結婚式に着物で出席する時のマナー!訪問着で出席しても大丈夫?

Description
結婚式にお呼ばれした際には着物を着る女性も多いです。しかし、着物は何かとマナーなど縛りが多いイメージがあるのではないでしょうか。しかし、それらのマナーを押さえれば、結婚式に相応しい上品な着物姿を作ることが出来ます。そこで、結婚式に相応しい着物の選び方やマナー、着物に合わせる小物類に関するマナーなどを見て行きましょう。また、実際に結婚式に相応しい着物コーデを見ながら、着物と帯や小物との合わせ方をチェックしてみましょう。

結婚式の着物のマナー!どの種類なら大丈夫?

結婚式にお呼ばれした際に悩んでしまうのが、着て行く服装でしょう。女性であれば着物を着て行く人も多いのですが、着物に関するマナーは、普段から着物を着ていないとなかなか知りえない物です。結婚式に着て行く着物はどのような物が相応しいのか、着物の種類や着方のマナーについてしっかり学んでおきましょう。

友人の結婚式のお呼ばれにも着物は喜ばれる

親族の結婚式に出席する時などに着物を着る人もいますが、友人の結婚式であっても着物で出席しても全く問題ありません。むしろ着物で出席することで、結婚式に招待した新郎新婦側が喜んでくれます。着物は日本の伝統文化であり正装です。最近は結婚式に洋装で出席する人の割合の方が多いですが、着物は日本人らしい上品さ、そして華やかな雰囲気が結婚式というシチュエーションにはぴったりなのです。

結婚式の着物マナー【基本】

それではここからは結婚式に着物を着て行く場合のマナーについて触れていきましょう。まずは着物に関する基本的な部分のマナーについてです。着物の柄や色、さらには合わせる小物、合わせるアクセサリーについてマナーを押さえて行きましょう

①真っ白い着物や地味なものは避ける

着物の柄や色は色んな種類がありますが、洋装と同じように結婚式に着て行く着物の柄や色で避けた方が良い物があります。まず色についてですが、白の着物は結婚式に着て行くのはやめておきましょう。洋装でも白のドレスなどはNGですが、それは花嫁さんが着るウエディングドレスと色が被ってしまうからです。着物に関しても同様で、和装婚の場合は白無垢を着ることがありますから、白の着物だと被ってしまうのです。
着物というだけで華やかな印象があるかもしれませんが、着物の柄でも中には地味な柄の着物もあります。着物の地味な物は落ち着いた印象を作り上げるのには良いのですが、結婚式といシチュエーションにおいては相応しいとは言えません。結婚式にお呼ばれした場合は、出席することで結婚式に花を添えることが大事です。地味な着物では華やかさに欠けてしまいますので、花を添えられるくらいの柄を選ぶようにしましょう。

②持って行った方がいい小物

結婚式にお呼ばれした際に着物を着る場合は、着物だけでなくそれに合わせる小物にも気を付けた方が良いです。着物を着る場合は着物の核に合わせたバッグを一緒に持つのが大事です。また、バッグの素材は草履と揃えるとなお良いとされています。着物だけでも良いと思われがちかもしれませんが、必ず着物に合わせたバッグを持つようにしましょう。バッグと着物はセットというくらいに考えた方が良いでしょう。
着物を着る際には草履の選び方も大事です。特に結婚式の場合は、カジュアルな装いはNGですから、草履に関してもカジュアル感の感じられるようなデザインの草履は避けるべきです。結婚式に履いていく草履として相応しい物は、草履の台と鼻緒が同じ素材の物を選びましょう。これが結婚式などのシーンに相応しい礼装用の草履になります。そして、草履のかかとは5センチ以上の物を選べば着物をきれいに着こなせます。

③アクセサリーはシンプルなもの

洋装の時にはアクセサリーも含めて華やかな物を選ぶのが良いです。しかし、着物に合わせるアクセサリーに関しては異なります。まずは、基本的な部分についてですが、洋装の時につけるようなネックレスやピアスなどのアクセサリー類は、着物を着る際には付けてはいけません。ピアスであればかなり小さめの1粒ピアスなどであればまだ良いですが、揺れるようなデザインのピアスなどはNGです。
ただ指輪に関しては、婚約指輪や結婚指輪などは、着物であっても付けていても問題ありません。そして、着物に合わせるアクセサリーといえば髪飾りが挙げられます。着物に合わせて髪型も華やかにするのが良いのですが、髪飾りに関しては控えめなデザインの物を選んだ方が良いです。大きめの髪飾りなどを付けてしまうと、主役である花嫁さんよりも目立ってしまう可能性があるので控えるようにしましょう。

結婚式の着物マナー【着物の種類】

次に、着物の種類に関する着物のマナーについてです。着物にはいくつかの種類や格式があり、どちらも結婚式に相応しい物を選ばなければいけません。種類によっては、親族の結婚式向けの着物、友人の結婚式向けの着物がありますから、自分が出席する結婚式が親族のものなのか、友人のものなのかによっても、着物を選んでそれに相応しいマナーを選ぶべきなのです。

①訪問着は色味を華やかめに

結婚式にお呼ばれした際に相応しい着物の種類といえば、訪問着が挙げられます。訪問着は正装用の和服の1種で、絵羽模様が履いている着物のことを指します。訪問着というだけで十分格式高いのですが、いくら訪問着だからといっても柄や色味が地味な物だと、せっかく結婚式にお呼ばれしても華を添えられません。結婚式にお呼ばれした場合に訪問着を着て行く場合には、結婚式に相応しい華やかな色味にしましょう。
81 件
着用アイテム