まつ毛パーマをかける頻度はどのくらい?期間の目安と注意点を解説

Description
まつ毛パーマをやり直しする頻度の目安や寿命期間、注意点についてまとめました。綺麗なまつ毛のカールを維持するのに役立つまつ毛パーマですが、注意点や寿命がやってくる期間の目安を把握しておくことが大切になります。カールが維持される適切な期間の目安を知っておけば、まつ毛パーマをやり直しする頻度も決めやすいのではないでしょうか。まつ毛パーマの注意点も含めて学び、カールした綺麗なまつ毛をキープしていきましょう。

まつ毛パーマの頻度と期間の目安を紹介

「パッチリとした目元を簡単に手に入れたい!」という場合におすすめなのがまつ毛パーマ。まつ毛にパーマをかけることによって、綺麗なカールが生まれます。上向きカールのまつ毛なら自然と目元が大きく見えてくるので、メイクのテクニックを色々と駆使しなくても大丈夫なのが嬉しいポイント。今回は、そんなまつ毛パーマについてご紹介します。まつ毛パーマをする時はやり直しする期間の目安や注意点を把握しておくことが大切。適切なまつ毛パーマのやり方を覚えて、ナチュラルで可愛いまつ毛カールに仕上げていきましょう。

朝の時短メイクに欠かせないまつ毛パーマ

Makeup Brush Make Up · Free photo on Pixabay (99591)

毎朝、まつ毛をビューラーで上げてマスカラを塗って、というアイメイクの工程は意外と手間です。朝の時間は特に色々とやらなければならないことがあるので、アイメイクばかりに時間をかけるわけにもいかないのではないでしょうか。アイメイクに時間がかけられなくても、きっちり感を見せるにはまつ毛はカールさせて綺麗に整えておきたいのが本音です。そんな時に役立つのがまつ毛パーマ。事前にまつ毛パーマをかけておけばビューラーを使わなくてもカールが持続するので、メイクの手間を減らすことができます。
また、まつ毛がカールしていればマスカラを塗らなくてもパッチリとした目元に見せられるのもまつ毛パーマの魅力。ビューラーとマスカラの手間が減るだけでも大幅に時短になるのではないでしょうか。メイクに時間をかけなくてもOKになれば、他のことに時間を割くことが出来て効率的です。まつ毛パーマをやっておくだけで、朝をより一層有意義に過ごしやすくなるかもしれません。

まつ毛パーマのやり直しの頻度が気になる

Time Calendar Saturday · Free photo on Pixabay (99592)

とても便利なまつ毛パーマですが、気になるのが注意点とやり直しをする期間の目安です。まつ毛パーマは永遠にカールが持続するわけではないので、一定の期間を経たらパーマのやり直しをする必要があるのが特徴。一定期間でパーマのやり直しをすることで、まつ毛のカールを維持しやすくなります。また、まつ毛への負担を考えると注意点を把握しておくことも重要。注意点を知らずに間違ったやり方をしているとまつ毛にダメージを与えてしまかもしれません。そうならないためにまつ毛パーマについて詳しくチェックしましょう。

頻度を知る前に!まつ毛パーマの基本

まつ毛パーマの寿命や注意点が気になるところですが、まずはまつ毛パーマの基本について学んでいきましょう。初めてまつ毛パーマを行う場合は、どういった仕組みでまつ毛がカールされるようになるのか知っておくことが大切になります。まつ毛パーマの仕組みを知っていれば、自然と注意点もわかってくるのではないでしょうか。パーマと言えば髪の毛に行う施術というイメージが強いかもしれませんが、まつ毛パーマも同じような仕組みでカールを作っていきます。まつ毛パーマの基本について見ていきましょう。

