ブリーチなしでも可愛いグラデーションカラー!理想のスタイルは?

Description
ブリーチなしでも可愛いグラデーションカラーをミディアム・ロング・ボブ・ショートといった髪型別にまとめました。黒髪ベースでブリーチなしのやり方でもピンクやアッシュなどおしゃれなグラデーションカラーを楽しめます。黒髪でブリーチなしのグラデーションカラーのやり方なら暗めのおしゃれな髪色になれるのが魅力。ミディアム・ロング・ボブ・ショートといった髪型に合わせてブリーチなしのグラデーションカラーを楽しみましょう。

グラデーションカラーのやり方は?ブリーチはいらない?

「おしゃれなヘアカラーを楽しみたい!」という場合におすすめなのがブリーチなしのグラデーションカラー。ブリーチなしのグラデーションカラーは暗めでもおしゃれな雰囲気に仕上げる事から大人気。控えめに仕上がるので、黒髪ベースでブリーチなしのグラデーションカラーは大人の女性も取り入れる場合が多いようです。ショートやボブ、ミディアム、ロングなど様々な髪型でブリーチなしの暗めグラデーションカラーを楽しんでみませんか?暗めのグラデーションカラーでも十分におしゃれな仕上がりになります。
今回は、ブリーチなしのグラデーションカラーについてまとめました。ショートやボブ、ミディアム、ロングといった長さ別の他にアッシュやグレージュといったベース別のブリーチなしグラデーションカラーをご紹介します。黒髪ベースの暗めブリーチなしグラデーションカラーも集めたので、控えめなグラデーションカラーを楽しみたい時の参考にしてみてはいかがですか。おしゃれなグラデーションカラーはブリーチなしで取り入れてみませんか?アッシュやグレージュなどでグラデーションカラーを楽しんでいきましょう。

グラデーションカラーとは?

そもそも、グラデーションカラーとはどういったものなのでしょうか。グラデーションカラーとは、毛先にかけて徐々に髪色を変えていくカラーリングの事です。頭頂部は暗め、毛先にかけて少しずつ色が入っていくタイプのグラデーションカラーが多いのが特徴。徐々にグラデーションカラーを入れていくので派手になり過ぎず、大人の女性も取り入れやすい事から人気を集めるようになりました。グラデーションカラーなら、黒髪ベースでブリーチなしでも十分におしゃれな雰囲気になれると評判です。
「ピンクやアッシュ、グレージュなどのヘアカラーにチャレンジしてみたいけど、髪を全部染めるのは抵抗があるな」という場合は、グラデーションカラーにするのがおすすめ。派手に見えがちなピンク系のカラーもグラデーションカラーにすれば控えめな印象になります。アッシュやグレージュなどの外国人風のヘアカラーもグラデーションカラーにする事で更にこなれ感の仕上がりに。ワンランク上のヘアカラーを楽しみたい時は、グラデーションカラーにするのがおすすめです。

ブリーチなしでもグラデーションカラーはできるの?

Hair Color Coloring · Free photo on Pixabay (143258)

「グラデーションカラーにしてみたいけど、ブリーチなしで出来るの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。グラデーションカラーはブリーチなしでも出来ます。ブリーチを入れるとヘアカラーの色が入りやすく、はっきりとした発色になりますが、髪へのダメージが気になるのが問題です。ブリーチなしのグラデーションカラーならそういった心配がないのが嬉しいポイント。また、黒髪ベースのブリーチなしグラデーションカラーでもアッシュやグレージュを入れればワンランク上のおしゃれを楽しめると評判です。
「気軽にグラデーションカラーを楽しみたい!」という場合は、ブリーチなしのグラデーションカラーにしてみませんか?ボブやショート、ミディアム、ロングといった髪型に合わせたグラデーションカラーを作れば、他とは違うおしゃれ感のあるヘアカラーに仕上げられるはずです。黒髪ベースの暗めグラデーションカラーやアッシュ系、グレージュ系といったグラデーションカラーもまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。次のヘアカラーに迷ったら、ぜひグラデーションカラーを取り入れてみましょう。

ブリーチなしのグラデーションカラーの特徴

ブリーチなしのグラデーションカラーには色々な魅力があります。そういった魅力があるからこそ、ブリーチなしのグラデーションカラーが人気を集めるようになったのではないでしょうか。ブリーチなしのグラデーションカラーの特徴を押さえておけば、その良さを生かしてヘアカラーをする事が出来ます。
また、ピンク系のカラーは入りにくいなどのデメリットもあるので、そういった事も把握してブリーチなしのグラデーションカラーを取り入れていくと良いのではないでしょうか。ブリーチなしのグラデーションカラーの特徴を具体的に見ていきましょう。

