1200円以下のプチプラハイライト13選!ナチュラルなツヤ感を作ろう!

Description
メイクアイテムのハイライト使っていますか?様々なコスメが溢れる現在、ハイライトの役割を正しく認識していない人も多いようです。ハイライトには20代30代女性に嬉しい効果が期待出来るのをご存知でしょうか?ハイライトを入れるだけで、メイクの印象がガラリと変わって、綺麗になったと褒められると言います。この記事では、そんなハイライトのプチプラアイテムを紹介しています。プチプラハイライトでメイクの印象をチェンジしてみませんか?

20代30代向け!プチプラハイライト紹介

Cosmetics Makeup Eyeshadow - Free photo on Pixabay (211446)

ハイライト使っていますか?メイクに必須の下地、ファンデーション、リップ、リーク、アイシャドウは使い方もカラー豊富で、選んでいる時間も楽しいものですが、ファンデーションとハイライトは系統が似ていて、必要ないと感じている人も多いのではないでしょうか?しかし、ハイライトには、ファンデーションには無い役割があるのをご存知ですか?知らずに使っていないのであれば、損していると言っても過言ではありません。
Makeup Brushes Set - Free photo on Pixabay (211439)

素肌を美しく見せるのは、ファンデーションではなくハイライト、小顔メイクにもハイライトが必須と言われているように、20代30代女性にこそ使って欲しいのがハイライトなのです。そんな20代30代女性にこそ使って欲しいプチプラブランドのハイライトを紹介して行きましょう。まずは、ハイライトの役割について説明しておきましょう。

ハイライトの役割は?

Colors Makeup Cosmetic - Free photo on Pixabay (211445)

ハイライトとは、顔に立体感やツヤ感・透明感を出すのに役立つメイクアイテムです。メイクの仕上げに、またはメイクの前に肌に塗布する事で、肌のツヤ感をアップさせたり、肌全体の透明感をアップさせられます。また、ハイライトを乗せる位置や、乗せる時の形を意識すれば、小顔メイクも簡単に出来ます。つまり、ハイライトの役割とは、肌のツヤ感・透明感・小顔効果が期待出来るものと覚えておきましょう。

プチプラブランドは初心者におすすめ

Cosmetics Powder Lipstick Cosmetic - Free photo on Pixabay (211443)

簡単に理想のメイクに近づけると話題のハイライトですが、上手く使いこなせない内からハイブランドに手を出してしまうと、「高かったのに」と言う意識も相まって無駄な買い物のように感じられ、ハイライトの良さに気づく前に嫌悪感を抱いてしまう事もあります。
Makeup Lipstick Make-Up - Free photo on Pixabay (211444)

そこで、おすすめなのがプチプラブランドのハイライトから始める事。自分の顔の特徴を覚え、何処にハイライトを載せるかをプチプラブランドのハイライトでしっかり学んで、ハイブランドのハイライトを購入すれば、苦手意識も無く美しいメイクアイテムが手に入る事になります。

プチプラハイライトの種類別の使い方

Makeup Brush Cosmetics Make - Free photo on Pixabay (211440)

プチプラブランドのハイライトを紹介する前に、ハイライトの種類とその使い方、特徴を紹介しておきましょう。あなたの理想のメイクに近づけるのが、どの種類のハイライトなのかをしっかりチェックして、理想のハイライトを見つけましょう。

①パウダータイプ

Make Up Powder Cosmetics - Free photo on Pixabay (211441)

パウダータイプのハイライトは、ブラシで顔の乗せたい部分に乗せる使い方が一般的です。大きめのブラシを使えば初心者でも広い範囲を均一に乗せられる事から、パウダータイプはハイライト初心者にもおすすめの種類となります。パウダーを手の甲で落とすなりすれば分量の調整もし易いので、慣れない内は顔全体の様子を見ながら、少量ずつパウダーを乗せて行くやり方がおすすめです。

②クリームタイプ

Based Texture Black Background - Free photo on Pixabay (211437)

クリームタイプのハイライトは、肌への密着度が高く、持続性が高いのが特徴です。手にクリームを取って、指でトントンと馴染ませて乗せるのが一般的な使い方になります。ブラシにクリームを付けて馴染ませる使い方もあるので、自分に合うやり方で乗せていくと良いでしょう。初心者は、量が調整しやすい、指で馴染ませるやり方がおすすめです。

③スティックタイプ

Cosmetics Makeover Foundation - Free photo on Pixabay (211525)

クリームタイプと同じ種類に分類されるのがスティックタイプです。ブラシや指に乗せる事無く顔の乗せたい部分に直接乗せられます。先端以外の部分が指に触れる事も無いので衛生的で清潔感を保ちたい人にはスティックタイプがおすすめです。持続性の高さはクリームタイプのハイライトと同様です。仕上げに指で馴染ませれば自然な仕上りになります。スティックタイプは、少量ずつ乗せて行けるタイプなので、クリームタイプのハイライトであっても初心者におすすめです。

プチプラハイライト人気ランキング【ツヤ感】

Make Up Beauty Products Cosmetics - Free photo on Pixabay (211438)

ハイライトの種類毎の特徴が分かった所で、プチプラブランドのハイライトの人気商品とブランド名を紹介して行きましょう。まずは、ハイライトでツヤ感をアップさせたい20代30代におすすめのハイライトを紹介して行きます。ツヤ感をアップさせるハイライトで、美しい美肌メイクを実現しましょう。

第7位:エーシーメイクアップ/AC ハイライト パウダー

97 件
着用アイテム