落ちにくい口紅11選!プチプラからデパコスの中からベストなリップを探そう!

Description
口紅は顔の印象を決める重要なポイントメイクでもあります。しかしせっかく綺麗に口紅を塗ったのにすぐに落ちてしまったという経験は誰しもしているはずです。そんな時のために、今流行りの落ちにくいタイプの口紅を使うのがおすすめです。最近はティントタイプの落ちにくい口紅が、プチプラブランドやデパコスブランドから沢山出ています。そこで、おすすめの落ちにくい口紅について、口コミの高い物・プチプラの物・デパコスの物を計11種類紹介します。また、口紅の正しい塗り方のテクニックや落とし方についても併せてチェックしていきましょう。

今大人気の落ちにくい口紅をご紹介♡

口紅はメイクの中でもとても重要なポイントメイクで、口紅一つで肌の血色を良く見せてくれたりします。しかし、需要なポイントメイクでありながら、口元は顔のパーツで一番動かしますし、食べ物や飲み物を口にすることで落ちやすかったりする場合があります。ですから、なるべく落ちにくい口紅を選びたいところです。落ちにくいと評判の口紅について徹底調査してみました。

落ちにくい口紅が人気な理由!

今落ちにくい口紅が女性の間で人気だということですが、人気の秘密はやはりメイク直しの手間が省けるというところではないでしょうか。落ちにくい口紅でないと、食事をする度に口紅を塗り直したり、そうでなくても時々鏡で口紅をチェックして落ちていないか確認したりしなくてはいけません。しかし、落ちにくい口紅を付けていれば、いちいち自分の口紅をチェックしなくても、ずっと綺麗な色をキープ出来るのです。

落ちにくい口紅ではティントリップが話題に!

落ちにくいということをうたっている口紅はかなりあるのですが、その中でも多くの女性の支持を集めているのが、ティントタイプの口紅です。最近、眉メイクでもティントが流行していますが、口紅にもティントタイプの物があるのです。そもそも「ティント」とは「染める」という意味で、普通の口紅と比べて発色が良く、また長時間色が持つという特徴があります。
ティントタイプの口紅は、美容大国の韓国で流行りだした物のようで、それが今となっては日本でも大流行しているのです。ティントタイプの口紅は色々なブランドやメーカーから出されているようですが、ティントタイプであることが口紅の効果としては当たり前になりつつあり、高級ブランドからもティントタイプの口紅が出ているほどだそうです。

落ちにくい口紅の選び方

次に落ちにくい口紅の上手な選び方について見て行きましょう。「落ちにくい」とうたっている口紅は多くありますが、それだけで口紅を選ぶのではなく、その他のポイントもしっかりクリアした物を選ぶのがおすすめです。口紅1つで、顔の印象ががらりと変わりますし、間違った選び方をしてしまうと、肌の血色を悪く見せてしまったりする可能性もありますから、口紅選びは慎重に行いましょう。

発色の良さで選ぶ

まずは口紅の発色の良さです。口紅を選ぶ時に、口紅本体の色味を見て選ぶことが多いかと思われますが、実際の口紅の見た目と付けた時の色味が異なる場合があります。発色の良い口紅は、見た目と付けた時の色味がほぼ同じですから、必ず試し塗りをするようにしましょう。発色が良くないと、肌の血色も良く見せることが出来ません。また、メイクの仕上がり自体も発色の良い口紅であれば綺麗にまとまります。
ただ、発色が良くても色が濃い口紅はちょっと苦手という人もいるでしょう。その場合は、自身の唇の色が多少透けるような発色具合の口紅を選ぶと良いでしょう。唇の色がそのまま出てしまうくらいの発色だと、発色具合としてはちょっと足りませんからその加減については少し判断が難しいかもしれません。口紅を塗った時に、程よく唇に色が乗るくらいの発色であれば、濃い色が苦手な人でもOKでしょう。

ツヤ感の有無で選ぶ

口紅には、塗ることで同時に唇にツヤを与える物とマットなタイプの物とがあります。このどちらのタイプを選ぶかは、付ける人の好みでも分かれるところですが、どのように自分の唇を魅せたいかという点でも分かれます。ツヤ感がある口紅の場合は、唇に口紅を乗せることで唇自体も潤ったりする効果があります。そして何よりツヤ感を出すことによって、唇がふっくらしているように見えるので、魅力的な唇になるのです。
逆にマットタイプの口紅の場合は、ツヤ感がない分さらに口紅としての発色も良く見えますし、メイクも落ち着いた雰囲気に仕上がります。ですから、ツヤの有無については口紅を付けるシチュエーションによっても使い分けるのもおすすめです。例えば、デートの時などはより女性らしく見せるためにツヤがあるタイプの口紅を選び、逆に仕事用のメイクの時には落ち着いたツヤ無しタイプの口紅を付けたりすると良いでしょう。