過度に髪が痛む心配が少ない

ブリーチなしのグラデーションカラーの良い所としては、過度に髪を傷む心配がないという事ではないでしょうか。髪の色素を抜くブリーチは、ヘアカラーの発色良くなるのと同時に髪への負担が大きくなります。ブリーチを繰り返すと切れ毛や枝毛など様々な髪のトラブルの原因になるので、注意が必要。一方で、ブリーチなしのグラデーションカラーなら過度な負担を抑えられるので、健やかな状態を保ちながら好みのグラデーションカラーを楽しめるのが大きな魅力になります。理想の髪質を保ちたい時はブリーチなしがおすすめ。
ブリーチなしであれば、黒髪ベースでもおしゃれなグラデーションカラーに仕上がります。「黒髪だけど、ちょっとしたアクセントを加えたい」という場合はブリーチなしのグラデーションカラーにしてみましょう。アッシュやグレージュなど、色味を抑えたグラデーションカラーならブリーチなし&黒髪ベースで垢抜けた印象に仕上げられます。髪へのダメージも抑えられるので、艶やかな黒髪を保ちたい時にもぴったり。ちょっとした気分転換として、気軽にブリーチなしのグラデーションカラーにしてみてはいかがですか。

プリン髪になりにくくカラーが長持ち

ヘアカラーをした後に気になるのがプリン髪です。ヘアカラーをした直後は綺麗な状態だったとしても、時間が経過する毎に髪が伸びてプリン髪になってしまうとおしゃれ感がダウン。プリン髪になっているのは分かっていてもヘアサロンに行く時間が無くてそのまま放置、という事もよくあるのではないでしょうか。このような方にもブリーチなしのグラデーションカラーがおすすめです。頭頂部から毛先にかけて徐々にヘアカラーを入れたグラデーションカラーなら髪が伸びてもプリン髪に見えにくいのが魅力。
ブリーチなしで暗めのグラデーションカラーにすれば、更にプリン髪が目立たなくなるので、長期間に渡っておしゃれな髪色を楽しむ事が出来るようになります。「あまりヘアサロンに頻繁に行けないけど、ヘアカラーにはこだわりたいな」という方は、ブリーチなしの暗めグラデーションカラーにしてみてはいかがですか。暗めの髪色でもさりげなくグラデーションカラーを入れる事で、普通の黒髪とは違うおしゃれなヘアスタイルになります。ブリーチなしグラデーションカラーは忙しい大人の女性にぴったりのヘアカラーのやり方です。

髪の長さを選ばない

ブリーチなしのグラデーションカラーのやり方なら髪の長さを選ばないのも嬉しいポイントです。ブリーチありのグラデーションカラーの場合、しっかりと発色するのでショートやボブではグラデーションカラーをつけにくい事があるのではないでしょうか。その為、ブリーチありのグラデーションカラーはショートやボブではなくミディアムやロングで取り入れる方も多いようです。ミディアムやロングに限らず、ショートやボブでもグラデーションカラーを楽しみたい時にはブリーチなしのやり方が最適。
ブリーチなしのグラデーションのやり方を取り入れる事で、ショートやボブの髪型もワンランク上のヘアスタイルに仕上げられるのではないでしょうか。さりげないやり方でグラデーションカラーを入れれば、垢抜けた印象のショートやボブになりそうです。もちろん、ミディアムやロングでもブリーチなしのグラデーションカラーのやり方を取り入れらるのが魅力。女性らしさを感じられるミディアムやロングヘアにブリーチなしのグラデーションカラーを取り入れるやり方であれば、モテ要素の他にトレンド感も入れられます。

暗めで透明感がある

ブリーチなしのグラデーションカラーのやり方は暗めの髪色でも透明感をプラスする事が出来ます。黒髪などの暗めの髪色は重たく見えがちですが、ブリーチなしのグラデーションを取り入れる事で透け感をプラス。光に当たるとほんのりグラデーションカラーが見えるくらいの暗めの仕上がりにすれば、ナチュラルでおしゃれな髪色になります。透明感のあるヘアカラーは、男女共にウケが良いのが魅力。黒髪に軽さを出したい時や、暗めでも垢抜けた印象になりたい時はブリーチなしのグラデーションカラーのやり方がおすすめです。
97 件
着用アイテム