まつ毛パーマの仕組み

まつ毛パーマの仕組みはとてもシンプルです。まつ毛パーマに使うのは、ロッドと呼ばれるカール専用の道具。髪の毛にパーマをかける時もロッドを使う場合が多いと思いますが、まつ毛パーマを行う場合も同じようにロッドを活用します。このロッドをまつ毛に巻きつけ、薬剤を使うことでカールを作っていくのが特徴。薬剤には2種類あり、1剤と2剤を順番に使うことでまつ毛をカールさせていきます。1剤は、まつ毛の組織を分離させて柔らかくさせる働きがあるのがポイント。1剤を使うことでカールを作りやすくします。
ロッドをまつ毛につけて1剤を塗布したら、次に2剤をまつ毛につけます。2剤は、分離したまつ毛の組織を元に戻す働きのある薬剤。柔らかくなったまつ毛を元の状態にすることによって、ロッドでカールをつけやすくします。これでまつ毛パーマの出来上がり。ロッドを巻きつけて1剤でまつ毛を柔らかくし、2剤でカールを固定するのがまつ毛パーマの仕組みになります。このような工程でまつ毛パーマが出来上がり、寿命期間が訪れるまでは上向きカールの維持が可能。お手軽さからまつ毛パーマを取り入れる人が増えているようです。

まつ毛パーマのメリット

まつ毛パーマには色々なメリットがあります。メリットとしてまず挙げられるのが、ビューラーを使わなくてもまつ毛のカールが維持できるということではないでしょうか。毎回ビューラーを使うとまつ毛にストレスがかかり、ダメージを受けやすくなると言われています。また、せっかくビューラーを使っても時間が経過するごとにまつ毛が下がってしまうことも多いとかもしれません。まつ毛パーマでカールを作っておけば、理想の上向きまつ毛を長期間維持することができます。
まつ毛パーマのメリットとして続いて挙げられるのが、すっぴんでも目元をパッチリと見せやすくなるということです。まつ毛が上向きにカールしていれば自然と目元が大きく見えるため、すっぴんなのに顔が地味になり過ぎないのが嬉しいポイント。お泊まりの時などに役立ちます。「すっぴんになっても可愛くいたい!」という場合は、まつ毛パーマで上向きカールのまつ毛をキープしてみてはいかがですか。

まつ毛パーマのデメリット

まつ毛パーマにもデメリットがあるので注意しておきましょう。まつ毛パーマを行うのには薬剤を使います。薬剤を使うことによってまつ毛にダメージを与える場合があるのが第一の注意点。しっかりとまつ毛のケアをしておかなければ、パーマによる負担でまつ毛が抜けたり短くなってしまうかもしれません。また、皮膚がデリケートな方はパーマの薬剤でかぶれてしまう可能性もあります。皮膚が弱いと感じている場合は、そういった時でもまつ毛パーマができるかどうかチェックしておきましょう。

まつ毛パーマをやり直す頻度や目安は?

Day Planner Calendar Organizer · Free photo on Pixabay (99598)

ここまでまつ毛パーマについて詳しく見ていきましたが、具体的にまつ毛パーマはどのくらいの頻度でやり直しをすれば良いのも学んでいきましょう。まつ毛パーマは徐々に取れてくるので、いつまでも綺麗なカールをキープしたい時は寿命がやってくる頃を目安にパーマをやり直しする必要があります。最適な期間でパーマのやり直しをして、理想のまつ毛カールをキープしてください。

まつ毛パーマの寿命は一般的に1~2か月

まつ毛パーマの寿命の目安は1〜2ヶ月ほどの期間と言われています。人によって差があるかもしれませんが、だいたいこのくらいの期間を目安にパーマのやり直しをすればまつ毛がカールした状態を維持することが可能。サロンに継続的に予約を入れる場合は、都合に合わせて1〜2ヶ月ほどの期間を置いてスケジュールに組み込んでみましょう。

自まつ毛の8割程度が戻ったら

まつ毛パーマの寿命期間は1〜2ヶ月と言われていますが、個人差があるので自分のまつ毛の状態を見ながら次にまつ毛パーマをかける時期を決めることも大切です。だいたい自まつ毛の8割が元に戻ってきたらまつ毛パーマをやり直しするのがおすすめ。このくらいの状態を目安にしておくと、カールが完全に元に戻ってしまうことを防げます。鏡で状態をチェックし、元に戻り始めてきたら次のまつ毛パーマの予約を入れてみて下さい。

イベントに合わせて効率的に

59 件
着用アイテム