好みのテクスチャーで選ぶ

次に口紅のテクスチャで選ぶ方法です。テクスチャとは口紅の硬さにのことを指します。テクスチャは主に口紅の付けやすさや付け心地に影響してくる部分なので、自分にとって付けやすい口紅かどうかを判断する大事なポイントです。また人によってはテクスチャがどのような物かを重視して選ぶこともあるほどです。テクスチャは試し塗りしてみればすぐ分かることなので、必ずチェックするようにしましょう。
テクスチャは付け心地に影響してくる部分ではあるのですが、口紅自体の発色にも影響してきます。柔らかいテクスチャの場合は、唇に口紅が密着してくれるのでしっかりと発色するので色の見え方も変わってきます。逆に硬いテクスチャの場合は柔らかい物ほど唇には密着しないので、比較的軽い付け心地になるでしょう。どのように唇を魅せたいかという点でもテクスチャ選びは大事なのです。

落ちにくい口紅【口コミで高評価】

まず多くの口コミが寄せられて、さらにはその口コミの評価が高い口紅から見て行きましょう。コスメを選ぶ上で口コミを参考にしている女性はかなり多いかと思われますから、これから紹介する口コミで高評価の口紅はかなり優秀なアイテムだと言えるのではないでしょうか。

OPERA リップティント

口コミでかなりの評価を得ているのが、OPERAのリップティントです。商品名にもあるようにこちらの口紅はティントタイプの口紅なのですが、ティントでありながらも、うるツヤの唇に仕上がるとかなり高評価です。カラーは全部で6種類あり、1620円と求めやすい値段であるのも嬉しいところです。また、塗り心地がなめらかな点も、この口紅の口コミ評価が高いポイントのようです。

NARS パワーマットリップピグメント

マットなタイプの口紅が好みだという人におすすめなのが、こちらも口コミで高評価を得ているNARSのパワーマットリップピグメントです。マットタイプだと、唇が乾燥するイメージが持たれがちですが、こちらの口紅はマットタイプでありながら乾燥することがないと口コミで人気です。また、付け心地が軽く、それでいて唇に色がしっかり密着してくれるので、長時間綺麗な発色が続くのも口コミで評価されている点です。

オーブクチュール ロングキープルージュ

AUBEから出ているオーブクチュールロングキープルージュも口コミで落ちにくい口紅だと評価されている物です。食事をすると口紅は落ちやすいですが、こちらの口紅は食事をしても落ちないと口コミで評判です。その秘密はカラーフィックスオイルが配合されていることで、吐息の水分と混ざってゲル状に変化し、口紅が唇に密着する仕組みになっている点です。口コミでは何色か揃えたという声もありました。

コフレドール プレミアムステイルージュ

コフレドールのプレミアムステイルージュは、落ちにくいだけでなく唇にうるおいとつやを与えてくれる優秀な口紅だと、口コミで評価されています。口紅を塗る前にはしっかりと唇を保湿する必要があるのですが、こちらの口紅は保湿が必要ないくらいこの口紅だけで十分唇が潤う、と口コミでかなりの高評価でした。潤いがあるのに落ちにくいという口コミがかなり多く見受けられました。

落ちにくい口紅【プチプラ】

次にプチプラの落ちにくい口紅を見て行きましょう。最近ではプチプラコスメが人気で、プチプラであるにもかかわらず、ハイブランドの物に負けないくらいの効果が期待出来る優秀なアイテムがかなり揃っているようです。プチプラの口紅にはどのようなものがあるのでしょうか。

キャンメイク ステイオンバームルージュ

プチプラコスメの王道であるキャンメイクから出ているステイオンバームルージュは落ちない口紅として人気のようです。この口紅は580円というプチプラでありながら、唇の保湿・発色・グロス効果など色々な役割をこの1本で果たせる、プチプラとは思えないかなり優秀な口紅なのです。こちらもティントタイプの口紅で、食事をしても落ちない、という驚きの声も寄せられていました。

CEZANNE カラーティントリップ

CEZANNEもプチプラコスメとしてはかなり人気で、648円という安さです。こちらもティントタイプの口紅で、このプチプラ度合からは想像出来ないほどの発色良さが評判です。プチプラでありながらさらに少量でもかなり伸びるため、コスパが良いとことです。また、時間が経過すると発色が悪くなったりするものですが、こちらの口紅は時間が経っても発色はそのままキープされているということです。

レブロン バーム ステイン

レブロンの口紅もプチプラで優秀だと高評価です。こちらはクレヨンタイプの口紅で塗りやすいと評判です。口紅はブラシに付けて塗ることで綺麗な仕上がりになりますが、クレヨンタイプであれば、ブラシが無くてもサッと綺麗に塗れるのでおすすめです。1296円というプチプラなので、何色か揃えてメイクを楽しんでいる人も多いようです。

