎてしまうかを表しています。紫外線透過率の場合、数値は低ければ低い方が透過しにくくなっており、紫外線透過率20%となれば、20%しか透過しないという意味です。
Sunglasses Optics Eyewear · Free photo on Pixabay (42357)

サングラスにはUV400と表されているものもありますが、これはオーストラリアが元になって作られたサングラスの表し方で、紫外線の波長の最大である400umまでカット出来るということです。サングラスの場合、これら3つのUV加工処理をされているものがおすすめで、選び方の1つになります。

サングラスの選び方:顔型に似合う形を

Accessory Sunglasses Fashion · Free photo on Pixabay (50565)

UV加工処理されているのがおすすめのサングラスで、それぞれの数値が選び方の1つになりますが、サングラスの選び方として目安になるのが、顔の形に似合う形を選ぶということです。顔の形は十人十色で色々な形をしていますが、自分の顔に似合う形のサングラスを選ぶとファッションとしても、取り入れやすくなりますよ。では、自分の顔の形に似合う形のサングラスとは何でしょうか。

丸顔

幼く丸いフォルムが可愛らしい印象を与えやすい丸顔の女性ですが、縦のラインよりも頬などの横のラインが目立ちやすいために、サングラスの似合う形は幼さを払拭するサングラスがおすすめです。丸顔の女性におすすめの似合う形は、レンズが四角いスクエアタイプのサングラスです。丸みのあるフォルムに、スクエアレンズの直線的なラインのサングラスだと、縦のラインも強調されやすくなりナチュラルになります。
また今トレンドになっているフレームの上部だけ太くなっているサングラスのサーモントタイプも丸顔の方に似合う形のサングラスでしょう。サーモントタイプだと、マニッシュなファッションにもアイますし、べっ甲型なども豊富なのでおすすめです。

三角顔

顔がシャープでスッと通った顎のラインがキレイな三角顔の女性に似合う形ですが、サングラスはレンズの大きなボストンタイプのサングラスがおすすめです。シャープな顎のラインに、多い目のレンズのボストンのサングラスがさらにフェイスラインをキレイに見せてくれますよ。また、シャープな印象が強い三角顔を柔らかく仕上げてくれる効果もあります。
87 件
着用アイテム