キャンメイク  リップ&チーク ジェル

先ほど紹介した人気プチプラコスメのキャンメイクからはまだいろいろな種類の落ちにくいリップが出ています。その1つがこちらのリップ&チーク ジェルです。名前の通り口紅としてもチークとしても使える優れもので、二役こなして648円というプチプラ度合です。ジェルタイプなので、熱で溶けて唇に馴染んでくれるので、密着度が高いということです。仕上がりは落ち着いたマットな雰囲気になるということです。

落ちにくい口紅【デパコス】

View this post on Instagram

@n_n_0822がシェアした投稿 -

次にデパコスで人気の落ちない口紅についても紹介しましょう。最近は上で紹介したようなプチプラのものや、口コミで評価が高い物が人気を集めてはいますが、やはり安定の質感をキープしているのはデパコスの口紅です。デパコスとは百貨店に入っているブランドコスメのことで、デパコスならではの質感やゴージャス感があり人気です。そんなデパコスブランドからも落ちにくい口紅が沢山出ているのです。

Dior ルージュ ディオール リキッド

まずデパコスでおすすめなのがDiorのルージュ ディオール リキッドです。Diorは多くの女性に人気のデパコスのブランドでしょう。デパコスブランド・Diorから出ているこちらの口紅もティントタイプで、なんと12時間もの間綺麗に発色し続けるのだそうです。仕上がりはウルツヤではなく、マットな落ち着いた雰囲気になります。24色も展開されており、1本4536円で販売されているそうです。

JILLSTUART フォーエヴァージューシー オイルルージュ ティント

若い女性を中心に人気のデパコスブランド・JILLSTUARTのフォーエヴァージューシー オイルルージュ ティントもおすすめの口紅です。こちらはオイルルージュなので唇がしっかり潤い、みずみずしさを感じられます。しっかりと唇に密着するので、食事をしても口紅が落ちることが無く、お化粧直しの手間が省けるという声も多く挙がっていました。また、デパコスの中では見た目の可愛さでも評価が高いです。

LANCÔME(ランコム) ラプソリュ ルージュ

デパコスブランドで人気のランコムの口紅も落ちにくいと評判のようです。ランコムはデパコスらしいゴージャスなケースが印象的で、持っているだけでも気分が上がります。そしてこちらの口紅はシアータイプ、クリームタイプ、マットタイプの3つの質感から好みの物を選べるので、色以外も好みに合わせられるのもデパコスらしい優秀ポイントです。

口紅を落ちにくくする塗り方のテクニック

長時間綺麗な唇をキープするために落ちにくい口紅を選ぶのは大切ですが、口紅の塗り方やテクニック1つでも口紅を落ちにくくすることが出来ます。そして意外と正しい口紅の塗り方をしている人が多いようなのです。正しい口紅の塗り方はかなり丁寧で時間がかかりますが、ただ口紅を塗っただけの状態よりも格段に綺麗な仕上がりになりますし落ちにくくなるので、正しい口紅の塗り方やテクニックを把握しておきましょう。

手順①塗る前に保湿を十分にする

ファンデーションを顔に塗る時に化粧水や乳液で肌を整えるのと同様、唇も口紅を塗る前に唇のコンディションを整えておく必要があります。唇の場合はとにかく保湿をしっかりすることが大事です。翌日の朝に綺麗に口紅をのせるには、前の晩からしっかり保湿しておくのがおすすめです。お手軽な保湿方法はリップクリームです。リップクリームであれば手軽にいつでも唇を保湿することが出来ます。
リップクリームの塗り方ですが、唇の縦ジワを意識した塗り方をしましょう。唇が乾燥してしまうと縦ジワが目立ってしまいます。ですからリップクリームで唇を保湿する時は、縦ジワにもリップクリームの成分が浸透するように、縦方向に塗る塗り方をすると良いです。さらにしっかりした塗り方をしたい場合は、綿棒などを使って縦ジワにリップクリームが入るような塗り方をすればよりしっかり保湿することが出来ます。

手順②ファンデーションで唇の色をおさえる

保湿したら口紅を塗りたいところですが、まだまだ下準備が必要です。口紅を買ったのに見た目の色と付けた時の色が違うという経験は多くの女性がしているはずです。実はこれは、元々の唇の色が影響している可能性が高いのです。元の唇の色の上に口紅の色を重ねているので、色が混ざったようになり、その結果思ったような色味が出ないということが起きてしまうのです。それを避けるには元の唇の色を消す必要があります。
元の唇の色を消す方法は、口紅を塗る前にファンデーションを唇に塗って、元の唇の色を抑える方法です。このちょっとしたテクニックで発色具合が随分変わってくるので試しましょう。ベースメイクの際に、ついでに唇にも塗ってしまえば良いだけなので、そこまで手間もかかりません。よりしっかり発色させたい場合は、ファンデーションではなくコンシーラーを使うのもおすすめです。

手順③リップライナーで唇の輪郭を書く

唇を綺麗に仕上げるテクニックとしては、口紅意外にもリップライナーを使うことです。リップライナーを使わずに、ベースが出来たらそのまま口紅を塗ってしまう人も多いかもしれません。しかし綺麗な唇に見せるためには、唇の輪郭をしっかりと取ることが大事なのです。ですから、口紅を塗る前に、まずはリップライナーで唇の輪郭をなぞってあげましょう。このテクニックは手間がかかりますが外せません。
また、唇が薄いと悩んでいる女性にもリップライナーを使ったテクニックで魅惑的な唇に仕上げることが出来ます。リップライナーで元々の唇の輪郭よりも少しオーバー気味に輪郭を描くだけです。それだけで元の唇よりも少しぷっくりとした唇に仕上がります。あとはリップライナーで描いた輪郭の中に口紅を埋めるように塗るだけです。

手順④リップブラシを使って口紅を塗る

輪郭が描けたらようやく口紅本体を唇に付けて行きます。その時、直で口紅を唇に付けるのはNGで、リップブラシを使った塗り方をして行きます。リップライナーで描いた輪郭に沿うようにリップブラシを沿わせ、最後にその中をリップブラシで埋めていけばOKです。輪郭をなぞる時の塗り方のテクニックですが、唇をちょっと動かしながら塗ってあげると、よりきれいな仕上がりになります。

手順⑤塗り残しが無いかチェック

リップブラシで一通り口紅を塗ったら、塗り残した箇所がないかどうかしっかりチェックします。唇にしっかり口紅が塗っていないと発色が悪く原因にもなるので、チェックした段階で少し塗り方が甘いようなところがあれば、口紅を付け足して塗るようにしましょう。唇のどの箇所にも均等に口紅が塗られているかどうかが大事です。

手順⑥ティッシュでオフをする

一通り口紅を塗ったら、一旦ティッシュで口紅をオフしましょう。このテクニックは唇に付いた余分な口紅や油分を取ってくれるので、仕上がりに大きく影響してきます。また、ティッシュオフのテクニックを入れることで、口紅の持ちも変わってくるので、長時間綺麗な色をキープ出来ることにつながるということです。口紅を塗ってしばらく待ったら、唇の間にティッシュを挟んでオフするようにしてみましょう。

手順⑦上からもう一度口紅を塗る

ティッシュオフして終わりではなく、さらにその上から口紅を塗ってあげればメイクの完成になります。ティッシュオフをして、口紅を重ね塗りするというテクニックを挟むことでかなり口紅が落ちにくくなるそうです。ちなみに、この工程を繰り返せば繰り返すほど持ちが良くなるので、食事の前のメイクの時は3回くらいティッシュオフと重ね塗りを繰り返しておくと安心です。

落ちにくい口紅の落とし方のテクニックとは

ここまでおすすめの口紅や正しい塗り方などのテクニックを紹介してきました。しかし落ちにくい口紅となると、実際落としたいときにきちんと落とせるのかどうかというところも気になるでしょう。そこで、落ちにくいタイプの口紅の正しい落とし方のテクニックについてもチェックしておきましょう。

①クレンジングオイルでしっかり落とす

ティントタイプの口紅はとにかく落ちにくいので、クレンジングするときはオイルタイプのクレンジング剤を使うのがおすすめです。洗浄力が強いですし、時間をかけずに落とすことが出来ます。ただ、クレンジングオイルは良く落ちるだけに刺激も強いので、敏感な唇に使う場合には、質の良いクレンジングオイルを選ぶと良いでしょう。

②専用リムーバーで落とす

間違いない落とし方は専用のリムーバーで落とす方法です。ティントタイプはそもそも落ちにくい口紅ですから、口紅が出ているブランドから専用のリムーバーが出ていることもあります。専用のリムーバーが出ている口紅を買った場合は、なるべくそちらを使って落とすようにしましょう。その方が口紅も落としやすく、さらには唇を傷めなくて済むでしょう。

落ちにくい口紅でリップメイクを楽しもう♡

口紅の色が綺麗だと、メイクや肌色を美しく見せてくれる効果があります。長時間綺麗な唇をキープするためにも、お気に入りの落ちにくい口紅を見つけてみましょう。さらに、口紅の正しい塗り方やちょっとしたテクニックを身に付ければ、さらに魅力的な唇に仕上がるはずです。
113 件
着用アイテム